宗教学講座 初級コース 第147回 旧約聖書(総論)

【映像時間】

91分[500円+税]

【内容の一部紹介】

今日は旧約をまとめる形でお話ししたいと思います。これまでの復習ということで年表を作りました。
--------------------------------------------------
紀元前1946年ごろ、メソポタミアの都市国家ウルに、アブラハムという人物が生まれる。(中略)
紀元前722年、北イスラエル王国がアッシリア帝国によって滅ぼされる。エフライム族を中心とするイスラエル10支族は捕囚され、そのまま消息を絶つ。(中略)
--------------------------------------------------
彼らがその後散らばるのですが、何処に行ったか跡がたどれないのです。

【概要&目次】
今日はこれまで話してきた旧約の総括。年表を元に、簡単に復習をして次回の新約に繋げる。最後に、20年ほど前に発表された「聖書アラビア起源説(旧約聖書の本当の舞台)」を紹介し、旧約の虚構をみていく。
1.旧約聖書の年表 (00:00:00)
2.聖書アラビア起源説(旧約聖書の本当の舞台) (00:48:47)
  • 参考)「図説 地図とあらすじでわかる!聖書」
  • 旧約の記述は虚構
  • スライド)聖書アラビア半島起源説(1)アラビア半島の地図
  • » 参照)聖書アラビア半島起源説「高校生のためのおもしろ歴史教室」
  • ソドムとゴモラの町を滅ぼした火山がイスラエル近辺にはない
  • スライド)聖書アラビア半島起源説(2)アール・シャリームの地
  • スライド)聖書アラビア半島起源説(3)ユダヤ人のパレスチナ移住
  • スライド)聖書アラビア半島起源説(4)パレスチナの発展とアシールの衰退
  • » 地図:アラビア半島の交易路
3.聖書アラビア起源説の概要 (01:00:14)
4.余談)支配者は人々を分断させる (01:13:05)
5.宗教の虚構 (01:26:29)
  • 約束の地の虚構とハイアラーキー
  • キリスト教の非道(コロンブスの話)
  • 神智学を学んでいる人へ
終わり(01:31:28)

【キーワード】
BC660年、アウグストゥス、アクティウムの海戦、アケメネス朝ペルシアが2支族を解放、アシュケナージ、アジア、アメリカ、アメリカの戦略、アラビア半島南西部のアシール地方、イェルサレムの娘、イスラエル、イナンナ崇拝、ウーマンリブ、ウーマンン・リブ、エジプト、エジプト王朝滅亡、エルサレム、オクタウィアヌス、カエサル、カエサル暗殺、カマール・サリービー、キュロス王、クレオパトラ、シオンの娘、シバの女王、シリウス、シルクロード、ジョセフ・ナイ、スファラディー、セレウコス朝、ダニエル書、ダビデ、ハイアラキーの統治、ハザール人、ハスモン朝、ハルマゲドン、バビロン捕囚、パレスチナ、ヒクソス人、フリーメーソン、プトレマイオス朝、ホツマツタヱ、メディア、ヤコブ、ユダヤ人、ユダヤ人国家、リディア、ローマ帝国、三内丸山遺跡、中東、元素、北朝鮮、半分女性、南ユダ王国、参拝形式、名古屋市の河村市長、嘆きの壁、在日韓国人、妻、宮島の弥山、怒り、悪意、悪魔崇拝、政治手腕、新バビロニア王国、日ユ同祖論、東アジア、根性が悪い、横田めぐみ、橋下市長、正統派ユダヤ人、漁夫の利、牢屋、男女同権、石原都知事、磨く、神武天皇、神社、第3次世界大戦、自称ユダヤ人、誘導、金正恩、飯山一郎氏

Share.

About Author

11件のコメント

  1. 参考になった(2)
    ぴょんぴょん on

    49分以降の、「とどめ」は圧巻です。

    多くの人の苦しみと命を犠牲にしてきた、イスラエル・パレスチナ問題って、いったいなんだったの?
    と目が点になるでしょう。

    今まで信じてきたものが、根底から覆されるようなお話でしたが、為政者が戦争を起こすために仕掛けてきたワナに、これ以上だまされないためにも、ぜひ見ていただきたい内容です。

  2. 参考になった(0)

    尖閣諸島のことまで、アメリカに誘導されているとは驚きました。
    日本と中国が争って、誰が一番得をするかを考えたら、一目瞭然なのですが。
    今後、いろいろなニュースを見聞しても、その本質は何かを考えていきたいと思いました。
    .

  3. 参考になった(0)

    アラビア半島起源説には驚きました。
    これが明らかになれば世界情勢が大きく変わりますね。
    彼らは頑強に隠そうとするでしょうけど早く真実が明らかになることを期待します。

    河豚計画も昔ゴルゴ13のマンガで読んだことがありましたが話が事実で今も動きがあるとはユダヤ系の問題は複雑で根が深い感じがします。

    分割統治は恐ろしい話だと思います。
    私も中国や韓国に否定的な印象を持っていますが改めていきたいと思います。

  4. 参考になった(0)

    名古屋市長は、フリーメーソンであるとのとですが、その根拠を語ってもらいたいものです。
    フリーメーソンであることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?
    そして仰ることが、間違いだった場合、謝罪や訂正は行う用意はあるのでしょうか?
    安易に、軽率なことは言わないほうがよいと思います。
    軽率なことも含めて、言うのであるならば、それなりの根拠を明確に提示すべきかと思います。
    お聞きしていて、軽率なコメントが多いと感じます。
    そして、誰であれ どのような人であれ 間違ったら 謙虚に誤りであることを認める 姿勢も非常に大事かと思います。

  5. 参考になった(0)

    戦争が絶えず起こり世界が混乱してきたのは、すべて宗教の虚構であった事がよくわかりました。
    世界の国々の経済や争い事の後ろで糸を操っている悪の組織の陰謀にだまされないようにして
    いきたいです。

    中国や北朝鮮、韓国など反感の目で見ていたことに気づきました。
    その国々の殆んどの方々が善良な方々で愛する家族や仲間がおられることでしょう。

    戦争にならないように、相手を憎んだり反感を持たない心になれるように教育プログラムやりながら
    これからも映像配信で学んでいきたいです。   

    世界が一日もはやく平和になり人々や社会が平安になりますように。

    気になることがあります。    ハイアラーキーはすべて全滅しました。一人もいません。とおっしゃられていましたが本当に誰もおられないのでしょうか
    差し支えがなければ教えていただけたらありがたいです。

  6. 参考になった(2)

    みなさま、いつも貴重なコメントをいただきましてありがとうございます。
    シャンティ フーラ代表の白井薫です。

    常盤松咲喜 様、
    ご質問の件ですが、竹下先生より回答をいただきました:


    私の言葉に足りない部分があるようです。過去に陰謀を行っていたハイアラーキーという組織はなくなりました。現在は新しい組織で動いており、その中心として活躍している神々や人霊(覚者)で古い組織の者はいなくなりました。完全にゼロということではありませんが、ほとんどすべての者は、魂を含めて完全消滅しているというのが事実です。

    例をあげれば、7大天使のうち、生き残ったのはアズラーイルただ1名のみで、他の6名の大天使は完全消滅し、姿形はまったくありません。また2度と復活することもありません。最後の審判がどういうものであるのかを最後まで知らなかったのは、滅んでいった彼らです。しかし、人間に関しては、今だに最後の審判は続いています。現在においても悪をなせば魂が消滅します。
    』(2012.6.21 竹下 雅敏)

  7. 参考になった(2)

    驚きました まだ 人間は審判がつづいているのですか。すっかり安心してしまってました。
    ほとんどの人間がいなくなってしまうかもしれません。たまにユニティデザインのプログにでます
    I道の方が、石原慎太郎は十一面観音がついて、橋下はスサノオの神縁で守られているとかで している事とのギャップで混乱してしまいます。もう一度心を締めなおさなくてはなりません。審判中なら
    ありがとうございました 

  8. 参考になった(0)

      竹下先生   ご回答くださいまして本当にありがとうございました。

    悪をなしてしまわないように精一杯清らかな心で生きていけるように努力致します。

    本当にありがとうございました

      

  9. 参考になった(2)

    分割統治は、あらゆる世界や団体で実施されている気がします。統治する側に入った瞬間に竹下先生から指摘された事がどこかに消えて、選ばれた者として優越感に浸る者をよく見ますし、かなり気をつけなければ、自分もそうなってしまいそうな気がします。「言うは易し、行うは難し」ですね。水俣病研究の第一人者で熊本市の医師原田正純さんが先日亡くなられました。原田さんの弱きものに付くことで中立が保たれるといった考えは重要だと思います。人間として当たり前の感覚がなくなりつつありました。これから少しづつ変わっていく気がしますが・・・、欲をすてて大切なものをしっかり守っていきたいと思います。

  10. 参考になった(1)

    分割統治についてですが、そもそも国民国家そのものが、ベネディクト・アンダーソンの言うように「想像の共同体」であり、虚構であるとも考えられます。このような認識を持っていれば、最初から分割される余地はありません。

  11. 参考になった(2)

    (前半)世界史大好き人間だった私には懐かしい単語のオンパレードでとても面白く感じられましたが、「世界史は聖書に基づいて構築されている」というオチにはガーンと頭をぶんなぐられたようなショックが。。
    (後半)聖書アラビア半島起源説についてハイラ-キーのいわゆる覚者たちは真相を知っていたはずなのに
    口をつぐんでいたどころか、パレスチナ問題に便乗して?マイトレーヤが救世主として登場する計画まで練っていたというのには呆れた。ハイラ-キーなんて連中は滅んでよかったと思いました。

    P.S
    「神々の警告」(2)の無料動画配信がうれしいですが、(1)が3月にアップされていたというのは今まで気づかなかったな。せっかくの無料動画なのにアピール不足でわかりにくいです。