アーカイブ: *軍事・戦争

ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第34話 ― 昭和天皇の真意

 昭和天皇は非常に鋭い知性を持った人物で間違いはないのです。ただし、相矛盾したものが同時に同居しているような、非常に複雑で解りにくい人物だったともつくづく思います。それはご本人の元々の資質と置かれた立場の複雑さが産んだものでもあるでしょう。
 明治から敗戦までは、天皇は現人神で、日本における絶対存在のはずです。しかし、表に出ている天皇の上位には裏天皇が存在します。幕末に日本は英領となり、天皇は英国女王の部下となることが決定したので、表向きの天皇を置き、英国女王の部下ではない不可侵の天皇は裏に回すことにしたのです。英領日本を運営するため明治維新があったともいえます。

1858年の日英修好通商条約以降の日本における2つの支配構造

 裏天皇の下位にあって英国女王の部下、それでいて現人神、こういう複雑な立場で昭和天皇は大東亜戦争に身を没していたのでした。大東亜戦争の動きを見れば、昭和天皇には名実ともにアジアの盟主たらんとの野望があったのも事実と見て取れます。戦争の中である程度の蓄財を増加させたのも事実でしょう。そして敗戦に当たり、自国民を原爆の被害者とさせたのも事実でしょう。
 これだけを切り取ると、昭和天皇は唾棄すべき人物です。…しかし…昭和天皇は本当に戦争を嫌悪し、日本国もそうですが世界全体の平和を希求されていたのも事実として間違いもないでしょう。
 昭和天皇には裏天皇や英国女王の部下からの解放を求めるのと併せて日本と世界の平和も求め、そのためにアジアの盟主となるよう希求し、それに必要な蓄財をし、そして戦争の終了のためどうしても仕方がなく自国民の犠牲を強いたようにも思えるのです。日本と世界の未来に渡る平和を実現のため、自身は「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び…」という玉音放送の言葉に込められた想いそのものには嘘はなかっただろうと感じるのです。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第34話 ― 昭和天皇の真意


原爆の実際の総括


昭和20(1945)年8月15日、玉音放送の次の意味の文言。

「敵は新たに残虐な爆弾(原子爆弾)を使用して、多くの罪なき人々を殺傷し、惨害がどこまで広がるかはかり知れない。なおも戦争を続けるなら、ついには我が民族の滅亡を招くだけでなく、ひいては人類の文明をも打ち壊すことになるであろう。」

戦争を続けたならば、日本民族の滅亡だけでなく「人類の文明をも打ち壊す。」
…なぜなのか?


この状態になるのは、日本と連合国側で互いに原爆炸裂の応酬以外には考えにくいものであり、実際に、昭和天皇はこのことを強く懸念していた模様。そこで当時の原爆についての実際を、以下の点から洗い直す作業をしました

  • 原爆製造の過程、その実際
  • 原爆投下の影響とその意味
  • 原爆と昭和天皇の関わり

その結果、それぞれは端的には次のとおりでした。

  • 日本は原爆研究において世界に先んじてはいた。しかし、昭和天皇の意向で日本の原爆研究はほぼストップに。
    世界で最初に原爆を完成させたのが「秘密の宇宙プログラム」を進捗させていたナチス・ドイツ。ナチス・ドイツはUFO製造の秘密工場で原爆も完成させていた。
  • ロシア戦線で敗退したナチス・ドイツは戦略を変更、原爆を交渉の道具として米国へ。原爆の移譲の表向きはロンメル将軍だが、実際はカナリスが主体となってナチス原爆を米国に引き渡した。
    そのナチス原爆がヒロシマに投下された。日本への原爆投下が地上世界における「核戦争時代」の幕を開けた。また、被爆者は実験動物の代わりにさせられたという側面も。
  • 昭和天皇は英国陸軍元帥でもあり、米国のスティムソンなどと通じていた。原爆の投下についても、ヨハンセングループを通してその「日時・場所」を指定していた模様。しかし、この裏には更に裏天皇堀川辰吉郎の存在が
    もともと大東亜戦争の目的の主たるものは裏天皇の莫大な黄金の獲得。ヨハンセングループも裏天皇の部下であった。

昭和天皇
Wikimedia Commons
[Public Domain]
裏天皇 堀川辰吉郎
ヨハンセン・グループの中核の3名
牧野伸顕
Wikimedia Commons
[Public Domain]
吉田茂
Wikimedia Commons
[Public Domain]
樺山愛輔
Wikimedia Commons
[Public Domain]
ジョセフ・グルー
Wikimedia Commons
[Public Domain]
ヘンリー・スティムソン
Wikimedia Commons
[Public Domain]

全体的な大きな視点からは、a. b.の原爆(核爆弾)の製造と投下、これによる核戦争時代の幕開けとは、ハイアラーキーおよびその部下の宇宙人グループの狙いそのものでした。コブラ情報の文言では、原爆投下によって第2次世界大戦は「地球の物質界にアンカーをおろす銀河戦争の一部」となったのです。核兵器が地上世界だけではなく他天体に影響を及ぼすために、宇宙人グループが地上世界に介入できる絶好の口実となったのです。

核兵器開発に深く関与もする「秘密の宇宙プログラム」は、宇宙全体を支配せんとするサナット・クマーラの野望を投影したハルマゲドン計画の一環でもあります。

他方c.について、昭和天皇が日本への原爆投下へ能動的に関与していたのも間違いないでしょう。ただし、これには複雑な意味もあり、日本への原爆投下の日本での本当の黒幕は、裏天皇の堀川辰吉郎であったはずなのです。


» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「映像の世紀(21)」 ~NHKの良心と苦しい胸のうちを感じさせる番組

若い頃、両親から、戦時中の話をよく聞かされていました。
 食べ物がなくひもじかったこと。
 小学校に派遣されていた軍人が、コワかったこと。
 農家の勤労奉仕で、おいしいご飯が食べられたこと。
 起床ラッパで起こされて、軍事訓練をさせられたこと。
 戦争が終わったとき、子ども心にうれしかったこと。
先日見た「映像の世紀プレミアム(21)『太平洋戦争 銃後 もうひとつの戦場』」 を見て、耳から聞いた話を映像で確かめることができました。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「映像の世紀(21)」 ~NHKの良心と苦しい胸のうちを感じさせる番組

貴重な映像が見られるNHK「映像の世紀」


この曲、知ってる?


加古隆クァルテット『パリは燃えているか 』

う〜ん、なんか暗いねえ。でも、どっかで聞いたような?
思い出した! 白黒の古い映像で、ヒトラーやスターリンが出てくるヤツ。
コワいから、いつもチャンネル替えちゃう。

はあ〜 
おめえもお笑いや大食いばっか見てねえで、ちっとはまともな番組見ろよ。

だって、暗いの苦手なんだもん。

この曲は、NHK「映像の世紀」のテーマソングだ。
たしかに、白黒ばかりで画面も暗い。
だが、教科書に出てくる歴史的なできごとが、貴重な映像記録で見られる。
ついこないだ見たのが、12月8日の太平洋戦争開戦80年に合わせて放映された「映像の世紀プレミアム(21)『太平洋戦争 銃後 もうひとつの戦場』」。

くろちゃん、そういうの好きだったんだ。

いや、正直、おれもあんまり・・
たまたま、テレビをつけたらやってたんだ。
暗そうだから見る気しなくて、何度もチャンネル替えようとしたが、
おや、これはおやじやおふくろから聞いた話だぞ、って興味がわいて
たとえば、女性たちが慰問袋を作っているシーンとか。

慰問袋って、なに?

おめえは、知らねえだろな。
おふくろは、よく言ってた、
食いもんや日用品を詰め合わせて送ることを、「慰問袋を送るわね〜」って。
おれも、いろいろな詰め合わせを実家に送るとき、「慰問袋を送るぞ〜」って言ってた。

Author:Phoenix7777[CC BY-SA]

» 続きはこちらから

バイオテクノロジーを利用して、脳をコントロールする兵器などの技術を開発している中国共産党、アメリカ国防高等研究計画局の書類から明らかになった、現在国際的に販売されている104の食品や農産物などに含まれているナノマイト

竹下雅敏氏からの情報です。
 中国共産党軍事医学院とその研究機関11社が、バイオテクノロジーを利用して脳をコントロールする兵器などの技術を開発しているとのことです。米国商務長官ジーナ・ライモンド氏が、「残念ながら、中国共産党はこれらの技術を国民をコントロールし、少数民族や宗教団体のメンバーに対する弾圧を追求するために使うことを選択している。」と言っているように、こうした事柄は「陰謀論」ではありません。
 冒頭の動画は2016年の動画で、名古屋大学の新井史人教授の研究「ナノマイクロロボットの操作技術」を紹介しています。光ピンセット技術によって、一つのウイルスだけを、狙った細胞まで搬送し感染させることに成功した(3分10秒)とのことです。
 二つ目の動画では、“私たちは将来ナノボットを持つようになるでしょう。…私たちの脳に挿入し、直接クラウドに接続できるものです。(55秒)”と言っています。
 COVID-19のワクチンに関しては、“ナノ粒子のロボット、ナノボットまたはナノマイトを含んでいるか、それらに基づいているという疑念や思いがあります。…ウイルスがナノボットによって治療された後も、ナノボットはそのシステムを離れず、体内に留まります。そして…5Gを待つのです。…ワクチン製造には約40日しかかかっていません。これは驚異的な速さです。…以前から計画が練られていたのは明らかで、裏で長い間取りくまれていた可能性があります。(2分58秒~6分45秒)”と言っています。
 6分45秒以降は、「国内ナノ食品添加物制圧概算書段階4更新版コンプライアンス」というDARPA(アメリカ国防高等研究計画局)の書類の説明です。“次の機関で分散量を増やす必要があると書かれています。ペプシ9.9%、ネスレ8.5%。そして異なるパーセンテージで以下に続きます。シカゴ水道局、アトランタ水道局、コカコーラ、ロサンゼルス自治体、シアトル自治体。…これらが事実であることをNASA関係者も認めています。…水だけでなくワクチンの中にも含まれていることが事実であると認めました。ここで話している特別なナノマシンは医療用ナノ装置、つまり裸眼では全く見ることができないほど非常に小さいものです。…この特別なナノマシンは強靭なスマートナノ構造からなる革命的なものです。…周波を受診、指令を受け取り、任務を遂行し、任務が完了すると何をしたか報告するのです。…このプログラムは1995年に始まっていました。(6分45秒~11分7秒)”と言うのです。
 “少なくとも104の食品、食品包装、農産物にナノマイトが含まれており、現在国際的に販売されていることが明らかになりました。(11分52秒)”とあり、イーロン・マスクの最新プロジェクトはニューロリンクと呼ばれ、人間の脳にチップを埋め込み、さらに脳をコンピューターに接続することを目標としており、「私たちは来年(2020年)末には患者さんにこの技術を届けたいと思っています。(13分55秒)」と言っています。
 トランスヒューマニズムをどのようにして実現しようとしているのかが、良く分かります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
微小物体を自在に操る ナノマイクロ操作技術
2016年の動画になります。
配信元)
————————————————————————
「ワク●ンとナノボットや5Gの関連性」は陰謀論なのか?
配信元)
————————————————————————
秘訳オンライン:米国は中国共産党が脳をコントロールする兵器を開発したと非難
引用元)
(前略)
米商務省が、中国共産党軍事医学院とその研究機関11社を、バイオテクノロジーを利用して人権を侵害し、脳をコントロールする兵器など、米国の国家安全保障を損なう技術を開発している疑いで非難していたことがわかった。
(中略)
米国商務長官ジーナ・ライモンド(GinaRaimondo)は、「バイオテクノロジーと医療技術革新の科学的追求は、人命を救うことができる。残念ながら、中国共産党はこれらの技術を国民をコントロールし、少数民族や宗教団体のメンバーに対する弾圧を追求するために使うことを選択している。米国の商品、技術、ソフトウェアが、(中国共産党の)医学やバイオテクノロジーを支援するために使われ、それによって米国の国家安全保障が脅かされることは許されない。」と述べた。
(中略)
中国共産党の「軍民統合」戦略の下、北京は遺伝子編集、人間のパフォーマンス向上、ブレイン・マシン・インターフェース、生体材料などの研究に資金を提供するなど、新興バイオテクノロジーを将来の軍事用途に利用しようとしていると述べている。
(以下略)

青森県で米軍F16の燃料タンク2個が民家付近に落下、世界の中で唯一日本のルールを無視できる駐留米軍 / 日米地位協定に逆らおうとしない日本政府

 11/26沖縄県宜野湾市で民家の敷地内にオスプレイから水筒が落下する事件があったかと思うと、12/1には青森県で米軍F16から燃料タンクを2個投棄する事件が起きました。緊急事態でのマニュアルに従って切り離したとの説明ですが、燃料タンクとは「タクシーを真空パックして灯油を詰めたモノ」が空から落ちてくるようなもの、落ちた地点は民家から20メートルの国道でした。青森県ではこれまでも人々がシジミ漁をしていた現場に燃料タンクを投棄する事件が起きており、米軍が日本人の安全など全く配慮していないことは明らかです。今回、岸防衛相がF16の飛行中止を要請をしたことについて「沖縄では燃料タンク投棄くらいでは中止要請なんか絶対しない」というツイートがありました。改めてひどい日本の隷属ぶり、そしてさらにひどい沖縄への蹂躙ぶりを見せつけました。れいわ新選組・山本太郎代表の実にタイムリーな発言がありました。世界の中で日本の駐留米軍だけが異常な状態であることをこれほど分かりやすく伝える政治家があるでしょうか。「まず、日本のルールに従え。」
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

ロマーナ・ディドゥーロ氏は、カナダ女王と名乗り、“カナダ軍は、2021年5月27日に米軍総司令官から、彼女がカナダ女王としての権限を持つことを確認するメールを受け取った” ~処刑されたトランプ元大統領

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロマーナ・ディドゥーロ氏は、自身の公式テレグラムでカナダ女王と名乗り、“カナダ軍は、2021年5月27日に米軍総司令官から、彼女がカナダ女王としての権限を持つことを確認するメールを受け取った”と言っている様なのですが、これは本当だと思われます。
 ロマーナ女王は、“製薬会社の最大の資金提供者は、人道に対する罪で処刑されました”と報告しているということですが、実は昨晩、このツイートを妻に見せて、「トランプ元大統領が死んでいる。処刑されたようだ」と話していたのです。
 “続きはこちらから”をご覧ください。トランプ元大統領夫妻の写真がありますが、ゴムマスクをかぶったニセモノであることが分かると思います。
 最後の記事をご覧ください。この記事は今日見つけたのですが、ロマーナ女王はテレグラムで、「ホンモノのトランプはとっくにいなくなっている。」と書き込んでいるようです。
 10月13日の記事で、「マイケル・フリン氏の情報に注意しておきましょう。彼は、ついにトランプが闇に落ちていたことに気づきました」と記したのですが、彼が事の全貌を理解したからには、トランプとその周辺に異変が起こることは時間の問題だったのです。
 トランプと共に今回の人類への大量殺戮の主犯であったカール・ハプスブルク=ロートリンゲンも、既に粛清されているようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロマーナ・ディドゥーロを紹介します。カナダ主権共和国の国家元首および総司令官
引用元)
ついにカナダは、米軍とホワイトハット軍事同盟(Federation Command Forces & Allied Forces)によって、新しい反グローバリスト、反NWO、反CCP、反PLAのリーダーが任命されました。
(中略)
ロマーナ・ディドゥーロは、2020年11月9日にCanada 1st Party of Canadaの公式YouTubeチャンネルで以下の動画を公開して初デビューしたCanada 1st Party of Canadaの創設者兼リーダーです(公式サイトによる)。
(中略)

 
ロマーナ・ディドゥーロは、自身の公式テレグラムで以下の動画をシェアし、カナダ軍が2021年5月27日に米軍総司令官から国家元首・総司令官、カナダ政府元首、カナダ女王としての権限を確認するメールを受け取ったことを説明しました。具体的には、2021年1月14日から米軍が米国を支配しているため、ジョー・バイデンは米国の大統領ではないことを述べています。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 164