シャンティ・フーラのブログ

アーカイブ: 講演映像

「悟りについて」〜試聴映像&上映会参加者の方からの感想


6月の「ひな豆の会」の上映会で初公開された福岡講演復刻「悟りについて」
今月7月は、広島・岡山の3箇所で上映されます。

  ◆ 7. 9(火) 広島(ピア・レインボー)
  ◆ 7.28(日) 広島(きらめきの花)
  ◆ 7.28(日) 岡山(倉敷)(いましあわせかい)

巷でよく云われている「悟り」というキーワードについて焦点を当てて、
竹下氏が解説した内容になっています。
前回は内容の要約を紹介しましたが、
今回は、試聴映像、講義からの一節、先日の上映会での感想を紹介いたします。

ぜひ、上映会にお越しください!


〜 講義からの一節 〜

問題が起きた時は、成長のチャンスなんです。

本当に苦しいけれども自己を振り返って、
自分のどこに間違いがあるのか、
自分の今までの生き方の何が間違っていたのかを
真剣に問いただして、
反省して、面と向かって問題を直視するということをやると、
進化していきます。

ある種の争いや闘争など、避けて通れない苦難をしないことには、
霊的進化はないのです。


ひな豆の会」 上映会からの感想


大人になったからといって、精神が成長するわけではない。
精神が一人前になり心身共に成長して初めて、社会貢献ができる。
本当にそうだと思いました。
私も肉体はスッカリ大人ですが、、、、それに伴い精神が成長しているかと思えば、そうでないと恥ずかしながらハッキリ言えます。
今回のDVDを観て、私自身も問題を解決した時は、“悟った気分”になっていました。しかし、同じ問題にちょくちょくぶつかっていることを考えると・・・、本当に浅い悟りだったことに気づき、反省しております。
「悟り」の深さを、これから出来るのか正直わかりませんが・・・。
竹下先生の霊的な進化のお話の中で、問題は成長できるチャンスである。
社会の歯車に翻弄されないように・・・、逃げることなく問題と向き合い・・・のところ、自己を振り返り反省していきたいと思います。
気負ったり気取ったりせずに、ありのままの自分らしく生きていられるように、今を大切に生きたいです。


いわゆる 「悟り」にも深さがあるのだと改めてわかった。
悟り=あるがまま(自己認識)、シンプルで簡単な言葉ですが、実際はとても深く難しいです。
何でも善い・悪いと区別しがちなので、“あるがまま”の自己に寄り添い、愛していこうと思いました。


悟ることがすべてと思っていましたが、霊的な進化を伴ってこそ意味があることを知りました。
霊的進化の段階によって得られる悟りの深さの違いや、この世に再生するメカニズムのお話は、衝撃的で興奮しました。
きっと誰もが知りたかったことだと思います。
楽に現状に留まらず、いつも問題を見つめて反省する生き方を、これからは選びたいと思いました。


【リンク】


福岡講演「悟りについて」のご紹介(内容の要約)
http://shanti-phula.blogspot.jp/2013/05/blog-post_7749.html


「悟りについて」の上映情報
https://shanti-phula.net/ja/events/?f=satori



「悟りについて」講演の音声は、MP3で配信しています

福岡講演「悟りについて」のご紹介


近々、幾つかの上映会で登場する福岡講演映像の
第3弾「悟りについて」(講演日:2002/4/7)をご紹介します。

講演MP3の宗教シリーズに含まれている内容ですが、
巷でよく使われている「悟り」という言葉について、
正しく理解するのにとても良い内容となっています。

今後の上映予定はこちらからどうぞ
→→ 「悟りについて」上映予定のページ(随時更新)


【概要】

今日は「悟りについて」の話をする。

この話をする目的は、“悟り”という言葉が非常に誤解されているという感じがするので、そこのところを正確に理解してもらうことが一つである。
たくさん精神世界の本が出ているが、甚だ感違いをしていたり間違っていると感じるものが非常に多い。だから、“悟り”ということをもう少し正確に理解しないといけないのではないかと思う。それで、そこのところを色々な角度から見ていく。


1 竹下氏が捉える悟りとは

まず最初に私(竹下氏)が言いたいのは、“悟り”自体は難しくないわけで、誰でも出来ることなのだということである。私が捉えている“悟り”の感覚を話す。

(テーマより一部抜粋)
・“悟り”は人生の中での通過点に過ぎない

2 悟りの深さ

“悟り”というのは、本当に誰でも出来る、どんな段階でも得られるということである。だから、この瞬間にでも悟ることが出来るわけである。ところが、“悟り”といっても悟りの深さが一人ひとり違う。

(テーマより一部抜粋)
・サハスラーラ・チャクラを開く一つの方法
・危機的状況でも平然としている人の境地

3 霊的な進化の段階

悟りを得る人は世の中にかなりいると思うが、その悟りの程度にかなりの差があるのではないかと思う。そのへんのことをハッキリさせないといけないので、二つの概念を持ち出さないといけない。それは“霊的な進化”と“悟り”で、この二つをハッキリと分けないといけない。まず“霊的な進化”について、進化の段階による色々な違いなどを説明する。

(テーマより一部抜粋)
・進化する生き方、進化しない生き方
・進化段階によるコントロール能力の違い

4 悟りの違い(1)仏陀の悟り

進化段階が高い人ほど、ものすごく大きな影響を後々まで与えるが、悟りというのはみんなが同じように悟れる。その“悟り”というのが、どのくらい違うのかということを具体的な形で知ってもらいたいと思い、数冊の本を用意した。
名著である「仏教」と「ババジと18人のシッダ」と、もう1冊の著書名は伏せるが、悟りを得た立派な方が書いた本である。これらを元に比較して見てみる。まず、著書名を伏せた本の著者と、仏陀の悟りの違いを話していく。

(テーマより一部抜粋)
・お釈迦様の悟りを仏典から推測する
・仏陀がこの世界に生まれてきた理由

5 悟りの違い(2)ババジの悟り

お釈迦様の悟りはおそらくこうであろうという推測を話したが、今度は「ババジと18人のシッダ」という本を参考に、マハー・アヴァター・ババジの悟りについて話していく。

(テーマより一部抜粋)
・ババジの生い立ちと自己実現への道について
・情報の信頼性と進化段階の関係性

6 光の集団と闇の集団

仏教の経典の中に、仏陀が菩提樹の下で瞑想して悟りを得る直前に、瞑想の中でマーラー(悪魔)を呼び出して戦うシーンがある。これは本当にそういう悪魔、すなわちマーラーとその軍団は霊的な存在として、個人として存在している。その悪魔とはどのような集団で、どこに住んでいるのか?そして、この世界にどのような影響を及ぼしているのか?また、悪魔と対立する光の集団についても説明をする。

(テーマより一部抜粋)
・世界を支配する光と闇の集団とトップ
・なぜ、この世界は闇に支配されてきたのか?


↓講演の音声は、MP3で配信しています↓

慈悲喜”捨”の極意!ホーホー鳥の境地(映像配信 夫婦56より)


映像配信の「夫婦」哲学シリーズの56回目「荘子:万物斉同」から
映像を取り出してまいりました。

慈悲喜捨の教えの「捨」の実践に苦悩されている方が多いようです。
(私もです!)
ぜひともご覧下さい♪



映像配信〈この部分だけでも見てみまショー♪〉 宗教学初級 第193回 プラトンの哲学(知覚論)より

みなさま、こんにちは。代表の白井です。
いつも映像配信をご観いただきまして、ありがとうございます。

現在、宗教学講座ではプラトンの哲学について解説されています。
「イデア」「分有」「性質」「知覚」「Φ」など、哲学用語がどんどん出てきますし、
スライドに登場する解説文も難しめです。

その一方で、随所に挟まれる具体例を交えた先生の話はとても分かりやすく面白い!
前の回からずっと映像を観ているわけではなく、また用語や前提を理解していない方でも
面白い!!と思ってもらえるものだと思います。

これらの話を切り取って集めるだけでも、1本の講話集ができてしまうと思います。

タイトルや内容紹介から「難しそう・・・」と思われて、
観てもらえないのはとても勿体無い!!という思いが
講義を聞くたびに増して来ました。

そこで・・・
» 続きはこちらから

おすすめ映像:せれなさんシリーズ


映像配信の過去の映像の特集です!
今回は、家族の絆〜夫婦シリーズの「天界の夫婦関係」より
「光の海から」のせれなさんが登場する3回シリーズです。

映像をご覧になった方から、感動した、日々の中に活かしたいという
声をたくさんいただきました。

〜 映像をご覧になった方からの感想 〜

ほっと嬉しくなるようなお話でした。この配信に同意してくださったせれなさん、ありがとうございます。


素晴らしいお話でした。
せれなさんご夫婦の会話や先生ご夫婦の実例を語ってくださって、本当に感動しました。
今まで、「夫婦」の講座を聴いても自分の中でピンとこない部分があったんですが、何故だか今回は号泣してしまいました。


せれなさんを見習って精進しようと思います。
とても具体的なお話で身近に感ずることができました。
ありがとうございます。


分かりやすくて、いいお話でした。
特に、「家族」についてのところは感動して泣いてしまいました。
長続きするか自信がありませんが、私もせれなさんを見習って、日々暮らしていきたいと思いました。


せれなさんのバクティのレベルの高さに驚かされました。


せれなさんのことばの、最後の部分がすばらしかった。
「神への愛に生きる」バクティの真髄を教えていただき感謝します。
せれなさんの愛の波動が飛び火したのでしょう。
私も同じような姿勢で人生をおくりたい・・・そうすればいつか本物の愛に出会える・・・と実感しました。


今回、こちらの3回シリーズの目次を用意いたしました。
ぜひとも多くの方に、ご覧いただきたいと思います。




家族の絆 〜夫婦(35):せれな(天之御影命)〜
https://shanti-phula.net/ja/video/blog/?p=2826

せれなさんという女性が色々なヴィジョンを見ていて、この講座の中でそれを引用させてもらっている。今回から、2~3回に分けて彼女の話をしたいと思う。私(竹下氏)だけが特別な存在という訳ではなくて、誰にでも起こりうる可能性のある話として、せれなさんが具体的な例としてとても分かりやすいので紹介する。

※天之御影命様とせれなさんのイラストはこちら:
 天之御影命様 | せれな様

1.起こりうる可能性 (00:00:00)

私(竹下氏)とせれなさんが特別なのではなく、みなさんが理解をしていないだけで、かなり多くの人に既にいろんな事が起こっている。

2.ヴィジョンに現れた男神様 (00:02:16)

2008年10月10日に3柱の男神をせれなさんは見て、1柱の男神だけ克明に意識に記憶していて描いていた。私(竹下氏)は、この男神はせれなさんにとって大事な人で、イシュタ・デヴァター(守護神)であるとブログの中で書いた。しかし、実は彼女の夫だったということに気付いた。

3.表面の意識と深い意識 (00:16:46)

大切なことは、心清らかに生きているかどうかということである。ただ瞑想する人は、深い部分の情報を意識のレベルに浮き上がらせることが出来る可能性がある。だから表面の意識で生きているレベルでは、本当に何も知らないということがたくさんある。

4.天之御影命様について (00:21:48)

せれなさんの旦那様の天之御影命様は、鍛冶の神として知られている。実は、彼は天界の学校の芸術分野の卒業生で、芸術的才能は大学を卒業している。現在は音楽を専攻しており、この分野では高校生になる。

5.アーティストの喜び (00:45:10)

私(竹下氏)がたぶん天界の学校でも同じ事を言っていると思うが、踊りを踊るとか絵を描くとか音楽を作るとか、基本になるのは、歌を歌う人は歌が好きだということである。ダンサーは踊りが好きで、踊りを愛するようになるのである。

» 映像と内容の紹介はこちらから


» 続きはこちらから
1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18