Q&Aコーナー(質問と答え)

これまでに寄せられた質問と回答をまとめました。
次の分類から、Q&Aを見たいものをクリックしてください。

  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link
  • link

天界の秩序

サナト・クマーラの存在次元(存在次元の詳説)

質問

サナト・クマーラは低層4次元のうち、3.9次元の存在と理解すればよいでしょうか? 多化自在天の存在とするならば、4.9次元なのかなと思えたのですが。

回答

 サナト・クマーラの場合、所属するシステムとレベルの存在次元は4次元です。これは天界の秩序1の”システム及びレベルと次元の対応”の表にあるもので、サナト・クマーラは第1システム(シリウスシステム)国津神第5レベルに対応するレベルの存在であることを示します。要するに簡単に言うと"サナト・クマーラの所属次元は4次元”ということになります。

 しかし、サナト・クマーラの霊体の存在次元は3.1次元であり、さらに意識の存在次元は3.9次元(2007年調べ)となります。霊体の存在次元は、サナト・クマーラの霊体が基本的に存在している次元です。進化段階が高くなると霊体はより高い次元に移動が可能です。
その際、霊体が到達できる最高の次元が、サナト・クマーラの場合、3.9次元であったため、彼の意識の存在次元は3.9次元となります。
このようにサナト・クマーラは何次元存在かという質問には、所属システムの次元、霊体の存在次元、意識の次元と少なくとも3つあります。
ちなみに、チャネリングでは、進化段階に対応して意識の次元を3次元〜12次元に分けますが、本当は、次の次元が正しいものです。


本当の次元 3 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.8 3.9
チャネリングの次元 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

 チャネリングでの12次元とは、本当は3.9次元のことで、単に欲界の物理的次元のことにすぎません。チャネリング情報のレベルが、いかに低いかがわかると思います。

 最後に、スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文10の解説の質問5と解答を参考にして下さい。
サナト・クマーラが本来、他化自在天の存在という意味がよくわかるはずです。

回答日: 2015年10月18日

波動のレベル(神、人間、動物…)と対応する次元

質問

竹下先生と25柱の奥様の愛と徳目はブラフマンの創造神を越えて完成しているとのことでした。愛や徳目がブラフマンの創造神を「越える」ということは、まだまだその先があるのだと思われますが、その先の波動は一体どのような名称になるのでしょうか。次の宇宙のエレメンタルシステムから始まるのでしょうか?

回答

愛と徳目の波動は、“神、人間、動物、植物…”と各レベルに分かれるのですが、より正確な表現をすると、“◯次元の△チャクラの波動”となるのです。天界の秩序10の10の段階の表と、天界の秩序6の3次元の位置を考慮に入れて説明すると、神レベルの波動とは4次元以上、人間レベルは3.0〜3.9次元、動物レベル以下は、低位の6システムの次元となります。従って夫の妻に対する“夫婦の愛”が、例えば動物レベルのAj(アージュナー)だとすると、あるカップルは2.57次元のAjであり、別のカップルの場合は2.3次元のAjということもあるのです。神レベルの波動は天界の秩序の表では4次元〜903次元まであります。私が“ブラフマンの創造神を越えて完成している”と発言した時、この表の天津神・国津神レベルまでの範囲を想定して発言しています。その頃はまだ天界の秩序10の星神以上の次元の対応表が出来ていなかったためです。表は完成していませんでしたが、私自身は、天津神・国津神の表のワクを越えていることは知っていましたので、先のように発言したわけです。
スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文27の表を参考にすると、“私と妻の夫婦の愛”は表の一番上の5763次元のSa(サハスラーラ)を越えます。現在は、この表のさらに上の次元が存在するためです。

回答日: 2016年04月05日

神々が転生していない天体の原因体・幽体

質問

スミワタルタカキヒメミコ様が、太陽系に転生されるのは今から約1億年後ということで、現在私たちの太陽系に転生されている神様はいらっしゃらない、「空席」の天体ということですね。

それなのに太陽系には幽体・原因体があるということですが、それは太陽系に転生される神様の幽体、原因体とはまた別のものなのでしょうか?

回答

私たちの太陽系もですが、恐らく天の川銀河もまだ魂(モナド)がないと思います。肉体・幽体・原因体はあるのですが、ジーヴァ(個我)、モナドがないのです。要するに魂がないのです。
その魂を約1億年後に与えるのがスミワタルタカキホシノヒメミコ様ということです。
例えで話すと、ウチの家にはイコちゃんのヌイグルミがあります。ヌイグルミには物質体だけではなく幽体と原因体があります。ですが、わざわざイコちゃんのヌイグルミに入ってヌイグルミの魂になろうとする者はいないでしょう。太陽系や銀河の場合には、時期がくると恒星系神や銀河神が転生に入るのです。

回答日: 2016年10月31日

宇宙のセントラルサンのヒメミコ様

質問

記事「宇宙のセントラルサンのヒメミコ様の進化と、太陽系のプラズマ異常を排除した光」で触れられている、宇宙のセントラルサンとは、私たちの宇宙のヒカリキワムルヒメミコ様なのですか?また、それはどこにあるのですか?

回答

違います。宇宙のセントラルサンのヒメミコ様は第1システム星神第5レベル(184次元)の中心の神です。ヒカリキワムルヒメミコ様は、所属次元が903次元を超えているため、まったく別の存在です。恐らく宇宙のセントラルサンのヒメミコ様(「ヲ」の神)は、グレートアトラクターのエイベル3627と呼ばれる銀河団の中にある恒星だと思われます。

今のところお名前はわかりません。

回答日: 2017年04月03日

次元の差(その1)

質問

次元の差というのは、一体何の差なのでしょうか?

回答

次元の差は意識の広がりの差と言えるでしょう。
0.1次元の差は非常に大ざっぱに言えば進化段階の差として1.0の違いが出てくるので、大きいとも言えるし、そうでないとも言えます。
自身の存在する次元を正確に測るには高度な技術(少なくとも東洋医学セミナー上級)が必要ですが、所属するレベルを知るだけならば、東洋医学セミナーの中級レベルの技術があれば可能でしょう。

回答日: 2013年08月07日

次元の差(その2)

質問

天界の秩序の「0.1次元の差は非常に大ざっぱに言えば進化段階の差として1.0の違いが出てくるので・・・」0.1次元の差は進化段階1.0の差ではなく、0.1の差の間違いではないですか?

回答

間違いではありません。

回答日: 2013年08月09日

宇宙の構造

質問

私たちの宇宙であるヒカリキワムルヒメミコ様が、第1エレメンタルシステムから第12システムを体の中にお持ちのように、他の23の宇宙も同じ構造を持っているのですか?

回答

これらの質問は宗教講座の上級の内容に属するもので、現在の私でも、まだよく調べていないものなのです。上級講座が出来るか否かは不明ですが、出来ればこのような内容の全体像を示したいと考えています。現在は地球上の出来事に時間をとられ、これらの事を研究する時間がないのです。ですから、およその事しか答えられないのですが、そのようです。

回答日: 2013年10月19日

24の宇宙と超銀河団

質問

24の宇宙があるということは、12個の超銀河団の集まりが24存在しているということを指すのでしょうか?

回答

違います。

回答日: 2013年10月19日

12システムより上は宇宙から独立しているのか?

質問

12システム以上のシステムである「愛の創造神の5システム」と「アートマの創造神のシステム」は、私たちの宇宙以外の外宇宙に含まれるのか、それとも24の宇宙から独立したシステムなのでしょうか?

回答

独立しています。

回答日: 2013年10月19日

シリウスシリウスの存在とは?

質問

シリウスシリウスの存在とは何をさしているのでしょうか?

回答

シリウス星系(シリウス=シギの星、シリウスB=ポ・トロ、シリウスC=エンメ・ヤ)が統治の中心となっていて、そのいずれかのレベル(天津神の5つと国津神の5つ)に属している者のことです。
従って、天体としてスバルの例えばプレイオネ星の衛星に住んでいても、所属しているシステムとレベルが、例えばシリウスシステムの国津神第5レベルということがあります。
たとえて言うと、国籍は日本なのに、より文化や政治の進んでいる他の国に住んでいるようなものです。
シリウスシステムに所属する者は、多くの場合シリウス星系か、シリウス星系を中心にする12の恒星系(私たちの太陽系はその1つ)が故郷であることがほとんどです。

回答日: 2013年10月14日

エドガー・ケイシーの次元

質問

エドガー・ケイシーが、現在59次元の世界にいるというお話ですが、どうやってそれが分かったのですか?

回答

答えるのが難しい質問です。
とても簡単に分かるので逆に説明が難しいのです。
東洋医学セミナーでは、こうしたことを自分で調べることが出来るようになるための基本となる技法を教えているので、上級までの技術を身につけた人なら基本的なことは皆わかるようになります。
ただ各人の意識の届いていない領域の事は、技法がわかっても調べられないのですが、私の場合、元々ホツマの神で天津神第一レベル(68次元)から降りて転生に入っている者なので、ケイシーのいる59次元はそれより低い次元なので、もとより意識は届いているので簡単にわかることなのです。
また注意深く私の情報を見ていれば、例えばシリウス星系のヒメミコ様は、皆私の教え子のような存在ですが、この中でニジノヒカリキワムルヒメミコ様(シリウス)は、現在でも私の天界の学校の生徒で私が先生です。
彼女の存在次元は244次元ですが、もちろん私はそれよりずっと上です。ですからケイシーの事はわかるのがあたりまえなのです。

回答日: 2013年09月06日

惑星のヒメミコ様たちと人間の進化の関係

質問

「惑星のヒメミコ様たちより人間の方が進化している」とありましたが、『天界の秩序9』には、惑星、星のヒメミコ様たちは、「高いシステムから降臨してわざわざ星として転生に入る、ホツマの神よりも偉大な神だった」と書かれています。
人間よりも惑星のヒメミコ様たちのほうがはるかに進化している、ということでいいのでしょうか?

回答

その通りです。惑星のヒメミコ様の場合、少なくとも184次元以上の存在で、ホツマの神よりも、はるかに上位の存在であったのです。ところが、モナドの位置が、当時の鉱物システム、現在は植物システムにあるため、人間や神々(国津神・天津神)の方が進化した存在だとカンチガイしたわけです。天界の秩序9での説明の通りです。

回答日: 2014年07月13日

宇宙や惑星の幽体は神々か?

質問

惑星や宇宙の幽体として神々のイラストコーナーに登場する方々も、神々や宇宙人なのですか?

回答

天界の秩序シリーズの最後のあたりをご覧になると、説明していると思いますが、星神・恒星系神は通常の意味で言う神々の上位にいる神々です。従って宇宙人のような“人”ではありません。

回答日: 2013年12月02日

宇宙神の次元

質問

私たちの宇宙であるヒカリキワムルヒメミコ様や、そのご婚約者でいらっしゃるオオイナルヒカリノミコト様など、私たちの宇宙を含めた24の宇宙と次元の関係はどのようになっているのでしょうか?

回答

ヒカリキワムルヒメミコ様は905次元で、オオイナルヒカリノミコト様は907次元の存在です。
従ってこの表の外にあります。
次元が記入されていない部分がある表が5つあると思います。この5つの表を除いた残りの表のすべての次元がヒカリキワムルヒメミコ様の体の中にあります。

回答日: 2013年10月14日

星の神々の次元以上の存在

質問

星の神々の次元以上の高度な神々は、ヒカリキワムルヒメミコ様のように宇宙を身体とされている神様以外にも多数存在しているのでしょうか?

回答

不明です。少なくとも私と25柱の妻の全員は宇宙の次元を超えていますが、他にいるのか否かわかりません。

回答日: 2013年10月19日

愛の創造神5システムの神の次元

質問

以前の講義で、「12システムを突破するためには、進化段階が1255必要で、愛の創造神5システムで1030段階の上乗せが必要なので、2500段階以上ないと愛の創造神5システムの神じゃない」と仰っていましたが、システムと次元の関係の表によれば、174次元から愛の創造神5システムの天津神です。
この矛盾はどう考えればいいのでしょうか?

回答

申し訳ありません。以前の夫婦の講座の内容は私のミスなのです。この数字は私が実際にこれらのシステムを突破するのに必要とした進化段階の数字なのです。自分自身が要した進化段階とシステムの関係を手帳に記録してあるのですが、これに基づいて、お話をしたためにこのミスが生じてしまいました。私の個人的な体験によるものでシステムと霊的進化の関係の基本的事実は今回の表のものが正しいわけです。私の進化段階が表の最高段階よりも異常なくらい高いのは、私は非人格神の領域をも超えたこれらのすべての表のさらに外の領域から来た者だからです。

回答日: 2013年07月02日