日本史講座 第7回(後半)平安遷都と神々の守護体制

【映像時間】

44分[500円+税]

この映像には添付資料があります。《映像を観る》ボタンを押した後の画面から、ダウンロードしてご利用下さい。

【内容の一部紹介】

「逆説の日本史2 古代編下」(井沢元彦著、小学館)の中に、天武系の系図があります。天武が40代天皇であるとして、41代持統、42代文武、…48代が称徳。この系図に出ている八代の天皇は祀られていないと書いてあります。著者の井沢氏は、このことによって、天智・天武両系統の天皇は別系統という意識があったとしか考えられないと書いており、この謎が分からないことになっているのです。ところが前に、「天武は天智の弟ではなかった?」ということで、関裕二さんの説を紹介しました。天武と天智は兄弟だということに歴史上はなっているのですが、どうも斉明天皇と高向王の間に漢皇子がいて、どうやら漢皇子が天武天皇らしいという説を紹介しました。僕はこの説は絶対間違いないということを確約しました。これが実を言うと謎を解くカギなのです。

【概要&目次】

平安時代から鎌倉時代にかけて、天皇と貴族による統治から天皇の血を受け継ぐ武士による統治に移っていく。背後にいる神々の勢力争いが地上世界の動きに深く関係している。

1.天武系「七方八代」(0:00)

・皇室菩提寺で天武系天皇が祀られていない
・天武と天智の兄弟関係について
・高向王の子、漢皇子は誰か?
・天智系皇統への修正
・究極的男尊女卑の思想
・八幡系のアキレス腱
・日本書紀が事実を隠蔽する理由

2.菅原道真(11:42)

・太陽系第3レベル(ホツマ)の天帝と上帝の組織図
・911のクーデター
・太宰府天満宮
・道真の凄惨なる復讐
・北野天満宮縁起
・天界の権力と神社

3.平将門の乱(30:06)

・関東武士の信奉をあつめる平将門
・将門に皇位を授ける八幡大菩薩の神託
・将門"天皇"の正統性について
・八幡神と春日神の戦い
・無念にも敗れた将門の首
・祟りに怯える大蔵省
・余談)アンサイクロペディア「ジョージ・W・ブッシュ、ベネディクト16世」


【キーワード】

七方八代、万世一系、天智、天武、女系、男系、高向王、漢皇子、
太宰府天満宮、日本書紀、上筒男神、中筒男神、底筒男神、
菅原道真、応神天皇、北野天満宮、
平将門、首塚、大蔵省、怨霊

Share.

About Author

5件のコメント

  1. 参考になった(0)

    天武系の天皇を霊導し、平城京で応神天皇(八幡系)に対応する東大寺大仏を建立して、圧勝していた八幡系の神々が、なぜ天智系の天皇が支配することになる平安京への遷都に同意したのかがわかりました。『日本書紀』における天武天皇の出自のあいまいな記述と関係していたのですね。

  2. 参考になった(0)

    神々の霊導のことなど、霊的な世界の出来事が、とても密接に歴史とリンクしている事がとても勉強になりました。ありがとうございました。

    1ヶ所気になるところがありましたので、質問(確認)させていただきます。
    講義の中の、皇室菩提寺(泉涌寺)で天武系「七方八代」が祀られていない、ということを、修正を加えた、欽明〜桓武天皇系図2のpdfの資料を用いて説明されていましたが、41代持統天皇、43代元明天皇は、父親が38代天智天皇なので、父系だと思うのですがいかがでしょうか?
    (もっとも母親は蘇我氏系ですが)
    この点だけ気になりました。よろしくお願いいたします。

  3. 参考になった(0)

    Tomonori 様

    竹下氏より下記の回答をいただきました。(シャンティ・フーラ)
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    女性はもともとピンチヒッターで、正式な
    天皇としてみとめられていないのです。
    従って神道系の人の場合、女性は天皇になれないとはっきりと言う人もいます。
    もちろん現代では、これを公に言うことは出来ないでしょうが、あくまで女性の天皇は、次に父系の血をつなぐだけの形だけの存在とみられていたことは確かです。

    (竹下雅敏)

  4. 参考になった(0)

    >竹下氏より下記の回答をいただきました。(シャンティ・フーラ)
    丁寧なご回答いただきありがとうございました。

  5. 参考になった(0)

    収録時間は44分と短めながら、朝廷から武士への権力の
    移動の裏の神々の間の闘いが面白かったです。
    自分にはなじみのないキリスト教の宗教学講座は観ていて
    つらいところもあるが、日本史講座は自分の住んでいる国の
    話であり、小中高の日本史学習の延長線上で聴けるので
    興味しんしんです!