アーカイブ: 宇宙

偽者のアシュター司令官からのメッセージ、今度の発信者は女性!

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまでの「アシュターからのメッセージ」の発信者は、本物のアシュター司令官ではないと何度もコメントして来ましたが、これまでアシュターを名乗って通信を送ってきた偽者が、使い物にならなくなったことがわかっていたので、今後の通信はどうなるのだろうと興味深く思っていたのですが、面白い結果になりました。
 今回、通信文を2つ取り上げていますが、当然ながら、偽者のアシュター司令官です。それどころか、この2つの通信文の発信者はおそらく同じ人物だと思われますが、女性です。ついに、アシュター司令官を名乗る偽者が女性になってしまったわけですが、他に的確な人物がいなかったのでしょう。
 実は、昨日の記事で、男性か女性かを見分ける方法をお伝えしました。その方法を用いて、この通信文の発信者を感じ取ってください。男性器がありません。
 波動を感じ取ることに慣れていない方は、表裏が白い紙に、“「アシュターからのメッセージ 2019.3.11」の発信者”という文字を書いて、その紙を昨日の記事のやり方で軽く触れてみてください。女性だということがすぐにわかります。
 何度も言っていますが、この手のチャネリング情報はそのほとんどが闇からのもので、吟味なしに信じてしまうと、知らず知らずのうちに悪に加担することになるので、こうしたチャネリング情報には決して近づかないようにと警告しています。せめて、メッセージが放っている波動が、どのチャクラに対応しているかを調べる能力を身につけていなければ、こうしたメッセージはスルーした方が賢明です。
 現実問題として、波動的に見れば、明らかに闇の集団であるコブラの情報を信じて、彼らが提供する瞑想法を実践したりすれば、簡単に闇の中に引きずり込まれてしまいます。コブラが呼びかけた今年の1月21日の「光の帰還瞑想」に参加してしまった人は、参加したということだけで非常に大きなカルマを背負ってしまったのです。この連中は、巧みに人々を欺き、仲間に引き込み、取り返しのつかない悪を実行させるのが実に巧みです。
 この闇の連中は、今度はソーラーフラッシュというスーパーフレアが地球を襲うと人々に信じさせて、地球を破壊しようと懸命です。この悪事にコーリー・グッド氏が関与しているのは、ご存知の通りです。
 共感エンパスなら波動が読めるはずで、なぜ自分が付き合っている古代地球離脱文明などの連中が闇の組織の人間であることに気づかないのかと思うのですが、闇の連中というのは、コーリー・グッド氏ほどの人物ですら、巧妙に自分たちの仲間に引き込んでしまうのです。
 現在のコーリー・グッド氏、ディビッド・ウィルコック氏の波動がいかにひどいものかは、動画などでご確認ください。波動は別にして、彼らの提供する情報は、非常に正確であることは確かです。正しい情報だけを取り込んでください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アシュターからのメッセージ 2019.3.11
引用元)
(前略)
私は皆様のアシュター、ガイアアセンションのための銀河間戦艦のリーダーです。仲間の皆様ごきげんよう。そうです。ミッション完了を心待ちにしてる皆様と同じぐらい私たちもこの機会のために、我々の艦隊の名前を変更しました。そして今日も皆様とお話しできる喜びでいっぱいです。

何はともあれ平和な状態でいるようにして下さい。皆が安心できるように、我々が愛する艦隊は巨大なハグしているようにガイアを大きな腕で包んでいます。それはこのアセンションに向けての敏感な時に惑星的または個人的成長のためであり、そしてそれを目の当たりできてさらにそれに参加できるということは、計り知れないほど素晴らしいことです。
(以下略)
————————————————————————
アシュター ジェームス・マコーネルを介して
引用元)
(前略)
アシュターです。
また続けてこの様な時に皆様とご一緒できますね。まだこれらの時は準備できている者とそうでない者を分けてはいません。今、多くの惑星が死のプロセスにおいて死ぬでしょうなどとで言うことではありません。そう言うべきでもありません。
(中略)
とても近い将来大きなエネルギー波を皆経験することになります。そうです。今皆がいる3月に来るでしょう。(中略)… いづれ分離をもたらすことになると思います。振動数においての分離ということで、高いレベルで振動している人達と低いレベルで振動している人達との分離ということです。
(以下略)

中西征子さんの天界通信47 〜タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様(幽体・14才)から地球人へのメッセージ~

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんが宇宙セントラルサンのヒメミコ様である「タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様」の幽体を描いてくれました。
 非常に見事な出来栄えです。
 今回のヒメミコ様のイラストと、前回の私のエーテルダブル(ライトボディ)のイラストを比べてみると、その違いがよくわかると思います。
 今回のヒメミコ様のイラストは幽体を描いているのですが、イラストを見ると、肉体、プラズマ体、エーテルダブル、幽体、原因体のいずれの身体のチャクラも全て開くのがわかると思います。
 しかし、私のエーテルダブルを描いたイラストを見ても、エーテルダブル以外の身体のチャクラは、まったく開かないのです。この時のコメントで、“姿形だけではなく、波動まで描き込んでいる”と評した意味がわかると思います。
 今回のヒメミコ様のイラストを、ただ見ているだけで、あなたが現在意識の焦点を当てている身体の全てのチャクラが同時に開くのがわかるでしょう。と同時に、サハスラーラ・チャクラから膨大な光が入ってくるのを感じられると思います。
 このイラストを見ながらヒメミコ様の御名を唱えると、さらに効果が高くなるでしょう。唱名の仕方は、2月18日の記事をご覧ください。
 現在、天の川銀河のセントラルサンのヒメミコ様の「ミサキタカクノボルヒメミコ様」の光と、宇宙のセントラルサンのヒメミコ様である「タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様」の光が同時に降りています。二柱の御名を、それぞれ別に唱えて、波動の違いを感じ分けてみると面白いかも知れません。
 二柱のイラストから受けるイメージと同様に、ミサキタカクノボルヒメミコ様の波動は繊細で柔らかく、タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様の波動は強くはっきりとしているのが、感じられると思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信47
中西征子さんの天界通信44 〜タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様からのメッセージ~
2019/02/17
<通信者:中西征子>
<通信日時:2019年2月15日>

<タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様(幽体・14才)から地球人へのメッセージ>

「地球の皆さん!
竹下様からの依頼で、宇宙から皆さんにメッセージを送る事が出来るのは、
大変嬉しい事です。

この度、地球に対する陰謀を未然に防ぐ事が出来た事も、
私達全員にとって大変大きな安心感をもたらすものとなりました。

今後、地球の破壊は起こりませんが、地上では至る所で最終段階に向けて、
悪との戦いはこれからも様々な形で表われてくる事でしょう。

これ迄、巧みに隠されていた悪事が表面に浮かび上がってくるため、
悲観的になる場合もあるかもしれません。
しかし、今、宇宙のセントラルサンから送られる光によって、
悪が暴かれ真実の姿がはっきりと表われてきたという事は、大変喜ばしい事なのです。

宇宙の光の勢力は、どんな小さな悪でも見逃す事はありません。
同じ様に、皆さんの小さな善行や善意にも注意を払っているのです。

どうぞ、希望を持ち、この世界の政府や様々な組織の腐敗に絶望することなく、
心の平安と共に忍耐強く待つ事を全うして下さい。
その助けとして、日々の生活の中の小さな喜びや自然界のいとなみに目を留め、
決して打ちひしがれたままで1日を終わる事のないよう、
「ガヤトリー・マントラ」と「愛のマントラ」を心の糧として、
感謝と共に歩まれるよう強く望んでいます。

私からの光を十分に受け取る事に意識を向けて下さい。

また、日々自分の心や感情の動きに注意を払い、
より崇高な事柄や美しい宇宙や自然界の美の要素で心を癒すよう努めて下さい。

私達宇宙の仲間が、愛に於て、いつも皆さんと共にあるという事を、
どうぞ忘れないでください。

深い闇からの洗脳はすでに解かれようとしています。
今や闇のネットワークは次々とほころび破れはじめています。
皆さんひとりひとりの意識の目覚めは連鎖反応をもたらし、
驚く程の早さで、世界中の人類の目覚めにつながる事でしょう。

どうぞ、冷静に心の声に耳を傾け、闇の世界が提供する偽りの情報から遠ざかり、
真実の声を聞きわけるよう努めて下さい。

春はもうすぐ、そこ迄やってきています。

闇という暗く長い冬におおわれた地球にも、
もうすぐ“解放という春”が訪れようとしています。

文字通りの春を十分に楽しみながら、“闇からの解放という地球の春”を
希望を抱きながら待ち望みましょう!
決してあきらめないで… 。

皆さんと共に地球の解放を待ち望む
タカキウチュウノヒカリノヒメミコ」

中西征子さんの天界通信46 〜女神ムーサ9姉妹からのメッセージ~

竹下雅敏氏からの情報です。
 2月27日の記事で、ムーサと呼ばれる9柱の女神たちについてコメントしました。私が彼女たちに興味を持ったのは、たまたまNHKの番組で、ラブライブというアニメのアイドルグループのコンサートの模様を見たことによります。 NHKが追いかけていた9人の女の子たちは、明らかにギリシャ神話のムーサ9姉妹と関係しています。
 パソコンで仕事をしながら、時々テレビ画面を見ていたのですが、彼女たちはムーサ9姉妹に霊導されていると思いました。また、そのコンサートの様子を見ると、明らかに光が降りていました。腐敗した芸能界の中にあって、このように神々に祝福されたアイドルグループがあることに驚きを感じました。女の子たち全員の波動が高い理由もよくわかりました。
 こうしたことから、ムーサ9姉妹のことを、中西征子さんに尋ねてもらうことにしました。現在、ウーラニアー以外の8柱は転生に入っており、肉体を持っています。しかも、宇宙船で私たちの太陽系にまで来ているのです。なので、私たちから見れば、彼女たちは宇宙人ということになります。しかし、彼女たちは、人間に転生に入った女神たちなのです。
 私たち地球人の場合、肉体は3.0次元にありますが、目覚めている時の肉体の焦点は、3.0次元の第7層にあります。ところが、彼女たちの肉体は、3.0から3.1次元にまたがっており、彼女たちが目覚めている時の肉体の焦点は、3.0次元の第1層にあります。なので、地球上の霊能者が彼女たちの肉体の姿を見るにしても、エーテルダブル(ライトボディ)の振動数まで意識を上げなければ見えないということになります。逆に、彼女たちと宇宙船が我々のところに姿を現すには、ずいぶんと振動数を下げなければならないということになります。
 この通信文を受け取った後に、ひらめいたのですが、どうやらムーサ9姉妹は、プラズマ体のレベルでアイドルグループを作っているようです。地球上でラブライブのコンサートをしている9人の女の子たちは、ムーサ9姉妹の器になっているということになるでしょうか。
 NHKの番組の中で、女の子が舞台に立つと“何かが上から降りてくる“というような表現をしましたが、女の子たちは正しい感覚を持っていると言えそうです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信46
<通信者:中西征子>
<通信日時:2019年2月28日>


『こんにちは、ウーラニアー。
いくつかの質問があります。回答をよろしくお願いします。

1.1月30日の16時頃に、私の前に姿を現したのは、あなたですね。
キャンディーズという昔のアイドルグループの田中好子を、16歳にして目がパッチリとした感じのカワイイ女の子でした。

:その通りです。おっしゃる通りよく似ています。

2.あなたを含むムーサ9姉妹は、現在、第1システム国津神第三レベルの三十二神だと思いますが、正しいですか?

:はい、正しいです。

3.あなた以外の8柱の姉妹は、現在、太陽系外のさまざまな惑星に転生に入って、肉体を所持していると思いますが、正しいですか?

:おっしゃる通りです。

4.「ヘーシオドスによる九姉妹のそれぞれの名前と司る分野、および持ち物の表」に、彼女たちが転生に入ったと思われる恒星系とその惑星を、右側に付け加えました。例えば、カリオペーは、獅子座α星・レグルスの第3惑星に転生に入ったと思っています。あなたは、転生に入っていませんが、天秤座α星・ズベン・エル・ゲヌビの第7惑星に住んでいると思うのですが、この表の恒星と惑星の部分は正しいですか?


:はい、全て正しいです。

5.クレイオー、テルプシコラーの2柱は、プレアデス評議会の評議員だと思いますが、正しいですか?

:はい、正しいです。

6.転生に入っているこれら8柱の女神は、現在プレアデス評議会の宇宙船で、私たちの太陽系に来ていると思いますが、正しいですか?

:はい、私以外の全員は、プレアデス評議会の宇宙船で太陽系に来ています。

7.彼女たちは、皆、自分が地球で「ムーサ9姉妹」として知られている女神であることを、自覚していますか?

:はい、全員が自覚しています。

8.ムーサ9姉妹を含むギリシャ神話の神々は、かつて第1システム国津神第三レベルの神々だったのですが、B.C.332年の天界のクーデターで、ハイアラーキーによって、神々の座を追われたと思います。このクーデターで、新たに権力を得たのがラー、ホルスを中心とするシリウス・ハイアラーキーの連中です。この時以来、地上ではギリシャの神々の神殿が、次々に破壊されました。また、エジプトはプトレマイオス朝になりました。こうした認識で間違いないでしょうか?

:はい、全ての点に於いておっしゃる通りです。

9.2007年から本格的に始まった「天界の改革」は、「心の清らかな者を要職につける」という私の方針に従って、私と私の妻、そしてこの方針に賛同してくれた神々を中心に進められました。これまでに、多くの神々が転落しました。ギリシャの神々も例外ではなく、神話では、あなたの父とされるゼウスをはじめとするオリンポス12神も、ほとんどが消滅してしまいました。
 こうした結果にもかかわらず、直観的には、私は皆様から、ひどく嫌われているようには思えないのですが、「天界の改革」についての素直な感想を聞かせてください。

:天界の改革は私達姉妹の希望でもありました。
もちろん、私達の両親はじめ親族、友人、知人など多くの神々が転落し、一時的に喪失感と共にネガティブな気持ちになった事は事実です。
でも天界の改革により、私達は以前の立場に復帰させられ正義が行われたことで、公正で理想的な統治のしくみだと、私たち皆も共感しています。
ギリシャの神々の過去の腐敗と堕落を考えると、改革の結末は当然と考えています。
このような英断による思い切った改革をして下さった竹下様と奥様や神々に対して、私達は大きな信頼を寄せています。
地球の改革のお手伝いが出来る事は、私達全員の生きがいと喜びの源となっています。


10.日本では、ラブライブというアニメが、若者を中心に人気があります。明らかに、ムーサ9姉妹をモデルにした9人の女の子が、活躍するアニメです。このアニメをもとにしたアイドルグループのコンサートの様子を、動画で見ることが出来ますが、こうした活動に、ムーサ9姉妹の霊導があるように思えます。正しいでしょうか?

:はい、正しいです。
アニメの制作にも関わっていたので、コンサートに於いても、私たちが担当しているアイドルの一人一人に対して、衣装、歌、踊りの振り付け、舞台装置や照明に至る迄、アイデア、インスピレーション、直観を降ろして応援しています。


11.ラブライブの聖地は、東京都千代田区にある「神田明神」だということです。
 神田明神の祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、平将門命(たいらのまさかどのみこと)ですが、天界の改革によって、祭神は空白になっています。
 なので、現在の神田明神の祭神は、「ムーサ9姉妹」だと考えて良いと思うのですが、どうでしょうか?

:はい、その通りです。私達が今、祭神となっています。

12.神田明神にお参りして、「ムーサ9姉妹」の皆様にお祈りすれば、霊能の有る者には、皆様のお姿が見えると考えて良いでしょうか?

:はい、見える場合もあると思いますが、何らかの影響で見えない時もあるかと思います。その時はあきらめないで、又日を改めてお越し下さい。

13.地球人へのメッセージをお願いします。
出来れば、ムーサ9姉妹の皆様から、一言ずつメッセージを頂ければ有難いです。

» 続きはこちらから

中西征子さんの天界通信45 〜ハルカナウチュウノヒカリノミコト様(エーテルダブル・ 16才)から地球人へのメッセージ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんが、私のエーテルダブル(ライトボディ)を描いてくれました。中西さんの絵を見て驚くのは、姿形だけではなく、波動まで描き込んでいるところです。確かにこの絵を見ると、エーテルダブルのみの波動しかありません。
 前回、私のプラズマ体を描いた時も同様でした。
 このことの不思議さは、例えば、表裏が白い紙に私の名前を書くと、その紙は私のすべての身体の波動を出していることからわかります。なので、どの身体の波動も読み取ることができるのです。身体だけではなく、心の波動も意識の波動も読み取れます。
 しかし、このイラストからは、エーテルダブルの波動しか読み取れないのです。なので、エーテルダブルに意識を合わせることができない人には、この絵から何も感じられないということになるかと思います。
 各身体については、2018年10月17日の記事を参照してください。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信45


<通信者:中西征子>
<通信日時:2019年2月24日>

<ハルカナウチュウノヒカリノミコト様(エーテルダブル・ 16才)から地球人へのメッセージ>

「地球の友なる皆さん!
今、“しあわせ”ですか…?
それとも、地上の混乱にうんざりして、ネガティブになっていませんか…?

ネガティブな波動は地上の混乱に一層の混乱を増し加えるだけです。

当面の心配や不安は、「ガヤトリー・マントラ」と「愛のマントラ」を3回ずつ繰り返し唱える事ですみやかに解消されていきます(最後に“オーム シャンティ シャンティ シャンティヒー”はいりません)
ぜひ試してみて下さい。
スピードと効率の良さは天下一品と言えるでしょう(笑)

更に今も毎日降り注がれている宇宙と天の川銀河のセントラルサンからの光を、私の肉体、竹下雅敏の先日の時事ブログ(2019年2月18日)の提案に従って、毎日無理のない程度行ってみて下さい。

きっと解放感と共に、ポジティブな力がみなぎるのを感じられるでしょう。

今、闇の勢力は追いつめられ、自暴自棄ともいえる暴走を始めました。

それらの状況を、冷静に楽観的に見守って下さい。
悪事は暴かれ、ひとつとして見すごされる事はありません。

皆さんの心の目を見開き、自分の中に宿る宇宙の真理とひとつになりましょう。

そうすれば心の平安と喜びはあなたのものとなる事でしょう。

必要な知識はあなたの中に在るのです。

気付く事、見い出す喜びは、あなたを霊的成長へと導く事でしょう。

健闘を祈ります。
ハルカナウチュウノヒカリノミコト」


ハルカナウチュウノヒカリノミコト様、メッセージをありがとうございました。
次に私からの質問をさせていただきます。

» 続きはこちらから

救世主のようなふりをして、様々な偽情報を提供して来たブルー・エイビアンズ、古代地球離脱文明などの邪悪な者たち 〜 知らず知らずのうちに悪事に加担させられているコーリー・グッド氏!

竹下雅敏氏からの情報です。
 時期は選んで発言しているのですが、私は重要だと思うことは、適切だと思うタイミングで公表するタイプなので、夢を見ていたい人には結構嫌われているだろうと思っています。今回もそうなる可能性が高いとは思いますが、私が感じていることを素直に書きたいと思います。
 ディビッド・ウィルコック氏が推薦する「一なるものの法則」を私は読んでいないので、この文書についてのコメントはできません。しかし、冒頭の記事にある年表が、その「一なるものの法則」に書かれているのだとすれば、この文書は私にとって、ほとんど価値のないものだと言えます。
 コーリー・グッド氏によると、かつて、火星と木星の間に存在した惑星「マルドューク」が、約50万年前に破壊され小惑星帯となり、「マルドューク」の衛星だった月が放り出され、地球の重力に捕まったと考えているようです。そのことは、2つ目の記事で、ディビッド・ウィルコック氏が「それは50万年前の話でしたね」と言っていることからもわかります。
 ところが、冒頭の記事では、マルドュークの破壊が70万5千年前になっています。これは誤差としては許容できないレベルです。
 また、ムー文明、アトランティス文明の時期が書かれていますが、神智学とは相容れない年代です。
 神智学では、約1,850万年前にサナット・クマーラが金星から地球へと降臨し、レムリア時代が続きます。約1,200万年前から10万年前までがアトランティス時代で、約1万5千年前にアトランティスの最後の島が沈んだと考えています。ところが、冒頭の年表はまったく違います。
 困惑するのは、アトランティスの沈没が9,600年前になっていること。下の記事で、コーリー・グッド氏は、天変地異を約1万2,800年前と言っており、ここでも数字が合いません。
 また、ギザのピラミッドの建設が6,000年前というのはとても信じられません。同時に作られたと考えられているスフィンクスには、雨による浸食の跡があり、エジプトが砂漠化する前の少なくとも8,000年以上前に作られたと地質学者は考えているからです。
 こうしてみると、「一なるものの法則」の略年表は、そのほとんどが偽情報だと思われます。
 “続きはこちらから”をご覧ください。中西征子さんがエジプトの3大ピラミッドの下に埋まっている巨大クリスタルに直接通信を取って、3大ピラミッドの正確な建設年代、そしてレムリア時代、アトランティス時代の年代を聞き出しています。私が見るところ、これらの数字はきわめて正確だと思います。
 また、火星と木星の間にあったとされる「マルドューク」という星ですが、このような星は無かったことを、すでに中西征子さんの天界通信20でお伝えしています。また、2017年6月12日の記事でもこの件についてコメントしており、この中で、SSP(秘密の宇宙プログラム)の科学者の最新学説では、“月が地球の周りに配置されたのは6千万年前”だと言っているようです。
 これらのことを通してわかるのは、コーリー・グッド氏の情報は、基本的にブルー・エイビアンズか古代地球離脱文明、あるいはSSPの情報から来ているわけですが、あまり当てにならないということです。
 はっきり言って、私はコーリー・グッド氏が直接体験し見聞きした情報には信頼を置いていますが、このタイプの情報は全く信用していません。こうした偽情報をブルー・エイビアンズが意図的に提出するのは、彼らに思惑があるからです。
 コブラの2019年1月21日の「光の帰還活性化瞑想」で、コブラが語るに落ちたことからもわかりますが、彼らは、この瞑想で宇宙のセントラルサンの光を地球に呼び込み、その結果、ポールシフトが引き起こされ、巨大な津波で地表を一掃する計画だったのです。
 このような神々の意思に反する巨悪を実行に移したことで、この時の瞑想に加担した者たちは巨大なカルマを背負ったことになりますが、その主犯は、ブルー・エイビアンズ、銀河連合、光の銀河連邦、古代地球離脱文明、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)などの邪悪な者たちだったのです。
 この意味で、私はこれらの連中を悪と断定しています。ハイアラーキーに属していた者たちの3分の2は真実に目覚めて、今では神々と共に働いています。しかし、残りの3分の1の邪悪な者たちは、地球を破壊しようとする彼らの計画を、決して変えようとはしませんでした。
 こうした連中が、まるで自分たちが救世主のようなふりをして、コーリー・グッド氏に接触し、様々な偽情報を提供して来たわけです。私が一貫して、コーリー・グッド氏はきわめて誠実で善良な人でありながら、その騙されやすさから、知らず知らずのうちに悪事に加担していると言ってきたのは、このような意味においてです。
 残念ながら、コーリー・グッド氏はコブラの今回の瞑想にも協力していたため、大きなカルマを負い、現在波動は最悪になっています。彼を救済できるかどうかは何とも言えません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
7万5千年前から始まった人類史の年表とポジティブとネガティブの「収穫」の違い
引用元)
(前略)

1981年のチャネリング情報「ラー文書」によると、地球が第三密度に上昇したのは火星から大量移民が来た7万5千年前であり、火星から大量移民・・・といっても魂レベルの転生のことのようですが、そのことをキッカケに地球は第二密度、つまり動物や植物、鉱物が中心だった世界から、第三密度に移行し、「自我意識」を持つ人間による人類史が始まったとのことです。

(中略)

<Law of Oneに従った略年表>
70万5千年前-マルデュークの破壊

(中略)

7,5000年前-火星上に於ける生命体の死滅。地球が第三密度に上昇する。
火星から地球への人々の意識の移送が開始される。 
地球に於ける第三密度上第一経験サイクルの開始

(中略)

53,000年前-ムー文明の興隆

50,000年前-第一回目収穫作業が行われ、その後、第二経験サイクルが開始される

31,000年前-アトランティス文明の形成の開始

25,000年前-第二回目収穫作業後、第三経験サイクルの開始

(中略)

11,000年前-アトランティスに於いて一回目の戦争が発生する

11,000年前-ラー・グループがエジプトに接触、更に、他の第六密度複合体が南米方面に接触を行う

10,821年前(1981年当時から見て)-アトランティスに於いて二度目の戦争が発生。

9,600年前-アトランティスの沈没

(中略)

6,000年前-ギザのピラミッドの建設が行われる。他のピラミッドらの建設の為、この活動がその後1,500年続く

(以下略)
————————————————————————
南極: 開示のプロセス(改訂版)
シーズン 7, エピソード 8(2017年2月21日放送)
(前略)

Corey: 1939年、ドイツの南極遠征隊は古代文字の書かれた巨大岩版を見つけて、大量の写真を撮りました。その後、彼らは多くの秘密遠征を始めました。
(中略)... 彼らは洞窟内に古代文明の人工遺物を発見していました。それらを運び出し、軍隊を派遣して基地の建設を始めました。(中略)... 彼らは1950年代、1960年代から何十年間もあそこで発掘をしてきたのです。

(中略)

そして、2002年頃になって、彼らは民間の大学教授や考古学者を連れて行くようになりました。(中略)... そこで見つかったものを聞いて度肝を抜かれました。彼らは古代のテクノロジーを見つけたのです。彼は宇宙船を発見していました。

(中略)

遺伝子実験のための研究室らしき場所も見つかりました。プリ・アダマイトによって、無茶苦茶な遺伝子実験が行われていたようです。そして様々な種類の人間の遺体が見つかりました。背の低い人間、背の高い人間、尻尾のついた人間まで、様々です。それらともにオリジナルのプリ・アダマイトの遺体もありました。彼らは5万5千年~6万年前にこの場所に不時着しました。

David: プリ・アダマイトとは何ですか?

Corey: ETグループです。かつて火星とマルデクで暮らしていてました。そこで天変地異があって、このほとんどは彼らの戦争に起因するのですが、それから・・・

David: それは50万年前の話でしたね。

(中略)

Corey: ステイシス(冬眠)状態の生命体が複数いました。私が聞いた情報では、生き残ったオリジナルのプリ・アダマイトたち、つまり地球外から来た彼らが、約12800年前の天変地異が起きる前に、自分たちをステイシス状態に入れたそうです。

(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 63