映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

家族の絆 〜夫婦(33):天界(ギタンジャリ)〜

60 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 5 (60 人の評価・計 299 点)
今回、ラビンドラナート・タゴールの『ギタンジャリ』という詩集の中の一つの詩を取り上げる。この詩の意味を解説することが、私(竹下氏)がずっと説明しようとしていることの理解に繋がってくるのではないかと思う。前回から、私が”ガールフレンド”と言っている女性達のことについて少し話をしているが、ある方から”ガールフレンド”という言葉について、英語が母国語の人達にとっては性的なイメージが付きまとう言語なので避けるべきである、というアドバイスを頂いた。しかし、私の中で”ガールフレンド”という言葉以上に今の日本語の中ではいい言葉が見つからない。そういう感覚が私とタゴールは非常に似ていて、微妙な部分を分かって頂くために詩は非常にいいものである。

宗教学講座 初級コース 第265回 神智学(UFOの謎)

60 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 5 (60 人の評価・計 299 点)
今回は、ナチスのUFO関連の話の本格的な真相の部分に入っていく。NSAの職員からの情報提供なしには知り得ない機密情報を含む本から、正しい部分を引用し検証を加え、さらに隠された真実の裏側にある真相を解説する。

家族の絆 〜夫婦(80):サーカーの思想:アトランティス文明 〜

60 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 5 (60 人の評価・計 299 点)
サーカーの思想を理解するために、紀元前1万5百年、或はそれ以上遡って古代史を見ていく時、アトランティス文明の存在を避けて通ることはできない。様々な説があり混乱しているが、プラトンの著述や数々の伝承、インターネット上の情報やエドガー・ケイシーがリーディングで見た様子などを取り上げ真実に迫る。

宗教学講座 初級コース 第184回 ヘルメス文書:ポイマンドレース(人間の創造)

60 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 5 (60 人の評価・計 299 点)
前回は、哲学的に非常に難しい部分を含む、宇宙が造られる様子を説明した。今回は人間が創造されるという所を見ていく。宇宙が創造され、植物、動物が創造される様を見てきて、そして今回、人間がどこで生まれてどういう風に地上存在に転落していったかという非常に印象的な部分に入るのだが、ここの部分があるからこそ、いかにして天上の世界に帰るかという救済についての世界観に繋がるのである。

宗教学講座 初級コース 第146回 旧約聖書(イルミナティ)

60 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 5 (60 人の評価・計 299 点)
前半は「悪魔に愛された女」に描かれるイルミナティの凄惨な儀式の実態。後半は前回「エノク」とも関係する2つのテーマを説明する。モルモン教の終末思想が現在の国際政治にどのように関係しているか。そして、現象世界の背後にある霊的な組織「二つのイルミナティ」について。

家族の絆 〜夫婦(72):エクソシスト(悪魔の習性)〜

60 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 5 (60 人の評価・計 299 点)
「エクソシストは語る」(ガブリエル・アモース著、エンデルレ書店)この本を紹介したいと思います。今日は「悪魔の習性」ということで、悪魔払いをどんな風にしているのか語ってくれていますので、それを見てみたいと思います。 (悪魔憑きは)憑依なので、現代の医学では手に負えないものなのです。実はものすごく悪霊達は臭いんです。ドブのような、便所のような、吐き気を催すぐらい臭いんです。それが取り付いたら耐え難い苦しみを与えるわけです。悪霊本人はといったら臭みが薄れるので楽なんです。だから取り憑く悪霊は自分が楽になるから取り憑いて、人間の体の中に入って合体するんです。一方、神とか天使が合体したらすごいことで、預言者という形になるんです。 ハリー・エドワードという本物の霊的治療家がいます。彼は悪霊を祓うこともできたと思います。彼の背後にキリスト教系の天使たちがついていますので、祓えたと思うのです。

宗教学講座 初級コース 第262回 神智学(ナチスと秘密結社)

60 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 5 (60 人の評価・計 299 点)
前回はヒトラーの生い立ちまで遡り、ナチスの思想がどういう所からきたのか、大まかな流れを見ていった。その中で、トゥーレ協会というのが非常に重要であることがわかった。トゥーレ協会とはどんな存在で、ナチスとどう絡んでいったのか。現象世界、霊的世界の両方から緻密に検証し、真実の歴史を読み解く。

宗教学講座 初級コース 第269回 神智学(地球外惑星への入植)

60 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 5 (60 人の評価・計 299 点)
前回は、コーリー・グッド氏の情報を基にナチスを別の視点から捉えた。今回も引き続き、ナチス以降、現在に繋がる部分を見ていく。地球外惑星を舞台に、実際に何が行なわれ、隠されてきたのか。関連するネット上の画像や映像、記事も丹念に掘り起こし、俄には信じ難い情報を精査して真実を明らかにする。

家族の絆 〜夫婦(45):パスカル、キルケゴール〜

60 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 5 (60 人の評価・計 299 点)
これからしばらく、サーンキヤ哲学を基にした意識の展開図を用いて、いろいろな哲学や宗教、価値観を分類し解説していく。今回は潜在意識、無意識レベルのことを説明している哲学者として、パスカルとキルケゴールの思想を紹介する。

ホツマの神々 天界の改革の全体像(2)[前半]

60 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 560 votes, average: 4.98 out of 5 (60 人の評価・計 299 点)
前回は、天津彦根命が中心となり、武甕槌神を軍神として天界のクーデターを画策していたホツマの神々に対する裁きを見てきた。今回はその続きとして、彼らと協力関係にあったハイアラーキーたちやヴェーダの神々、また改革のために降りてきた上のシステムの神への裁きも含め、事件が次々と起こり大混乱に陥った天界の改革の様子をせれなさんのヴィジョンに添って解説する。実際に何があったのかという本質的なことは、私(竹下氏)と妻だけしか知らない事実であり、これまで一度も話さなかったことばかりである。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 61