シャンティ・フーラのブログ

アーカイブ: こじかの日誌

[スタッフ日誌]第234回
パシュミナ・ストール、使ってみました!

staff_kojika1

久しぶりのスタッフ日誌ブログです!
こんにちは、スタッフのこじかです。

年末年始、パシュミナ・ストールをはじめて使いました!
気になっている方もおられるかもしれないので、使い心地をレポートします!

幸せを感じる着け心地!

はじめて巻いたときは、大きな感動でした!

日本列島に寒波が来ていた日、コートの上から首にぐるぐるとパシュミナ・ストールを巻いてみました。

すると、 パシュミナがあまりにも軽くて、暖かくて、柔らかく気持ちよくて……なんだか幸せな気持ちになりました!

「王族や貴族がパシュミナの虜だった」と言われる理由が、実際につけて初めてわかりました!

真冬の屋外で!

お正月休みの間、島根県の足立美術館へ行って参りました。

足立美術館の庭園は、15年連続 日本一に選ばれているそうです!
綺麗に手入れされたお庭は圧巻でした!

外で庭園を見る時間は寒いだろうと厚めのコートを用意していたのですが、それは使わず、パシュミナ・ストールだけを羽織って美術館の中を周りました!

夕方近くでしたが、屋外でも寒くないっ!

日本海側で冬は極寒(←広島県人から見て)の島根県に、寒がりの私がコートなしでいることに信じられなかったです。

なお、この日は少し暖かい日で、道路脇にある温度計は低いところで0度、高いところで10度でした。

コートのようにモコモコしないので、身軽に動けて快適でした!

パシュミナは肩にかけても重さを感じないので、まるで暖かい空気をまとっているような面白い感覚です!

想像を超えたパシュミナ・ストール!!

パシュミナ・ストールは、想像以上に素晴らしいつけ心地でした!

軽い!暖かい!そして、なにより付けていて心地よい!!

パシュミナ山羊さん、貴重な冬毛で、暖かさを分けてくれてありがとう!
インドの作り手さん、時間をかけて丁寧に作ってくださってありがとう!
という気持ちになります!

Author:_paVan_ [CC BY]

外出時は首や肩に巻いて、移動の車の中ではひざ掛けとして使うのもよさそうです!

コート類はどうしても流行りがありますが、流行に関係のないパシュミナ・ストールは一生ものとして使えるのもいいところ!

実際に使ってみて、高価な商品ですが、安心して、自信を持って、お客様にオススメできると実感しています。

● パシュミナ・ストール詳細はこちらです ↓↓

[スタッフ日誌]第206回 プラズマ界の学校の授業は?
「余計な力を抜いた仕事、カルマ・ヨーガ」

staff_kojika1

前回からの続きです。

(2)余計な力を抜いた仕事とカルマ・ヨーガ

仕事に取り組むときのポイントは……?!

◆竹下氏の話のまとめ

画像の出典 :pixabay[CC0]

  • 絶対にやってはいけない働き方が、お金のために働くこと。
  • やっつけ仕事は嫌いになるのでやってはいけない。
  • 余計な力を入れてやった仕事は、苦しみになるので嫌いになる。

余計な力を抜くための方法は?

◆竹下氏の話のまとめ

画像の出典 : pixabay[CC0]

太極拳方式の方法は?

◆竹下氏の話のまとめ

画像の出典 : pixabay[CC0]

  • できるだけ力を抜いて、ゆっくりと体を動かすこと。
  • 竹下氏の場合は、大学時代に喫茶店に行き、必ず知覚し、意識が途切れないようにコーヒーを飲んでいた。
  • コーヒーを飲むときに、手をあげる→カップに手をかける→飲む→カップを置く→手を離す→手を下ろす、の一連の動作を全方位的に知覚していた。
  • 試してみると、これまで無知覚に飲んでいたことがわかるだろう。
    このようなことをしたことがないと、最初は咳き込むだろうけど、少しずつ全方位的に感じられるようになっていく。
  • 太極拳、茶道、ヨーガ、礼拝の儀式、など作法があるようなものは、知覚的にやるようにできている。
    これは”意識化する訓練”を行なっているのである。
  • 日本の禅寺で食事を音を立てないように食べる、という修行があるが、例えばたくあんを食べる時、よっぽど意識しなければ、音を立てずに食べられるはずがない。
  • 「水を飲む」「食器を洗う」「文字を書く」「キーボードを打つ」「赤ちゃんを抱っこする」などなんでもよい。1つだけ決めて、これだけはかかさずに行うとよい。
  • このような仕事は、神様に祈りを捧げているのと同じ。これはすごい喜びであり、これがカルマ・ヨーガである。

これを実践し続けると?

◆竹下氏の話のまとめ

エフゲニア・メドベージェワ選手
画像の出典 : WikimediaCommon Author David W. Carmichael [CC BY-SA]

  • これを極めたら、”貴婦人の動き”になり、日常生活での動きも変わってくる。
  • 例えば、1度だけマナー教室へ行き、箸の持ち上げ方などを教えてもらう。それを自宅に戻ってから、ゆっくりと知覚的に、それを何度も繰り返し行うと、一回教えてもらっただけでも身についていく。
  • フィギュアスケートのメドベージェワ選手のスケーティングはとても美しい。徹底的に訓練された、一朝一夕ではできない名人芸の動き。彼女の動きが”貴婦人の動き”である。
    2018のオリンピックでは怪我の影響があったが、芸術点で言えば彼女がトップだった。

◆ こじかの感想

そこからかいっ!という感じですが、まず ”知覚”を調べてみました!

『一般的には,感覚器官を通して,現存する外界の事物や事象,あるいはそれらの変化を把握すること。広くは,自分の身体の状態を感知することをも含める。』(引用:コトバンク

これまで、知覚した経験がない……。

さっそく知覚しながらお水を飲んでみました!

画像の出典 : pixabay[CC0]

最初は「ゆっくり動く」「意識を途切れないように」「手を置くところまで意識する!」と頭で考えながらやっていて、ぎこちない動きしかできませんでした。時間もかかるし、”全方位的”ってどうすればいいのかわかりません!
竹下氏が言っていたように、一朝一夕ではできるものではないと思いました。

でも、数回目にほんの一瞬だけど、静寂な時がありました。自然とつがなったような、なにかと一体感を感じる時間でした。

もし、全方位的に知覚ができることができるようになったら、宇宙と一体であることを感じ続けられるのかもしれません。

この方法がよいのは、自分のペースで、どこでも、どんな環境でも取り組めるところ!!家事でも、仕事でも、学生さんなら勉強でも、そしてコーヒーを飲むのでもいいわけです。

私はまず短い時間で集中できそうな、お水を飲むところからやってみようと思います!!皆さんも実践してみて、体験があればお寄せください!!

◆ このような講話をもっと学びたい方へ

  • 特にオススメは、東洋医学セミナー です。
    初級コース 第9回の付録「禁戒・勧戒とチャクラの浄化」は必見の内容です!!
  • 映像配信では、福岡講演録が参考になります!
    家族、人間関係、仕事、生き方といった普段の生活に関わる内容が多いので、実践しやすく、わかりやすいです。「カルマ・ヨーガ」の講話もあります!
  • 自分のヤマ・二ヤマの徳目を客観的に知りたい方は、映像配信教育プログラムをぜひご覧ください。

[スタッフ日誌]第205回
プラズマ界の学校の授業は?「お金とヤマ・二ヤマ」

staff_kojika1

2月28日の時事ブログで、『プラズマ界にある学校が、“4.0次元の場所に存在”している』とありました。

『プラズマ界でも、宇宙や地球と同じ様に、“ヤマ・ニヤマの法則”が定められており、それに加えて16項目の徳目など天界と同じ教育システムを通して、技能や知識だけではなく、徳と人格の育成、野心や感情などのコントロール、愛を高め拡げる事を基礎とした一貫教育が行われています。』

中西征子さんの天界通信38
~ハルカナウチュウノヒカリノミコト様(プラズマ体)から
読者の方の質問への回答~
(2018年2月28日)

ちょうどこの日は、竹下氏も同席したミーティングでした。
このとき、お金、働き方、生き方、ヨーガ…と様々な話に展開していきました。まるで講義ですっ!

話の途中、竹下氏から
「実は、プラズマ界の学校で教えられていることは、このような話ですよ」と聞き
ました。

これは大変!!スタッフだけが聞いておくのでは、もったいない!!
急遽、この情報を各スタッフがまとめ、ブログでレポートすることにしました。

ICレコーダーで記録を取って文字起こしができれば、精度の高い情報をお伝えできたのですが、今回はスタッフがそれぞれにメモを取り、それを元に情報を書き出しております。そのため、各スタッフの解釈が含まれることをご了承ください。
(ブログ掲載前に竹下氏に大きな間違いがないかは確認しております。)

同じ話を聞いていても、スタッフ3人がそれぞれ重要だと感じたことや心の響いたものは、異なると思われます!

まずは、こじかから!

(1)お金とヤマ・二ヤマ

お金とヤマ・二ヤマ

◆竹下氏の話のまとめ

画像の出典 : pixabay[CC0]

  • 大金を手にしたら、そのお金をどのように使うか、責任が伴う。これは、宇宙の責務である。自分のために使うのか。社会・他者のために使うのか。
  • あぶく銭はもらってはいけない。周囲の人の妬みや恨みでひどい人生になる。
  • 宇宙のヤマ・二ヤマの法則を会得したら、自然に収入は安定し必ず豊かになる。これは崩れることがないもの。
  • 逆に、株式市場などで不当なお金を得ると、山と谷が激しいジェットコースターのような人生になってしまう。

宇宙のヤマ・二ヤマの法則

◆竹下氏の話のまとめ

画像の出典 :pixabay[CC0]

  • 現在は、宇宙のヤマ・二ヤマの法則が正しく理解されていない。
    これまで、宇宙、そして母なる地球が人間を育ててきたが、生き残るのはわずか。
  • 例えて言えば、植物のタネをたくさん蒔いても、芽を出し、花をつけ、子孫を残すのがわずかなのと同じ。
    人間は、そのくらい間違った世界観が根付いている。
  • 動物や自然は、波動が落ちていないものが多く、地球と波動が一致している。現在の「富士の樹海」は非常に綺麗になった。
    人間だけがおかしい。

◆ こじかの感想

ヤマ・二ヤマに沿った生き方は、幸福へ繋がる道だと知っています。
東洋医学セミナー映像配信で学びました。

でもなかなか変わることができない徳目があります。

『宇宙・母なる地球が人間を育ててきた』という言葉がありましたが、 自分の成長を見守ってくれている大いなる存在がいてくださること。
そして、地球の高い波動と同調して生きる素晴らしさを想像すると、大きな励みになりました。諦めずに一歩一歩 進みたいです。

”プラズマ界の学校” は素敵なところだと思いますが、人間の私は東洋医学セミナー映像配信で学んでいる、これこそが自分に必要な学びじゃないか!と気づきました。

これだけの情報を得ているのだから、それを無駄にすることなく生きなければ!とカツを入れた次第です。

実践あるのみ!!

次回は、 仕事の仕方、カルマ・ヨーガ、貴婦人の動きとは?をお届けします!

[スタッフ日誌]第201回
東洋医学セミナー 中級コースのテキストを見直しました!

staff_kojika1

寒い日が続いていますね。久しぶりのスタッフ日誌です!

少し体調不良が続いたとき、頻繁に口にする食品が自分の体質にあっているかを、東洋医学セミナー中級コースのテキストで確認してみました。

久しぶりに開いた中級のテキストは、宝の山のように感じました!

冷え性の私は体を冷やす食品に気をつけたいのですが、大好きなパスタや焼き菓子などに使われている小麦は体を冷やす食品でした。
この冬、たくさん食べていたみかんは体を温める!よかった!

また、夫が気に入っているスパイスカレーの味を決める香辛料が、夫の体質(ドーシャ)に合わないものだとも気づきました。

食品のこと以外でも貴重な情報が載っています!

病気の起こる過程として、ドーシャの乱れやアーマ(未消化物)の蓄積などと習っていました。しかし、これを生活の中で活かすことが出来ていませんでした。

浄化療法として紹介されている、白湯を飲み、食べ過ぎを控え、アグニ(消化・代謝の働き)を高める食事を意識していきたいと思います。

[竹下氏より情報]少量ずつをよく噛むのが大切、とのことです!

さらに、サブ・ドーシャを活性化するムドラー(印)の情報や写真を再確認しました。不調なときにどこでも実践しやすいので試していきたいと思います。

サブドーシャ……アーユルヴェーダのドーシャ(太陽と月のヴァータ、ピッタ、カファ)のそれぞれが5つに分けられて、様々な機能を司っている。

アーユルヴェーダをはじめ、食品、パワーストーン、音楽、ヒーリング、そしてガヤトリー・マントラと情報満載の中級コース!

もっともっと生活に活かした方がいい!と改めて感じました。

中級コースの目次 (クリックで拡大します)

中級コースを受講済みの方は、お時間のあるときにテキストだけでも見直してみると、私のように新たな発見があるかもしれません!

◆ご案内

3年前「東洋医学セミナー 中級のススメ」ブログを書いていたのですが、覚えておられますか?ご存知ない方もおられると思います。

このたび、このブログを書いていた本人も周りのスタッフも内容をすっかり忘れているという衝撃の事実が判明!
スタッフ陣の眠っていた記憶を呼び起こし、さらにお客様にも東洋医学セミナーの素晴らしさを伝えるべく、ブログを再掲載することにしました。

過去に読んでくださった方も、すでに受講済みの方も、再読してくださると嬉しいです!

「東洋医学セミナー 中級のススメ」記事はこちらから!

[スタッフ日誌]第95回 九州へ行ってきました!

staff_kojika1

桜の満開を過ぎた4月のある日、九州へ行って参りました!

目的は、九州でのイベント開催の準備・打ち合わせと、農園見学です!

134-07

1.別府でのイベント 講演会

シャンティ・フーラが信頼するふたりのドクターに講演会を依頼するのため大分県別府市へ向かいました。

別府湾と別府市

別府湾と別府市を一望

ドクターのおひとりは、そう!ねじれの医学のぴょんぴょん先生

もうおひとりは、竹下氏の講演を初期から聴かれている
たそがれ金ちゃん先生です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

湯布院の、それはそれは素敵なお店でディナーを楽しみながら、ふたりのドクターのこれまでの経験を聞き、公演会に向けてのお話しを伺いました。

患者さんのことを想った、温かい医師の言葉に聞き入りました。

7月のイベントでは、素晴しい医師東洋医学セミナーを受講済み!)の貴重な講演会になりそうです!!

134-07

2.大分でのイベント 宿泊・講演会会場探し

大分の公演会+宿泊会場探しでは、ぴょんぴょん先生のご友人が大変な協力をしてくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

別府のいずれかの温泉へ毎日(!)行くというご友人が「お料理と外湯がなかなかいいのよ!」と1番に案内してくださったのが「さわやかハートピア明礬」でした。

車中から眺めていた他のホテルに比べて、ここは圧倒的に環境がよかったです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もっとも印象的だったのは、外湯です!木々の間を抜けていくと、別府らしいお風呂場がありました。中を見せていただくと、質の良さそうな乳白色の温泉!

その後、社内で検討し、このホテルで決まりました!

3.素晴しい農家さんへ、農園見学!

2日目は佐賀へ移動して、農家さんを訪ねました。

竹下家が野菜を取り寄せている自然農の農家さん。そして、いつもお世話になっているしもやま農産さんです!

この2つの農家さんと知り合いの協力者様が、充実の1日をコーディネートしてくださいました!

134-07

まずは、自然農の農家さんから!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さすが自然農……草がいっぱい!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

菜の花が咲き乱れ、美しかったです!

分かりやすく、興味深いお話しを、2時間半ほど伺いました!

134-07

その後、その農家さんに連れられて、しもやま農産さんへお邪魔しました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山に入って車を飛ばすこと10分。山深~いところに、
しもやま農産さんの茶畑がありました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホトトギスが鳴く茶畑。美しかったです!

5月には、農園取材のレポート記事を公開する予定です。

134-07

九州は、人が温かく、自然が豊かで、質の高い温泉があり、食事がおいしい 「よかところ」でした!

7月、九州の地で 皆さまにお会いできれば幸いです。

1 2 3 4