シャンティ・フーラのブログ

フンニョーラ農園日記 1(2017/4/6の作業)

01

空いている畑をお借りして、シャンティ・フーラで農作物を作ることにしました!

yasai2

フンニョーラ農園の目的と今後の計画

◆ 目的

・無農薬・無化学肥料で野菜を作る!(→ぴよらかな野菜を作りたい!)
・食糧危機に備える
・野菜の作り方を学ぶ
・(将来的に)もし野菜が多く収穫できたときには、希望されるお客様へ届けたい

◆ 計画

「野草便り」のにゃんにゃん母さんと一緒に『百姓の会』で活動していたという るパパを中心に、植える作物の計画を立てました。(食べたい野菜を列挙っ!)

今日の作業(1) じゃがいも

(1)協力者さんのおかげで畝ができていました。

yasai1

(2)まず、じゃがいもを50cm間隔で植えました。

切口を上に向けて植えることで病気に強くなるとか

「切口は普通下ですが、上に向けて植えるのもアリなようです。
芽が近道せずにぐるーっと伸びて地上に出るので強くなるそうで。(るぱぱ)」

(3)種芋に土をかぶせます。

(4)種芋1つに対し、ひと握りのEMボカシペレットを種芋の周りに撒き、軽く土と混ぜました。

01.1
012

< 今回使ったEMボカシペレット >

EMボカシとは
『 EMで有機物(米ヌカ・油カス・魚カスなど)を発酵させた資材で、いわゆる一般でいう「ボカシ肥」と同じようなもの』

(引用元:EM研究所

「写真の“EMスーパーアグリ”は、このEMボカシ(Ⅱ型)をペレット状にしたものです。(るぱぱ)」

今日の作業(2) スナックエンドウ

yasai5

浅い穴を掘って、1つの穴に対し 3つの種を植え、土をかぶせました。

じゃがいももスナックエンドウも時期的には遅いそうですが、「今年は春が来るのが遅いから、なんとか大丈夫じゃないか」とのことです。

また レポートします!

1件のコメント

  1. 青いバラ on

    我が家のジャガイモも、芽を出し始めました。
    今まで種イモを買っていたのですが、初めて自家製のもので植え付けました。去年は、収穫量も品質も申し分のない出来でしたがどうなるでしょうか。
    今畑から、白菜の花菜とねぎ坊主を収穫しています。霜にやられてしまった白菜をそのままにしておくと、一株としていただくよりも沢山の青菜、花菜として収穫できることにびっくりです。
    ねぎ坊主も、食べられることを知らずにいたのですが、さっと茹でてから油炒めにするととってもおいしく、お宝、お宝と感謝して摘んでいます。
    このコーナーの情報を楽しみにしています。

コメントをどうぞ

WordPress Anti-Spam by WP-SpamShield