宗教学講座 初級コース 第162回 新約聖書(正統と異端)

試聴映像

  • 1. テーマ:正統と異端を対比させ理解を深める
  • 2. "異端"と"正統"は教会によって決められる
  • 3. "正統"と"異端"、成熟しているのはどっち?
  • 4. "正統"と"異端"の救済観の対比

映像を観る

時間
90分
価格

概要

前回、キリスト教で最も重要な「キリストの復活」について、私がどう考えているかを話したが、キリスト教を信じている人でも、復活について見解は一様でない。復活はパウロの神学の根底にあるものなので、それをどうとらえるかで全く別の宗教になる。今回は、異端のグノーシスの人たちと伝統的なローマカトリックの人たちが復活をどう考えているかを対比して見る。それによってキリスト教の教義の問題が良く分かり、新たな視点が開けてくる。

目次

1.導入 (00:00:00)

2.エマオで復活したキリストは肉体か霊か? (00:12:24)

3.教会の絶対的権威 (00:24:29)

4.キリスト養子論 (00:31:09)

5.教会とグノーシス、対立する二つの救済観 (00:58:17)

終わり(01:30:46)

※詳しい目次は、映像を購入してログインすると見ることができます。

参考文献

あなたは私の子、かかわらない、イエスが救い主と認める、イエスだけが死んだ、イエスは神、エルサレム原始教団、オウム真理教、キリスト教右派、キリスト養子論、クムランの一派、グノーシスへの対抗、サダム・フセイン、ハルマゲドン、ブッシュ、不徳、人間イエスとキリストは別、処女降臨の拒否、初期ユダヤ人のキリスト教の一派、女性は神父になれない、完全に不完全、寄付、寄付をする、密教、御名を唱える、復活を認める、慈悲喜捨、教師、日曜日に礼拝をする、旧暦、条件、油注がれた者、洗礼、洗礼を受ける、清められたもの、神の子と確認、空海、精霊、貧しい者たち、遺骨や墓がない、霊で復活した、霊智、霊的真理に近付くためのもの、預言者、養子ではない、養子的キリスト論
Share.

About Author

4件のコメント

  1. 参考になった(2)

    最後の2分だけでも見る価値がありました。野心への対処法、頑張って実践して行きたいと思います。やっぱりブーメラン攻撃ですね!ありがとうございました。

  2. 参考になった(2)

    余談の『野心を見たときの正しい対処(ブーメラン攻撃)』はとっても感動的でした!
    人の中に嫌なものや野心が見え隠れしたときには、氏がおっしゃることを実践していきたいです!

    そうやって世界の平和に少しでも貢献できるなら本当に素晴らしいですね!また、いつもこのことを心掛けていると”不徳の人”もありがたい存在として受け止め、心の平安を乱さずにすみますね!

  3. 参考になった(2)
    杉山 空(くう) on

    以前の講義に出てきたブーメラン攻撃ですが、意味がよくわかっていませんでした。
    今回の講義の説明でよく理解できました。日々、実践していこうと思います。ありがとうございました。

  4. 参考になった(2)

    「油注がれた者(キリスト)」の油とは聖霊のことであり、グノーシス(霊知)を得ることで、誰でもキリストになれることがわかりました。