映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

家族の絆 〜夫婦(121):戦後日本を支配した6人〜

30 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 5 (30 人の評価・計 147 点)
前回に引き続き「円の支配者」から重要な所をとりだして説明する。全体像を俯瞰して、戦後の日本においてどのようなことが起こってきたのか、そしてこれから何が起ころうとしているかの予測を含めて説明する。未来を予測するためには、アメリカの言いなりに動く少数の日銀エリート達によって、日本経済が支配されてきた歴史を知る必要がある。

家族の絆 〜夫婦(122):前川レポート〜

30 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 5 (30 人の評価・計 147 点)
前回、ヴェルナー氏の「円の支配者」をもとに、日銀が日本経済の中心にいてバブルを創り出し崩壊させたこと、日銀がアメリカの利益になるように動いているということを話した。そして最後に「なぜ日銀プリンスたちはバブルを創り崩壊させたか、なぜ日本をデフレから脱却させないのだろうか?」かという疑問が呈された。それに対する解答が今日の講義の内容となる。

家族の絆 〜夫婦(123):アジア危機の真の原因〜

30 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 5 (30 人の評価・計 147 点)
経済の講義はあと2回で終わり。今回はアジア通貨危機をリチャード・ヴェルナー氏の本を通じて正しく理解する。 当初の講義で「スティグリッツ教授は経済の本質をついているが“根本”を捕らえていない」と言ったところの根本を ヴェルナー氏が「円の支配者」で見事に解説をしてくれている。これが正しく理解できると、社会の現状と将来が予測でき、正しい行動を取ることができる。

家族の絆 〜夫婦(124):セントラル・バンカーの野望〜

30 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 530 votes, average: 4.90 out of 5 (30 人の評価・計 147 点)
今回で経済の講義は最後となる。ヴェルナー氏のように、事の本質を摑まえている人は将来が予測できる。危機が起こった時にパニックになると正常な判断が出来ないが、予測ができていれば冷静に対処でき、あるいは備えておくことができる。 この世界を支配しているのは銀行家なので、彼らがどうやって支配を拡大しようとしているかを考えれば対処がしやすい。今回は経済から見た未来を説明する。
1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13