家族の絆 〜夫婦(107):信用創造・通貨供給量〜

【映像時間】

112分[500円+税]

【内容の一部紹介】

前回から信用創造のお話しをしています。ここが私が経済の根本と言っている部分ですが、ヴェルナー氏も著作で言っているように、エコノミストの人たちが意外にこの根本部分を分かっていません。非常に細かい専門的なことは知っているのですが、お金の根幹に関わることが分かっていないという感じです。どうしてここに拘わっているかというと、ここを変えない限り世界は変わらず、結局、銀行が儲けているだけで人々の苦しみはなくならないということです。そのためにも、お金の本質を皆さんが理解していただいて、どういう世界を作ればいいのか、銀行システムをどうすればいいのか。その根本に切り込まないと、消費税とか年金とか、そういう問題をいじっても、なんの解決もしないというのが私の考えです。
今日は理解を深めるために、通貨とは何か(前回、先延ばしにしたこと)をきちっと見てみようと言うことです。(以下略)

【概要&目次】
今回は、"通貨とは何か"について話す。また初盤は、前回話した信用創造についての復習。
1.前回までの復習 (00:00:00)
2.通貨とは何か (00:32:08)
  • お薦めの2冊。「謎解き!平成大不況」「円の支配者」ヴェルナー氏著
  • スライド)マネーサプライの定義の問題点
  • マネーサプライに含まれる預金通貨の範囲の問題
  • ≫参考)マネーサプライの範囲(Wikipedia)
  • マネーサプライの範囲(竹下氏の考え)
  • 眠っている預金は購買力となるか?
3.お金の量(マネーサプライ)が変わらない取引 (00:43:02)
  • スライド)お金の量が変わらない取引(1)預金とは何か
  • 銀行が実際に持っている現金について
  • スライド)お金の量が変わらない取引(2)現金や預金での取引や品物の購入
  • スライド)お金の量が変わらない取引(3)預金での株や不動産売買
  • GDPの簡単な説明「実体経済における“付加価値”の総額」
  • 図・WB)株の売り買いの例、変わらないお金の総量
  • スライド)お金の量が変わらない取引(4)預金での値上がりした株の売買
  • スライド)お金の量が変わらない取引(5)預金での値下がりした株の売買
4.いつお金が増えるのか (01:01:29)
  • スライド)いつお金が増えるのか(1)銀行の融資
  • スライド)いつお金が増えるのか(2)信用創造
  • 増えたお金はどこから来たか
  • お金が創造される瞬間(心の中で)
  • お金が消滅する時
  • 余談)野田政権は恐慌を作りたいのか?("財政健全化"と消費税増税)
  • 「増えたお金」の正確な定義
  • 図・WB)貸出時のB/Sでみるマネーサプライの定義
5.融資の仕組み (01:20:11)
  • スライド)融資の仕組み(1)準備預金
  • スライド)融資の仕組み(2)教科書上の貸出
  • 図・WB)教科書に書いてある信用創造の仕組み
  • スライド)融資の仕組み(3)実際の貸出
  • 図・WB)B/Sで見る貸出の実態
  • みんな複雑な説明に踊らされている
  • 国が銀行に与えているとてつもない権限
  • "何でも手に入れ放題"の人生を送りたいなら
6.通貨供給量の正しい測定法 (01:36:32)
  • 通貨供給量の正しい測定法〜ヴェルナー氏の考え
  • 通貨供給量の正しい測定法〜竹下氏の考え
  • これは人々への問題提起・題材
終わり(01:52:47)


【参考文献】
【キーワード】
ゼロサム、マネーサプライ、ローン契約書、三井・三菱・住友、不動産、不動産購入、信用創造、信用創造の特権、債務、受験勉強、古美術、国債、実体経済、就職活動、政府通貨、日本銀行、日銀の国債直接引受、景気回復、未来の労働を担保、株式、権力の座、橋下市長、準備率1%の場合、現金通貨、石原都知事、社債、観念、触媒、財閥、貸出量、購買力の指標、返済、通貨、金融取引、金融経済、銀行システム、銀行家、預金、預金100万円で9900万円の貸出、預金を預かる銀行業務を除く、預金通貨

Share.

About Author

5件のコメント

  1. 参考になった(2)

    「この一年ずっと自分の頭で考えてきた」

    この言葉から(だけではありませんが)講師の平和への情熱を感じ取りました。その余波を原動力として「自分の頭」で考える時間を少しでも持ち、事実を探求し、理解を深めていきたいと思いました。この世界の難問の答えや解き方は、講師やその他の探求者によって解き明かされていると私は予感しています。あとは、自分の頭をフル稼働させて、理解の閃光によってこの世界の一隅を照らしたいと思いました。

  2. 参考になった(1)

    経済の素人として意見を述べます。通貨供給量(マネーサプライ)をどう定義すべきかは、この指標の用途によると思います。この指標をインフレやデフレを予測するために使うのであれば、市中に出回っているお金の量が重要なので、中央銀行や市中銀行が市中や国から社債や国債を購入した場合は、通貨供給量に入れるべきだと思います。不動産は、それ自体が付加価値を生み出し得るものなので、社債や国債と全く同列には扱えないのではないでしょうか。中央銀行の市中銀行に対する買いオペや貸出しを通貨供給量に入れないのは、それでいいと思います。

  3. 参考になった(1)

    信用創造で生まれたお金が実体経済に回れば、環境破壊につながる気がしますが・・・。何のためにこんなに欲に満ちた世界が必要なのでしょうか。哲学の講義がなつかしい・・・、しかし現実を見なければ始まらないという少し苦しい気持ちと半分、バカバカしいという気持ちで講義を聴いています。「ここまできているのか」というのが正直な気持ちです。プラウトの中のサドヴィプラになるために、まだまだ努力が必要だー!

  4. 参考になった(1)
    ぴょんぴょん on

    ぴよらか銀行ができたら、即預金します。
    そこから作られる信用創造で、どんどん良いものに投資していければ、日本もよくなるでしょうが。
    その前に、旧態然の銀行システムが消滅することが必要ですね。

  5. 参考になった(1)

    我が家のローン支払いに直結してるので、大変勉強になりました。銀行とは、交渉の余地あり!ですね。