シャンティ・フーラのブログ

シャンティ・フーラの時事ブログより  竹下氏のコメントを抜粋 2014.08.05〜08.19

時事ブログより、竹下氏のコメントを抜粋して紹介するコーナーです。
時事ブログを普段ご覧にならない・読むのに追いついていない方も、
竹下氏の鋭い直観と洞察をもとに
世界の流れを掴んでいただけたらと思っております。
注)コメントは抜粋です。全文はリンクを開いて参照してください。

☆時事ブログのアドレス: http://p2525.com/44269 (4じ 4じ 2ぶ 6ろ 9ぐ)
 携帯からもアクセスできます。ご興味がありそうな周りの方にもぜひお伝え下さい。
☆情報の寄稿も受け付けています → http://p2525.com/35228

こちらの記事群もご注目ください:

パレスチナ・ガザ情勢
http://bit.ly/1yT7rYg
ファーガソン黒人少年射殺暴動事件
http://bit.ly/1yT7rYk
辺野古移設問題
http://bit.ly/1yT7p2Q

ー目 次ー
《テーマ:パレスチナの立場とイスラエルの正体》
《テーマ:アメリカによる計画〜戒厳令とエボラ熱によるパンデミック》
《テーマ:戒厳令の予行演習としてのファーガソン黒人少年射殺事件》
《テーマ:崩壊するネオコンの意図》
《テーマ:中国の動き》
《テーマ:愚かな経済システム、アメリカに貢ぎ続ける日本》
《テーマ:誠実な生き方》
《テーマ:瞑想について》

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
《テーマ:パレスチナの立場とイスラエルの正体》
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-

◎【ガザ発】ハマス政治部門の高官へのインタビュー 〜パレスチナが抵抗を止めることができない正当な理由 (8/18)
http://bit.ly/YrFj3z

『文中ハマスの高官が“武器を捨てて抵抗を止めるのは不可能だ。…もしハマスが抵抗を止めればイスラエルはすべてのパレスチナ人を殺すだろう”とあります。これは事実だと思います。イスラエル建国の歴史とシオニストたちの思想を考えると、この通りだとしか言えないのです。
 アメリカではオバマ政権が国民から銃を取り上げ、国民を奴隷にしようとしています。横暴な政府に抵抗するために、武器を所持することはアメリカの憲法で認められています。アメリカの国民は専制国家に抵抗するために、武器を手放すべきではないのです。同様のことがこのイスラエルとパレスチナにも言えます。問題が解決するとすれば、アメリカはNWO(新世界秩序)という野望を諦め、イスラエルは大イスラエル構想とエルサレムを中心とするユダヤ人による世界支配という妄想を捨てるべきなのです。』

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
《テーマ:アメリカによる計画〜戒厳令とエボラ熱によるパンデミック》
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-

◎遂に「日本版FEMA(緊急事態管理庁)計画」が始動へ!アメリカではFEMAの強制収容所も! (8/6)
http://bit.ly/YrFj3H

『FEMAの施設には大量の棺桶が用意されています。この事に関して彼らは将来起こるであろう疫病のために準備しているということですが、何故彼らはそれがわかるのでしょう。むしろ、権力者たちは最終的に国民から銃を取り上げる際に内戦になることを考慮しており、政府に刃向かうと思われる連中を盗聴などから予めリストアップして、逮捕者リストを作っているのです。
 これらの事実を前にして、皆さんは今でも陰謀などどこにも無いと言い続けるのでしょうか。それとも、世界を牛耳っているシオニストたちは、まともな精神状態ではない悪魔崇拝者たちで、タルムードに従ってキリスト教徒を大虐殺する計画を着々と実行に移していると考えた方が、わかりやすいのではないでしょうか。
 こんなことは起こり得ない、馬鹿げたことだと考える方は、イルミナティによって引き起こされたフランス革命で、一体何人のキリスト教徒が虐殺されたのかを調べてみてください。こうしたことは、歴史上何度も繰り返すのです。』

◎ベテランズ・トゥデーが伝える重要情報 〜アメリカの革命と陰謀〜 (8/12)
http://bit.ly/YrFjjZ

『“アメリカ国内ではアメリカのネオコン集団と真の愛国者たちの間で内戦がすでに勃発”しているということ、ネオコンがアメリカを破壊するために南部国境を開放しており、移民が大量に流入していること、そしてアメリカにエボラ出血熱を初めとする様々な感染症で大混乱を起こし、おそらくこれらの過程のどこかで、9.11に相当する大規模なテロ計画を立てているということです。
これらのことは、これまで集めて来た断片的な情報から、ほぼ間違いのないことだろうと思われます。私はこれまで、比較的簡単にアメリカでの革命が成功すると思って来ましたが、ガザ空爆とその事に対するアメリカ国民の反応を見ていて、容易ではないと感じるようになりました。結果は確定していて革命は必ず成功します。しかし今では、どれだけの血が流れるのか予想もつかないと感じます。』

◎エボラ・ウイルスは空気感染することが確認 〜エボラ・ウイルス騒動は米政府が裏で仕組んだもの〜 (8/9)
http://bit.ly/YrFjk3

『米政府は意図的にパンデミックを引き起こすつもりのようです。以前コメントしたように、ここにリチャード・ロックフェラーが米諮問委員会会長を務めていた“国境なき医師団”が、この感染拡大に積極的な役割を果していたことは間違いないでしょう。
 モンサント社がエボラ・ウイルスのワクチン開発に投資をするということで、パンデミックになると大儲けをする構図が出来上がっているように思います。おそらくそのワクチンは人口削減計画の一環として計画されているものだろうと考えた方が自然なので、打たない方が良いでしょう。以前紹介したナノシルバーを購入しておけば、十分だと思います。』

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
《テーマ:戒厳令の予行演習としてのファーガソン黒人少年射殺事件》
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-

◎黒人射殺事件の町に非常事態宣言、深夜の外出禁止 米ミズーリ州 / アメリカの警察に対する大規模な抗議 (8/17)
http://bit.ly/YrFjkd

『当局としてはこの事件はアメリカ全土に戒厳令が敷けるか否かの実験だったような気がします。しかし物凄い勢いでこの事件の重要性を認識する人々の手によって、事件が拡散されてしまい、収拾がつかなくなってしまったように思います。政府の陰謀をぶち壊すためにも、この事件に注目し監視しておく必要があると思います。』

◎黒人少年が射殺された町 「まるで戦場」 治安維持に州警察 米 〜戒厳令の予行演習〜 (8/16)
http://bit.ly/YrFmfH

『櫻井ジャーナルでは、今回のミズーリ州ファーガソンでの事件が、戒厳令の予行演習と捉えられており、現在イラクで問題を起こしているISISを使ってアメリカにテロを起こさせる計画があることを示唆しています。
 この見方は、これまで時事ブログで取り上げた様々な情報から正しいものと思われます。様々な事件を、単独に点として見るか、点と点を繋いで時間軸に沿って解釈するかで、事件の意味や真相がまったく別の見え方をします。』

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
《テーマ:崩壊するネオコンの意図》
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-

◎米国で再び諜報機関の内部情報流出 / ウクライナのスペツナズ、銃口をキエフに向けかえる用意あり (8/8)
http://bit.ly/YrFkVa

『諜報機関の職員は、真相を知っており、このような悪人どもに仕えることに、ほとほと嫌気がさしているのです。アメリカは内部から崩壊しそうな気配です。
 下の記事はウクライナ国防省諜報総局の戦士たちが、キエフ政権に反旗をひるがえし、“彼らは絶滅させねばならない”と言っています。最前線で戦うウクライナ軍の兵士たちは、キエフ政権がずっと嘘をつき続けているということを知っています。ついにその銃口を命令した者に向け変える時が来たのです。これは権力者がもっとも恐れるシナリオです。
 私はこのことがいずれ起こると思っていました。ウクライナに傭兵として派遣されている兵士たちも、おそらくCIAの拷問によるマインドコントロールによって、意図しない形で戦闘に参加させられている者も多いのではないかと想像しています。神々・宇宙人の科学力をもってすれば、こうしたマインドコントロール兵士の洗脳を一斉に解くことは可能だと考えています。そのタイミングは、きちんと考えられているのではないかと思うのです。』

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
《テーマ:中国の動き》
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-

◎周永康氏、女子アナとの性的スキャンダル 調査員が盗撮 (8/5)
http://bit.ly/YrFkVk

『現在中国で起こっていることは驚くべきもので、日本で言えばパソナの迎賓館・仁風林で接待を受けていた政治家・官僚などを含め、数万人規模で一斉に逮捕されているということだと思います。日本は将来こうしたレベルの腐敗の一掃が出来るのでしょうか。日本も中国に倣ってそうした努力をしなければ、日本の再生は無いと思います。』

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
《テーマ:愚かな経済システム、アメリカに貢ぎ続ける日本》
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-

◎−6.8%成長どころでないGDP崩落の真実 (8/13)
http://bit.ly/YrFmwf

『景気を良くするのは簡単です。一番効果が高いと思われるのは、消費税を無くすことです。消費税を無くしデフレ時に国民にお金を配れば、望む形でデフレ脱却が出来たと思います。ところがこの愚かな政権が行ったことは真逆で、消費税を増税し、紙幣を印刷してアメリカの国債を買ったり海外にばら撒いたりして来たのです。考えようによっては、このような腐った経済システムは、愚かな政策と共にさっさと滅び去った方が良いのかも知れません。』

◎【要拡散】 安倍政権が外国にばらまいた金額一覧 (8/13)
http://bit.ly/YrFlbC

『アメリカに提供したお金を含めると、こんなものではないと思います。世界一の債権国、すなわち世界一お金持ちであるはずの日本が、どうしてこんなにも貧しいのか不思議だと思いませんか?アメリカに国債を買うよう強要され、お金を略奪されているのです。』

◎さまざまな秘密結社の間で交渉されている地球の長期シナリオ (8/13)
http://bit.ly/YrFlbL

『多くの人々がグローバリズムに替わる本来の経済システムを理解出来ていないので、こうした悪人の論理に誤魔化されてしまうのです。時事ブログでは何回も未来の経済システムとして、プラウトを紹介しています。
 資本主義すなわち株式会社という企業の形態が、そもそも正義に反するということに、多くの人は気づかないようです。どうして社会に何の貢献もせず、働きもしない寄生虫のような存在が、親から株式を譲渡されただけで一生遊び暮らすことが許されるのか。ところが彼らの理屈では、懸命に働いて生活の糧を稼ぐのが精一杯の人々を“無駄飯食いの役立たず”だという理由で、こうした余剰人員を9割方地球から排除しようとしているのです。彼らは、どちらが本当の寄生虫なのかということすらわからないようなのです。』

◎アメリカの産業空洞化 (8/14)
http://bit.ly/YrFmMJ

『日本は確実にアメリカの後を追っており、おそらくこのような悲惨な結末が10年先になるとは思えません。出来るだけ早く、現在の自民党の政策から転換すべきだと考えます。』

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
《テーマ:誠実な生き方》
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-

◎福島の小児甲状腺がん増加はスクリーニング効果でなく、放射線被曝による (8/15)
http://bit.ly/YrFmMR

『一般の市民が政府に同調してこうしたデータに目をつぶり、どこまでも放射能の健康被害を認めようとしないとすれば、認めないことで一体どんな利益があるというのでしょうか。
 大勢に従って思っていること感じていることを言わず、保身を図る人々というのは、意図的に騙している政府に与する者であり、結果的に自分の首を絞める選択を行っていることになります。もう少し、自分にも他人にも誠実に生きた方が良いのではないかと思います。』

◎アジア最貧国で命を削る 〜グローバリズムの問題点が、写し出されている写真〜 (8/9)
http://bit.ly/YrFls7

『私たちは安すぎると思われる衣料品は、出来る限り購入しないようにしています。その商品から人件費が出ないと思うからです。そうした安い商品の背後には、この記事のような問題が必ず潜んでいるからです。そうした商品を作り出している人々の誇りや尊厳を奪ってしまうほど安い商品というのは、購入するべきではないと思います。
どんな商品にも適切な金額というのがあると思うのです。しかしそうしたことが感覚的にわかるようになるためには、やはり商品から出ている波動を感じる能力が不可欠だと思います。』

◎中東和平って何だった?欧米のホンネと覇権主義がパレスチナに産み出した不幸の卵 (8/11)
http://bit.ly/YrFn3j

『とてもわかりやす記事です。数分の時間を割いて問題の根がどこにあるのかを理解して下さい。あなたは何も出来ないと思っているかも知れませんが、あなたの認識の光は、光の速度で世界に広がるのです。
光が広がれば闇は居場所がなくなるのです。』

◎韓国“親朴派”は「死に体」状態 保守論客も見限る 人事迷走に失望 (8/15)
http://bit.ly/YrFn3n

『一国の大統領や首相といった高い地位にある人物は、暗殺を恐れているようでは、正しい判断が出来ないと思います。命をかける勇気が無いのなら、そもそもこうした地位に就くべきではないのです。
東洋ではあらゆる分野において、道が探求されて来ました。道(タオ)を会得した者は生死を超越し、自然体で生きることが出来ました。こうした高い精神性を有する者が重要な役職に就けば、政治的な腐敗は起こらなかったと思います。
 この世界の混乱は老荘思想の通り、道(タオ)が廃れてしまったからだという気がします。道が廃れてしまえば、一国の王や皇帝は、単に国を盗んだ大泥棒でしかありません。泥棒に正義を期待するのは、無理なのです。』

◎あなた方は間もなく私たちとの直接の接触をするようになるでしょう  〜公に宇宙人との接触間近〜 (8/15)
http://bit.ly/YrFlIB

『私も国際情勢や各国の政治状況を注視していて、なかなか上手くいかないので、どうすれば良いかと思っているところです。とは言うものの、全体的には何も問題が無いということもわかっています。
上手くいかない理由の中で最大のものは、ウォーク・インして肉体を占有した霊が、この世の悪に容易に取り込まれてしまうことにあります。彼らは「銀河連邦」に属していたり、神々であったりしますが、現実に様々な誘惑に晒された時に、悪を退けるだけの内的な強さを持っている者は、極めて少ないということだと思います。頭で理解しているということと、体現できているということはまったく別です。
 こうした霊たちに忠告しておきたいのは、時間はほとんど残されていない。闇の中に留まる者は、然るべき時期にその肉体と共に滅ぼされてしまうだろう、ということです。』

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
《テーマ:瞑想について》
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-

◎「統合失調症」と診断された私が、頭の中の“声”に耳を傾ける事で回復 〜瞑想法の解説有り〜 (8/16)
http://bit.ly/YrFlIJ

『これは大変重要なメッセージだと思います。統合失調症と診断され薬漬けだった女性が、頭の中で聞こえる声に耳を傾けることで回復したということです。これは本質的に瞑想そのものです。
瞑想では、自分の頭の中の想念に耳を傾け、見守り聴き守り続けます。この時に想念に対する良い悪いの判断をせず、ただ耳を傾けることが肝心です。要するに判断し解決しようとするのではなく、ただ見守り理解しようとするのです。頭の中のおしゃべりは、その想念が湧き上がる源の不満が存在します。根源的な核になる想念、あるいはヴィジョンが浮き上がるまで、ただ見つめ続ける必要があります。こうして自分の心の中にある恐れ、不安、葛藤、過去のトラウマなどを、次々に意識の光の中に取り込み、自覚できるようにします。自覚そのものが解決です。分離し抑圧していた記憶や想念が全体として統合されることが治療であり、心の解放につながります。これを徹底的に行うことで、終にあるがままの自分を受容出来る瞬間が来ます。このことが真の解放です。
この動画はこうした精神の病の根本的な治療方法が、悟りをもたらす宗教的次元の瞑想法とまったく同一であることを教えてくれます。
皆さんが仕事をしながら、あるいは育児をしながら、あるいは1人でくつろぎながらも、同じように自分の心に湧き上がる想念を常に見守り続けるとすれば、それは真の瞑想です。このようにして生きる人は、日常の生活を送りながら、必ずこの人生で悟りを得ることが出来ます。これがカルマ・ヨーガ(行動の道)です。』

1件のコメント

  1. グミ大福 on

    瞑想の記事を読んで、次の記事の話ですが、統合失調の方の悪魔の声というのも、分裂した内面の自分が憑いた悪魔や本人の中にある悪魔的な何かに対して「消えろ!」と言っているものでhないかと考えれば何と無く分裂した人格の声だというのも納得できる気がしました。
    その魔境に 影が出来ぬ位に光を当ててみよ!
    私の師匠も瞑想で魔境に落ちた時は
    「そこに潜むものたちを、光に因って、
    あぶり出し影の無い世界へと変えてみよ!
    それで暗黒は消滅する。」
    と言ってたのですが、それが何と無く重なった気がしました。

    そして記事を読み、心の声に耳を傾けるために、押し込まずとにかくしゃべらせてみたところ・・・お分かりの通り、波動が酷いことになっていると思われます・・・。
    人間物事無難な方を選ぶべきなのでしょうが馬鹿でしたね・・・。
    波動が落ちた理由もまた恥ずかしく愚かなもので・・・。真実を聞かされれば泣きたくなるほど霊的に酷い状態になっていると思をれますが全く困りました・・・。
    まあこんな酷いことになりながら少し進歩もあった気もするのですけれどね・・・。

    ※プレゼント対象外でお願いします。