宗教学講座 初級コース 第120回 密教(宗教の混沌)


【映像時間】

95分[500円+税]

【内容の一部紹介】

僕の感想というかまとめという形でお話ししたいと思います。
インドのヒンドゥーの聖地バナラシの沐浴場。ヒンドゥー教徒であると、一生に一度はここに来て沐浴したいと思っているようです。実は同じ場所なのですが、沐浴をするそのすぐ隣で死体を焼いていたりする。ここで死んで死体を焼いてもらって灰をガンジス川に流してもらえると天国に行けると信じられているのです、信仰として。それでそれを望んでいる。そういう言い伝えによって是非ここで灰を流してもらいたいと思っている。
イギリスが統治したときに、あまりにも非近代的でグロテスクなのでやめさせようとしたんですが、現地の人たちの反対が強くてできなかった。

「密教」の著者松永有慶さんは、宗教の良い面を見て評価するという態度の方なので、マイナスの面があるにしてもその中にプラスの面があって、プラスの方向で悟った人もいるはずだという観点から本が書かれているわけです。肯定的な見方をしているのですけれども、僕はどちらかというと否定的に見ているわけで、これはこれまでの霊的な秩序の混乱というのがそのまま出ていると思うのです。インドの国の中に、そして世界の中に表れているんだと思うのです。

(講演内容を元に編集:文責シャンティ・フーラ)

参考)ブログの「イナゴの佃煮」についての余談は10分ごろからです。
参考)世界を変えるための方法「ブーメラン攻撃」についての余談は51分ごろからです。

Share.

About Author

9件のコメント

  1. 参考になった(1)

    良かったです!

    人間としての心のありようを、再度教えていただきました。

    人の好き嫌いについて、それはないほうがいいんじゃないのかなと思ってましたが
    基準を「心の美しさ」に持ってくるというお話に納得できました。

    ガリレオ先生にお会いしてみたいです^^

  2. 参考になった(2)

    自分の心を見つめなおしたいと思わされる深いお話が満載でした。

    「自分を深く知れば知るほど、深いところが開いてきて他の人と比べる必要がなくなる。外のもので比較すると惨めになる。一番大切なものは比較ができない」

    自分の中の比較ができない一番大切なもの。それは、人間より下の存在だと思われている動物や昆虫や植物や鉱物の中にあるものとなんらかわりがないのですね。。平等心に貫かれた世界観にいつも心を清められます。ありがとうございました。

  3. 参考になった(1)
    わらうりうまうみ on

    負の連鎖は色々なところで感じます。
    誰が悪いのかと思っておりましたが、最近では誰も悪くないなって~。

    「自分の心を変えて、自分の心が差別心がないように平等心に貫かれているように生きるということですね。そういうように日々精進する。そうすると急速に世界が変わっていく。」

    自分ですね。
    ありがとうございます。

  4. 参考になった(1)

    ブーメラン攻撃がよく理解できました!

    私も一撃が加えられるようになりたいです。

  5. 参考になった(1)

    イナゴ佃煮・・私は多分美味しくいただけそうです。
    以前TV番組で色々な昆虫を料理されてましたが
    コオロギの足が一番美味しい!と言われてました。
    カブトムシ幼虫は土を食うので一番不味い虫だったかと・・!
    ブーメラン攻撃しつつ昆虫料理も研究しようと思いました。

  6. 参考になった(1)

    なんでこんな宗教の矛盾に気づかなかったのだろうと思ったとき、自分の差別心に愕然としました。。
    あらゆるものに平等心を持っていると、そのものがそのままに見えるのですね。。
    わたしのこんなコメントには何の説得力もないというのが書いていてわかりました。
    真に平等心に貫かれている竹下さんの講義を是非聴いて下さい。
    深く響きます。激震です。。

  7. 参考になった(1)

    私がずっと、どう理解すればいいのかと悩んでいたことの答えを教えて頂きました。
    いつも本当にありがとうございます。

  8. 参考になった(2)

    戦争、犯罪、虐待、貧困、飢餓、環境破壊などこの世界の苦しみのほとんどは、差別心(利己主義、排他主義、人間中心主義など)に起因しています。人間が平等心(すべてのものに対する敬意)を持って生きれば、この世界の苦しみのほとんどは解消すると思います。

  9. 参考になった(2)

    全ての生命に対して平等心を持つことの大切さをわかっていても、
    牛や豚に対して家畜だと連想してしまったら、
    まだまだ自分の心の中には生命に対する差別心が根付いているんだなと
    思います。
    頭で理解することはできても、心の底から平等心を持つためには
    常に自分の心を見つめる必要があると思いました。