宗教学講座 初級コース 第141回 旧約聖書(オシリス神話)

【映像時間】

89分[500円+税]

【内容の一部紹介】

旧約聖書の神に敵対する勢力を理解しないと旧約の本質が分からないだけではなく、新約も分からないのです。そして現在に繋がる流れも分からないということなので、非常に大切な部分になります。「古代メソポタミアの神々」(三笠宮崇仁監修、集英社)に加え、他の本も参考にすると、メソポタミアの神々にある種の系図が出来るわけです。特にこの分野で有名な人に、ゼカリア・シッチンという人がいます。彼は原文が読めるようで、シュメールの神々のことについて何冊も著作が出ています。彼が言うことで重要なのは、シュメールの神とエジプトの神とがリンクしているというか、同じ神を別の名前で呼んでいるというところなのです。これはある面、正しいです。旧約のノアの家系の系図の中の、ハムの家系がシュメールの神々だということです。

【概要&目次】

闇の家系であるハムの系列の母子間での婚姻関係、そしてニムロデの伝説とオシリス神話に描かれている内容の相似性からオシリス神が実はニムロデであることを理解する。

1.導入(0:00)

・参考文献)「古代メソポタミアの神々」(岡田明子・小林登志子著、三笠宮崇仁監修、集英社)
・トンデモ系の考古学者?「ゼカリア・シッチン」について。
・旧約聖書の人物とシュメールの神々の系図について。
・闇の支配者の交代歴。

2.バビロン再建計画(セミラミスとニムロデ)(16:38)

・12月25日生まれの"救世主"について。
・バベルの塔の誤解について。
・旧約に描かれたハムの系列の母子の婚姻関係について。
・母セミラミス、ニムロデと、その子タンムズ。 そしてマリア母子像について。
・余談)神を拝むことの意味について。
・ニムロデへの裁きの伝説とオシリス神話の相似性について。
・悪魔崇拝の象徴オベリスクがいろんなところに。
・Xmasの本当の意味について。

3.カレイドスコープより「三位一体」について(53:30)

・参照≫カレイドスコープ「これは何でしょう?」
・ニムロデのおぞましい転生について。
・"救世主"への礼拝形式について。
・キリスト教の弾圧で地下に潜った一派のその後について。

4.サトゥルヌス(1:05:40)

・悪魔サターン(ドイツ)について
・サトゥルヌスを礼拝するドルイド(ケルト人社会における祭司)とハロウィンについて。
・竹下氏が文献を組み合わせたのではなく、直観で調べていることの証拠について。

5.悪魔主義の母体エジプト(1:14:20)

・元イルミナティの暗黒の母シスコ・ウィーラーさんの重要証言。
・フリーメーソンの位階を作った者。
・スライド)ハムの系図+シュメールの系図。
・旧約の唯一神YHWHと、神を名乗る者たちについて。

【キーワード】
バアル、ドゥムジ、オシリス、アトル、アナト、イナンナ、イシュタル、
タンムズ、ニムロデ、マルドゥク、ナブ、ニヌルタ、オベリスク、バチカン、
フリッツ・スプリングマイヤー

Share.

About Author

2件のコメント

  1. 参考になった(1)

    個人的には旧約、新約聖書の講義は大変興味をそそがれます。
    大変複雑で難しい内容ですが、それでも非常にわかりやすく説明がされて
    いると思います。
    今後のヒンズー教、日本神道との関連性も気になるところです。
    次回の講義も楽しみにしております。

  2. 参考になった(1)

    ある神に祈るのは、ある政党に一票投じるのと同じだ、という例えはわかりやすいです。祈る前に、その神の本性を見極めることが大切ですね。波動によって神を評価する方法が普及すれば、惑わされることはなくなると思います。