宗教学講座 初級コース 第182回 ヘルメス文書:ポイマンドレース(光と闇の二原理)

試聴映像

  • 1. テーマ:ヘルメス文書の具体的な内容(世界観)
  • 2. 幻視体験でのヘルメスと求道者との対話
  • 3. ポイマンドレースとミトラ教の世界観①
  • 4. ポイマンドレースとミトラ教の世界観②
  • 5. 正しい解説をさらにリアルに…

映像を観る

時間
77分
価格
文字起こし

概要

前回からヘルメス文書のポイマンドレースについて話をしていて、これから何回か講義をしていく。今回は前回に引き続き、「グノーシスと古代宇宙論」という本から具体的な内容に入っていく。

目次

1.導入 (00:00:00)

前回、そして今回使う「グノーシスと古代宇宙論」という本のヘルメス文書の訳と同じものが、ブログ「「ヘルメス文書」古代知恵と「賢者の石」の秘儀!」にあり、ポイマンドレースの全文を読むことができる。予習として先に読んでおくと理解がしやすいと思う。

2.ポイマンドレースとは (00:03:03)

ポイマンドレースは、導師と求道者との対話という形式で書かれてある。その導師がポイマンドレースということなのだが、ポイマンドレースとは太陽神の知識という意味を持つ。この太陽神が何かというところが1つのポイントである。

3.ポイマンドレースの特徴(1)幻視体験 (00:04:41)

ポイマンドレースは、まず幻視体験が描かれており、そこから話が始まっている。幻視体験とは具体的にはどういうものか、中世のドイツの神秘家ヒルデガルト・フォン・ビンゲンを例にとって見てみる。

4.ポイマンドレースの特徴(2)光と闇の二原理 (00:11:32)

ポイマンドレースでは始めから、相対する光と闇を描いている。光から闇が生まれるのではなく、同時存在である。以前講義したグノーシスの教義、そして成り立ちを時代的に考えてミトラ神話、また神智学との比較をしながら理解に繋げる。また、ポイントであるウロボロスというものの存在の位置を、古代の宇宙構造図、オフィス派の宇宙図を使って見てみると基本的な宇宙の構造が一致していることがわかる。

5.ポイマンドレースの特徴(3)世界の形成 (00:36:26)

ロゴスとフュシスの交接から、つまり光と闇との結婚によって、子供が生まれるように宇宙を創る4つの元素が生まれる。これは原初のミトラ教と全く同じである。

6.総括:具体的にリアルな解説を試みる (00:48:18)

『グノーシスと古代宇宙論』の柴田氏の解説によって読み解いてきた事がどういうことなのかを、もっと具体的にリアルにきちんと説明していくと、当時の世界の最高の叡智が考えた宇宙哲学が簡単に理解できる。そうすると、非常に難解で抽象的に書かれている『シークレットドクトリン』を容易く読み解くことができ、その原点の部分の単純さに気づくことができる。

終わり(01:17:06)

※詳しい目次は、映像を購入してログインすると見ることができます。

参考文献

  • 「グノーシスと古代宇宙論」 柴田 有著 勁草書房
12の広間、12の星座、”三倍も偉大な”ヘルメス、「女性的なるものの神学」、おしべとめしべ、アカモート、アレーテイア、アヴァローキテーシュヴァラ、エクレーシア、エンノイア、カリタス、シゲー、シャープラカーン、シャーマン、ズルワーン、ソフィア、トランス、ヌース(モノゲネース)、フィカテー、フュシス、ブラバッキー夫人、プレーローマ、プロパトール、ヘルメス・トリスメギストス、マニ教、マリア、ミコちゃん、ミトラ、ムスコ、モナド、ランちゃん、ロゴスのプラスの半身、ロゴスのマイナスの半身、一条の光、世界卵、光の神、受胎、哀訴の叫び、唯一なる者、四つ組、四柱、土、地、基体、女性性の三位一体、女性的フュシス、子宮、宇宙卵、幻視体験、弥勒観世音菩薩、御子、性質、恒星天、惑星天、教会、星辰界、最中、月下界、本性、母神様、水、湿潤、火、火の粉、父、父神様、男性原理、神の母、秘教、空気、第1ロゴス、第2ロゴス、縄文時代の木造品、聖愛、胚珠、自然、至高神、蓮華の蕾、蛇、西方ミトラ教、託宣、遊星天、霊気、龍、2人の輝く子供
Share.

About Author

10件のコメント

  1. 参考になった(1)

    先生がノリノリでとても楽しく、わかり易い講義でした。
    テーブルのお花も素敵でした。お花の役割大きいですね。
    お花も楽しみにしています。
    いつも、貴重な講義ありがとうございます。

  2. 参考になった(1)

    あまりのリアルさに、のけ反ってしまいましたが、、、それがリアルであればリアルであるだけ、その事実の意図するものが講義後、どーーーんときました。。
    この、ある意味非常に微妙である所を明解に解説して下さって、ありがとうございました!もう言葉がないくらい、見事な講義でありました。「あっぱれ!!!」

  3. 参考になった(1)
    ぺこりょんこ八兵衛∞ on

    「ソノコト」をもっともらしく、それらしく、むつかしく、わけわかめ~に
    さも賢くなければわからないことだ的に伝えてきた過去の輩たちに
    思い切り。。。ハリセンバ~~~ン!!!
    何回転生させりゃ気が済むっちゅ~ねん。。。

  4. 参考になった(1)

    これなんですね!宗教、哲学の深遠さは実はこれなんですね!好きです、この感じ。

  5. 参考になった(1)

    何よりも先生がとっても楽しそうでした(*^^*)
    宗教って、おもしろーい!
    秀逸なるシュールレアリスムの世界…。
    大変品位ある、有意義な講義をありがとうございました。

  6. 参考になった(1)
    ぴょんぴょん on

    おもしろかった~!わかりやすかった~!
    映倫ギリギリ?のこういう話大好きです。
    聖なるロゴス、キャラがかわいい~~~3点セットのグッズが欲しいかも。

  7. 参考になった(2)

    真理とは・・・実に単純、淡白なものだったのですね!
    家族の絆シリーズで、先生がお子さんに、「あんまり勉強するなよ、あほになるから」と言っていると
    お話しされていたことをふっと思い出してしまいました(笑)
    Oh!まさに宗教も・・・
    配信ギリギリ(?)のイラスト、爆笑してしまう解説、実によく分かりました。
    ありがとうございました!
    次回も楽しみです。

  8. 参考になった(1)

    「ポイマンドレース」の世界生成のリアルな解釈を聞いて、『古事記』のイザナギとイザナミの国産み神話を思い出しました。