シャンティ・フーラのブログ

スバルの日輪・追加情報(2つ目の写真)

スバルの日輪について、竹下雅敏氏からの追加情報です》


ココペリーナの風」に掲載されている日輪ですが、
3枚中上の2枚を用いることがわかりました。

2012年6月11日 11時34分 撮影
»印刷用JPGファイル 
2012年6月11日 11時37分 撮影
»印刷用JPGファイル 

左側の11時34分撮影の写真は体表のチャクラに、
右側の11時37分撮影の写真は体外のチャクラに対応するようです。
従って両方の日輪の写真をプリントアウトして、
左の日輪(11時34分)の写真の上に5分ほど食品を置き、次に
右の日輪(11時37分)の写真の上に5分ほど食品を置いて下さい。

こうすることで、あくまで気のレベルですが、放射能が中和されているように思えます。
それは、体表・体外の両方のチャクラが、食品に触れても回転が低下しないことを意味します。

私は食品を選ぶ際、その食品に触れてチャクラの回転が低下するものは危険なものなので買わないようにしています。
食品添加物の入った食品は、体表・体外のチャクラの回転が低下しますが、特に体外の下位の3つのチャクラ(ムーラーダーラ、スワーディシュターナ、マニプーラ)の回転が著しく低下します。
また、放射能に汚染されている食品は、体表・体外のすべてのチャクラの回転が著しく低下します。
しかし、放射能に汚染されている食品の場合、上記の2枚の日輪の写真の上にそれぞれ5分程度置いただけで、チャクラの回転は食品に触れても変化しなくなるのです。


《参考》体表と体外のチャクラ - 竹下雅敏東洋医学セミナーより


このことは、あくまでも気のレベルですが、放射能が中和されていることを意味します。
なぜなら私たちは食品を、腸から吸収する栄養レベルだけではなく、生命エネルギーとして各チャクラから吸収しているからです。
従って、恐らくガイガーカウンターで放射線を測定した場合、数値に変化はないのではないかと考えています。
物理的次元は別に処理しなければならないと思われます。
しかし、何らかの電磁波(光)を照射することで、解決が可能なのではないかという気がします。ことによるとすでに地球上にそのテクノロジーは存在するのかも知れません。

以上、まとめると、食品を購入する際には、チャクラの回転が低下するものは購入しないようにして下さい。
しかし、現在の日本においてまったく放射能の影響を受けていない食品をさがすことは非常に難しいことになっています。
せめて、気のレベルだけでも食品を中和してから食べることがより現実的な対応であろうと思われます。

早急に研究者の方には、物理的次元で放射能を中和するテクノロジーの開発をお願いしたいと思います。

注)上記の2枚の日輪の写真は、食品添加物の効力を中和することはできません。すなわち、2枚の写真の上に食品を置いても、食品添加物の影響を受けている食品の場合、体表・体外のチャクラの回転は著しく低下したままの状態で変化しません。

(2012.6.14 竹下 雅敏)

3件のコメント

  1. 質問なんですが、このスバルの日輪は食品のみ放射能浄化の作用があるのでしょうか?それともそれ以外のもの(例えばタオルや石鹸などの生活用具)に対しても放射能浄化作用もあるのでしょうか?

  2. 匿名 様のご質問ですが、竹下氏より回答をいただきました。

    ――――――――――――――――――――――――――――――
    タオルや石けん等にも効果があると思います。
    (竹下 雅敏)

コメントをどうぞ

コメントの投稿により、本サイト利用条件の"投稿行為"に同意いただいたものとみなします。

WordPress Anti-Spam by WP-SpamShield