シャンティ・フーラのブログ

アーカイブ: シャンティ・フーラカレンダー2020

シャンティ・フーラカレンダー2019は こうしてできました!
~9.印刷・完成 ~

前回からの続きです。

12.印刷

今年も印刷は、ピヨちゃんグッズの印刷を依頼しているサンヨーメディア印刷さん(広島市西区)に印刷を依頼しました。

色校正(色調を確認するための試し刷り)を竹下氏・スタッフ全員で確認して、印刷に入ります!

例年同様、印刷予定の時刻にあわせ、スタッフ全員でガヤトリー・マントラで印刷の成功をお祈りしました。

美術品としても考えているカレンダーなので、毎年厳しい検品をおこなっています。
今年はできあがったカレンダーは、印刷のムラや汚れは非常に少なく、印刷会社さんが尽力してくださったことを感じました。

13.スペシャルなカードとピヨちゃん封筒!

カレンダーの製作にあわせ、今年は2枚のスペシャルなカードを製作しました。

至高四柱のイラストのカードと救済の日輪のカードです!

このカードについて、パータさんから
「この素晴らしいカードは、丁寧に取り扱ってお送りしたい…」
「お客様に日頃の感謝を伝えたい」
と意見がありました。

そこで急遽、このカードが入る ”ご愛顧ありがとうピヨちゃん封筒”を製作することに決まり、大急ぎで仕上げました。

この封筒は、カードを入れる以外の用途にも使って参ります!
今後、ピヨちゃん封筒もよろしくお願いいたします!

この封筒は、カレンダー販売開始直後に出来上がりました。
そのため、販売開始直後にご注文いただいたお客様には、おつけできていない場合があります。ご了承ください。

完成!

今年も様々な人たちに支えられ、カレンダーが無事完成しました!

なにより、購入してくださるお客様のおかげで毎年のカレンダーが作られることを感謝しております。
いつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2020年、皆様がシャンティ・フーラカレンダーとともに、
健康で幸多い1年をお過ごしになりますように!

これまで、長い連載をお読みいただいてありがとうございました。

シャンティ・フーラカレンダー2020のお求めは、こちらから↓↓

ご案内

● 印刷物とパソコンやスマホの画面では、色の表現が異なります。このカレンダーは印刷したときに調和する色の組み合わせになっております。色の調和についてはカレンダーそのものでご確認ください。

【製作中!】シャンティ・フーラカレンダー2020
~8.文章の選定・推敲と配置 ~

前回からの続きです。 今回は文章の選定から配置までです。

16. 文章の収集

カレンダーの文章は、基本的にさかのぼって1年分の時事ブログのコメントと映像配信から集めてきます。

しかし、すべての記事と映像の文字起こしに目を通して…というのは、あまりに対象が膨大です。また、時事ネタや宗教学の解説など、ほとんどの発言はカレンダーの文章として使えません。

そのため、このカレンダー専用の文章収集システムを開発してあります。

このような単語表をもとに、カレンダーにふさわしい言葉が多く含まれている文章だけを、システムに集めさせます。

17. 文章の手選別とおおまかな抜粋

システムは、だいたい1年分で500ほどの文章を集めてきます。
ここからはひとつひとつ手作業で選別していき、採用した文章はおおまかな抜粋も行います。

» 続きはこちらから

【製作中!】シャンティ・フーラカレンダー2020
~7.表紙デザイン ~

前回からの続きです。

14.表紙のお花

毎年きれいなお花の写真ですが、竹下家では
「今年のお花の写真はとても綺麗だ」「お花ががんばってくれた」
と話していたそうです。

そんな中で、表紙の主役となったのは、朱色のバラ!

15.表紙の作成

表紙は、シンプルながら、
竹下氏が直観で割り出す値は、こんなにたくさん!

昨年までと同様、一切の妥協はありません!

こうして完成した表紙は、こちら!

2020年版は落ち着いたオトナっぽい印象でしょうか。

細部に徹底的にこだわってこそ生まれる美があります!

調和が取れた色・デザインや、細部までこだわったシャンティ・フーラのロゴの一文字一文字も見ていただけると嬉しいです!

次は、文章の推敲と配置です!

シャンティ・フーラカレンダー2020のお求めは、こちらから↓↓

ご案内

● 印刷物とパソコンやスマホの画面では、色の表現が異なります。このカレンダーは印刷したときに調和する色の組み合わせになっております。色の調和についてはカレンダーそのものでご確認ください。

【製作中!】シャンティ・フーラカレンダー2020
~番外編・前回の回答と竹下氏の色選び~

前回からの続きです。

[番外編] 回答

前回 出題した質問への回答です!

カレンダーに採用された色は、3番目でした!

1番目と2番目は、スタッフが案として出したもの、
それを竹下氏が調整したものが3番目でした。

[番外編] 竹下氏の色の割り出し方は……?!

先日、パータさんから教えてもらいました。

竹下氏はスタッフから送られてきたサンプルの中に、
調和する色に近いものがあれば、

そこに書かれたCMYKの値を確認して、
すぐに調和する値を割り出しているそうです!

パソコン画面でサンプルを見ながら、
あっという間に入力が始まるのだとか。

「この色が合うかも?!」「いや、やっぱりこっちか」
「あれ? さっきと違って、呼吸ができない!」
なんて時間をかけて色選びをしているスタッフからすると、

紙に数字を書いて確認することもなく、
色を確認できるサイトで、色の情報を調べることもなく、
すぐさま、調和する色の値を出していたなんて、驚愕でした!

気の感覚を磨くと、いろいろなことが楽しくなるだろうな〜と思います!

このようなことにご興味がある方は、
ぜひ、東洋医学セミナーをご受講くださいね!

シャンティ・フーラカレンダー2020のお求めは、こちらから↓↓

ご案内

● 印刷物とパソコンやスマホの画面では、色の表現が異なります。このカレンダーは印刷したときに調和する色の組み合わせになっております。色の調和についてはカレンダーそのものでご確認ください。

【製作中!】シャンティ・フーラカレンダー2020
~6.文字の色 ~

前回からの続きです。

12.カレンダー部分の色

次に、カレンダー部分で使用する3色を決定します。

製作中の案を印刷して、それを使って色見本で、調和する色を探します。
この作業も、協力者さんにお願いしました!

日付に色を設定してみると……
おぉ〜綺麗な配色です!

<協力者さんの選んだ色>
月名・休日・満月マーク :C:M:Y:K=10:63:0:0
平日          :C:M:Y:K= 4:0 :4:2
新月マーク(スタッフ選択):C:M:Y:K= 0:0:0:40

この配色を確認した竹下氏が確認、微調整します。
微調整後がこちら!

<竹下氏が微調整した色>
月名・休日・満月マーク:C:M:Y:K=10:60:0:0
平日         :C:M:Y:K= 5:0 :5:0
新月マーク      :C:M:Y:K= 0:0:0:30

分かりづらいわずかな違いですが、
「ピタっときた!」という感じがします!

13.文章の文字色

色決めの最後は、文章の文字色です!

作業内容は、カレンダー部分の色決めと同じです。

ここで、Question!!

文章の文字色(緑色の文字)で、カレンダーに採用されたのはどの色でしょう?

どれも緑色ですが、わずかに色が異なります。

呼吸が楽にできるものはありますか?
身体がゆるむように感じるものはありますか?

採用された色は、次回のブログで発表します。

東洋医学セミナーの復習(予習)として、ぜひ確認してみてくださいね!

モニターと印刷物では実際の色が異なりますが、こちらの画像でもある程度の判断はしていただけると思います。

シャンティ・フーラカレンダー2020のお求めは、こちらから↓↓

ご案内

● 印刷物とパソコンやスマホの画面では、色の表現が異なります。このカレンダーは印刷したときに調和する色の組み合わせになっております。色の調和についてはカレンダーそのものでご確認ください。

1 2