カレン・キングストンさん「ワクチンを打つということは従属(奴隷)プラットフォームへのゲートウェイ(入口)に入ってしまうことになるのです。さらには十分に従属的でないと評価されたなら処刑プラットフォームへと導かれます」

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日のカレン・キングストンさんの記事の続きです。
 カレン・キングストンさんによると、2021年3月18日に取得されたCovidワクチンの特許(No.2021/0082583A1)の378項には、“当ワクチンにはIDを作り出すように指示を出す複数の電子装置が含まれている…ブルートゥースなどを介して通信が可能”と記載されているという事でした。
 記事の続きが凄くて、ある意味で予想通りというか、ジョージア・ガイドストーンズに刻まれた未来を支持するグローバリストたちなら、こういう計画を立てるだろうという事柄なのです。ぜひ、引用元の記事をご覧ください。
 カレン・キングストンさんは、「米国民はワクチンを打てば自由を取り戻すための切符を手に入れることができると考えていますが、実際は、ワクチンを打つということは従属(奴隷)プラットフォームへのゲートウェイ(入口)に入ってしまうことになるのです。さらには十分に従属的でないと評価されたなら処刑プラットフォームへと導かれます」と言っています。
 どうやって処刑するのかというと、無症状や症状が消えた後でも感染するという理由で、“政府は無症状で完璧に健康な人に対してもスーパースプレッダーとして特定”し、強力なワクチンを投与するのだとか。
 今でもワクチンを打った次の日に、それまで元気だった人が死んでも、ワクチンが原因だと見做されないのであれば、強力なワクチンを投与され、その後に風邪などで死んでも、ワクチンが原因とは思われないわけで完全犯罪ですね。
 SNS上の発言や、検索などの行動履歴から、誰が政府に対して従属的であるかは、とうの昔にリストアップされブラックリストが作られているでしょう。しかし、引用元の記事には、グレーゾーンにいる民衆を選別するためなのか、“彼等はロックダウンをすることで、ワクチンの集団接種前に追跡アプリをインストールさせました。このアプリは、誰が従属的であり誰が従属的でないかを評価する”と書かれているのです。
 日本の場合は、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA(ココア)」のことでしょうか。「COCOA」は、2020年6月にあべぴょんが「クラスター(感染者集団)対策を強化する鍵」と位置付けて導入され、“アプリが人口の6割近くに普及すれば、ロックダウン(都市封鎖)を避ける効果が期待できるとして利用を呼びかけていた”のですが、相次ぐ不具合で信頼を失って利用者はあまりいないようです。
 わざと不具合にして、国民をグローバリストたちから守ったのであれば、官僚お得意の面従腹背というやつで、お見事というか、日本には天才がいるという事になるのですが、たぶん違うと思います。恐らく日本の政治家、官僚は稀に見る無能集団であり、その事がこのケースの場合は、功を奏したのだと思います。
 「地底人vs最低人の戦い」という言葉が、またも脳裏をよぎるのでした。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
10/13-その1 Covidワクチンは人間を服従させるためのもの!
引用元)
(前略)

動画は引用元でご覧ください(画像をクリックすると引用元へ飛びます)
(中略)
キングストンさん曰く:

Covidワクチンとして体内に注入されたスマート・ディバイスは予防薬のワクチンとは全く関係ありません。

Covidワクチンの特許の0352項には、当ワクチンの化合物はWHOのウェブサイトに公開されており、そこには化合物としてスーパースプレッダーを発見するソフトウェアのキットが使われると記載されています。
(中略)
特許の0400項には、Covidワクチンの有効性はスーパースプレッダーの振る舞いによって決定されると記載されています。つまりCovidワクチンは人々を従属的にするためのディバイスであり、その人の振る舞いを診断した上でどのタイプのワクチンを投与するかを決めているということです。あまり従属的でない人にはより強力なワクチンを投与しています。
(中略)
0004項には、このウイルスは無症状や症状が消えた後でも感染するが、症状が出てから3日間が最も感染力が高いため、政府は無症状で完璧に健康な人に対してもスーパースプレッダーとして特定し(生物兵器の)ワクチンを接種させることができると記載されています。
(中略)
0409項には、医師、警察など重要な専門職に就いている人々に対してクーポンという形態で専用コードが提供されると記載されています。(中略)… つまり医師が命令に従い病院で大量殺人に加担するなら、そして、警察が命令に従い専制政治を押し進めるなら従属強化のための得点が下がり弱いタイプのワクチンが投与されます。一方、彼等が従属的でないなら従属強化の得点が上がり、強いタイプのワクチンが投与されます。
(中略)
数週間前にホワイトハウスの国家AI戦略局のトップがOECDの会議にて「米国の様々なセクターにおいて労働力をAIと融合させる必要がある」と述べました。(中略)… つまり彼等は米国の労働者をAIと交換してしまおうとしているのです。つい最近、香港では医療従事者をAIと交換する準備ができていると報道されました。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

[Twitter]歌ってはるわ…

竹下雅敏氏からの情報です。
こっ、これは何?
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)

ままぴよ日記 81 「産後ケアに愛と魂を入れたい!」

 文部科学省の調査で、不登校の児童生徒は19万6127人。小中高校の自殺が415人でどちらも過去最多になりました。この自殺は警視庁の発表と違いがあり、500人は超えているのではないかと言われています。

 小児科への心の相談も確実に増えています。産後鬱で闇の中にいるママ達も多く、時間を取って話を聞いたり、市へ繋いだりしています。子どもの虐待で早期介入と児相との連携が必要だと言われていますが、学校や子育て現場でも同じ事がおこっています。それぞれの支援を繋いで、そこに魂と愛を入れたいと思います。
(かんなまま)
————————————————————————

赤ちゃんのいる暮らしを想像できないまま出産するママ


子育て現場に居て、目の前のママにスポットの支援はできても、世の中の子育て状況が急速に悪化して無力感さえ感じます。でも、産んですぐから適切な支援があったら、ママは親になった喜びと責任感が生まれ、子ども達も無邪気に成長できるのではないかと希望は捨てていません。

我が町も、出生数が激減して、かつて1ヶ月50人生まれていたのが30人を切るようになりました。里帰り出産も少なくなり、身近に助けてくれる人がいない中での子育て。産む直前まで働いて赤ちゃんのいる暮らしを想像できないまま出産するママが増えました。40代の初産も珍しくありません。情報は何でもネットで集めます。

そして、産婦人科が激減して1軒になりました。近隣に産婦人科がないので一極集中で母乳指導も行き届きません。

あるママが退院して「母乳をうまく飲ませられないので教えてください」と産婦人科に電話すると「ミルクにしたら?楽になるよ」と言われてホッとしたと話してくれました。ここに寄り添って教えてくれる人がいたら、母乳育児をあきらめる事はなかったでしょう。


今や、4人に1人が帝王切開。そして、ママの口コミで計画無痛分娩の要望が急激に増えています。無理に陣痛を起こす上に、ママの感覚がないのでいきめません。自ずと鉗子分娩か吸引になります。事故になりかねないし、胎内で10ヶ月かけて準備してきたママと赤ちゃんの共同作業が強引に終止符を打たれます。

そして子育てアプリが大人気。ミルクの量はもちろん、時間や授乳の長さをタイマーで教えて、おしっこや便の回数、体重をグラフ化して管理してくれます。2ヶ月になったら○○の予防接種、3ヶ月になったら喃語を話し、4ヶ月になったら首が座り、寝返りが始まる、健診の心得、5ヶ月は離乳食・・・と赤ちゃんの成長スケジュールもアプリが教えてくれます。そのうちAIが子育てを指導してくれるでしょう。


» 続きはこちらから

「ワクチン接種者がブルートゥースに繋がる」その数々の証拠 ~世界中のワクチン接種者をモニターするファイザー社の特許が承認

竹下雅敏氏からの情報です。
 非常に重要な記事です。カレン・キングストンさんによると、2021年3月18日に取得されたCovidワクチンの特許(No.2021/0082583A1)の378項には、“当ワクチンにはIDを作り出すように指示を出す複数の電子装置が含まれている…ブルートゥースなどを介して通信が可能になりユーザー間の交流、人間関係、行動を評価することができるなどと記載されています”と言うのです。
 また、ノーベル医学賞のリュック・モンタニエ博士の共同研究者であるジャン=クロード・ペレス氏は、「独占:世界中のワクチン接種者をモニターするファイザー社の特許が承認される」という記事を紹介し、“このファイザーの特許申請は2021年8月31日に承認され、携帯電話の電波塔や衛星からの2.4GHz(5G)以上のパルスマイクロ波の量子リンクによって「モノのインターネット」に接続される予定の、あるいは現在接続されている世界中のすべてのワクチン接種を受けた人間の遠隔連絡先を追跡する目的で、18500件以上のリストの中で最初に登場した特許です(DeepL機械翻訳)”とツイートしています。
 “続きはこちらから”の動画の冒頭で、暗視野顕微鏡で撮影されたワクチンの映像が出てきます。「これはチップのようにも見えます」と言っています。最後のツイートは、温泉露天風呂に(禁断の)スマホを持ち込んで、隅っこからスキャンすると、「見える範囲の入浴客と、なんとなく一致」という報告。
 また、「ザウルスの法則」の9月30日の記事では、スマホ、携帯電話等の電子端末は、学校への持ち込みは厳禁で、生徒たちの7割以上はすでに接種していると想像される中高一貫校に勤務する教員の方からのもので、“BLEスキャナーには認識した信号情報データを集積してダウンロードできる機能があることに気づき、BLEスキャナーを起動して、上着のポケットに入れっぱなしで午前中過ごしたところ、BLEスキャナーが認識した受信記録が、なんと300件を超えた”というのです。記事には受信記録のデータが添付されています。ぜひ、記事をご覧ください。
 さて、これだけの証拠を前にして、未だにワクチン接種者がブルートゥースに繋がることを信じず、否定しようとするならば、もはや為す術はないと思われます。申し訳ないのですが、私には、「頭が悪すぎる」という言葉しか浮かびません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
10/13-その1 Covidワクチンは人間を服従させるためのもの!
引用元)
(前略)

 動画は引用元でご覧ください(画像をクリックすると引用元へ飛びます)
(中略)
キャレン・キングストンさん曰く:
彼等が言っていること(ワクチンに含まれたディスクや生き物のような形をしたものがコンピュータシステムであるということ)が真実であることを示す証拠がここにあります。
(中略)
先週、ご紹介したCovidワクチンの特許の詳細を見てみましょう。この特許(No.2021/0082583A1)は2021年3月18日に取得したものです。
(2:05~)この特許の0378項には、当ワクチンにはIDを作り出すように指示を出す複数の電子装置が含まれているとか、この装置は外部サーバーに接続され、そのサーバーから情報を受信することができるなどと記載されています。
また、強制命令専用のアプリをダウンロードすることができるとか、パンデミック期間中に政府は国民にワクチン接種を促すために各スマホ、他に専用アプリをインストールするよう命令することができるなどと記載されています。
また、このアプリやスマート・ディバイスを介してユーザー(国民)の位置を常に追跡、特定することができ、ユーザーが使用しているスマート・ディバイスとブルートゥースなどを介して通信が可能になりユーザー間の交流、人間関係、行動を評価することができるなどと記載されています。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

新型コロナウイルスが武漢研究所から故意に流出された経緯とそれに関わる国々 ~トランプ元大統領がシッポを出した一連のやり取り

竹下雅敏氏からの情報です。
 非常に重要な動画です。消される可能性があるので早いうちに、1.5~2倍速でご覧ください。
 私の調べたところでは、ウイルスは武漢研究所から故意に流出されました。動画では、武漢ウイルス研究所は、“フランス人によって建設されたもので、協力協定が結ばれています。つまり、フランス人科学者が武漢の研究グループに加わり、2014年末までにこの生物学的研究を共同で行うというものでした(②の8分33秒)”と言っています。
 また、Alzhackerさんのツイートには、“アンソニー・ファウチは、機能獲得型研究を推進していた政府高官の一人ですが…この研究所に中国軍や人民解放軍がこれほどまでに深く関わっていたという事実を見れば、「なぜアメリカが資金を提供していたのか」と問わざるを得ません”とあります。
 また、“アメリカだけでなく、オーストラリアもこの研究所や科学者たちに関わっています”とあるのですが、中国をはじめとしたこれらの国は、ワクチンパスポートを含む国民への強い弾圧を行っているところばかりです。
 ④の動画の4分18秒~6分50秒で、トランプ元大統領は、“ファウチは彼らと取引をしていて、ある種の研究のために支払いもしていたようです。これも、彼がオバマ時代に行っていたことがわかった時点でやめました。それを知ったとき、私は、「アメリカが中国の研究室にお金を払っているなんて想像できるか」と言いました”と言っているのですが、オーストラリアのジャーナリストのシャリー・マークソン氏は、“しかし、オバマ時代は機能獲得研究を停止していましたが、それはあなたの監督下で解除されました。なぜ、機能獲得研究を許可したのですか?”と問いかけています。
 これに対しトランプ元大統領は、“最終的に私たちがしたことは、それを止めたこと、全てを止めたことです(6分10秒)”と言い訳をしましたが、“オバマ政権下では禁止されていましたが、それが2017年、あなたの監督下で開始されたのです”とさらに突っ込まれると、“ええ、違います。ワクチンとオペレーションワープスピードの間で、私たちは素晴らしい仕事をして来たと思います…人々は私たちがした仕事の素晴らしさに気づき始めています(6分40秒)”と話をすり替え、聞かれてもいないワクチンの素晴らしさに話を逸らすのです。
 この一連のやり取りは、トランプ元大統領がシッポを出した瞬間だと言えるでしょう。武漢研究所からのウイルスの流出と、ワクチンの大量接種に関して、予めトランプ元大統領は習近平と合意があったのです。こうした眼で、このやり取りを見れば矛盾は何もなくなります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
2019年夏、なぜ武漢でPCR検査機器が急増したのか ー What Really Happened in Wuhan ①(日本語字幕)
配信元)
————————————————————————
武漢で何が起こっていたのかーWhat Really Happened in Wuhan ②(日本語字幕)
配信元)
————————————————————————
ラボリーク説は陰謀論なのか ー What Really Happened in Wuhan ③(日本語字幕)
配信元)
————————————————————————
武漢ウイルス研究所の正体 ー What Really Happened in Wuhan ④(日本語字幕)
配信元)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 3,657