シャンティ・フーラのブログ

アーカイブ: ぴ・よ・こ・と

シャンティ・フーラのお客様「コロナ禍での変化」

10月のプレゼント企画でのアンケートで、「コロナ禍において、生活や仕事、生き方など変化されたことはありますか?」とお伺いしました。

丁寧に回答いただき、ありがとうございました。 多くの方が、新型コロナによる変化を、前向きに捉えておられ、感動しました。

少しご紹介します。

家族、家庭の変化

「家族やペットと過ごす時間が増えた」「夫がリモートワークになり、会話が増えた」「家族と協力して過ごすことが増え、夫婦関係が改善した」「夫婦の価値観、子育ての大切さなどに気づかされた」などの声が多くありました。

竹下氏が講演初期から一貫して伝えているのが「もっとも重要なのは夫婦関係と子育て」です。 家族との時間が増え、より良好になったという声は、読みながらとても嬉しかったです!

竹下氏は講演の中で「相手をよく見ること」を繰り返し語っています。

画像出典:いらすとや

「家族関係がよくなった」という方が多かった理由は、しっかりと家族を見る時間が増えたことも影響しているかもしれません。

自分の子どもをじっとよく見る。しっかり見ることで本当に愛せるようになります。
相手を見つめれば見つめるほど、親子関係や夫婦関係は良好になります。
心を白紙にして見る、これがすべての秘訣です。

引用元:竹下雅敏著書 『ぴ・よ・こ・と2』

ただ、急な変化があったり、生活のペースが乱れたり、家族や人間関係に悩んでいる方もおられると思います。

人間関係、特に家族のような親密な関係をより良好にしたいと思われたら、『よい関係を築くために1 前半(講義及び質疑の一部)』の中にヒントが見つかるかもしれません。
初めて視聴した当時は、知らないことばかりで目から鱗が落ちまくりでした。

生活や仕事の変化

「仕事がなくなり、便利な場所から引っ越しをした。それによりローンの不安が解消。無職でも当面安心して生活できる」という方がおられました。
思い切った決断だったのではないかと思いますが、ローンの心配がなくなったとのことでよかったです!
新しい暮らしや生き方にあった、最良の仕事が見つかりますようにー。

「仕事がなくなった」「仕事が減った」「バイト探しをがんばっている」と言う方もおられました。
微力ながら、エールを送りたいです。

お金がないと生きていけない現代社会では、心配なお気持ちもあるかもしれません。
なにか困難な状況が起こった時の参考になる、とてもよい映像配信があります。

映像の中の言葉です。
『最初の想いというのがものすごく大切で、いわゆる悪いことが起きた時にそれを悪いと取ってしまうとだめなんです。後でキャンセルしないといけなくなりますから。それを「これは多分動くぞ、何かが動く、変わるぞ、いいことだぞ。」そういうふうに思うわけですね。』

未来のことを想像して、不安になったり恐れを抱くのがよくないのだそうです。
何度見直しても気づきがある講話なので、再視聴もオススメです。

生き方、考え方の変化

「本当に大切な事は何なのか、以前に増して考えるようになった」 「仕事をやめて田舎への移住を考えている」 「人生が楽しくなってきた」「スローライフを楽しんでいる」 「神々への信頼と感謝が増した」「不安なときは『全詫』『無執着』と心でつぶやく」といった声がありました。

画像出典:いらすとや

急に生活が変わり、仕事や収入面で心配なことも多いはずですが、お客様からお寄せいただいたのは、ポジティブなご意見が多かったです。

シャンティ・フーラのお客様は、混乱した状況下でも乗り越えるのが上手だと思いました。

時事ブログ映像配信シャンティ・フーラカレンダー書籍「ぴ・よ・こ・と」の中には、困難な事柄を、自分の成長の糧に変えてしまうような情報がたくさんあります。なにかあったときには、思い出してくださいね!

 

私たちができる最大の功徳は、波動を落とさないこと!
これが社会にも大きく波及すると言います。

皆様が頑張っておられるご様子を励みに、私たちも、自分たちにできることを精一杯 努めていきたいと思います。

このたびは、丁寧にお答えいただき、誠にありがとうございました。