日本史講座 第6回(前半)歴代天皇への神々の霊導と勢力図

試聴映像

映像を観る

時間
76分
価格
文字起こし

概要

今回から私(竹下氏)がお伝えしたかった日本史の本題に入る。まず、神々の系図を基に系統と天界の勢力図を示し、重要な神々について解説をする。そしてこれまで歴史家が捉える事の出来なかった歴史の真相を、どのような神が歴代の天皇を霊導してきたかという視点から捉える。

目次

1.神々のグループの勢力図 (00:00:00)

古代史における最大の事件、大化の改新を境に、それまで3つであった神々のグループが4つに分かれる。その中の春日系の神々と八幡系の神々が他の2つを取り込みながらの激しい勢力争いが千年に渡って繰り広げられてきた。

2.それぞれの系統の神々たち (00:06:52)

系図を基に神々の関係を紐解く。各系統で重要な神々について解説を加えると共に、せれなさんのヴィジョンに登場したイラストを紹介する。さらに天界の重要な役職に就いた神々は、中西征子さんがイラストで描いているのでそれも参考に見ていただきたい。

3.歴代天王を霊導した神々 ①縄文時代〜奈良時代 (00:31:42)

天皇の在位の年代と日本史の史実、そしてその天皇を霊導していた神を示す。9代までの天皇を霊導した神々は、自分たちが大和政権を作り上げたとの自負を持っており、大化の改新以後、神明系から春日系と名を変える。その春日系に対抗するため宗像系は八幡系と名を改め、その後、激しい抗争を繰り広げる。

4.歴代天王を霊導した神々 ②平安時代〜鎌倉時代〜南北朝時代 (00:47:51)

春日系が統治した平安時代も政権の長期化で腐敗してくる。その混乱を突いて八幡系の武内宿禰が入り込むが、すぐに春日系が取り返すという攻防が繰り返され、遂に大混乱へと突入する。武士の時代へと移行するも、鎌倉時代が疲弊した頃を狙い春日系が台頭、特殊な南北朝時代をむかえる。

5.歴代天王を霊導した神々 ③室町・戦国時代〜江戸時代〜昭和、平成 (00:53:59)

戦国時代の準備期間とも言える室町時代の後、ホツマの神も参入した戦国時代後には、やはり政治的知略、謀略に長けた天才的な神、春日系の応神天皇が霊導する江戸時代をむかえる。そしてまた当然江戸時代の終わりには八幡系の武甕槌神が取り返しにきて大正、明治、昭和という軍事政権となり、戦争に負け平成という流れとなる。

6.蘇我氏と物部氏の争いに関連した神々の攻防(1) (01:00:45)

蘇我氏と物部氏は対立し、蘇我馬子が物部守屋を滅ぼし決着を見る。双方を霊導した神々を知るとこの争いはわかりやすい。また、戦いの勝敗によって霊導していた神々はどうなるのか。物部守屋を霊導していた十市根命の石上神宮について興味深い検証を試みる。

終わり(01:16:18)

※詳しい目次は、映像を購入してログインすると見ることができます。

参考文献

  • 「早わかり 日本史」 河合 敦著、日本実業出版社
  • 「完訳 秀真伝 下巻」 鳥居 礼編著、八幡書店
たきこ、ひふみ神事、イスラエルの王、ウガヤフキアエズ、サナット・クマーラ、ホツマツタヱ、マイトレーヤ、ミニスカート、三輪山、上筒男命、下鴨神社、両道入姫、中筒男命、中臣鎌足、事八十命、五十杵尊、仁徳、仁賢天皇、仏教、仲哀天皇、伊予津姫、伊吹戸主命、伊弉冉尊、保元の乱、允恭天皇、元明天皇、光明子、八十杵尊、八坂高依姫、八柱御子神、兵主命、出口ナオ、出口王仁三郎、勝手神、反正天皇、味耜高彦根命、国平けの剣、国譲り、垂仁天皇、堀河天皇、壬申の乱、多岐都姫、多紀理姫、大中姫、大国主命、大屋姫、大屋彦、大山咋神、大己貴命、大年倉結命、大神神社、大鹿島命、大黒様、天之御影命、天児屋根命、天押日命、天押雲命、天照大神、天種子命、天若彦命、奇杵命、奇玉火之明尊、好意、妻津姫、姫神、子守神、孝元天皇、孝安天皇、孝謙天皇、孝霊天皇、宇佐津姫、宇佐麿命、安康天皇、安玉姫、宣化天皇、履中天皇、崇神天皇、市杵島姫、平清盛、彦火火出見尊、役小角、後小松、後白河天皇、後陽成天皇、徳川家康、忍穂耳尊、応神天皇、恵比須大黒、成務天皇、持統天皇、敏達天皇、日本武尊、日立命、早子姫、景行天皇、月読尊、桓武天皇、桜町天皇、梶原一騎、椋子姫、楠木正成、櫛甕玉命、櫛稲田姫、武仁尊、武内宿禰、武烈天皇、武甕槌神、浅加姫、淳仁天皇、清寧天皇、源頼朝、瀬織津姫、玉依姫、瓊々杵尊、田奈子姫、白山姫、白山比咩神社、直観、磯依姫、神八井耳命、神明神社、神武天皇、神武東征、神狭日命、称徳天皇、稜威雄走命、竹子姫、素戔嗚尊、継体天皇、織田信長、聖徳太子、若宇加能売命、菊桐姫、豊臣秀吉、赤星命、足利尊氏、連合政権、酢芹姫、醍醐天皇、開化天皇、院政、陶津耳命、雄略天皇、霊峰白山、顕宗天皇、香具山祇命、高倉下命、高子姫、鳥羽天皇、鴨建祇命、鹿屋野姫命、3種
Share.

About Author

6件のコメント

  1. 参考になった(1)

    震撼するとはこういう事をいうのだろう—と最初から最後まで(前半ですが)そう思いながら観させていただきました。後半も楽しみです。

  2. 参考になった(1)

    天界は暇なのて゜しょうか。神々というより悪霊の権力争いみたいですよね。

  3. 参考になった(0)

    神様にとって時間の感覚は、どうんなものなんだろう?と思いました。あせらず、進化していきたいと思いました。

  4. 参考になった(0)

    神明系が大化の改新以降、神明系と春日系の二つに分かれ、春日系と八幡系(大化の改新前の宗像系)の神々の激しい勢力争いで日本史が動いてきたこと、また戦国時代は特殊で、ホツマの神々が人間の戦国武将たちを直接霊導していたことがわかりました。

  5. 参考になった(0)

    竹下先生貴重な情報をいつもありがとうございます。

    教えてください。

    令和の時代は、どちらの神々が霊導に入られているのでしょうか。