メディアだけでなく、真実を追求している人達も誤った情報を入手していたり、混乱が起きている! ~今後予想される、アメリカのあちらこちらで多発する暴動

竹下雅敏氏からの情報です。
 様々な情報が入り乱れる中で、「水晶」によるリーディングは参考になります。記事には、「メディアだけでなく、真実を追求している人達も誤った情報を入手していたり、混乱が起きています。」とありますが同感です。
 時事ブログでは、石川新一郎氏にもたらされた「ワシントンからの情報」をいくつか紹介しましたが、あくまでも参考になる情報というだけです。ワシントンからの情報の細部にはいくつもの疑念があり、そうした部分には敢えて触れないようにしています。これは情報源に疑念があるという事ではありません。情報源は恐らく地球同盟(アライアンス)の関係者だと思われるからです。ただ、彼らは「Q」ではなく、作戦の全貌を知る立場にないと思われます。
 加えて、記事では「善の方は、ゆったりと座って敵陣が色々起こすのを見て待っている」とあり、引用元では「タイムラインは敵の動きによって変化する事もある事を覚えておいて下さい」と言っているように、大きな流れは決定していても、細部は敵方の動きで常に柔軟に対応していると考えられるからです。
 記事には「19 という数字とトランプが出てきます」とありますが、昨日の記事では、“トランプは復活した共和国の第19代合衆国大統領として3月4日に就任します”という事でした。
 冒頭のツイートの動画を見れば、今後アメリカのあちらこちらで暴動が多発すると予想されます。日本はある意味で「かやの外」であり、欧米に比べれば比較的安全ですが、混乱が世界規模になると流通の問題も含め、どうなるかが分かりません。このような場合は常に最悪を想定して準備をしておくことです。
 この意味で、今のアメリカは非常に危険な国であり、宇宙軍トップのハイテン将軍はテレグラムで、「家にいろ」と言っているようです。コロナでのロックダウンどころではなく、家族を守る為に銃を持った「完全な引きこもり」が必要な時期が近づいています。
 しかし、本当に危険なのは、バイデン政権が成立することです。これが起こるとトランプ支持の「愛国者たち」は、すべてFEMAの強制収容所に放り込まれ、国境付近に待機しているという25万人もの中国軍兵士によって、ウイグル族の再教育と同様の措置を受けることになるでしょう。
 幸いなことに、トランプ大統領が率いる米軍のおかげで、このようなことは起こりません。人々は嵐が過ぎた後で、いかに恐ろしいことが起ころうとしていたかを知り、愕然とするでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
1月20日のリーディング☆世界の動向 - サイキックLJ
(前略)
2つの大きな異なるニュースが同時に起きるのでどっちのチャンネルをみて良いのか迷う状況がこれから起きると思います。ようやく今週です!
(中略)
メディアだけでなく、真実を追求している人達も誤った情報を入手していたり、混乱が起きています。その為、私も慎重になって、あまり情報提供を急がない様にしています。誰をフォローするのか? 注意して下さい。自分の心の直感を大事にして行って下さい。
(中略)
ポンペオ国務長官が何かスピーチをしています。軍の上部の人もスピーチをしています。凄い事態になる。(中略)… 停電や暴動が見えます。タイムラインは敵の動きによって変化する事もある事を覚えておいて下さい。
(中略)
善の方は、ゆったりと座って敵陣が色々起こすのを見て待っている。軍の計画が遂行される。テロという言葉が非常に強く飛び出してくる!
(中略)
緊急放送に関しては定かではありません。これは敵陣がどの様に攻撃してくるかに寄ります。緊急放送の準備は整っていますが、それが使われるかは状況に寄ります。
(中略)
19という数字とトランプが出てきます。彼はまた新しい大統領として就任します。全てが変わります。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
» 続きはこちらから

新型コロナウイルスを用いた「グレート・リセット」計画を中心に、現在、世界が混乱の中に在る様子 ~「グレート・リセット」計画とはどのようなものか

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画は2倍速でご覧ください。55秒~2分53秒は不法移民への対処で南部国境における緊急事態宣言を一年延長、2分53秒~4分29秒は就任式のあるワシントンD.C.が戦争地帯の様相、4分29秒~7分44秒はメキシコの枢機卿が「グレート・リセット」に言及した動画がフェイスブックで「虚偽の情報」のレッテルを貼られ封殺、7分44秒~10分4秒は「グレート・リセット」をオーストラリアのスコット・モリソン首相が拒否、10分4秒~12分22秒はイタリア5万軒のレストランが「全国民不服従運動」で政府の封鎖措置と夜間外出禁止令に抵抗、12分22秒~13分52秒は中国の河北省で感染状況が悪化し物価が急騰、13分52秒以降は中国で火球が落下「赤い政権がもうすぐ崩壊する兆候」という話題です。
 これらの話題のすべてが関連しており、新型コロナウイルスを用いた「グレート・リセット」計画を中心に、世界が混乱の中に在る様子を見ることができます。「グレート・リセット」計画は世界が一つにまとまらなければ実現しません。アメリカの軍部、ロシアが反対する中で成功の見込みはゼロです。
 その「グレート・リセット」計画がどのようなものかは、meiさんのツイートをご覧になると良く分かります。「グレート・リセット」を推進する世界経済フォーラムの創設者兼執行委員長クラウスシュワブは、“中国をモデルに生体認証等で監視国家を設立…人間と機械の融合…全ての物が人工知能に接続される都市が必要”だという事です。日本の「ムーンショット目標」も同じです。
 平井卓也デジタル担当相が、新型コロナワクチンの接種情報とマイナンバーを紐づけして国民を管理するシステムを提言しましたが、“「グレートリセット。ワクチン接種、半ば強制の管理社会到来。5Gもその手段の一つ」これ、半年前に言ったら鼻で笑われました。これも陰謀論なんですよね??”というツイートがありました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
💥【 01.19 役情最前線】💥イタリア数万軒のレストラン規則違反で営業 封鎖と外出禁止に反対**河北省の感染状況悪化、民衆がパニックに
配信元)
〈再生速度の設定方法〉
1. 動画を再生
2. 動画の右下にあるアイコンの"歯車マーク"の設定をクリック
3. 「再生速度」をクリックし、希望する速度を選択(2倍速の場合「2」)
————————————————————————
豪首相、ダボス会議「グレート・リセット」計画に反対表明 「価値観や経済制度のリセットは不要」
引用元)
オーストラリアの国会議事堂で行われた記者会見で話すスコット・モリソン首相=2020年7月9日(David Gray/Getty Images)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

世界経済フォーラム(WEF)は昨年10月、2021年の年次総会(通称ダボス会議)のテーマを「グレート・リセット(The Great Reset)」とし、パンデミックを契機に、世界の経済・社会秩序の広範かつ抜本的な変革を提唱すると発表した。

この計画について、スコット・モリソン豪首相は「私たちにリセットは不要だ」と明言し、反対姿勢を鮮明にした。昨年11月23日、英国のシンクタンク「ポリシー・エクスチェンジ(Policy Exchange)」のオンライン討論会での演説で述べた。
(中略)
「健康と福祉のセーフティネットを備えた民主主義が、最高の行政のモデルであることに変わりはない。私たちは経済制度を再設定する必要はなく、ただ努力し続ける必要がある」と力説した。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 

» 続きはこちらから

[Twitter]カメラが捉えたクジラの食事方法が豪快すぎる

ライター、読者の方からの情報です。
なんか、イカの骨が刺さってる?
いやいや、 え?、くじら?

しばらく見続けた私とあなた

いま、ミッ見ました?
大きさの感覚わかんないし

何あの量、
オキアミではなく
そこそこの大きさの魚‼

ダイナミックっという言葉は彼らの為にあるような。
(メリはち)
映画のワンシーンみたい。
(ジョン)
————————————————————————
配信元)

通常国会召集直後、菅首相は突如「ワクチン担当相」なるポストを設置し、河野太郎氏を起用 / リーダー不在の3つの指揮系統のコロナ対策は誰が何をしたいのか?

 18日、新年初の国会召集で菅首相の施政方針演説がありました。リーダーシップが振るわず、有効なコロナ対策を打ち出せない菅首相ですが、相変わらずワクチン接種には積極的で2月末には開始すると述べました。さらに直後、唐突にも「ワクチン担当大臣」のポストを新設し、河野太郎行革担当相を起用すると明らかにしました。ワクチン接種を迅速に進めるために多くの省庁間で調整する必要があるとの意図だそうですが、田村厚労大臣、西村コロナ担当大臣の他に、もう一つコロナ対策の大臣が出現し、しかも対策本部長の菅首相は感染対策の議論の場から逃げてばかりの中で、果たして「3つの指揮系統が統括できるのか?」と不安視されています。目の前の喫緊のPCR検査は民間に負わせ支援もしない政権に国民を守ることなどできない。
 ところで、なぜオムレツ大臣が起用されたのか、ワクチン事業のババを引かせたという見方もありますが、河野太郎氏は元々ビル・ゲイツに与しワクチンを推進する立場だったようです。ある意味適任です。日本のコロナ対策の迷走は、アメリカの混乱と無関係ではないかもしれません。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「ジャック・マーはどこ行った?」 〜アント・グループはなぜ、上場できなかったのか

アメリカ大統領選とコロナで、ネットを追いかける日々、
気にかかっていることがいくつかあります。
習近平は手術後、どこにいるのか、
そして他にも、行方不明者がいます。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「ジャック・マーはどこ行った?」 〜アント・グループはなぜ、上場できなかったのか

アリババの創始者ジャック・マーの消息


ジャック・マー、消えたってね。

中国の「パパ」「お父さん」と呼ばれる、ジャック・マーかい。

二ヶ月も、消息不明なんだよ。

おっと! ここにいるじゃねえか、よかったな。


・・って、これは、そっくりさん!!

ジャック・マーと言えば、アリババの創始者。
アリババと言えば、中国で最も成長したIT企業。

中国最大のオンラインマーケット、中国の「アマゾン」「楽天」に相当する。
そして、ジャック・マーは、世界で10本の指に入るほどの大富豪。

Author:ダニエリンブルー[CC BY-SA]
杭州のアリババグループ本社

ウワサでは、中国共産党に拘束されたとか、殺されたとか。
もしかしたら、とっくに海外に逃げてるって話もあるよ。

中国のことわざに「太ったブタから食べる」とある。
(YouTube)

ええっ?? 食べられた?!

2019年に、ジャック・マーの運命を予言したヤツがいる。
予言したのは、郭文貴(かく・ぶんき)。
中国指導部の汚職疑惑を暴露し、2014年に国外逃亡した不動産王だ。

予言?

2019年以降のジャック・マーについて、「道は2つしかない」「中国の大富豪の末路は、収監か死。そのいずれかだ」と語った。(Yahoo!ニュース)


» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 3,404