映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

家族の絆 〜夫婦(75):サーカーの思想:社会サイクル論 〜

47 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 5 (47 人の評価・計 226 点)
今回から、経済の本題であるサーカーの思想に入ってゆく。竹下氏が「ほとんど完成している経済理論」と評価するサーカーの思想は一体どのようなものなのか。今回はその大まかなアウトラインを解説する。

家族の絆 〜夫婦(76):サーカーの思想:ヴァルナ支配 〜

47 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 5 (47 人の評価・計 226 点)
前回は社会サイクル論の大まかな概観を説明した。今回は、サーカーの言葉を直接引用している所が多く、社会サイクル論に関して非常に多くのページが割かれている「サーカーの思想〈1〉」という本から要点を抜粋し、より深く社会サイクル論を学んでいく。

家族の絆 〜夫婦(77):サーカーの思想:7つの時代 〜

47 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 5 (47 人の評価・計 226 点)
前回、前々回と社会サイクル論の基本概念を説明した。今回は、具体的にラビ・バトラ教授が日本史に適用したものを見ていき、それに反する松尾氏の意見を考察する。そして両者の理解を遥かに超えるサーカーの社会サイクル論を理解するために、大きな宇宙のサイクルを解説し、全体像へと繋げる。

宗教学講座 初級コース 第120回 密教(宗教の混沌)

47 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 5 (47 人の評価・計 226 点)
これまで大乗仏教・ヒンドゥー教という枠にとらわれず、広く密教について講義してきた。今回は密教の最終回として松長有慶著「密教」から文章を拾いながら、大乗仏教・ヒンドゥー教も含めた私(竹下氏)の最終的な感想・まとめという形でお話ししたい。

家族の絆 〜夫婦(78):サーカーの思想:3つのサイクル 〜

47 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 5 (47 人の評価・計 226 点)
前回、紀元前10万年から紀元2万年までの12万年間という大きな枠があり、7つの時代に分かれる事を説明し、それを日本史に当てはめたラビ・バトラ教授の説を紹介した。今回はさらに、日本史の年表と大サイクル、中サイクル、小サイクルという3つのサイクルと照らし合わせ、より詳しく見ていく。

家族の絆 〜夫婦(79):サーカーの思想:古代エジプト史 〜

47 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 5 (47 人の評価・計 226 点)
前回まで、サーカーの思想である社会サイクル論の理論的な部分を説明してきた。現在、学者が地球上で一番古い文明と認め、歴史的な文献や遺物が残っているのがエジプトの文明である。今回はその古代エジプト史に、7つの時代の概観を照らし合わせて見ていく。

家族の絆 〜夫婦(81):サーカーの思想:古代エジプトの信仰 〜

47 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 5 (47 人の評価・計 226 点)
前回、アトランティス文明を解説する中で、その伝承を受け継いでいる民族がいくつか存在する事をお話しした。その中で、現代我々が目にすることができる唯一のものがエジプト文明である。今回は、ピラミッドや古代エジプトの宗教について詳しく解説する。

家族の絆 〜夫婦(85):サーカーの思想:プラウトの哲学 〜

47 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 547 votes, average: 4.81 out of 5 (47 人の評価・計 226 点)
これまでサーカーの「社会サイクル論」という重要な理論がどういうものなのか詳しく説明してきました。かなり寄り道をしましたが、前回の霊的統治で完結したので、もう一度本来のサーカーの思想に戻って説明をしたいと思います。 「資本主義を超えて」〔新時代を拓く進歩的活用理論(プラウト)〕(ダダ・マヘシュヴァラナンダ著、世界思想社)。サーカーの弟子の方が、師の思想について簡単にまとめた、とても良い本です。この中から要点を抜粋して説明をしたいと思います。 サーカーの思想は、今の時代に特に重要なものです。彼の経済に対するものの考え方は私と基本的に同じで、霊的な秩序を経済のレベルまで降ろして完成させています。特に現在、経済活動が世界を破壊しているところが見られるので、もう一度、霊的な観点に戻って再構築しないといけません。その時にサーカーの思想が極めて重要になってきます。サーカーの経済理論を聞いていただくと、これまで「よく分かる倫理」(学研)をもとに、いろいろな方の哲学的思想や宗教的思想をずっと説明してきた理由が分かると思います。それは、それらがサーカーの思想と根本的に同じだからです。 現在の経済理論は物質的なことばかりで、霊的なことを含みません。そのため大変な混乱が起きています。しかしサーカーの思想は、スピノザや老子、荘子などの賢者の哲学と矛盾なく繋がります。「個は全体と分割できず繋がっている」という経済理論であり非常に優れたものだということです。 サーカーの思想や歴代の賢者の哲学を夫婦の講座の中で説明している理由は、夫婦の営みはお金だけではないのですが、夫婦が協力してお金を稼がないといけないのも事実だからです。お金は物理的次元で非常に大きな位置を占めています。この世界で子供を育てて、国の中で経済活動をして生きていこうと思ったら、お金がかかわって来きます。これを無視して夫婦生活を語ることはできません。国のあり方、経済行為のあり方、金融システムのあり方を議論しないと、全体として一つのものにならないわけです。そして初めて人間が人間らしく生きていける社会を創ることができるわけです。