東洋医学セミナー 雑談集 第9回 気とエネルギーの科学

【試聴映像の内容】
  • 1.気の感覚が分かる能力と論理性
  • 2.アートで分かる気の感覚
  • 3.論理性がない人の陥りやすい過ち
  • 4.感覚だけに終ってしまわないために…

【本編の映像時間】

54分[500円+税]
【概要&目次】
今回は、一般的に目には見えないが、その存在を否定することの出来ない気と心に関する雑談を集めた。欲望や感情に翻弄されてしまうメカニズムを発現する段階から捉え、私(竹下氏)が実際に霊的体験から得た知識と共に解説する。
1.目で見ることの出来る気の世界 (00:00:00)
  • 気とは一体何なのか。西洋で気のエネルギーを科学的に解明しようとした先駆けであるカール・フォン・ライヘンバッハの著作から、完全な暗闇の中で行われた研究の驚くべき結果を紹介する。
2.気と芸術の関係 (00:09:08)
  • アージュナーチャートが出している気の性質と特徴から、飾る際の注意事項を説明する。どんな作品も作者の気が出ているが、その気を正しく見極めることの大切さとポイントを解説する。
3.欲望と感情のメカニズム 〜感情のコントロール方法とは〜 (00:31:01)
  • 思考や欲望はどのように起こり、どのように発現していくのか。また、感情のコントロールはどのようになされるのか。その過程を、私(竹下氏)自身の体験から解き明かしていく。また、不要な想念の簡単な捨て方についても解説する。
4.性エネルギーが余るとどうなるか (00:41:59)
  • 性エネルギーが使われないで余った場合はどうなるのだろうか。宗教において、性エネルギーを保持させるのにはどういう意味があるのか。過去の暗い歴史上の事件が、余剰な性エネルギーが原因であった事にも触れる。
5.霊的視点からの性欲の行方 (00:47:04)
  • 性欲はいかに発現し、どういう状態で欲望として実現していくのか。科学者は肉体のメカニズムだけを捉え解明しようとするが、見えない部分では何が起こっているのか。私(竹下氏)が実際に霊的体験によって知り得た、性欲の発現とその流れを説明する。
終わり(00:54:45)

【参考文献】
【キーワード】
お釈迦様の教え、アスタルテ、アストラルの世界、アナーハタ、イシュタル、エーテルの世界、オルゴンエネルギー、カトリック、グレゴリオ聖歌、サットバ、サハスラーラチャクラ、ストーカー、スワディシュターナチャクラ、セザンヌ、タマス、チャクラ、チャクラの浄化、バクティヨーガ、バッハ、バビロニア、パルス、ヒーラー、ヒーリング、ビジョン、ビートルズ、ビーナス、ピカソ、ピュアな心、フランク・ステラ、ブリヂストン美術館、プラトン、プロテスタント、ヘビーメタル、ベートーベン、ホルモン、ポップミュージック、ムドラー、モネ、モーツアルト、ヨーガの修行、ラジャス、ラップ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ロック、主祭神、事件、井穴、体内神、修道僧、印象派、司祭、地獄、壮大な霊的な世界、大原美術館、天国、太陽の軌道、女性関係、女神、妊娠、宝石、幽体離脱、弾圧、性欲、悪魔、愛人、我慢、敏感者、断食、月の軌道、横山大観、殺人、波動の美しさ、浄性の気、犯罪、獲物、現代アート、異端、病気、相克、相生、睡眠欲、神父、禁欲、福岡で展覧会、美と生殖の女神、覚醒、邪悪、鋭敏な気づき、霊感体質、食欲、高次の身体、2種、3種

Share.

About Author

7件のコメント

  1. 参考になった(6)

    幽体離脱するためのヒントのようなものを得ることができました。
    ついついそういう状態のときは、力みがちな私でした。
    その当時、肉体や物質次元にこだわり過ぎるてたから、つい力んでしまったんだろうとか、思い当たる節を感じました。
    感情をコントロールする方法のお話からも、ピンと来るものを感じました。
    毎回、ハズレ無しの興味深い講義に、満足しています。

  2. 参考になった(3)

    先生の話の後半で、「性欲のはじまり」に出現したある人。チャンスととらえて・・・。

    先生の鋭い感覚と、探求心に、いつもながら驚きました。

    欲望が出現するそのはじまりをしり納得しました。
    深い瞑想とともに自分をしることができるようになりたいです。
    ありがとうございました。

  3. 参考になった(1)

    相手が何かをしたから腹が立つのではなく、相手の行為に対して自分が何を考えたかで腹が立つとのこと。私は普通の人なら腹を立てるであろう事態に直面しても平静を保てますが、その時は特に何も考えていません。

  4. 参考になった(3)

    感情のコントロールに悪戦苦闘しています。
    ですので、その方法を聞けただけで見る価値があったと思いました。
    夫婦愛のために、マスターできるように頑張ります。
    どうもありがとうございました。

  5. 参考になった(2)

    性欲発現のメカニズムのお話、すごかったです!!
    「体は聖なる神殿」という表現をすることがありますが、
    文字通りの意味だったんですね~!
    私の中にも神々が~と思うと、体を見る目が変わりそうです。

  6. 参考になった(1)

    世界三大霊訓のシルバーバーチが、バラの本当の色は、光り輝いてて、息を呑むほどの美しさだと、そんなようなことを言っていたので、暗闇で花が光を放つというのも、何となくわかる気がしました。2時間なら、私もそういう実験に参加してみたいなぁ~・・・って思いました。

    悪いところの背骨が光って見えると仰ってましたが、やはり、竹下先生にはそういう光が見えていたのですね。やはりそうでしたか。すごいですね。

    竹下先生の奥様や息子さんは東洋医学セミナーを受講されたのですか? なんと仰ってますか?

    チャクラを通じて、気が出てくるというお話等、とても興味を持ちました。

    神秘的で、とても魅力的なお話ばかりを編集してくださり、本当にありがとうございました。今後の配信も楽しみにしております。

    ————————————-
    Michiyo様
    いつもコメントをありがとうございます。
    申し訳ありませんが、異なる情報の個人名が書かれていましたので、個人名は削除させていただきました。
    今後ともよろしくお願いいたします。(シャンティ・フーラ)

  7. 参考になった(2)
    めいこちゃん on

    ラストのあたりのお話、ええっ〜!と、びっくりしました。
    チャクラから主祭神 ? の女神さまの方が出てこられて、性欲って女神さまが発動していたなんて、やはり神聖なものなのかもしれないと思いました。
    身体?は、マクロでありミクロもまた有りなのだなぁ〜心身共に宇宙、神みたいな感じがいたしました。
    美術のお話ですが、
    ピカソもそうですが、セザンヌなどはとても皮肉屋で人間嫌いだったようです。が、絵を描いている意識は神々しかったのだと、セザンヌの絵のまえに立つと理解できます。