シャンティ・フーラのブログ

【第4話】 牛サマディーくんのアフリカ旅行記

ushikun

第1話からの続きです。


土日はフリーデーだったのでメンバーみんなで外出したのですが、特に印象深かったのはヴィクトリア湖に行ったときのことです。ヴィクトリア湖はケニア、ウガンダ、タンザニアに囲まれたアフリカ最大の湖で、その大きさはなんと琵琶湖の100倍だそうです。

空は晴れており、ボートでの周遊はとても気持ち良かったです。

IMG_1032

ここでは沢山の水鳥たち、そしてなんとカバたちにも出会えました!

IMG_1043

カバたちは、顔を水面にほんの数秒だけ出すとすぐに水中に引っこんでしまうので、写真を撮るのにはなかなか苦労しました。

IMG_1019

ケニア滞在の最終日、フライト時刻が夕方だったので、昼に空港の近くにあるナイロビ国立公園に行きました。広さは117平方キロメートルあり、多くの野生動物を見ることができるサファリパークです。他のメンバーはその頃マサイマラ国立公園で数泊のサファリを楽しんでいたのですが、自分は飛行機の日程的にそちらには行けず、一人で数時間のサファリを楽しむことにしました。

IMG_1426

走っている車は、デカくてゴツい車が多いです。
ドライブを始めるとすぐ、バッファローの群れが道を横切ってきました。

IMG_1401 IMG_1409

二枚目の老いたバッファローのこの表情、なーんにも考えてないですね~。自分は頭に気が上がってあれこれ考え事をすることが多いので、この老バッファローを見習わないといけないな~と反省させられました。わたくし牛サマディーはこの度、この老バッファローを自分の人生の師として仰ぐことにしました。

IMG_1475 IMG_1395 IMG_1459 IMG_1415 IMG_1448

数時間のドライブで、沢山の動物たちに出会うことができました。
ドライバーによると、ライオンを見ることが出来たのは超ラッキーだったそうです。

IMG_1428

こうして大満足で、ケニアを去ることができました。

今回のケニアでは、美しい自然、ド田舎生活、子供達とのふれあいなどの素晴らしい体験をすることができ、とてもいい滞在だったと思います。

IMG_0949 IMG_0971

最後に、書いておきたいエピソードを一つ書いて終わりにします。

ケニア人は甘い物が大好きなようで、チャイを飲むときやパンを食べるときは、みんなとにかく尋常じゃない量の砂糖をドバドバと使っていました。

そんな彼らにしもやま農産のお茶を飲ませてみたところ、「ただのホットウォーターじゃないか!!」と言われ、甘党の彼らの口には合わなかったようで全く理解されませんでした。

いつもの如く砂糖を投入したがっていましたが、そこは流石に死守しました。
自分は、久しぶりに日本の美味しいお茶が飲めて大満足でした。

IMG_1182

( 完 )

21件のコメント

  1. 日本茶がただのお湯と言われたのですね。日本人の感覚からしたら、ほんと、えーーーーーっですよね。笑ってしまいました。実りのある素晴らしいボランティアの旅だったみたいですね。ご無事に戻られたこともすごくよかったです。UFOとの遭遇にも驚きました。素敵なレポートを本当にありがとうございました。

  2. ぴょんぴょん on

    老バッファローさま、牛くんの師になるだけあって、いい顔をされてます~
    ライオンの夫婦も、品格があってステキだし・・
    自然の中で暮らす生き物たち、子供たちに囲まれる牛くん、みんないい顔してます。

  3. メープルEY on

    牛君、レポート最後を飾るにふさわしい動物エピソードありがとう。
    沢山の動物たちの姿を直接見られたなんて、幸せですね。

    老バッファローを人生の師と仰ぐとは、えらい!

    しもやま茶のお話、思わず笑ってしましました。
    インドでもチャイにはすごい量の砂糖を入れるんですよ。
    口がしびれるくらい。

    最後の写真、子供たちと牛君の目がとても印象的でした。
    今度またどこかの国へ旅に出て、レポートしてくださいね。

  4. フィオレンテな女 on

    「わたくし牛サマディーはこの度、この老バッファローを自分の人生の師として仰ぐことにしました。」
    との、牛君の言葉、好きです。その言葉通りの良いお顔をなさった老バッファロー様ですね。。。
    可愛い子供たちに囲まれた牛君もとても良いお顔をされていますね。
    忘れられない数々の良い思い出を表わすような表紙の写真の牛くんの顔が、全てを物語っているようですね。
    今回も、牛くんのボランティア・アフリカ旅行記で、ケニアに連れて行って下さってありがとうございました。

  5. ヨットの写真、額に入れてかざりたい。青い空と白い雲とヴィクトリア湖の色が、そしてヨットの帆の存在が、動物さんの写真も、ぜーんぶ
    「いいわ~」。

  6. 牛サマディー on

    >Michiyoさん
    やっぱり味覚は国で、傾向性は全然違うんですね。ケニアは甘党でしたが、逆に夏に行ったタイではあまりにも辛すぎでツラかったことが何度もありました。
    蚊よけスプレーすらしてないのに全く体調を崩さなかったので、逆に拍子抜けな感じすらしました(笑)
    コメント、ありがとうございました!

    >ぴょんぴょん さん
    老バッファロー師、ご尊顔がもう人生を悟りきってるんですよ・・。自分はまだまだ道が遠いことを思い知らされます。

    >メープルEY さん
    普段の生活では野良猫くらいしか出会う機会がないですからね、沢山の動物たちと出会えてとても嬉しかったです。あちらの生活では毎日牛の鳴き声が聞こえていたり、家の外にはそこらじゅうにヒヨコやニワトリがいたりと、動物たちと一緒に生活をしているんだということをリアルに感じていた毎日でした。

    >フィオレンテな女 さん
    記事の執筆中に、突然降りてきた言葉です(笑)
    どうも、コメントありがとうございました。

    >チワさん
    バッファローの写真は、小さな額に入れて飾っております(^◇^)
    写真気に入っていただけて光栄です。コメントありがとうございました。

  7. 牛くん、躍動感のある、素晴らしいレポートをありがとうございました!
    皆さまのコメントにも、ひとつひとつ、ウンウンと首肯きました。
    ケニアの大地で、蚊なんか気にせず、グースカ眠れるなんて、
    大物上下体癖だね(笑)!

    さあ、牛サマディーさま、ここで質問です!
    ①今回の旅で、最も嬉しかったことは?
    ②今回の旅では、主にどんなものを召し上がったのですか?
    ③今回の旅を通して、天の眼差しを感じられた瞬間はありましたか?

  8. 2度目のコメントになります。今回のこのシリーズで、牛サマディーさんが旅レポートを発表して、それでこの旅日記の事を初めて知りました。その際に、タイを旅行されていたことも知ったんです。みんなよりずっと遅れましたが、後者もここ数日の間に全て拝読させて頂きました。どれもすごくよかったですよ。すごく楽しかったです。読みやすかったですし、画像も動画もすごくよかったです。タイは辛党なのですね。お話をお聞きする限り、口から火を噴きそうです。(^_-)-☆。もしまた旅行に行かれることがあったら、是非お話をお聞かせいただけると嬉しく思います。他の人のコメントもすごく納得しましたし、本当に楽しかったからです。牛サマディー様、コメントをされた皆様、そして、シャンティ・フーラの皆様、ありがとうございました。

    「シャンティ・フーラのもっとも若いお客様 牛サマディ-くんの・・・」と冒頭にそう表記されてありましたが、竹下先生はその人の名前に触れただけで、その人の実年齢まで分かってしまう・・・ということなのでしょうか? チャクラとブッディを使えば分かるということ? とても関心を持ってしまいました。話せるときがきたらでいい。いつか教えていただけると、うれしく思います。

  9. 牛さんのレポートのおかげでアフリカがちょっと身近な国になりました。
    味覚の感覚の違いにも笑ってしまいました~。
    雄大な自然・・・。本当に素敵です。
    人生の師にも出会えて本当に充実の旅でしたね♪
    可愛い子供たちと写っている牛さんの笑顔がますます輝いていかれますように(*^_^*)

  10. 牛サマディー on

    >まのじ さん
    なんせ暑いので、あちらでは隙さえあらば眠りに入ってました。巨石の上で横になるのは最高でしたね…。ケニア人からスリーピングベイビーと言われましたが、確かにベイビーな8種も入っているので体癖的にもピッタリな呼び名だと思います。
    ①大自然を見れたことでしょうか。今回のケニアも前回のタイラオスも、一番感動したのは大自然でした。
    あと、満点の星空はホント凄かったです。
    ②料理はメンバーが交代でケニア料理を自炊しましたが、大好物はマンダジ(揚げパンのようなもの)とチャパティ(パンの一種)でした。主食は米とウガリで、おかずは豆料理やスクマウィキなどなど。日本では魚を食べる機会がほぼないので、ヴィクトリア湖ではここぞとばかりにデカイ焼き魚を食べました。料理は、手づかみで食べることが多かったです。
    ③ナイロビ➡カタール便で、ガヤトリーマントラで「機内で快適に過ごせますように」とお祈りすると、隣の人が別の席に移動して、かなり快適になりました。
    次のカタール➡成田便で同じように祈ると、隣の人が「別の席に行きたい」とCAに言い、また隣の席が空きました。2回連続は流石にビックリしました。
    6回中4回は隣が空いてたので、エコノミークラスなのに横になれたりして非常にありがたかったです。

  11. 牛サマディー on

    >Michiyoさん
    タイ・ラオス旅行記も合わせて読んで下さり、ありがとうございます。
    楽しんでいただけて、とても光栄です。

    >月の子さん
    今回もコメントしてくださり、ありがとうございます。
    日本から直行便がないケニアを身近に感じていただけて良かったです。
    ケニアの雄大な自然は本当に素敵でした。やっぱり美しい世界はいいですよね(^^)

  12. 牛く~ん☆4話のレポート楽しかったで~す! ((o(^∇^)o))
    ありがとうございました!!!
    広島で聞いた時は、お砂糖たっぷりのお茶の話しか記憶になく(笑)
    今回の感想は皆さんと同感で♪それ以上に感動したのは、
    端的な文章と動画&フォトから盛り沢山のエピソードが伝わってきて、
    上下様に「おぉ~」と感嘆する左右体癖の私☆

    まのじさんのナイスな質問のおかげで、更に深い良い~感謝をρ( ^o^)b_♪♪
    ・・・はて「スクマウィキ」とはどんな食べ物なのか、
    即、検索で「ケール」の様な野菜らしい・・・ふむふむ、
    どんなお味付けなのかしら~
    きっと味わったことのないアフリカン・スパイシーとか!?
    甘いティーを好むと云うことは、特記する美味しいお菓子は無かったようで残念!

    「スリーピングベイビー」は素敵な響きですね~♪
    「老バッファロー師」に、胸キュンな6種でありました゜。(p>∧<q)。゜゜

    それから、UFO☆
    私も幼いころから、見るために窓際のベッドで唱えながら(笑)夜空を眺めてました!
    近年は良く見れるようになり、その訳も時事ブログで知れるようになり、
    なんとなく魅かれていた事が、実に深い理由があったと、いろんな繋がりを感じています☆

  13. 牛サマディー on

    >マナさん
    どうも~、コメントありがとうございます 。3種炸裂の愉快な文章に和みました^~^
    スクマウィキがどんな味だったかあまり覚えていないのですが(笑)、あまり好みでなかったことは覚えています。強烈に記憶に残っているのは、揚げたてのマンダジが最高だったことです。
    マンダジは翌日分を大量に作るのですが、僕らが揚げたてを何個も食べてしまうので、ケニア人からは泥棒扱いされて調理場への立ち入りを阻止されてしまいました(笑) まあ、それでも懲りずに揚げたてを拝借しましたが。
    UFOを目撃すると、宇宙の兄弟がすぐそこに居ることがリアルに実感できますよね。ありがたいです。

  14. まいまい on

    わたしも、マナさんの文章に、ほっこり゚+.(*ノωヾ*)♪+゚

    マンダジわたしも食べてみた~~~い(*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^*)
    最高なレポート&コメントでした♪
    おあついのが、お・に・あ・い・ですね*(〃∇〃人)*:

    あなたは、ほんとっーーーに、素晴らしいです.+:。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。:+.

    次は、どんなところに行かれるのでしょ~~~う
    楽しみです♪

  15. >強烈に記憶に残っているのは、揚げたてのマンダジが最高

    なぬ!マンダジとは!?
    「材料のシンプルさからは想像できないおいしさ!
    揚げたてのマンダジは表面カリッ中はフワッとしてついつい続けて食べちゃいます。」
    http://cookpad.com/recipe/660018
    より

    きゃ~! もう食べた過ぎるぅ~(*^¬^*)
    んで、
    http://www.africafe.jp/afkashi5.html

    を参照に、

    揚げたてを即、コンロ前に立ってハフハフ~☆
    ゜。o(^∇^o)(o^∇^)o。゜゜ん~、し・あ・わ・せ♪
    チャイが合うわ、チャイが合うのよ~

    そうだわ、泰子さまのリンゴブレッド!
    https://shanti-phula.net/ja/blog/wp-content/uploads/2015/01/apple_bread.pdf
    (焼き立てを食し♪レシピからの想像を超えた、美味しさに感動☆)
    それ以来の、幸せなスイーツDEブランチとなりました♡

    牛くんから、お土産頂いた気分で、ありがとう~~~
    ごちそうさまでした!

  16. 牛サマディー on

    まいまいさん
    コメントありがとうございます。
    マンダジ是非是非食べて欲しいですね~ 特に揚げたてなら、もういくらでもいけます。
    マンダジの食べ過ぎで夕食が全部食べられなかったこともありました(笑)

    次に海外に行く予定は今のところないですが、アフリカのスイスと呼ばれるレソト王国やシベリア鉄道は以前から凄くいいな~~と思っています。

    マナさん
    す、すごい・・・実際に作ってしまわれるとは!!(ノ゚ω゚)ノ
    牛は他人が火起こしから頑張って作ったマンダジを貪り食らうだけだったので尊敬です。
    文章から、喜びが伝わってきました(^^) マンダジエピソード、書いて良かったです。
    >゜。o(^∇^o)(o^∇^)o。゜゜ん~、し・あ・わ・せ♪
    こうなってるマナさんを見たかったですわ~~

  17. フィロソーマ on

    上下がこれほど熱く語るマンダジとは何?
    とても気になったので、東京のサバンナに行ってきました。
    ケニア人の女将いわく「メニューにはないけど作るよ」
    ドーナツのようで表面はカラっと、甘め。
    ケニアのビール、爽やかなタスカーにとってもよく合いますね!

    ヴィクトリア湖の焼き魚が食べたい!といってみると、なんと「ティラピアあるよ!」と出してくれました。
    淡白なクミン風味の川魚(イズミダイ)。
    なんでも、アメ横で仕入れるそうです。
    流石、ジャパン!

    牛くんがアップしてくれたヴィクトリア湖の写真を眺めながら、ほろ酔い気分でケニアの風を心地良く味わいました。
    そしてさらに、満天の星空の下で火おこしから作るマンダジを頬張る!と美味しく瞑想しながら。。

    ・・・ちなみに昨日のジェルボーケーキも美味しかったですよ、まなさん!レシピ不明ですが(^^)

  18. フィロソーマさん!
    \(◎o◎)/びっくりです~☆
    さっきまた、ジェルボーケーキの写真を見て、
    私も空想の中で味わってみた(もう何度目か~)後に、
    上記のコメント読みました!

    それにしても、ケニア人の女将のマンダジ~♪(*^q^*)
    やっぱ、スイーツは作って貰った方が、幸せ感UPかも~♡

    牛くん!まのじさん!
    メリベにも伝わりやすく広げて下さって楽しかったです!!
    蟻・蟻・蟻・蟻・蟻・蟻・蟻・蟻・蟻・蟻~~~

  19. 牛サマディー on

    >フィロソーマさん
    「東京のサバンナ」この言葉、いいですね(笑)
    自分も東京へ行く機会があれば迷わずサバンナへ直行しようと思います。
    マンダジ食べましたか~~嬉しいですね~。 美食のないド田舎では、あのマンダジは至高でした。
    ヴィクトリア湖の魚までも食べれるとは…(゚д゚)! わざわざケニアへ行かなくてもケニアを味わえる、メリベの民にやさしい国家日本ですね。

    >マナさん
    なんと・・マナさんクラスとなれば、空想でジェルボーケーキを味わえる(しかも何度も)のですね(・ω・ノ)ノ
    自分の修行の至らなさを実感した次第です。

    やっぱり食事は作って貰うに限りますよね~。自分もケニアでは、他のメンバーが頑張って作ったのをおいしく頂くことを主としていましたので。

  20. ぴよさん on

    牛くん、たいへん遅ればせながら^^すてきなアフリカ旅行記をありがとうございました!
    梅雨なので、スカッと晴れた青〜い空がみたくなった時に何度も見返しています♪

    赤い土。青い空。鮮やかな緑。ミルクチョコみたいに美しい肌の色。動物さん達の力強く品のある姿。どでかっ!な石さん。雄大な自然。。。きれいだな〜♪

    それと同時に厳しい環境の中で、日々を過ごされておられる方たち。。。
    自分が深く考えずに、当たり前のようにジャバジャバ使っているお水は、ほかの国に住んでおられる方々のお水を枯渇に向かわせているんかも知れない。。。と、改めて気付くことがありました!
    お水に限らず生き方・暮らし方を、一歩一歩改めてゆきたいです。
    そして、牛くんの師である老バッファローさんのような穏やかなお顔で、いついかなる時でも、ほわっとしていられたらいいなぁ〜と思いました!
    (老バッファローさん、お顔と髪型が大正時代の女学生のようにも見えるんですよね〜^^) 

    神秘のベールに包まれた(蚊帳ねw)スリーピングベイビーさんが、また翼をひろげて世界へと旅立つときを(そして旅行記を)のんびり楽しみにしておりま〜す♪^^

  21. 楽しいお話と、きれいな写真ありがとうございます。
    今はもう60歳を越えてしまいましたが、30年近く前、1歳と2歳になりたての年子を連れて、主人について行きタンザニアで3年暮らしました。おしめをした2人を連れて、何度もサファリにも行きました。懐かしい風景が甦ります。行ってすぐの頃30人の盗賊にあって何も無くなった人がもう少しの帰国まで居候。 現地で結婚して田舎にいる人が、二人目の出産のため我が家に。 大学の寮にいた女性(バケツで水を7階まで運んでいた)も持ち物を無くし、何か月か暮らしました。私達には贅沢な住まいでしたが、少しは役に立ちました。 田舎で暮らす協力隊員の所では自分で煉瓦を積んで作ったかまど、1日に一人順番に入れる自分たちで作ったお風呂、部屋の机にはお気に入りのちっちゃな急須と湯呑茶碗。 いいなあと思いました。ちなみに私がマレイシアの田舎にいた頃は水浴びだけでした。 
    1年半ほど前にシャンティフーラのブログを見つけ喜んでいます。年を取っても知らないこともいっぱいあって、ゆっくり楽しみに見てゆきたいです。
    牛サマディーさんの旅行記も今頃見せていただきました。  

コメントをどうぞ

WordPress Anti-Spam by WP-SpamShield