シャンティ・フーラのブログ

【映像配信】宗教学講座 中級コース 第43回 シークレット・ドクトリン(ナーサディーヤ賛歌:後半)

映像配信サイトの新作映像をお知らせいたします♪

(↑クリックで映像配信サイトへ)

試聴映像です

【今回のみどころポイント!】

  • ナーサディーヤ賛歌って何?と思われる方も多いのではないでしょうか。私の頭をよぎったのは、愛の賛歌ではなく、リグ・ヴェーダの宇宙創造の詩を竹下先生が丁寧に解説します。哲学の元が分かったような気がする…。 (ミルキーユ)

  • 講義の最後で取り上げるリグ・ヴェーダの讃歌には、宇宙の創造をめぐる最も進んだ理論が描写されているのだとか。とてもシンプルな表現で宇宙創造の基本構造が謳われてるので、『シークレット・ドクトリン』の宇宙創造の様子を理解するのにとても役に立ちます。 (ともパパ)

【映像の概要】

今回も、スタンザの全体の流れについて、前回の続きからざっと通して解説する。そして、全体の流れを理解した後、宇宙の創造をめぐる最も進んだ理論が表現されているリグ・ヴェーダの賛歌を取り上げ、これを解釈する。スタンザを理解した後であれば、非常に簡単に読み解くことができる。そして、宇宙創造における基本的な構造を理解する。

◇ これまで宗教学講座「神智学」シリーズをご覧になった方の声 ◇
(たくさんの皆様からいただいた声より一部を抜粋しております)

  • ブラバッキーのスタンザを通して竹下様の丁寧な講義で、この宇宙が紡ぎ出されてくる様子が感じることが出来ました。学ぶスタンザでは3.5次元の上位メンタル界の宇宙までの形成されてくる部分でしたが、物質宇宙がその後生み出されてくる道すじも大まかに竹下様のお話の中でうかがい知ることが出来ました。後半の話は必見です。 (nakamiti)
  • フトマニ図を使ったハイアラーキーの組織構造を一覧表に並びかえると、より理解しやすいです。次回の講座もすごく楽しみです。 (まゆ)
  • チッタに記録されたデータからアハンカーラが今の自分に一番必要なものを選び出し、それを光源であるプルシャが原子一つ一つに投映し、コーザル界の世界が現れるとのこと。チッタに記録されていない奇想天外な世界が現れる余地はありませんね。 (Noriaki)
  • 考え方が変わって、それを信じる事が出来て、行動する事ができる、そういう人が増えると一気に世の中が変わってしまう。考え方が変わらず、信じることも、行動もできない、そういう人がそのままでは世の中は変わらない。 選択するものが無いと考えるか、選択肢をどんどん創造して行けると考えるか、その考え方の違いで結果が大きく異なるんでしょうね。今はその時期だと、理解しました。 (Tedtiger)
  • 初級もまだすべて見てないですし、中級は私にはとうてい無理〜(涙)と諦めていたのですが、シークレット・ドクトリン復活に思わずまた視聴。 (中略) 難しいですが、やはり最新の映像は特別なので、何度も繰り返し拝聴してがんばりたいと思います。 (ぴあQ)

コメントをどうぞ

WordPress Anti-Spam by WP-SpamShield