日本史講座 第8回(前半)保元の乱から明治維新までの政変と天界の動き

試聴映像

映像を観る

時間
98分
価格

概要

日本史の中で最も複雑な事件「保元の乱」について。そして、その登場人物と霊導してきた者について説明する。 前半終盤は余談(原発事故・政治家)。

目次

1.保元の乱 (00:00:00)

2.政治に関わる娘たち (00:33:30)

3.天皇を霊導する神々の勢力 (00:42:01)

4.余談)日本の政治 (01:23:44)

終わり(01:38:51)

※詳しい目次は、映像を購入してログインすると見ることができます。

参考文献

100キロ、sengoku38、おじこ、タケミカヅチ、タレント、メディア、上筒男、二条天皇、仏教信者、保元の乱、僧兵、八幡、八幡系、兼長の昇進、内紛、内覧と関白、北面の武士、原子力産業、友好関係、叔父子、呈子、呪詛、味耜高彦根、売春、多子、多子の入内、大物、天押日、天武、天皇家、妻、密教、対立、尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件、崇徳上皇側、崇徳天皇、師子、平氏、弘文、強大な権力の源、後白河天皇、後白河天皇側、応神、打ち首、接待、摂関家、政略、新聞、日本の民主主義、春日、春日系、武内、治天の君、流刑、源氏、璋子、白河上皇、神明、美福門院、自殺、藤原家、藤原忠実、藤原忠通、藤原頼長、謀反、近衛天皇、陰謀、頼長、養女、鳥羽天皇、鳥羽法皇
Share.

About Author

2件のコメント

  1. 参考になった(2)

    大物主系と神明系の神々が交互に歴代天皇を霊導していたところに、武内宿禰(八幡系)が鳥羽天皇を霊導すると、八幡系から取り返そうとタケミカヅチ(春日系)が崇徳天皇を霊導し、これが八幡系と春日系の神々の争いを背景とする保元の乱を引き起こしたことがわかりました。また、八幡系の神々が霊導する後白河天皇方が勝利したことで、後堀河天皇以降、八幡系の神々による霊導が続いたことがわかりました。

  2. 参考になった(0)

    保元の乱の裏に色々なドラマがあったことがわかり、興味深かったです。
    歴史を学ぶと現代政治も理解できるようになるんですね!
    この講座をとおしてもっと学んでみたいです。