アーカイブ: 宇宙

キンバリー・ゴーグエンさんとコーリー・グッド氏がメドベッドについて語る ~「世界の銀河連邦」から提供されたメドベッドを使うと、「ロボット人間」にされてしまう

竹下雅敏氏からの情報です。
 “続きはこちらから”の記事を先にご覧ください。キンバリー・ゴーグエンさんとコーリー・グッド氏がメドベッドについて語っています。
 コーリー・グッド氏の語るメドベッドの話は、氏の波動を反映しているためか、非常にネガティブなものです。オリオングループは、エレナ・ダナーンが接触した「世界の銀河連邦」を、地球を解放するために来た救世主として表に出そうとしていると言っています。
 彼らが提供するメドベッドによって人々は健康になり若返るが、“あなたがメドベッドに入ると…ナナイト(ナノロボット)を注射される…それを彼らはあなたに説明しません”ということです。
 2021年3月18日の記事で、「長年の間、大勢の人が誘拐されて来ましたし、今も尚、誘拐は続いています…銀河宇宙ではあらゆるET達が、同じことをやっている」というウィリアム・トンプキンス氏の証言を紹介し、“その「銀河連合」「光の銀河連邦」の宇宙人たちからのメッセージが「無条件の愛」なので、なかなか笑わしてくれるなというのが、私の素直な感想です。地球人に先進的な医療機器であるメドベッドの技術を提供し、それによって地球人を完全支配するつもりなのですが、これが彼らの言う「無条件の愛」なのです。「無条件」ほど、高いものはない”とコメントしました。コーリー・グッド氏の話から、「世界の銀河連邦」から提供されたメドベッドを使うと、「ロボット人間」にされてしまうことが分かりました。
 キンバリー・ゴーグエンさんの話では、“今のところ隠しておかなければならない科学者・技術者のグループがある。…(彼らは)フリーエネルギーで動く本物の医療用ベッド(メドベッド)を理解している”と言っています。
 “今朝(1月27日)、このグループが CARE(友好と地球再生のセンター)の科学・研究開発部門で働くことを約束しました! キムは彼らの加入をとても喜んでいます”と書かれています。
 私はこの集団が誰かを分かっています。しかし、“今のところ隠しておかなければならない科学者・技術者のグループ”だということなので、ここでは書けません。いずれ映像配信で話すことになるでしょう。
 実はこうなることは予想していました。この科学者・技術者のグループのように、彼らがキンバリーさんのチームと連絡を取ろうとしても、それを妨げていた者が居たのです。1月25日の夜に、それが誰なのかが突然分かり、その人物(宇宙人)を処刑しました。
 これで障害が消えたので、キンバリーさんの情報にその関連の情報が出るだろうと見ていたのです。私の日記には「…がキンバリーさんに接触したことを確認(1月28日)」「……が私のことを認識している事を確認(1月31日)」と書いています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
金融システムの私たちの側は好調で、ディープステートはその逆を体験している|神の介入による拘束の契約が切れる前に、あらゆるものの暗黒版が複製された|完全な無機世界が闇のタイムラインの目標だった|闇の鏡の崩壊をもたらすキムのクリアリング|人類の専門科学者と技術者がCAREの科学技術部門に参加!
引用元)
このキム・ゴグエンによる状況報告は、2023年1月27日にユナイテッド・ニュース・ネットワークで配信されたもので、UNNの購読者向けに公開されている。
(中略)

https://www.unitednetwork.tv/videos/27-jan-23-news
(中略)
嬉しいニュースです。
 
残りの移行期間中、キムが安全を確保するために、今のところ隠しておかなければならない科学者・技術者のグループがある。彼らはJASON協会やそのほかの団体に属しているわけではありません。彼らは人間であり、おそらく世界でも有数の専門家です。彼らは本当に優れた技術を生み出しましたが、それが悪用されたのです。中には、「私たちは地球と人類を救う」という名目で、悪者にリクルートされた者もいます。それがどういうことか、私たちは知っています。しかし、いったんその世界に入り込むと、闇の計画を目の当たりにし、逃げ場がなくなってしまうのです。しかし、今、この人たちには出口があるのです。
(中略)
CARE(友好と地球再生のセンター)にエキスパート・ヒューマン・サイエンティスト&テクノロジストが加わりました。
 
今朝、このグループがCAREの科学・研究開発部門で働くことを約束しました!キムは彼らの加入をとても喜んでいます。彼らは長年かけて多くの知識を身につけ、それを人類と分かち合うことができるのです。彼らは、修復計画の概要を説明し、計画を理解した上で、私たちの惑星を修復するために、喜んで協力するつもりです。
(中略)
彼らは量子力学と本物の医療ベッド(メドベッド)を理解する人達です。
 
彼らは量子的な人々であり、キムのノートを理解しています。彼女は明らかに、このグループに対して非常に興奮していました。
(中略)
キムは、「アザーズ」の他に、人体の回復を助けるフリーエネルギーで動く本物の医療用ベッドを理解していると言った。本物の医療ベッドは、植物や動物、この地球上のあらゆる種類のものの修復にも使うことができます。また、海の毒を脱分子化することもできます。
(中略)
現在、保護とアーキビスト(公文書担当官)による更なる情報提供の支援を受けています。

このグループは保護されており、アーキビスト(公文書担当官)たちは、起きているすべての多元的な変化に関するさらなる情報を得るために、彼らを支援しています。
(中略)
彼女はお互いを知るようになったばかりだと言っていました。
(以下略)

» 続きはこちらから

コーリー・グッド氏が語る、「スターシード(地球以外の惑星から来た魂を持つ存在)」の真実 ~多くの「スターシード」はここ(地球)に捨てられた人たちなのです

竹下雅敏氏からの情報です。
 私はコーリー・グッド氏に同情的です。氏は嘘をつくようなタイプの人間ではないからです。しかし、氏が接触してきた宇宙人たちの中に非常にタチの悪いものがいて、そうした者たちは既に処刑されているのですが、コーリー・グッド氏にはそうした情報はもたらされないのです。
 ただ、彼らの中の一部のものは真相に目覚めました。彼らからコーリー・グッド氏へと、そうした情報が伝わるか否かは、少し様子を見る必要があります。
 以前からコーリー・グッド氏の波動が非常に悪いことをお伝えしています。動画をご覧になれば、その事は一目瞭然です。コーリー・グッド氏の右側に座っている男性の方が、まだ少しマシな波動をしていますね。
 波動の観点からは、コーリー・グッド氏と彼が接触している宇宙人たちは「闇の存在」ということになります。「闇の存在」のガーディアンが正義の役で、彼らに支援された地球人グループ(グローバル銀河国際連盟とSSPアライアンス)が、もう一方の「闇の存在」であるオリオングループと戦うという設定になっています。
 ただ、こうした「闇の存在」の中にも比較的善良なものがいて、自分が騙されていたことに気づき光の世界へと戻って来ることが稀にあります。
 さて、今回のコーリー・グッド氏の動画では、「スターシード(地球以外の惑星から来た魂を持つ存在)」の真実が語られています。コーリー・グッド氏は、自分がスターシードだと思っている人たちに対して「この惑星から誰かがあなたを救い出してくれることをあてにしないことです」と言っています。
 いざとなったら、宇宙船が降りて来て自分は救済されるとか、地下の秘密基地に案内されて助かるなどのスターシード特有の妄想を否定しています。スターシードを自認している人たちは、これらの妄想が「統一教会」や「エホバの証人」の信者の妄想と変わりがないことを自覚する必要があるでしょう。
 そしてコーリー・グッド氏は、 “多くの「スターシード」はここ(地球)に捨てられた人たちなのです”と本当のことを言ってしまいました。本当のことを言う人は、みんなから嫌われるんですよね。コーリー・グッド氏はオーストラリアの例を出していますが、アメリカも同じです。
 加えて、スターシードとスターシードを地球に捨てたETグループは、共にカルマ的に地球と関係があります。要するに、現在地球に関与しているETグループは、そのカルマのために地球に来ているのです。スターシードを含め、こうしたET グループのほぼ全員が、過去の悪事の結果、魂(ジーヴァ)が動物システム以下に転落している者たちなのです。
 地球人の7割は人間であり魂(ジーヴァ)は本来の位置にあります。しかし、過去に悪魔崇拝に陥るとか、惑星を破壊する等の非常に大きな罪を犯した者たちは、魂(ジーヴァ)が動物システム以下に転落してしまい、もはや「人」とは呼べない存在になっているのです。彼らは「魔」とか「魔族」と呼ぶのが相応しいでしょう。
 「魔」の中で、非常に凶悪なものが「悪魔」です。コーリー・グッド氏は「魔」と付き合っており、彼らは「悪魔」と戦っているというのが真相です。しかし、ほとんどの地球人は「人」です。
 「魔」や「悪魔」が地球に転生するとスターシードと呼ばれるのです。こうした連中は、「神」に目覚めるために地球に関与しているのですが、彼らは全くその事を理解していません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッドSSPアップデート解説動画シリーズS1E2
引用元)
(前略)
(中略)
アセンションしなければ、また別のサイクルがあるのか?

マイク:Kayさんからです。「あまりポジティブでないタイムラインを選ぶ可能性もあるとおっしゃいましたね。」
(中略)
コーリー:ほとんどのスターシードは、そのすべてを体験するためにここにいます。私たちは、「私を救助してくれる宇宙船に来て欲しい」みたいに思いがちです。いいえ、あなたはここでの(ひどい体験を含む)全てのことに署名(契約)しています。
(中略)
あなたはずっとここにいるんです。だから、この惑星から誰かがあなたを救い出してくれることをあてにしないことです。そんなことはありえないんです。
(中略)
私たちは生きて、それから死ななければならず、第4密度で生まれ変わるのです。第4密度まで何度も生きては死に、霊として成長し、成長を繰り返していきます。私たちは死ぬんです。そしてまた転生して生まれてくるのです。密度が高次に上がるように、私たちは転生して、苦労しながら戻っていくんです。
(中略)
戻るためには、また各密度で苦労しながら戻っていかなくてはなりません。だから、高次の密度からここに来た人たちは、ここで働くために、多くのことをあきらめてきたのです。それは、天国にいる人たちが救済を捨てて、地球で苦しむために戻ってきたようなものです。
(中略)
マイク:でも、ここにいる私たちのほとんどは、ただ他の人への奉仕、波動の啓発のためにここにいるように見えます。事実として、愛と光に少し傾いている人が多いと思うんです。ですから、これは私たちにとって、「このトラウマをどう乗り越えるか?この混乱をどう乗り切ればいいのか?」という経験をする素晴らしい機会です。
(中略)
コーリー:何千年もの間、この惑星にやってきて、基本的に自分たちの文化圏から囚人や好ましくない人々をこの惑星に落として、私たちの輪廻転生サイクルに送り込んできたETグループがあります。
(中略)
多くの「スターシード」はここに捨てられた人たちなのです。
(中略)
他の惑星の振動や制御を混乱させてしまい、ETたちによって「ダメダメ。連れて行って、ここに捨てよう。彼らは問題児だ。」となったのかもしれません。そして、地球はオーストラリアのようになりました。ほら、あちこちから「好ましくない人たち」が集められてきたんです。オーストラリアが最初にできたとき、彼らはそこに囚人を送りました。私たちの惑星も同じようなものです。
(以下略)

コーリー・グッド氏の波動が低下したワケ

竹下雅敏氏からの情報です。
 12月9日の記事で、“コーリー・グッド氏の波動は最悪です。これは彼が意図的に偽情報を出しているからではなく、別の理由によります”とコメントしたのですが、記事の中で引用されている動画(12月15日掲載)を見ると、その事が良く分かると思います。
 1カ月前の11月14日のコーリー・グッド氏の動画と見比べると、氏の波動がさらに低下していることがはっきりとします。
 11月14日の記事で、“コーリー・グッド氏は、クリフ・ハイ氏と争った裁判の宣誓証言の中で、ブルー・エイビアンを含むエイリアンとの体験などについて「これらは想像の産物であり、どれも起こらなかった」と述べた”と言うことでした。
 そして、「私は、コーリー・グッド氏は非常に正直な人なので、本当に噂に近いことを証言したのではないかと思っています。しかしそれは、彼がこれまでに語って来た事柄が嘘であったことを意味しません」とコメントしました。
 今回の記事によれば、コーリー・グッド氏のデポジション(証言録取)映像がリークされ、“確かにコーリーは証言録取において、自身の証言の多くが「創作」だと言っていました”ということです。
 私はこうした事柄に関心がないので、リークされた映像を見ていないのですが、仮に見たとしても、私はコーリー・グッド氏の話が嘘であるとは思えません。なぜなら、彼の波動は物語を話したことで低下したわけではないからです。
 今回の動画の中で、コーリー・グッド氏は「これは私の人生の物語であり、本当に起こったことです」とハッキリと言っており、氏の物語が商標、知的財産として守られるために、「この情報は私の実体験に基づいて創作したものだ」と言う主張をしています。
 著作権の関係で、必要最小限の引用にとどめていますが、引用元で記事をご覧になると、コーリー・グッド氏は「私はこのコミュニティの多くの人、特に有名人たちにはうんざりしています。みんな目を輝かせて彼らを見上げていますが、私自身有名人となって、彼らが仮面を外したときの裏の顔を本当に知ることになりました」と言って、実名を挙げて「愛と光のコミュニティ」の腐敗の具体例を示しています。
 コーリー・グッド氏が、こうした偽善者たちに取り囲まれて攻撃されていれば、波動が落ちるのは当然に思えますが、実はそういうことではないのです。コーリー・グッド氏は、波動をかなり戻していた時期があったのですが、その時の彼なら、偽善者たちの攻撃を容易に跳ね返すことが出来たはずなのです。しかし、現在の氏の波動は、その偽善者たちよりも低いので、攻撃を跳ね返すことが容易ではないのです。
 一刻も早く、氏は波動を引き上げる必要があるのですが、氏がこれまでに身に付けた方法では難しいのではないかと予想します。なぜなら、氏の波動の低下は、氏がコンタクトを取ってきた宇宙人たちの波動の低下とリンクしているからです。私からのアドバイスは、氏は「こうした偽善的な宇宙人から距離を取り、彼らから自立する必要がある」ということです。
 私のコーリー・グッド氏に対する見方は、当初から一貫しています。「氏は誠実な人物であり、嘘をつく人ではない。しかし、氏は光を装う宇宙人に取り込まれ騙されている。その事で、人為的にソーラーフラッシュを引き起こして地球を破壊しようとする邪悪な宇宙人たちによって、悪の片棒を担がされている」というものです。
 氏がこの事に気づかない限り、波動が元の状態に戻ることはないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッド2022年12月アップデート
引用元)
(前略)
一気に心も体も悪くなりそうなものを見てしまいました。
 
そうです、リークされたコーリー・グッドのデポジション(証言録取)映像です。あれを見れば誰だってショックを受けるでしょう。前回の記事で触れました事前に出回っていた噂は、一部は事実でした。確かにコーリーは証言録取において、自身の証言の多くが「創作」だと言っていました。ストレスで不快そうに歪んだ顔、震える声、だらしなく緩めたネクタイに左手の変な黒手袋も印象的でした。さらには不貞の事実なんていうおまけつきです。
 
一体何が起きている?コーリーは二重人格だったのか?どういうことなのかきちんと説明してほしい!簡単には納得しないぞ!と私も思いましたし、SBAのグループにもそのような声が多く寄せられていました。
(中略)

コーリー・グッド:さて、今日はおしゃべりをするためにここに来ています。きっと皆さんの多くが、私の抱える訴訟の一つからリークされたデポジション(証言録取)のビデオをご覧になったことでしょう。
(中略)
法廷で相手側の弁護士が私の信用を完全に落とそうと、「身長2mの青いニワトリと話したことがあるか」とか「火星に住んでいたか」とか尋ねてくるだろうということは、私たちは以前から想定していたということです。
(中略)
もし私がこれらのことを(事実だと)主張したら、彼らは私に「妄想癖」というレッテルを貼ることができるだろうということです。そしてもちろん、妄想とか夢とか、そういうものを商標登録するのはとても難しいんです。なぜなら、誰でも同じ夢を見る可能性は否定できないし、誰でも同じ妄想を持つことができるからです。それをどうやって商標登録すればいいのか、どうやって自分の知的財産と呼べばいいのか。
(中略)
確かにそうです。妄想を商標登録するのは難しいでしょう。しかし私は法廷で、「この情報は私の実体験に基づいて創作したものだ」と言うつもりです。そうすることで、私の商標、知的財産として守られるのです。そして私は、私から盗んだ知的財産で利益を得ている人たちを追うことができるようになりますし、そうするつもりです。
(中略)
これは私の人生の物語であり、本当に起こったことです私は何も撤回するつもりはないし、私の情報開示を守っているんです。
(中略)

» 続きはこちらから

宇宙から排除される、宇宙の法ヤマ・ニヤマを守らない者たち 〜「彼らの殆どが考えを変えるつもりがない」と結論づけられ、排除された地球上の悪人たち、排除されることになる宇宙人グループ

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさんは、“闇から光への転換ができない非修復型人間が世界中に10万人ほどいる”と言っていましたが、彼女のチーム、ヘルパー、空中のエンフォーサーの働きによって、現在は23000人まで減り、そして一夜のうちに16000人まで減ったと言っています。
 キンバリーさんは、彼らを排除した理由を、「我々全員は、彼らの殆どが考えを変えるつもりがないという結論に達した」からだと言っています。私は、映像配信などで、宇宙の法であるヤマ・ニヤマを守らない者たちは宇宙から排除されると言ってきたのですが、キンバリーさんの報告を見れば、本当にこうした事が起きていることが分かるでしょう。
 キンバリーさんは、「神の時代が到来したのです。神もソース(大元)も準備ができています」といっています。彼女の言う「神」と「ソース」が何を意味しているのかはハッキリしませんが、彼女のチームや訪問者たちが、神々の指示の下で動いていることは、私にはよく分かります。
 土曜日(11月26日)の夜から、第7密度か第8密度の領域から人間にとても 好意的な集団が地球にやってきたと言っています。第7密度は3.3次元7層で、第8密度は3.0次元6層の領域です。この領域に肉体(狭義)を持つ存在が地球にきたということになります。
 こうした次元との関係から、第7密度から来た者たちは「第1システム国津神第2レベルの神々」、第8密度から来た者たちは「第1システム国津神第5レベルの神々」の指示に従っていることが分かります。彼らは「銀河連合」か「光の銀河連邦」に属していた宇宙人たちですが、現在ではユニバーサル・カウンシルか新地球評議会に属しているものと思われます。
 地球に関与してきた宇宙人は、「第1システム国津神第2~5レベルの神々」の指示に従うか、あるいは解体されたハイアラーキー(聖白色同胞団)の計画かブラックロッジのマルドゥクの計画を実行して滅ぼされるかを選択しなければなりません。
 “彼らの殆どが考えを変えるつもりがないという結論に達した”ことで滅ぼされた地球上の悪人たちと同様に、神々から「彼らの殆どが考えを変えるつもりがない」と結論づけられた宇宙人グループは、宇宙から排除されることになるのです。こうした宇宙人グループの例としては、コーリー・グッド氏が接触している宇宙人グループがあります。
 私たちは、彼らが表面的には善良に振る舞いながら、決してハイアラーキーの古い計画をあきらめようとしないことを知っています。それは地球上で、既に死亡したトランプの替え玉を大統領に復帰させて権力を握ろうとしているホワイトハットの動きに似ています。
 彼らは「創造主」「ソース」という言葉を弄びながら、決して神を信じない連中です。神を信じる必要はありませんが、ヤマ・ニヤマは守らなければなりません。それは神が定めた宇宙の法だからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
修復不可能なカウントダウン。−84,000|トランプ・シンギー陣営がキムに2024年の出馬支持を打診?そうだ!|キムとトランプの会話の書き起こしが出回り、彼の嘘が明るみに|第7、8密度からより積極的な訪問者が到着し、Wingnuts(ウイングナッツ)は彼らが自分たちを助けるために来たと勘違いしていた!
引用元)
このキム・ゴグエンによる特別レポートは、2022年11月28日に、UNNの加入者向けに配信されているユナイテッド・ニュース・ネットワークで配信されたものです。
(中略)

(中略)
トランプの怪しげな法律事務所がキムに電話をかけて、トランプが大統領に復帰すれば、彼は彼女と取引をしたいと思う可能性が高いことを伝えた。2024年の出馬のための後ろ盾と支援を求めているのだ。彼女の返事は…絶対にダメ!
(中略)
トランプが死んだという事実を知っているのは、キムだけではありません。彼が実際にいなくなったことを知っている人たちが大勢いて、その事実を示す証拠を探して走り回っているという。
(中略)
キムとトランプの外交ラインでの会話が文字化され、流布していた!わぁーい!
(中略)
キムがトランプと交わした会話に関する情報が出回っているのだ。実際、軍や機関、工作員の最下層に至るまで、あらゆるところに出回っている。
(中略)
学生ローンの会話、ハリケーン・マイケルの救済支援、カリフォルニアの火災が土砂崩れを起こすという彼女の警告とそれに伴うすべての情報配信を止めることができない。彼女が提案した人道的援助は、何一つ実現しなかった。
(中略)
彼女は、このようなことを言ったとき、人々は彼女がクレイジーだと思っただろうが、今それがすべて明らかになった、と言っています。
(中略)
他に出回っている情報は、トランプの本当の家系と、彼がどんな恐ろしいことをしてきたかについてです。過去の放送で彼の叔父がナチスの科学者であることを話していましたが、それは隠された情報ではありません。トランプの本家の家系はナチスドイツのフォン・ケンプフ:VonKempf(スペルは定かではありません)です。儀式......生贄......そういう恐ろしいことに携わってきた。
(以下略)

» 続きはこちらから

【キンバリー・ゴーグエンさんの情報】闇から光への転換ができない非修復型人間が世界中に10万人ほどいる / (浄化を行なうチームは、)地上にいる1億3700万人の兵士、空中にいる2500万人のエンフォーサー、そして…終焉のために訪問者が到着し始めた…彼らは皆、何も見逃すまいと厳戒態勢を敷いています

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさんの情報から、興味深いところをいくつか紹介します。
 “闇から光への転換ができない非修復型人間が世界中に10万人ほどいる”ということです。この修復不可能な人間たちは、“自分たちが血統のおかげであらゆる面で優れていると本気で信じており、彼らが神でないこと、ラーの化身でないことを納得させることはできない”ために、彼らは排除の対象になっていると言っています。また、“世界経済フォーラムの一部の人々は、自分たちのボスを神だと信じている”ということです。
 「闇の組織」のメンバーは恐怖で支配されており、組織の命令に逆らうことが出来ないため、“彼らの貧しい人生の選択が考慮され、彼らが私たち全員を殺そうとし、地球に危害を加えようとしているという事実が考慮”されていて、「次のランク、そのまた次のランク」というように、位階の高いものから順に排除されているのです。
 こうすることで誰にも命令されず、自由意志で善か悪のどちらかを選択する余地が生まれます。「悪」を選択した者、すなわちマルドゥクの古い計画に従って権力を手放そうとしない者たちが、排除の対象となるのです。
 キンバリーさんの仲間で浄化を行なうチームは、“地上にいる1億3700万人の兵士、空中にいる2500万人のエンフォーサー、そして…終焉のために訪問者が到着し始めた…彼らは皆、何も見逃すまいと厳戒態勢を敷いています”ということです。
 こういう状況なのでキンバリーさんは、“核の発射ボタンは押せません”と言っています。第3次世界大戦などの破壊行為を命じたものは、即座に処刑されるのです。
 私の映像配信をご覧の方は、私が以前からこうした事柄をお伝えしていたことをご存知だと思います。しかも、こうした「裁き」は、「闇の組織」だけではなく宇宙人も同様にして行われているのです。
 私が、コーリー・グッド氏が接触している宇宙人たちの指導者たちが滅ぼされたと言及しているのは、こうした「裁き」が宇宙で行われているからです。彼らはハイアラーキーの古い計画をあきらめようとしないのです。
 現在の「裁き」の対象は、「近隣の52の惑星連合」に属する宇宙人たちです。こうした事から、コーリー・グッド氏の「波動」に注意しておくと良いでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
闇のクイーンマザーはベツレヘムに現れず|世界経済フォーラムは「混乱した」キムを正すために工作員を送る|敵はもういないのか?黒い太陽はドラゴンファミリーの地球支配の回復を任務とする|10月28日にベールを脱ぎ、人類は目覚めるのか?| 2022年11月8日|さらなるビッグな出来事が待っている
引用元)
(前略)
このキム・ゴグエンによる特別レポートは、2022年10月31日にUNNの購読者向けに配信されているユナイテッド・ニュース・ネットワークで配信されたものです。
(中略)

31-10-2022 United Network News (nunchee.tv)
(中略)
今、世界経済フォーラムの一部の人々(彼らは皆、自分たちのボスを神だと信じている)は、キムが何をすべきかを伝えるために、コロラド州デュランゴに新しい人々を送ることにした。彼らは、国土安全保障省とおそらくCIAからデュランゴに行く認可を得たと主張している。彼らが送った工作員たちは、キムはおそらく混乱しているだけで、何をすべきかを伝える必要があると言われた。いずれにせよ、キムは意味がないので彼らとは会わなかったという。
(中略)
キムは彼らの会議で何を聞いたのか?

キムは昨夜の会議を聞いていた。彼らは、多くの混乱と大惨事を引き起こせば、キムの血気盛んな心は結局譲歩するだろうと考えている。それが今の計画です。そこで、我々のエンフォーサー部隊についてもう一度思い出してほしい。地上、空中、海上にいる1億3700万人が、見たこともないような武器を携えているのだ。そして、もし彼らが上層部がどこに行ったか知りたければ、どこにいても監視し、彼らのボスである神々の元へ送る機会を待っているこの仲間に感謝すればいいのだ。
(中略)
彼女は喜んで彼らのものを破壊している、今は趣味のようなものだ。 彼女はまた、彼らが計画しているこれらのイベントのいずれかを実行できるほど長生きすることはありませんと約束しました。大惨事を起こせば、キムは心を入れ替え、自分たちのために働くことを決意すると思っているのなら、彼らは正気を失っている。しかし、その代わりに、次のランク、そのまた次のランクで、彼女が掃除を始めることができるようになるのだ。だから、もしソースに戻りたいのなら、ぜひとも計画を続行することだ。
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 103