家族の絆 〜夫婦(85):サーカーの思想:プラウトの哲学 〜

試聴映像

映像を観る

時間
96分
価格
文字起こし

概要

これまでサーカーの社会サイクル論を詳しく説明し、ある意味寄り道してきたが、今回から本来のサーカーの思想を「資本主義を超えて」より要点を抜粋し解説を加える形で説明していく。サーカーは霊的な秩序を経済レベルまで引き降ろし、ある意味完成させた唯一の霊的指導者と思われ、世界を破壊している現代経済システムを再構築する上で極めて重要な思想をもたらした。

目次

1.サーカーの思想を一言で (00:00:00)

夫婦の関係全体で見れば、お金の占めるウエイトは低いが、ここを無視して夫婦生活は語れない。そこで倫理・哲学・宗教的世界観を長々と解説してきたが、これと経済・金融システムのあり方を矛盾なく一つにつなぐサーカーの思想を、まずは一言で紹介する。「・・命あるものの世界全体が広大な結合家族である・・」

2.資本主義の根底にある思想 (00:12:09)

森の一区画を個人が所有し好きなように使用する権利があるとする、ジョン・ロック(17世紀、英)の思想が資本主義の根底にあり、世界を滅ぼしつつある、その根幹の思想とも言える。この視点から日本とアメリカの現状、アメリカ建国の理念、日本が生き残る道など余談も含めて話していく。

3.サーカーの哲学 (00:46:19)

私たち一人ひとりの身体・心・自己の総計が神の身体・心・自己であり、神の不可分の二側面である純粋意識(自己)・自然エネルギー(ブラフマ)は、私たちの集合的な父・母と捉えるなど、サーカーの提唱したプラウト(進歩的活用理論=経済理論)の基礎をなす哲学について、意識の展開図やマンデルブロ(ート)集合(宗教・初級119回参照)を用いて解説する。(余談:ブーメラン攻撃)

4.ネオヒューマニズム (01:14:25)

ネオ(新しい)ヒューマニズムとは自分だけの利益から離れ、センチメント(感情移入、同一化)を人類的なものへ広げるプロセスのことであり、全生命を「至高の意識」の子ども達とみなせば、世界の悲しみ・幸福を自分の悲しみ・幸せと感じることができる。このような世界観を体現する方法やプラウトにおける「進歩」の新しい定義、プラウトが第一に必要とする事などについて余談も交えて解説する。

終わり(01:36:38)

※詳しい目次は、映像を購入してログインすると見ることができます。

参考文献

  • 「資本主義を超えて[新時代を拓く進歩的活用理論(プラウト)]」ダダ・マヘシュヴァラナンダ著、岩崎信彦監訳、世界思想社
ODA、アイヌ、アボリジニ、アメリカインディアン、ウラン、ジョージ・ソロス、セーフティネット、デフレギャップ、パラマートマン、ピタゴラスの定理、フラクタル、プラクリティ、プルシャ、ホピ、ミニ版、モニカ・ルインスキー、人類家族、供給サイド、保護貿易、地球市民・ストア派、売国奴竹中平蔵、小泉・竹中改革、弾劾裁判、政府通貨、政府開発援助、暗殺、曼荼羅、枝野・経産省・東電のバトル、株の持ち合い、自己意識、自由貿易、送電分離、道と一体、銃撃
Share.

About Author

18件のコメント

  1. 参考になった(2)

    ごめんなさい。山、水、風、木々、陽の光...全ての自然に...
    ウランだって、静かに土の中で過ごしたかったはずなのに...
    私たちの身勝手でこんなことになってしまって...

    私たち人間の身勝手さが今を作り出しています。
    風、山、木々たちの心を感じながら、生きたいと思います。

  2. 参考になった(3)
    ぴょんぴょん on

    私の考え、私の生き方を変えることから始めます。
    今まで私は、悪の一味となって一緒に搾取をしてきましたが、もうこれ以上加担することはしません。
    私も宇宙の一員なのですから、すべての存在に敬意を払い、理想的世界を実現するための一助になりたいと思います。

  3. 参考になった(2)

    胸が痛いです。
    自己を見つめて頑張ります。

    ありがとうございました。

  4. 参考になった(2)

    そう言えば、最初の裁きのときにはもう今の時点で人類は四分の一(でしたっけ?)になっているはずだったのに、まだ多くの人々が生かしていただいているんですよね。
    神々もそうですが、動物や自然やエレメンタルシステムの存在者の方々の忍耐力に感謝します。
    全体の善のために忍耐して下さっているということは、私たちが変わることこそが恩返しなんですよね。
    これから先どうなるかはもちろんわかりませんが、今回の講演は、「ああ、人類はここまでこれたんだ」とポジティブな気持ちで聞きました。このレベルに来るまでに滅んでいたかもしれなかったんですから。

    最近エレメンタルシステムに属するのかな?という存在(言葉とか?)がものすごく気になります。
    彼らも私たちに利用され、ピュアな魂を汚されて来たのだろうと思うと、本当に申し訳なく思います。例えば「戦争」という言葉とか…。私たちが戦争を過去のものにすれば、「戦争』という言葉は生まれ変わって素敵な響きを持てるのかな、と想像しています。
    それと同時に、人間や自然や神々が同等に価値ある存在ですごいパワーを秘めているのと同様に、言葉等にもすごいパワーがあるに違いないと思い、私たちに「NO」と言って下さいとお願いしています。もう自分は利用されたくない、と。(そう、私は他力本願…)(もちろん動物たちや自然にもお願いしています。意味が無いかもしれませんが、せずにはいられないのです)

    「大いなる心」には、地球が素晴らしい星になった時の青写真が存在すると思うのですが、少しでも早くその青写真を完成させられるように私に出来ることは何なのか。
    愛、調和、一体感、平和を体現したい。そのために、一日一日を誠実に生きていきたいです。

  5. 参考になった(1)

    私たちを分断しようとする企みに、騙されないことがだいじですね。

    >「地球市民」
    アンサイクロペディアに載ってる概念がこびりついて
    この言葉にあまりいい印象はありません。
    あ、これも騙されてる?(笑)

  6. 参考になった(2)
    わらうりうまうみ on

    先生の繰り返し繰り返しのお話、自分の心の中にあるものを解決すること。
    外に逃避しないで、自分の一番身近な人たちとちゃんと向き合って自分の心をみつめることが、ずっ~とずっ~と大事。
    ある日、玉ねぎを刻みながら“玉ねぎは何も文句を言わないで刻まれている、なのに私達は…”と思っている自分がいました。
    ありがとうございます。

  7. 参考になった(1)

    わかっているつもりで、何もわかってなかったなあ。。。
    正月早々パンチをくらいました。

    しっかり自分の心をみつめてきたいです。
    竹下先生ありがとうございました。

  8. 参考になった(4)

    この講義を聴きながら、「資本主義を超えて」を読んでいます。20ページ程度読んだだけで、気が狂いそうになりました。どうすれば、良いのでしょうか・・・、日々の行動で腑に落ちるようにできるのか試されている気がします。この満ち足りた生活の中でどうすればよいのか、わかりません。

  9. 参考になった(1)

    誤った自他の区別をするのではなく、すべてが自分であると、みんなで一つあると深く悟れるようになりたいです。

  10. 参考になった(3)

    先日の窃盗罪で服役中の中国人の脱走の事件について思いました。
    窃盗団→中国人→危険な民族
    という風に見ていなかったか?

    悪はあなたなんじゃない?
    この言葉が深く胸に突き刺さりました。

    犯罪を擁護するわけではありませんが。。。
    過度なグローバル化の行き着いた先の出来事なのではないか?

    自分の中の悪を本気で浄化して、すべての生きものが平等に安心して
    暮らせる社会にしたいと心から思いました。

  11. 参考になった(3)

    あらゆる生命存在は、実存価値を持っているという宇宙的価値観を持っていたアイヌ、アボリジニ、インディアンなどの人々。
    彼らを滅ぼしたグローバリズムの愚かさから正しく復興するための光となり得るブーメラン攻撃の本質が説かれています。
    今の私に、日本人に、そして地球人に必要な叡智をいつもありがとうございますm(_ _)m

  12. 参考になった(5)

    講義内容に全くもって同感です。

    自分の心の中を見つめ、人間一人一人が気付いていく。
    その為には知らなければならない。
    狂った思想や、情報操作に。
    自分の中にある差別意識に。

    私たちは世界家族だ。
    しかし、言葉だけでは、どうにもならない。人類皆兄弟と言って、全く反対の行為をしたり、平和を連呼して世界を破壊する方向に導いたりするから。

    世界が宇宙が一体であることを身を以て感じ、そして生きていく。
    自分からそうする。

    もっと世界のことを真剣に知らねばならないと痛感しました。

  13. 参考になった(1)

    文明の利器といったものと暮らしているのは
    世界人口のわずか20%に過ぎないということを
    本で読んだことがあります。

    自然破壊や他の人の犠牲の上で
    私たちの生活が成り立っていることを思うと
    この異常事態に真剣に向き合わなくてはいけないと
    つくづく思います。

    世界情勢だけに意識を向けていると
    つい支配者に対する怒りだけが増幅してしまいますが、
    ほんとうに平和を望むなら、
    人間としてまずきちんとした哲学を学び
    常に自分の心を見つめる事を忘れないように
    したいと思います。

  14. 参考になった(0)

    経済と、神の存在とを繋げて考えるのは始めてでした。当然であったはずなのに、大変美しい、泣きたいほど美しい前提だと思いました。

  15. 参考になった(0)

    竹下先生 こんばんは。

    ぴょんぴょん先生の記事の中のリンクから来ました。ぴょんぴょん先生の記事素晴らしかったです!
    で、この講座も素晴らしかったです!竹下先生の言われていることは良く分かります。
    ビンビン響いてきました!すごく大事な根源的なことをお話されていました。
    ありがとうございました!
      (=^・・^=)

  16. 参考になった(1)

    『一番大事なのは人間ではない』

    深く同意します。

    あるとき、結束した稲わらに脚をとられていたカエルを助けたとき、私自身とカエルの命の重さに違いはない、と気づきました。
    神さまに感謝しました。

    竹下先生のおっしゃるとおりです。
    すべての人類に聴いてもらいたい講義でした。

  17. 参考になった(1)

    今日は世界フェアトレードデーと知りました。
    この日にピッタリな素晴らしいお話が聴けたこと心から感謝申し上げます!! 

    色々な大切なお話しの中で、世界中がコロナさんで大変な状況だからこそ…これから先の未来が本当に平和で幸せに生きられる世界に変わるために必要なこと、どうしたらそう出来るのか教えてくださって、ありがとうございます! 
    どうしたら地球に住まわせていただいている命全部が、同じ平等な命として尊重し合う世界になるのか、まず頭で知ることができて良かったです。
    自分の心にブーメラン沢山して腑におちる日が来ますように

    すごく大事で重要なお話、世界中の聴きたい方が聴けるといいのにな。。。。と想いました。
    いつの日にか英語の文字起こしが選択できると、また素晴らしいなぁと♪ふと想いました^^

  18. 参考になった(0)

    素晴らしい講義でした。今、日本を含め世界中が変わろうとしている時に、何が大事か、何をするべきか。
    私は自分の心としっかり向き合っていこうと思います。