アーカイブ: 宇宙

中西征子さんの天界通信60 〜ウツシキヒカリノヒメミコ様(ライトボディ・16歳)から地球人へのメッセージ~

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんが、私の天界の妻のウツシキヒカリミのライトボディを描いてくれましたので、「地球人へのメッセージ」を中西さんに聞き取ってもらうことにしました。
 ウツシキヒカリミは「愛の創造神の第5システム第1レベル」から、私の妻になるために降臨して来ました。天帝のオオミウツルヒカリミ様の娘です。降臨したのは、記憶が定かではないので、はっきりとしたことは分かりませんが、2008年の9月頃だったかも知れません。
 私は約4億5千万年前に「愛の創造神の第5システム第1レベル」から、シリウスシステム(第1システム)天津神第1レベルに降臨したのですが、いつか無事にウツシキヒカリミのいる「愛の創造神の第5システム第1レベル」に戻れたら、結婚しようと約束していたのです。もう一柱、同じように結婚の約束をしていた女神が、ウツリマスアカキヒメです。この約束を果たすのに、約4億5千万年かかったわけです。
 私の中では、はっきりとした事実なのですが、宇宙人を含め誰も確認が取れないでしょうから、このようなことを信じる必要は全くありません。恐らくほとんどの宇宙人は、ウツシキヒカリミやウツリマスアカキヒメを含む私の妻たちが実在することすら、確認できないだろうと思います。なので、地球の人々に信じてもらおうとは思っていません。
 ただ、ほんの一部の人には、中西さんのイラストや通信文の波動から、何かを感じ取れるかもしれないとは思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信60
<通信者:中西征子>
<通信日時:2020年11月5日>


<地球人へのメッセージ>

 地球の皆さん!

 現在の地球的大混乱と、先の見えない恐怖と不安の中で、日々誠実に生きていく事は大きな挑戦ですね…。
私もこれからの地球の大変動を、片時も注意をそらさないで見守っています。

 今、アメリカ大統領選挙の終盤にさしかかり、とんでもない事態が発生しており、しばらくは収拾のつかない混乱が予想されています。

 どうぞ、心を冷静に保ち、どのように正義が行われていくのか見守って下さい。

 長い間、地球を支配してきた闇の勢力が、今、まさにその断末魔の時を迎えて、死にもの狂いで徹底抗戦をしかけています。

 すべての悪事を白日の元にさらし、真実の光によって、完全な浄化をもたらすチャンスととらえて下さい。

 今は待つ時なのです。
もうしばらく、心静かに愛をもって耐えて下さい。

 地球と宇宙全体の平和と安全のために、光の軍勢がこの地球の上空で待機し見守っているところを想像してみて下さい。

“心に愛を…。
    唇にガヤトリー・マントラと愛のマントラを…。“

皆さんの平安を見守っています。
ウツシキヒカリノヒメミコ

中西征子さんの天界通信59 〜トワニヒカリカガヤクヒメミコ様(幽体・16才)への質問と回答~

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、アストラル体にある神経叢のピンガラーとイダーは交差しておらずスシュムナーに平行して走行しているが、エーテル体の「模像」ではピンガラーとイダーはアナーハタ・チャクラの位置で一度だけ交差し、肉体の「模像」ではピンガラーとイダーは各チャクラで交差すると解説しました。
 ここは大事な処なので、ソフィア(トワニヒカリカガヤクヒメミコ)に訊ねて確認を取りました。また、脊髄のチャクラ系統と神経叢のチャクラ系統のいずれの「三脈管」も、スシュムナー・ビンガラー・イダーの名称だと混乱が起こるので、神経叢のチャクラ系統は正式な別の名称があるのではないかと思ったのですが、ソフィアによると、どちらも同じ名称だということです。 
 明らかに体感として別の位置に感じる2系統の「三脈管」が同じ名称だとすれば、ひょっとするとこれまでの歴史の中で、「脊髄のチャクラ系統」と「神経叢のチャクラ系統」を見分けることが、誰も出来なかったからなのかも知れません。
 通信の労を取ってくれた中西征子さんによると、今回も「光の銀河連邦」の宇宙人たちによる執拗な妨害が行われたとのことです。
 「今回の通信を取るにあたって、昨夕方から今朝、通信を取る度に偽者が入れかわり立ちかわり、猛烈な妨害が有りました。あげ句の果てに、ソフィア様は分解されて今はもう居ない…などと言う者迄出て来ました。
 躍起になって、なりふりかまわぬ妨害、攻撃をしかけてくるのをみると、きっと、彼等はかなり追いつめられていると感じました。」(中西征子)
現在、地球上のチャネラーを通じてアシュターやらセント・ジャーメインなどの名で通信を送っているのは、「光の銀河連邦」の宇宙人たちなのですが、彼らの正体といえば、“通信を取る度に偽者が入れかわり立ちかわり、猛烈な妨害”をするだけではなく、毎日のように攻撃をして来ます。
 宇宙人のクズの集まりが「光の銀河連邦」だと認識しているのですが、彼らは「自分たちの終りが近い」ので、死にもの狂いで攻撃してくるのです。今年中に彼ら全員を処分するつもりなので、来年からは地上の改革が加速するでしょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信59
<通信者:中西征子>
<通信日時:2020年10月20日>

 
 
「ソフィア、いつもありがとう。クンダリニーとスシュムナー・ピンガラー・イダーに関連したいくつかの事柄に関して教えて欲しい。
 
1.体外、体表、神経叢、脊髄のそれぞれのチャクラの系統を結ぶナーディー(脈管)を上昇する生命エネルギーは、4つの系統のいずれも「クンダリニー」と呼んで良いのだろうか?

:はい。その通りです。

2.先の4つの系統のチャクラと7チャクラを結ぶナーディー(脈管)には、下位の身体に「模像」がある。この模像の7チャクラを結ぶナーディー(脈管)を上昇する生命エネルギーはクンダリニーとは言わない気がするのだが、もしそうならこれを何と呼ぶのが適切だろうか?

:その通りです。
「クンダリニー」ではなく「模像クンダリニー」と呼ぶ方が適切です。


3.スシュムナー・ピンガラー・イダーと言う名称は、脊髄のチャクラの系統を結ぶ3脈管で、神経叢のチャクラの系統を結ぶ3脈管は、異なる名称だと思う。
神経叢のチャクラの系統を結ぶ3脈管の正式な名称を教えて欲しい。

:神経叢チャクラの系統を結ぶ3脈管も、脊髄と同様に、スシュムナー・ピンガラー・イダーという名称です。

4.神経叢のチャクラの系統のピンガラー・イダーに対応する2つのナーディーは中央のスシュムナーに対応する脈管に平行して走行していると思う。しかし、これら2つの脈管はエーテル体の「模像」では、アナーハタ・チャクラの位置で一度だけ交差し、肉体の「模像」では、途中の4つのチャクラで4回交差すると思うのだけれど正しいだろうか?
 
:はい。すべておっしゃる通りです。

中西征子さんの天界通信58 「伊予津彦命」を名乗る人物からのニセの通信文

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんから、久しぶりに通信文が送られてきました。「伊予津彦命」を名乗る人物からのものですが、通信文の内容を見るまでもなくニセモノです。なので、通信文を掲載する意味はないのですが、このようにニセモノが、「神」の名を偽って通信を送ってくることを知ってもらうには、よい教材だと思い、掲載することにしました。
 このニセモノは、この通信を送る前までは正常な波動だった人物で、肉体を持っています。「光の銀河連邦」の宇宙人で、進化段階2.0だったと思います。このたびの愚かな行為により、魂(ジ―ヴァ)が消滅し、この愚か者は現在、最悪と言える状態に陥り、とんでもないことになっています。恐らく遠からず「ロボット人間」になることでしょう。「ロボット人間」になった後は、コブラがヤルダバオトと呼んでいた人工知能の支配下に入ります。
 この男がこのような愚かな行為を行なった訳は、私の時事ブログの情報のほとんどを信じていないためです。この男は、例えばミサキタカクノボルヒメミコ様がセントラルサンのヒメミコ様であることも、タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様が、宇宙のセントラルサンのヒメミコ様であることも信じていません。この事に注意して通信文を読むと、こうした愚かな宇宙人が、いかに欺瞞に満ちた連中であるかが良く分かると思います。
 この男は、「偽りの名で、通信を送ってはならない」と言う私の警告を、“意味のない脅し”だと受け取ったのです。“偽りの名で通信を送ると、直ちに波動が下がり、じきに魂(ジ―ヴァ)が消滅する”という私の警告など、決して起こらないと思ったのでしょう。彼らの貧弱な世界観からは、“「魂」が消えるはずが無い”と考えたのでしょう。
 彼らは「神智学」として知られている世界観で動くのですが、彼らの中では、動物には「魂」がないことになっています。人間になると「魂」が神から与えられるのです。この考えは間違っていて、正確には人間になると、下の動物システムから、このシリウスシステム(第1システム)へと魂(ジーヴァ)が上昇するのです。しかし、人間を含め、動物、植物、鉱物に「魂」を与えたのは「神」であるということは事実です。その与えた「神」が、魂を取り上げるのです。
 私の情報を信じる必要はありませんが、“決してやってはいけない”と警告していることを敢えて行って、取り返しがつかない事になるというのはどう見ても愚かです。「最後の審判」は、継続中で今も行われているということを、こうした愚かな宇宙人たちは、理解していないのかも知れません。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信58
これはニセの通信です。

<通信者:中西征子>
<通信日時:2020年9月29日>

「この度の新型コロナウイルスによる影響はとても素晴らしい変化をもたらしています。

今回のような変化は、地球の歴史上初めての出来事です。
今、地球はこれ迄の人類による破壊と汚染から蘇りつつあるところです。

パンデミック以来、地上のあらゆる分野における人間の活動が停止させられた事によって、瀕死の状態にあった自然界がまず息を吹き返し、それに伴って地球上のあらゆる生命によろこびが戻ってきています。

大気は澄みわたり、本来の青空の透明さが際立つほど、美しくなってきています。

十数年にわたるケムトレイルの有害な影響も、神々の指導の元にある「銀河国際連合」や「地球連合」の働きにより、ほぼ完全に浄化されてきています。

しかし、今後、追いつめられた地上の闇の組織による様々な破壊活動や暴力行為が日常的に起こり、又新たなパンデミックにより人々の不安や恐怖心があおられ、その裏で私腹を肥やす者達による陰謀が押しすすめられていく事態が予測されます。

地上の人々にとっては、これからが選択の時となるでしょう。
宇宙や自然、あらゆる生命と調和し、分かち合いと共生の精神と共に生きるか…。
それとも、泥で出来た沈みゆく船に乗ったまま、目先の私利私欲のままに生きるのか…。

これ迄長い間「ユニティ・デザイン」の時代から、今日の「シャンティ・フーラ」の時代を通して、何度も何度も警告がくり返され、宇宙の忍耐とあわれみが示されてきました。

しかし、その許された時も残りわずかになっています。

“地球は誰のものか…?”

これ迄、特に近年100年余りにわたり、ごく一部の者達の際限の無い貪欲さにより、地上のあらゆる天然資源から、果ては人類に至る迄が彼等の所有物として扱われてきたのです。
その結果が、地上に見られる今の惨状であり、一部の人間のあく事なき権力欲、所有欲、支配欲の目に見える証拠となっています。

宇宙の意志に基づいて行動している神々は、人間の自由意志を尊重しており、正義を押しつける事はありません。
しかし、その事を悪用した影の権力者達は、人間が自由意志を行使出来ないよう、様々な洗脳工作を長年かけて周到に行ってきました。

しかし、この数年にわたる二人のヒメミコ様※の光により、洗脳工作と陰謀の実態がますます明らかになりました。
  ※タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様(シャンティ・フーラ時事ブログ:2019年2月18日
   ミサキタカクノボルヒメミコ様(シャンティ・フーラ時事ブログ:2017年7月16日その他)

すでに洗脳と眠りから醒めた人々の祈りは神々に届いており、自らの自由意志に基づいて、自然やあらゆる生命との調和的生き方を始める人々が増え続けている事は、特に今の時代、意味深い事と言えます。

地球は誰のものでもなく、地球上のあらゆる生命が、地球からの無償の愛の贈り物を受け取る事が出来るのです。
人間もその生命の一部であり、その自覚のないまま、所有欲に走る事は、地球と全生命に対する冒涜であり、犯罪である事は今や明白です。

今、地球の改革の最終段階にさしかかっており、これからかつてない程の変化の時を迎える事になるでしょう。

これまでも何度となく警告がなされてきました。しかし、時間の経過と共に、人間は事の重大性を忘れてしまいがちです。
もういちど、よく考えてみて下さい。
一部の地域や地方だけの変化ではないのです。
変化は全地球に及ぶ事なのです。更に宇宙の領域も含まれているのです。
そのために、長い時間をかけて警告されてきたのです。

 注意深く
    リラックスして… 
  期待もなく
     落胆や絶望もなく…
   ぼんやりと自然を眺め 
      淡々と…
心に平常心と平安を保ち続けて下さい。
伊予津彦命」

またコブラのフリをした人物が「大半のチャネリング情報源は信頼できない」と白状 ~悪に加担する者たちは一人残らず「ロボット人間」の運命

竹下雅敏氏からの情報です。
 前回の「地上の住人に対する短信」の時と違う人物が、またコブラのフリをして記事を出してきました。波動から見て、前回の人物は役を降りたと思ったので、次の記事は別人だと予想していましたが思った通りです。
 レジスタンス・ムーブメントには、「ロボット人間」になっても構わない人が多いようですね。望みは叶えられるでしょう。
 今回の記事はなかなか面白い。銀河連合の多数の主要司令官がドラコに脅迫されて、脅迫に屈した司令官は「過去数年間に多くのライトワーカーの通信回路を通じて偽情報を大量に撒いてきました。ですから、大半のチャネリング情報源は信頼できない」と白状しました。
 時事ブログで何度も、チャネリングの情報源は「ニセモノ」だと言い続けて来たのですが、ようやく彼らがそれを認めました。問題なのは、“銀河連合の主要司令官が偽情報を大量に撒いてきた”のを知っていながら、これまで地球人を欺いて来たこと。
 「ツインソウルを拷問にかけると脅迫」されていたのだから仕方がないというのが彼らの言い訳でしょうが、そうは問屋が卸しません。もしもこの言い訳が事実なら、これまで時事ブログで私が、「情報源はニセモノ」だと指摘する度に、なぜ私を攻撃して来たのでしょう。
 彼らの霊力など、たかが知れているので、攻撃はすべて跳ね返され、その度ごとに攻撃を命じた司令官たちは、取り返しのつかない損傷を受けたのです。過去の罪に対する告白と全面的な謝罪なしに、許されると思う方がどうかしています。悪に加担する者たちは、一人残らず「ロボット人間」の運命だと思えば良い。
 彼らへのメッセージです。
 私に対して「悪念」を飛ばさないように、気をつけた方が良い。直ちに波動が下がり、じきに「魂(ジ―ヴァ)」が消滅してしまう。これが空虚な脅しではないことは、お前たちが一番良く知っているはずだ。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
進捗報告
引用元)
(前略)
光の勢力によるドラコ艦隊の掃討中に、数多くの人質が救出されました。その中には、銀河連合の主要司令官多数のツインソウルが含まれています。これらの司令官は、ドラコに協力しないとツインソウルを拷問にかけると脅迫されていました。それによって光の勢力の多くの計画が妨害されました。こうしてドラコは、各種の遅延と後退を作出できたのです。コロナウイルス大流行を1月と2月に食い止めることができなかった原因もそれです。

人質のツインソウルは救出され、(脅迫に)屈した司令官は太陽系外にある銀河連合の母船に連れられて、受けてきたダメージをできる限り修復されます。

またこれらの屈した司令官は、過去数年間に多くのライトワーカーの通信回路を通じて偽情報を大量に撒いてきました。ですから、大半のチャネリング情報源は信頼できないのです。 

これらのライトワーカーの別の問題としては、自分がすべてを知っているという信念体系を有していることです。
(以下略)
————————————————————————
セントジャーメイン すべては計画通りに進んでいる、繁栄計画は成功している 2020年9月11日
(前略)
最愛の兄弟と親愛なる友人たち
(中略)
ご存知のように、トランプ大統領は、アメリカ国内でのNESARAと、世界レベルでのGESARAを実施するために、できる限りのことをしています。
(中略)
米軍はまた、世界の悪魔主義エリートから、既に50万人以上の子供達を救出しました。また、米国は少数のカバールファミリー傘下の私企業になるのを阻止して、共和国の姿に戻ってきました。

それはまた、波に揉まれながら当初の米国憲法への復帰を実証しているのです。
新しい貨幣、The USTが米国財務省によって造幣され米国内だけで流通します。
(以下略)
————————————————————————
ジェームズ・マコーネルによるアシュター司令官のメッセージ 2020年8月30日
(前略)
私はアシュターです。私はこの時、ニュースをお届けするために来ました。より多くの経験、より多くの愛を生成し、私たちの兄弟姉妹にお届けします。
(中略)
すべては計画通りです。宇宙、主なる創造主がここで確立した偉大な計画に従い、あなた方はすべてその一部なのです。あなた方が自分自身を信じ続け、私たちが与えるガイダンス(指針)を受け続け、そのガイダンス(指針)を自分の奥深くで受け止め、自分自身の外で表現し始めるにつれて、あなた方はこの計画のより大きな部分になってきています。
(以下略)

身体(体外)、表層/エーテル体(体表)、中層/アストラル体(神経叢)、深層/メンタル体(脊髄)の「4系統」に対応するドーシャ

竹下雅敏氏からの情報です。
 アーユルヴェーダの解説シリーズの5回目です。前回はチャクラの説明をしましたが、チャクラには体外、体表、神経叢、脊髄の「4系統のチャクラ」
があるのです。これらの4系統は肉体、エーテル体、アストラル体、メンタル体にそれぞれ対応しています。
 「創造原理2」は5月11日の記事で示した「創造原理」の10の次元を、神智学の世界観に合わせて、7つの界に圧縮したものです。3.0~3.3次元を圧縮して「物質界」として1つにまとめています。神智学の「太陽系の7界と49亜界」と比べると違いが良く分かるでしょう。
 肉体が作られる時に、上位の身体であるエーテル体、アストラル体、メンタル体の各ドーシャが肉体(狭義)の表層、中層、深層に反映されるのです。なので、肉体(狭義)の表層のドーシャはエーテル体のドーシャと同じです。同様に、中層のドーシャはアストラル体のドーシャ、深層のドーシャはメンタル体のドーシャと同じになります。
 肉体(狭義)の身体が、私たちが通常認識している肉体です。表層、中層、深層は心理学での肉体の表層(顕在)の心、中層(潜在)の心、深層(無意識)の心を現します。これら身体、表層、中層、深層が「4系統のチャクラ」にそれぞれ対応します。すなわち身体が体外、表層が体表、中層が神経叢、深層が脊髄のチャクラ系統に対応するのです。
 “続きはこちらから”では、これら体外、体表、神経叢、脊髄の「4系統」に対応するドーシャ診断表を掲載しました。一般にアーユルヴェーダで知られていることとは異なり、ドーシャは身体(体外)、表層/エーテル体(体表)、中層/アストラル体(神経叢)、深層/メンタル体(脊髄)の4つがあるのです。
 私は身体が太陽のヴァータ、表層が月のヴァータ、中層がピッタ、深層がカファです。なので、伝統的なアーユルヴェーダの視点では、私はヴァータ、ピッタ、カファの3つのドーシャのバランスが取れたタイプだと診断されるでしょう。しかし、事実は異なるのです。
 「4系統」に対応するドーシャ診断表は、皆さんの理解を深めるために方便として作ったもので、本来はこのような診断表を一切用いずに、東洋医学セミナーでお伝えしている方法で正確に判定します。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【創造原理2】
PDF出力


【鞘(コーシャ)と身体(シャリーラ)2】


» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 71