映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 初級コース 第12回 自己と世界(2)

29 votes, average: 4.93 out of 529 votes, average: 4.93 out of 529 votes, average: 4.93 out of 529 votes, average: 4.93 out of 529 votes, average: 4.93 out of 5 (29 人の評価・計 143 点)
前回は「自己と世界―インド哲学の視点より」宮元啓一(ホームページ)をテキストとして、自己と世界に関する議論を見た。つまり西田幾多郎の哲学(唯識説)では意識を唯一実在としたため、自己が非実在になってしまった。では、通常我々が「私」と言っている自己をどう考えれば良いのかという結論の部分を今回は見ていく。

宗教学講座 初級コース 第11回 自己と世界(1)

29 votes, average: 4.93 out of 529 votes, average: 4.93 out of 529 votes, average: 4.93 out of 529 votes, average: 4.93 out of 529 votes, average: 4.93 out of 5 (29 人の評価・計 143 点)
これまでインド哲学から特にウパニシャッドの哲学的世界、そしてアートマン、解脱を中心に話してきたが、近く仏教について話す予定である。そこで、仏教が説く無我の論点を理解し、アートマンの存在を認めない仏陀(ゴータマ・シッダールタ)の真意を汲み取るための準備として、今回と次回の二回の講義で自己・アートマンについての理解を深める。