宗教学講座 初級コース 第54回 ヒンドゥー教(バクティ・ヨーガ1)

試聴映像

映像を観る

時間
80分
価格

概要

前回カルマ・ヨーガを説明した。今回から3回バクティ・ヨーガについて話す。ここでは極端な例には触れず、自然な意味合いで人間として成長していく、より優れ、バランスのとれた例を紹介し、バクティの本質に迫る。余談として、天界の竹下氏とヒカリハナツミ様の学園(以下「天界の学校」と略記)の事を紹介する。

目次

1.ラーマクリシュナのバクティについて (00:00:00)

有名なラーマクリシュナの「インドの光 聖ラーマクリシュナの生涯」を読めばバクティの一面が分かるが、極端過ぎて勧められない。ここでは、自然な思いの発露から成長していくバクティの例を紹介していく。

2.激しい愛:ミーラー・バーイー (00:01:30)

まず女性のバクタ(バクティ・ヨーガの行者)、ミーラー・バーイーの生涯、詩を紹介する。そして竹下氏が知る、天界における彼女の経歴、今現在までの経緯を語る事で、波動が動物レベルの「愛」は実質「恋」であり、幸せになれない事、愛の相を上げる事でどんどん美しくなれる事を示していく。

3.愛は死を超越する:タゴール1 (00:17:25)

次に、バクティの大詩人タゴールを取り上げる。本講に最適な彼の詩を題材とし、人が死を自覚して生きる事の重要性、そして愛が死を超越する事を説く。また詩を翻訳する事の空虚さ、彼もミーラー・バーイー同様、天界の学校の生徒である事などを話す。

4.超難関校、天界の学校の紹介 (00:34:01)

余談として天界の学校の在校生、卒業生を紹介。また入校基準、竹下氏のガールフレンド合格基準などを公開する。

5.タゴール2 (00:50:09)

ノーベル文学賞受賞者、大詩人タゴールの前出の詩を遥かに超えるバクティの詩を紹介し、その本当の作者を明かす。

6.淡い期待:ユウヒメミコ様 (00:58:48)

ユウヒメミコ様が霊導されたCD「ピュア」(ヘイリー・ウェステンラ)には、ユウヒメミコ様が歌われた曲が1曲収められている。当事者にしか分からない、この曲の歌詞の意味を見ながらユウヒメミコ様の思いを辿る。

終わり(01:20:34)

※詳しい目次は、映像を購入してログインすると見ることができます。

参考文献

  • 「インドの光 聖ラーマクリシュナの生涯」田中嫺玉著、中公文庫
  • 「ヒンドゥー教 インドの聖と俗」森本達雄著、中公新書
  • 「タゴール著作集」、第三文明社
  • 「インテグラル・ヨーガ」スワミ・サッチダーナンダ著、めるくまーる社
  • CD「アマルフィ」サラ・ブライトマン
  • CD「ピュア」ヘイリー・ウェステンラ
99万、せれなさん、アルカイダヒメミコノオオカミ様、アルシノエ4世、イタリア語ヴァージョン、イーシュヴァラ、ウィル・ジェニングス、エネルエヱ様、カルマ、カルマ・ヨーガの極致、ギタンギャリ、クイズ!ヘキサゴン、クリシュナ神、クレオパトラ、グレース・ケリー、サティー、サラ・ボーン、ジェームス・ホーナー、ジル、タニヤ、ダイアナ妃、ドン、バクティの極致、バダーヴァリー(讃歌集)、パタンジャリ、パラ・バクティ、フェルナンド・リマ、フェルメール、フツヌシの神、マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン、ミス・ユニバース、メロディ―、ヨーガの先生、リズム、ルドヴィコ・エイナウディ、ヴァリアント・ソー、ヴィジョン、万能の天才、中国4大美女、人間レベルAn(4)、人間レベルMu(1)、人間レベルSw(2),神的レベルの超越、他化自在天、兄として、光、光の海から、凡夫、動物レベルSa(7)、動物レベル完成(8)、動物レベル超越(9)、句読点の位置、品格、声の質、天上、天界、太古の師達の師、夫婦の愛、子育て、宇宙人、完成度、微細身、徳目、悟り、愛と希望、抑揚、教育プログラム、敬愛、映画「タイタニック」の主題歌、木下優樹菜、木星の淑女、村上信夫、欲界、死の恐怖、永遠なるもの、無色界、理想の夫婦、生への執着、祝福、神、神として、神への愛、結婚、結界、絶世の美女、肉体の衣、胸の前、至上のプルシャ、舞ちゃん、色界、行、行間、贍部州、適切な距離感、金星人、隣人への愛、頭の前上、魂
Share.

About Author

3件のコメント

  1. 参考になった(4)

    「多くの人が自分は死なないと思っている」
    最近、あることで自分の死を強く意識するようになった私にとって、
    この竹下先生の言葉は、とてもタイムリーでした。

    自分の死を具体的に意識すると、
    思いがけなく動揺している自分がいて
    さらに見つめると、気付いていなかった欲がありました。

    自分の死を意識すること、本当に大切ですね。
    「死」がどんなことを教えてくれるのか、
    引き続き自分を見つめていこうと思います。

  2. 参考になった(1)

    とんとん拍子の出世の背後に、神の霊導があるとのこと。生前は無名で死後評価される人がいますが、当人の霊が働きかけているのかもしれませんね。

  3. 参考になった(2)

    タゴールの詩を愛する者にとって、これほどロマンティックで嬉しいお話しは無いと
    思います。自惚れや高慢、根深い我欲の嵐に打ち克つ力強さと、自分の弱さと戦う勇気を
    いただきました。ありがとうございます。愛しています。愛しています。