アーカイブ: 宇宙

「救世主やヒーローは、常に白人でなければならない」というかなり根深い人種差別 ~コーリー・グッド氏「(もしも、私たちをより大きな宇宙共同体へと誘うために降りてきた)有色人種のETが現れたら、人々はどうするのでしょうか?」

竹下雅敏氏からの情報です。
 私は、ロマーナ女王は、地球同盟(アース・アライアンス)によってカナダの女王として選ばれた人物だと思っています。ロマーナ女王はウクライナにおけるロシア軍の行動を支持しているように見えます。
 コーリー・グッド氏は、“ミカの惑星の人々は、大衆が街頭に立ち上がった後、わずか数日で経済と政府をすべて停止させました。より多くの人々が団結すればするほど、この圧政を早く終わらせることができるでしょう。”と言っています。
 私の認識では、地球同盟は現在女王がおり、ミカやズールー族の人々と繋がっていると考えています。地球同盟がトランプや習近平と言った裏切り者を粛清し、こうしたグループを排除したことで、ようやく地球同盟は女王の下にひとつにまとまったと考えています。こうした流れの中で、ロシアのウクライナ侵攻が起きていることを理解してください。
 さて、コーリー・グッド氏は非常に面白いことを言っています。もしも、私たちをより大きな宇宙共同体へと誘うために降りてきたETが、天使のような金髪のノルディックではなく、ミカやズールー族のような、「有色人種のETが現れたら、人々はどうするのでしょうか?」と言うのです。
 そういえば、ロマーナ女王はコーリー・グッド氏が示した有色人種のETの方に似ていますね。カナダでロマーナ女王の人気がどうなのかは知りませんが、金髪で色白の美人だったなら、一夜にしてカナダの救世主として人々が祭り上げたに違いないと思うのです。
 何が言いたいのかと言えば、一部の人たちは有色人種、特に黒人が救世主であることを許さないだろうと思うのです。これは、かなり根深い人種差別です。救世主やヒーローは、常に白人でなければならないのです。今のウクライナでナチス化した人たちは、まさにこれではないかという気がします。
 “続きはこちらから”をご覧ください。コズミック・エージェンシーのタイゲタ人は、まさに「天使のような金髪のノルディック」です。彼女たちがウクライナでの戦争を、どう見ているかが分かるのですが、「私たちのガンカメラ映像にはロシア軍とウクライナ軍の戦闘は1つも写っていない」のだそうです。また、「ロシアは…すでにキエフを取っています。」と言っているのですが、こうした彼女らの認識は誤りだと分かるはずです。
 これが単なる勘違いならよいのですが、私の直観は、彼女らが「意図的な誤情報」を地球人に与えていると感じました。このため、神々に、彼女らの行動を調べ、「意図的な誤情報」を流している場合には厳罰に処すように指示を出しました。その後、彼女たちの波動が最下点まで下がり、処刑されたことを確認しました。
 美人が正義だというのは映画の中だけの話です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)
————————————————————————
配信元)
————————————————————————
配信元)
————————————————————————
コーリー・グッド2022年2月アップデート
引用元)
(前略)
コーリー:私たちが自分自身を解放し、天使のような金髪のノルディックが最初の接触相手だと期待して空を見上げていて、このように有色人種のETが現れたら、人々はどうするのでしょうか?悪魔は光の天使として現れることができますが、私たちが受けてきた洗脳が、まさにそのような存在を求めさせているのです。そこで、地球人の皆さん...私たちをより大きな宇宙共同体へと誘うために降りてきたETがこのような姿をしていたら、どのように反応するつもりでしょうか?
(以下略)

» 続きはこちらから

直観に基づいたコメントを裏付ける、ロマーナ女王、キンバリー・ゴーグエンさん、コーリー・グッド氏らの情報

竹下雅敏氏からの情報です。
 2021年10月13日の記事で、「マイケル・フリン氏の情報に注意しておきましょう。彼は、ついにトランプが闇に落ちていたことに気づきました。」とコメントしました。
 また、2021年11月10日の記事では、“ロマーナ女王はテレグラムで、「ホンモノのトランプはとっくにいなくなっている。」と書き込んでいる…彼(フリン将軍)が事の全貌を理解したからには、トランプとその周辺に異変が起こることは時間の問題だった”とコメントしました。
 「運命の日-2021年11月18日」の記事の中で、キンバリー・ゴーグエンさんは、「フリン将軍が去った後、さらに多くの人が船に乗ることにしたのです。軍部の大半は、トランプが実際にやっていることを知り、よりよく理解できるようになった今、もはやトランプの後ろにはいない。」と言っています。
 私は、重要な人物の「波動」を調べ、直観に基づいてコメントしていて、私にこうした情報を提供する人物は、まったく存在しません。私は、誰一人としてメールのやり取りをしておらず、電話もまったく掛けないので、本当に「明るい引きこもり」なのです。ですが、この件のように、私の直観を裏付ける記事が上って来ます。
 「コーリー・グッド2021年12月アップデート」では、“この8月にアライアンスのリーダー格の人物に話を聞いたところ、彼らの失敗の原因は、重要な人物が土壇場で怖気づいたり、裏切ったりしたことだと認めていました。…彼はまた、UFO 学とエソテリック(秘教)のコミュニティが、アライアンスに起きた失敗を反映していることには、アライアンスも気づいていると述べました。アライアンスは、自分たちが今、ちょっとした混乱状態にあることを認めています”と書かれています。
 時事ブログの2021年7月28日の記事では、ニューエイジの中核にある組織が「ルシス・トラスト」であることを説明し、“「地球同盟」「QAnon」のかなりの数のメンバーが、「銀河連合」「光の銀河連邦」「コブラ」といった連邦の心理作戦に絡めとられ、偽情報を信じ切ってしまっているのには、本当に残念な思いがします。”とコメントしました。
 また、2021年8月4日の記事では、“Qアノンとアライアンスは、かなりの人達が、「連邦」にコントロールされているカバールの偽情報に攪乱されている”とコメントしました。
 コーリー・グッド氏の情報から、こうした時事ブログのコメントは、適当なことを書いているのではなく、きちんと調べた上でのものだということが分かると思います。
 2021年3月20日の記事で、“アライアンス(地球同盟)に「コブラのレジスタンスムーブメント」のメンバーが潜入しており…地球同盟のメンバーが、「銀河連合」や「光の銀河連邦」の宇宙人たちを正義の味方だと認識しているとすれば、かなり問題だ”とコメントしたのですが、昨年の一連の宇宙人関連の記事は、そのほとんどが「連邦」の宇宙人や「地球同盟」のメンバーに向けてのものだったのです。
 彼らの洗脳を解くことが記事の目的だったのですが、ある程度はうまく行ったと思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
運命の日 - 2021年11月18日
引用元)
(前略)
フリン氏がトランプ氏から距離を置くことで、他の人たちの追随を促した
 
キムによると、JPモルガンは今週、トランプへの出資を取りやめたが、それには背景がある。フリン将軍が去った後、さらに多くの人が船に乗ることにしたのです。軍部の大半は、トランプが実際にやっていることを知り、よりよく理解できるようになった今、もはやトランプの後ろにはいない。その結果、ここ数週間、一連の出来事が展開されました。トランプ列車から飛び降りた人々は、世界的な大虐殺を犯しておいて、自分は世界の救世主だと主張することはできない、ということに気づいているのです。冗談じゃない。問題を作り出し、解決策となる、という脚本に固執しても、今回はうまくいきそうにない。一部の軍人はそう言うが、全員ではない。もしすべての軍人がこの論理を理解していたら、スイスで世界的な大虐殺の計画を練っている集団はいないはずだ。彼らはまだチャンスがあると思っているのです。誰がどの道を進むかは時間が解決してくれるだろう。ただの芝居や気晴らしに過ぎないかもしれない。しかし、フリン将軍が本物であり、善人であることを選択することを願う。少なくとも一人は必要だ、大声で!
(以下略)
————————————————————————
コーリー・グッド2021年12月アップデート(12/27追記)
引用元)
(前略)
コーリー・グッド:休暇のため家族でテキサスにきています。ご存知の方も多いと思いますが、私が元々接触していたアース・アライアンスの人々の多くはここにいます。コロラド州ボルダーに戻ったら、受け取った情報から可能なことをシェアしたいと思っています。

前回のビデオでお伝えしたように、アライアンスは頼りにできると思っていた人たちやグループに裏切られました。それは私やこの戦いに参加している人たちがよく知っている感覚です。

この8月にアライアンスのリーダー格の人物に話を聞いたところ、彼らの失敗の原因は、重要な人物が土壇場で怖気づいたり、裏切ったりしたことだと認めていました。
(中略)
彼はまた、UFO学とエソテリック(秘教)のコミュニティが、アライアンスに起きた失敗を反映していることには、アライアンスも気づいていると述べました。アライアンスは、自分たちが今、ちょっとした混乱状態にあることを認めていますが、私たちのコミュニティが、ほぼ同じように力を失った状態にあることも指摘しているのです。

私の情報源によると、カバールは世界的な全体主義体制を実施するためにフル稼働しており、最終的にはそれが法律を偏りなく執行するAI量子コンピューターによって統治される予定であることも確認しました。このコンピューターは、最終的に、今後全ての人間が受け入れることを要求されるであろうマイクロチップやナナイトと接続される計画です。

大衆が目覚めて行動しない限りは、これが現在進行中のタイムラインです!
(以下略)

グローバル金融システムを引き継ぐことになる「地球同盟」 ~「地球同盟」のメンバーの8割は「Q軍」で、残りの裏切り者の中にトランプ、習近平、プーチン、モディ等がいた

竹下雅敏氏からの情報です。
 6月21日の記事で、“今行われていることは、「銀河連合」の宇宙人によるシナリオに沿ったものなのです。「銀河連合」がホワイトハットを、「光の銀河連邦」がイルミナティ(裏)をコントロールし、双方を戦わせることで地球を混乱に陥れ、「銀河連合」はホワイトハットを指導する正義の味方を演じ、地球人の信頼を得るという自作自演のストーリーです。彼らはこうした計画をタイムラインと呼ぶようです”とコメントしたのですが、カバールを支配するオリオングループが「光の銀河連邦」の組織であったことを見れば、この通りだと分かるのではないでしょうか。
 ホワイトハットを指導する正義の味方を演じているのが、「銀河連合」の下部組織の「世界の銀河連邦(GFW)」であり、ソー・ハンがエレナ・ダナーンを介してメッセージを送っているわけです。
 また、「銀河連合」も「光の銀河連邦」も、コーリー・グッド氏が言及する「スーパー連邦」の一部です。その「スーパー連邦」を支配していたのが、ハイアラーキーだったという構図です。
 「スーパー連邦」を支配していたハイアラーキーは滅びました。例えば、地球ハイアラーキーに属していたマイトレーヤと覚者たちですが、彼らが世に出るという話を聞かなくなったでしょう。全員が滅ぼされたからです。
 現在、「スーパー連邦」を解体しています。ほとんどの者の魂(ジーヴァ)が消滅し、「ロボット人間」になるだろうと予想しています。既に「ロボット人間」になり、AIの指示通りに動いている宇宙人も多いです。
 さて、ソー・ハンが、「南極会議で何が起こったか」を説明しています。「テランのエリートは、地球同盟にグローバル金融システム上の彼らの力を引き渡すために、私たちの代表者と、南極大陸で会談することに同意した」と言っていますが、問題はこのグローバル金融システムを引き継ぐことになるという「地球同盟」です。
 イーロン・マスクはカバールから地球同盟に寝返りましたが、「地球同盟の裏切り者」に取り込まれ、“来るQFSはイーロン・マスクのSpaceXによって作成されるスターリンク衛星システムを通じて作成される量子インターネットにリンクされます”と言う計画なのです。
 こうした移行期間に5ヶ月を要するとソー・ハンは言っています。その間に彼らの資産である「テランのエリートたち」を別の惑星に避難させるのでしょう。
 ソー・ハンは2021年7月に署名された「木星合意」が、“地球同盟と世界の銀河連邦(GFW)、五人評議会、ゼナテ同盟との間の合意”だったと言っているわけですが、実はこの「木星合意」を有効だと認めている「地球同盟」のメンバーは、私が「地球同盟の裏切り者」と呼ぶ2割程度で、こうした裏切り者の中にトランプ、習近平、プーチン、モディ等がいたのですが、彼らが処刑されて存在しないことは12月18日の記事でお伝えしました。
 このように、「地球同盟」のメンバーの8割は「Q軍」なのであって、こうしたまやかしのQFS(量子金融システム)を認めません。キンバリー・ゴーグエンさんは、“1年前に亡くなったイーロン・マスクが取り組んでいたスターリンクシステムは、本物の量子金融システム(QFS)ではない”と言っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
カバルの指導者は、地球外生命体と地球同盟に降伏するために南極に行く
引用元)
(前略)
エレナ(E)が12月14日にソー・ハン(TH)から南極会議で何が起こったかについて受け取った最初のメッセージです。
(中略)
 TH:テランのエリートは、地球同盟にグローバル金融システム上の彼らの力を引き渡すために、私たちの代表者と、南大陸で会談することに同意した。
(中略)
E:この問題は金融システムの変化に過ぎないのでしょうか。
 
TH:産業領域は金融システムと相互依存しています。新エネルギーシステムの問題や多くの分野での技術の展開に驚くべき変化を目の当たりにする準備をしてください。
(中略)
ソー・ハンは、エネルギーセクターから始まる複数の産業への影響は非常に大きいだろうと指摘した。(中略)… 米国だけで抑圧されている5900以上の特許が現在あることを心に留めておく価値があります。これらの抑制された特許の大部分は、代替エネルギーと治癒技術を含みます。
(中略)
ソー・ハンは次のように2回目のフォローアップメッセージを続けました。  
 
 E:南極に戻って、他に何を教えてもらえますか? 私はこれらの人が好きではない、彼らは悪の実施形態です。彼らは非常に多くの苦しみを引き起こしました。
 
TH:彼らはもう、そうならないよ。木星協定が行われたとき、彼らは「5ヵ月後に我々が会い、彼らは降伏の準備をしなければならない」という警告を受けたんだ。だから彼らはそれを知っていて、絶望しながらも、すべての議題を一度に押し進めているのです。しかし、あなたの仲間はそれを理解し始めているのです。
 
E:待って、なぜ彼らに5ヶ月を与えるのですか?
 
TH:移行のため。この会議は彼らにとっても、そしてあなたにとっても転換点です。もし我々がそれらを一度にすべて抑圧していたら、テラの金融と経済システムはひどい混乱の中で爆発していたでしょう。(中略)… 特筆すべきは、彼らは闇のエーテル術を教え込まれており、その呪文を解く必要があることだ。(中略)… 私が移行について言及したとき、私はテランが真実に意識を開くために敵の顔を見る必要があると言いたかった。どんなに痛みを伴うこの工程は、必要である。
(以下略)

» 続きはこちらから

キンバリー・ゴーグエンさん「実際にホワイトハウスを動かしているのはトゥーレ協会とハプスブルク家である」 ~トランプ、習近平、プーチン、モディは処刑されて、もはや存在しません

竹下雅敏氏からの情報です。
 地球上の戦いは、「カバールvs地球同盟」の形をとっているのですが、これは形だけで、この二つの陣営の両方にいたのがトランプと習近平でした。カバールを支配していたのがオリオングループで、彼らは「光の銀河連邦」の一組織でした。
 「銀河連合」を名乗る宇宙人組織は、形の上でオリオングループと戦争をしていましたが、全てをコントロールしていたのは、「銀河連合」を含む上位組織の「連邦」であることが、ヤスヒ・スワルーたちの証言からはっきりとしました。
 さて、キンバリー・ゴーグエンさんの記事やロマーナ女王のテレグラムから、「光の銀河連邦」では革命が起こったことが分かります。今では、「光の銀河連邦アライアンス」が地球の守護者であるとのことです。
 「光の銀河連邦アライアンス」から追放されたオリオングループは、昨日滅びました。カバールの中枢であるブラックサン(裏のイルミナティ)は、後ろ盾がなくなりました。どうするつもりなのでしょう。この連中は、上からの指示が無ければ何もできないのです。
 キンバリー・ゴーグエンさんは、「実際にホワイトハウスを動かしているのはトゥーレ協会とハプスブルク家である」と言っています。トゥーレ協会は駆除の対象組織であり、近く滅ぼされます。ハプスブルク家の当主がブラックサン(裏のイルミナティ)のトップでしたが消えました。
 一方の地球同盟ですが、トランプ、習近平、プーチン、モディは処刑されて、もはや存在しません。トランプがいないことは、ロマーナ女王のテレグラムからも確認できると思います。
 「波動」を調べることができる方は、上記の人物の肉体(狭義)の「身体」の波動が無いことを確認してください。また、確認の際に未来の日時を入れると、近く処刑されて消える人物が誰なのかも分かります。世界中のトップの政治家が次々に消えることが分かるでしょう。 
 このように、背後ではとても大きな変化が起きているのです。時事ブログでは以前から、“権力にしがみ付く者には未来がない”と警告して来たのですが、この通りに動いています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプに一番似合うライオンは?
引用元)
(前略)
トランプ氏がホワイトハウスを去ったときのことを振り返ってみよう。キム氏によれば、彼は戒厳令を宣言し、軍がコントロールすることになった。(中略)… 新政権は、国を滅ぼすために汚い仕事をすることでスケープゴートになり、軍(厳密には宇宙軍が支配している)に指示され、ドナルド・トランプはある種のリーダーだったのです。
(中略)
キムは、運命の椅子が今年マラ・ラーゴに移されたのは、正確な時間にトランプが次に座ることになっていたからだと説明した。(中略)… トランプ氏は言われた通りに正確な時間に椅子に座り、キム氏を上座にしてバックエンドシステムをコントロールするという素晴らしい贈り物を期待していたのだ。しかし、トランプ氏が持参した機器からシステムにアクセスしようとしても、何も起こらなかった。
(中略)
彼が約束したのは、軍の将軍たちへの契約だけではなかった。例えば、10月4日に大統領に復帰するとか、10月6日にお金を払う(悪名高いRV車)とか、いろいろな話が飛び交っていました。ディナークロニクルはおそらく、新月や満月になると自動配信のプログラムが組まれていて、奴隷たちにRVマネーが配布されることを知らせるのでしょう。
(中略)
サイコパスたちは、トランプ氏にはできないことを理解しつつあるのかもしれません。これには、マイケル・フリンのような口の固い将軍や、トランプの列車に乗っていた人たちも含まれます。彼らは皆、トランプに背を向け始めています。
(中略)
キムが明らかにしたもうひとつのことは、実際にホワイトハウスを動かしているのはトゥーレ協会とハプスブルク家であるということだ。(中略)… トゥーレ協会は宇宙軍を支配しているので、宇宙軍に命令を下していたのはトゥーレ協会であり、それがバイデン政権であると彼女は推測した。トゥーレ協会は、アーコンズをはじめとするネガティブな優生学プログラムにも深く関わっている。
(以下略)

» 続きはこちらから

カナダのロマーナ女王「トールホワイティ(地球外生命体)の奴隷にされた悪いグレイもいれば、他の光の存在と共に地球とそこに住む人々を守るために戦った良いグレイもいる。…奴隷にされていた ETは解放され、今も解放され続けている」

竹下雅敏氏からの情報です。
 カナダのロマーナ女王の興味深い投稿です。グレイと思われる画像と共に、「光の存在(光の世界の同盟)は、地球を守っています。」と言っています。
“トールホワイティ(地球外生命体)の奴隷にされた悪いグレイもいれば、他の光の存在と共に地球とそこに住む人々を守るために戦った良いグレイもいる。…奴隷にされていた ETは解放され、今も解放され続けている”と書かれていますが、これはキンバリー・ゴーグエンさんの情報と一致していると思います。 
 11月22日の記事で、キンバリー・ゴーグエンさんの「A Hierarchy in Shambles (Kim Goguen – Part 2)」と題する記事を紹介しました。キンバリー・ゴーグエンさんの記事は、2020年11月に書かれたもののようです。記事の中で「The Order」と題する闇の世界の支配構造を表すピラミッドが描かれており、“「The Order」は今ではほとんどなくなってしまい、残っているものは全くの無残な状態である”と書かれていました。
 この時から約1年後の2021年11月8日に「ブラック・ロッジが完全に解体」されたわけです。「闇の組織」で革命が起こり、ブラック・ロッジによって奴隷にされていた ETは解放され、ユニバーサル・カウンシルと言う組織を立ち上げたのでしょう。彼らは以前、「光の銀河連邦」と名乗っていた宇宙人たちです。
 ロマーナ女王は「光の存在の世界の銀河系連合」と言っていますが、こちらの記事では、「光の銀河連邦アライアンス」と言う言葉が出てきます。「光の銀河連邦アライアンス」の評議会がユニバーサル・カウンシルだと思われます。
 ロマーナ女王は、「私たちが知っていたすべての科学と歴史は嘘でした。…多くのクリスチャンはこの件について厳しい時間を過ごすことになるでしょう」という転送メッセージを載せています。クリスチャンだけではなく、他の宗教の信者も同様でしょう。「連邦」の宇宙人も同じです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロマーナ女王からのメッセージ12/2【2】
今日はかなり踏み込んだメッセージを投稿しています!
 
ロマーナ女王 テレグラムより✨ 

原文

(中略)

📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍


 画像はシャンティ・フーラがFacebookに差し替え
(中略)
📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍 
 
光の存在(光の世界の同盟)は、地球を守っています。 
 
だから、ユニークな姿のゲストが私たちの木の上にぶら下がっていたら、彼らは良い人たちだと思ってください。
(中略)
📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍
 
グレイには様々な種類がある。
トールホワイティ(地球外生命体)の奴隷にされた悪いグレイもいれば、他の光の存在と共に地球とそこに住む人々を守るために戦った良いグレイもいる。
 
そして、地球とそこに住む人々を守るために、 他の光の存在と一緒に戦った善良なグレイもたくさんいます。
 
📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍
 
奴隷にされていたET(グレイの種族だけでなく、その多くが)は解放され、今も解放され続けている。 
 
悪いET(空、地下、地表での戦いで殺されなかったET)は 捕らえられ、地球から追い出された - 裁判と罰を受けるために世界から連れ去られた。
(以下略)
————————————————————————
ロマーナ女王からのメッセージ12/2
ロマーナ女王 テレグラムより✨ 
 
原文

(中略)
➡️光の存在の世界の銀河系連合からの兄弟姉妹が空や物理的な形で現れるのを見ることができます👽。
 
そして、そうなりました😊☝️🙏。
 
🐸🐸🐸🐸🐸🐸Q🐸🐸🐸🐸🐸🐸Q🐸🐸🐸🐸🐸🐸Q🐸🐸
 
平和と繁栄。または滅びる。
 
私は政治をしない。
 
HRH陛下の女王ロマーナディドゥロ、 
国家元首、最高司令官。
政府の長である
カナダ王国の大統領兼女王
#wwg1wga🙏🇨🇦🇺🇸🌎
https://t.me/romanadidulo
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 97