映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 初級コース 第120回 密教(宗教の混沌)

41 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 5 (41 人の評価・計 203 点)
僕の感想というかまとめという形でお話ししたいと思います。 インドのヒンドゥーの聖地バナラシの沐浴場。ヒンドゥー教徒であると、一生に一度はここに来て沐浴したいと思っているようです。実は同じ場所なのですが、沐浴をするそのすぐ隣で死体を焼いていたりする。ここで死んで死体を焼いてもらって灰をガンジス川に流してもらえると天国に行けると信じられているのです、信仰として。それでそれを望んでいる。そういう言い伝えによって是非ここで灰を流してもらいたいと思っている。 イギリスが統治したときに、あまりにも非近代的でグロテスクなのでやめさせようとしたんですが、現地の人たちの反対が強くてできなかった。 「密教」の著者松永有慶さんは、宗教の良い面を見て評価するという態度の方なので、マイナスの面があるにしてもその中にプラスの面があって、プラスの方向で悟った人もいるはずだという観点から本が書かれているわけです。肯定的な見方をしているのですけれども、僕はどちらかというと否定的に見ているわけで、これはこれまでの霊的な秩序の混乱というのがそのまま出ていると思うのです。インドの国の中に、そして世界の中に表れているんだと思うのです。

宗教学講座 初級コース 第119回 密教(金胎不二)〜数学的観点から見たもの〜

41 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 5 (41 人の評価・計 203 点)
前回は抽象的に金剛界と胎蔵界のマンダラの構造的関係がホログラムとフィルム、出てくる映像、そういう関係ではないかと表現したわけですけど、今日はもう少し具体的に見ていきたいと思っています。 漸化式:f(Z)=Z^2+c,(※^2は2乗を表す)、Zo=0 複素数の漸化式に次々に代入していくと、どんどん値が変化します。それを反復していくと「c」の値によっては複素平面上で無限の方に画面から消えてしまうものもあるんです。けれども消えないもの、無限大に発散しないという条件を満たす「c」全体が作る集合が、不思議なことに「やつ(マンデルブロ集合)」になる。 これはものすごく不思議で、誰も知らなかったわけです。 マンデルブロ集合の動画で、どんどん拡大していくと、宇宙のようなものが現れて最後に「やつ」が出てきたのですが、「やつ」が結跏趺坐している。花弁が8枚ある、中台八葉院だ! 8枚の花弁にひとつひとつ仏様の絵を描いたらまさしくマンダラになる。マンデルブロート集合は中台八葉院で胎蔵曼荼羅なんだとなんとなく思ったのです。宇宙の全体を表現しているわけです。 追記)講義の中で、竹下氏が提示したかった図を掲載いたします。 胎蔵界曼荼羅の中台八葉院 マンデルブロ集合に表れる胎蔵曼荼羅の「中台八葉院」に酷似した画像 通達菩提心の図(宗教学講座第118回より) マンデルブロ集合

宗教学講座 初級コース 第118回 密教(両界曼荼羅)

41 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 5 (41 人の評価・計 203 点)
前回金剛界曼荼羅、前々回胎蔵曼荼羅を説明したのですが、空海は「金胎不二」といって、二つの曼荼羅を一体のものと捉えているわけです。それがどういう意味なのかということを説明したいと思います。ここの部分を明快に説明している人を見たことがない、特に金剛界の方がみんなには分かっていないのだろうと思っています。 今日は構造的な部分を説明したいと思っているんですけれども、NHKで「空海」という番組をやっていて、僕が言いたいことの核心の部分を言っているところがちょっとあるのです。それを説明したいがためにずっと最初から準備していたことに気づくはずです。 ようやくフラクタルやホログラムといった現在の科学、数学の知見を通して、一般の人が知的に理解できるところまで人類の知性が上がってきたということだと思うのです。

宗教学講座 初級コース 第117回 密教(金剛界曼荼羅)

41 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 5 (41 人の評価・計 203 点)
前回は両界曼荼羅のうち、須弥山思想に基づく胎蔵曼荼羅を説明した。今回は、残りの金剛界曼荼羅の構造を解説する。一般的な解説に止まらず、私(竹下氏)には明らかだが、不思議なことに本では探しても出てこなかった、チャクラ・クンダリニーの視点からの解説も加える。

宗教学講座 初級コース 第116回 密教(胎蔵曼荼羅)

41 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 5 (41 人の評価・計 203 点)
文章では分からない密教の世界観は、絵として表現された曼荼羅を通して理解できる。既に核心に当たるフラクタル構造は解説したが、金剛界・胎蔵の違いをはじめ、より詳細な部分をこれから3〜4回の講義で説明していく。今回は胎蔵曼荼羅の構造について、一般的な解説に含まれる誤りを論証し、新たな理解を提示したい。

宗教学講座 初級コース 第115回 密教(四度加行)

41 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 5 (41 人の評価・計 203 点)
これまで密教について話してきた。今後は密教の本質が集約されている曼荼羅の構造について解説していくが、今回は、その前段として密教の修行体系を概観する。また空海などの無理解や妄想についても率直に指摘していきたい。密教の修行をしている方が見ても驚く内容を扱うつもりなので、参考に見ていただきたい。

宗教学講座 初級コース 第113回 密教(密教の伝播)

41 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 5 (41 人の評価・計 203 点)
シリーズとしての大乗仏教は前回で終わり、今回から密教を解説していく。密教は大乗仏教とヒンドゥー教の間にほぼ区別がなく、本講座では「・・教」という枠組みにとらわれず、広く密教を捉えていく。今回は松長有慶著「密教」をテキストとして密教全体の大きな流れを見ながら要点を押さえる。

宗教学講座 初級コース 第112回 大乗仏教(禅:禅の思想)

41 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 5 (41 人の評価・計 203 点)
前回は「臨済録(岩波文庫・絶版)」の内容を少し検討した。今回は、まずホームページ「禅と悟り」の第3章より文章を拾い、禅の思想を解説する。後半は臨済宗において特徴的な公案(隻手の声など)について詳しく考察していく。

宗教学講座 初級コース 第111回 大乗仏教(禅:臨済録)

41 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 541 votes, average: 4.95 out of 5 (41 人の評価・計 203 点)
今回と次回のニ回は禅について話す。日本では大きく二宗派が知られ、一方の座禅を行う曹洞宗に比べ、他方の公案・禅問答を含む臨済宗の方が解り難いと思われる。従って、ここでは臨済宗を中心に話す。今回は岩波文庫「臨済録(絶版)」より一、二、三、四、十九の話を題材とし、話しの面白さを味わいながら「禅の悟り」や「喝」の意味を解説していく。
1 2 3 4 5 6 7 8