映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 初級コース 第221回 秘密伝承(テンプル騎士団と秘密文書)

26 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 5 (26 人の評価・計 130 点)
今回は、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」の中から部分的にテキストとして取り出し、テンプル騎士団と秘密文書について見ていく。加えて、「封印のイエス」から重要な部分を取り出し、フリーメーソンとの関係や秘密文書の影響力、また秘密伝承の中の偽装やハイアラーキーたちの壮大な隠蔽工作の一端に触れる。

宗教学講座 初級コース 第220回 秘密伝承(テンプル騎士団と聖杯物語)

26 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 5 (26 人の評価・計 130 点)
前回から「マグダラとヨハネのミステリー」という本に沿ってテンプル騎士団について解説をしている。今回はテンプル騎士団が手にしていた秘密、そして彼らが何を伝えようとしたのかという全体像を見ていく。本質的な部分に関しては次回からの講義で、詳細に追求して行く。

宗教学講座 初級コース 第219回 秘密伝承(テンプル騎士団の創設)

26 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 5 (26 人の評価・計 130 点)
テンプル騎士団の創設に関与した者たちは、なぜ北の方の地域に集中していたのか。表の歴史だけでは解明出来ない謎や隠された真実を、歴史的遺物や伝承を総合的に検証して明らかにしていく。

リストラなんか恐くない(質疑編)

26 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 5 (26 人の評価・計 130 点)
「リストラなんか恐くない」の講義に対する質疑と応答。 幾つかの質疑を通して、他人や自分自身に対する欲求や正しい対処の仕方。また、本当に幸福になれる価値観、他人からの評価や才能について、疲れない正しい働き方についても触れた内容となっている。

リストラなんか恐くない(講義編)

26 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 5 (26 人の評価・計 130 点)
今回のテーマは「リストラなんか恐くない」ということで、これは非常に難しい問題である。実際問題として、リストラというのは非常に大変であることは事実であるし、必死にならないといけない。しかし、一生懸命生きることと、それが恐いということは違うことである。リストラという逆境を乗り越えることで精神的には成長するチャンスであるし、家族と向き合い真剣に生きる努力をした人には素晴らしいチャンスになる。また、今の世界情勢を理解し、私達が進むべきヴィジョンを持つことで、リストラを生き抜くことができる。

宗教学講座 初級コース 第218回 秘密伝承(カタリ派の思想)

26 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 5 (26 人の評価・計 130 点)
前回はカタリ派の概要とアルビジョア十字軍による弾圧ついて説明をした。今回はカタリ派の思想がどのようなものであったかを解説する。カタリ派の思想は、グノーシスの思想がそのまま宗教となったものである。グノーシスはこれまで詳しく解説してきたので今回の内容は理解しやすいと思われる。

宗教学講座 初級コース 第217回 秘密伝承(異端と十字軍)

26 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 5 (26 人の評価・計 130 点)
引き続き、「マグダラとヨハネのミステリー」という本から要点を取り出して解説をしていく。本の著者と私(竹下氏)の考え方はかなり違うが、示唆に富む重要な内容を含む。この中から、現代の陰謀と言われているものの全体像を把握するために、今回はマグダラ崇拝について更に詳しく説明をしていく。

ホツマの神々 天界の改革の全体像(2)[後半]

26 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 526 votes, average: 5.00 out of 5 (26 人の評価・計 130 点)
前回に引き続き天界の改革の様子を解説していく。天帝や高い地位に就いている者たちが「心の綺麗な者を役職に就ける」という骨子から外れた行為をしてきたため、様々な事件が起こる。このために全ての者たちに公平な捜査が行われ、裁きが断行されていく。裁きを受け転落していく者たちの様子から窺える、下のシステムの様子や魂の消滅についても、具体的に彼らの名前を挙げながら明らかにする。
1 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 65