シャンティ・フーラのブログ

【新商品!イベント先行販売】パシュミナ・ストール

この秋、いくつかの新商品を発売します!
先日『身体が喜ぶ紅茶』を紹介いたしましたが、
次にご紹介するのが

『パシュミナ・ストール』です!

本物のパシュミナ・ストールとは

標高4500mにもなるヒマラヤの高地では、冬の間、マイナス40度を下回ります。その極寒を生き抜くのに、ヒマラヤ山羊には、極めて軽い特別なうぶ毛が生えてきます。その細さは、人間の髪の毛の1/6も細い12〜15ミクロン。その毛の中には空洞があってたくさんの空気を含み、高い断熱効果があるのです。それが、パシュミナ・ストールの軽さと暖かさの秘密です。

ヒマラヤの中でも限られた高地でしか取れない希少性、これが極上の繊維と呼ばれ、700年以上も前からヨーロッパの貴族がこぞって求めてきた高級品である理由です。

パシュミナの糸は本当に細くて弱い繊維なので、機械で織ることができません。もしも、機械織りのパシュミナ・ストールがあれば、それは、シルクなどの他の繊維がミックスされているのです。

本物のパシュミナ・ストールは、端の処理を見ればわかります。生地が傷むので、端を処理せず“切りっぱなし”になっています。
他の強い繊維を一緒に用いなければ、フリンジ等の処理をすることは出来ないのです。

ひとつの織物には、糸だけではなく、それを織る人の心もまた込められる

産地のカシミールでは、長い間、一部の金持ちが織り師たちを安い賃金で働かせて利益を独占していました。織り師たちの伝統的な工芸家は、他の賃金の高い仕事を求めるようになり、年々その数は減り続けています。

シャンティ・フーラが扱うのは、気鋭の優秀な若い工芸家2人が立ち上げたブランドのパシュミナ・ストールです。そこでは、きちんとした価格設定を行い、織り師の労賃に配慮がなされ、織り師の数が増えてきています。

一生ものとしても逸品

本物のパシュミナ・ストールは、とても繊細な織物。実際に触って、羽織ってみると、他の羊毛製品との違いがはっきりとして、魅了されることでしょう。

丁寧に取り扱えば、“一生もの”になるでしょう。

11月10日のイベントでは、実際にストールを手にとって確認いただけます! 色を確認して、ご自身に似合うものを見つけてください!

販売価格は42,800円(税込み 46,224円)です!
イベント会場特別価格として、少しだけですが割引があります!

■ インフォメーション ■

11月のシャンティ・フーライベント会場で先行販売の予定です!

インターネットでの販売開始は、今秋を予定しています。
発売までもうしばらくお待ちください。

1件のコメント

  1. 30年前インド、カシミールを旅した時にパシュミナを現地の人から購入しました。
    イベント会場で、その手触りや素朴な美しさが30年前に購入のものと全く同じだったのに驚きました。いつまでも美しく輝く素朴な逸品なんだなぁと改めて感じ入りました。この美しい織物の伝統が継承されていくことを願っています。また販売されている価格はとてもとても良心的だと思います。

コメントをどうぞ

WordPress Anti-Spam by WP-SpamShield