教育プログラム(5):徳目

試聴映像

映像を観る

時間
70分
価格
文字起こし

概要

「徳目」は、他とは違いすべての身体に関わる非常に重要なものである。「徳目」の16の要素の中にはヤマ(禁戒)・ニヤマ(勘戒)が含まれる事や、「徳目」の6つの波動の意味を理解すると、日常生活のあり方が大事であることがわかる。無名の女性、ゴータマ・シッダールタを始めとする宗教家の測定結果を考察する。

目次

1.前回までの復習と「徳目」に関する基本事項 (00:00:00)

前回までの内容を復習しながら、他とは異なっている徳目の基本事項について説明する。間違いやすい苦行と禁欲の概念、対になっている要素の概念を説明する。また、16の要素はチャクラの放出系、吸収系に分かれる。

2.徳目の6つの波動と測定時の要点 (00:16:04)

徳目の16の要素を計ると6つの波動が出て来るが、どういう風に出てくるのか。また、4つの身体にどう関わっていて、どのチャクラに対応しているのか。これらを踏まえ、測定時の要点と1つの要素の合格の基準を説明する。

3.16徳目の具体例(1)ドイツ空軍機を見上げる女性(「ロンドン空襲[1940]ドイツ空軍機を不安そうに見あげる子どもたち。」『世界史B』東京書籍より) (00:24:27)

世界史の教科書から無名である人の写真を選び、徳目の測定結果を提示する。全くの無名でも聖者と言うべき高い徳目の持ち主がいることがわかる。高い徳目を持つ人は、当然愛のレベルも高いということになる。測定結果の正しさを確かめるために、私(竹下氏)の正直の徳目を調べる。

4.16徳目の具体例(2)ゴータマ・シッダールタ (00:42:05)

叡智の人であるとされ、地球上で一番影響力が高いと思われるゴータマ・シッダールタの徳目の測定結果を提示する。この結果は信者にとっては受け入れ難いものであるが、個人的な主観ではなく誰が調べても同じ客観的事実である。その事実からありのままのゴータマ・シッダールタが浮かび上がる。

5.16徳目(顕在意識レベル)の具体例(3)宗教家たち(ゴータマ、クリシュナ、ラーマ、サナット・クマーラ、マイトレーヤ、イエス、マホメット) (00:58:50)

これまで出てきた宗教家たちの顕在意識レベルの16徳目の測定結果を提示する。そうすると、その生き様が徳目によって裏打ちされ明らかになる。中でも非常に特徴的な徳目の波動を持つマイトレーヤは、その特徴が、イエスを始め弟子であるハイアラーキーの覚者に受け継がれている。

終わり(01:10:16)

※詳しい目次は、映像を購入してログインすると見ることができます。

参考文献

  • 「世界史B」、東京書籍
コーサラ国、パーソナリティ、ブッディ、ブラフマン、ヨーガ・スートラ、リンガ・シャリーラ、ロンドン空襲、万有引力の法則、原因体、大乗仏教、幽体、微細体、植物レベル、消滅、潜在意識、無意識、理智、相対性理論、神智学、粗大体、素粒子、鉱物レベル、顕在意識
Share.

About Author

11件のコメント

  1. 参考になった(1)

    聖女のような美しい女性の正体は・・・驚きのラスト!
    前回は仏陀やイエスの評価に唖然として、ホントかな?という疑いもあったけど、今回はますます竹下先生を信じる方向に変わりました。自分の判定が不完全なので練習する必要を感じます。自分を知るのもコワいけど、名だたる方々のこの程度なら、少し安心・・してもいられないか!

  2. 参考になった(2)

    写真の女性の美しさに、ほっとする感覚があり、その他の耐え難い情報を受け入れざるを得ないと思いました。
    多くの者が人間レベルになっていない、ということから逆に、人間が人間らしくあれば、どんなにすばらしい世の中にすることができるのかということに思いをはせました。

  3. 参考になった(2)

    物凄く、美しい女性でした。
    常に、美しくありたいものですね・・・。

  4. 参考になった(2)

     先生の映像に巡り合ったのは最近のことですが、私にはちょうどよい時期だと、言い聞かせながら毎日映像をみています。 無我のお話では、私一人だけ助かろうとする心があった事を思い出します。己の姿に、気が付いていくのは落ち込む心との戦いのようなものです。最近、私って、魂あるのかしら?と、疑ってみたくなります。たとえ亡くなってしまっていても、今、生かされている間に、少しでも多く学びたい、知りたい、恐怖のもとには、どんなエゴが潜んでいるのか、突き止めてやるとまるで、悪あがきです。ガールフレンドのお話しは、ガラッと雰囲気が変わったので、心がなごみました。きれいな女性を見るのは、女の私でも悪い気はしません。むしろうれしいくらいです。ホッとします。

  5. 参考になった(3)

    禁欲とはセックスをしないという意味ではなく、自然な生活での性欲のコントロールとのこと。他の徳目と違い、これは中庸に近い概念に見えます。この場合、一旦中庸を達成したら、それ以上向上する余地はないように見えますが、禁欲にも動物レベル、人間レベル、神レベル……があるのはなぜですか?性や体を痛めつける行為に関しては中庸で、他は禁欲的であればあるほど、禁欲の波動が上がるということですか?あるレベルの中で、また、あるレベルからさらに上のレベルに、禁欲が上がるというのは具体的にどういうことですか?

    あと、自力だけで徳目を上げる場合、例えば、利他性がアナーハタ(人間レベル)の人がその段階における自然な利他的行為(当人にとって当たり前の行為)を続けるだけで、いつかヴィシュダに上がりますか?それとも、ヴィシュダに上げるには何らかの試練を突破する必要がありますか?

  6. 参考になった(5)

    久しぶりに教育プログラムを見ました。

    「識別」と対になるのが「離欲」
    恋をしていると痘痕も笑窪(あばたもえくぼ)欠点までよくみえてしまう。したがって識別力まで見  失ってしまうと仰っていました。
    本当ですね。恋に落ちると識別力がなくなってしまうもの。不安になってしまいがちですね。
    最初に500円を支払い映像配信を購入すると、こうやって過去の配信を何度でも振り返って見ることが出来るのでとても有難いです。波動の測定方法も毎回ながら非常に勉強になります。

  7. 参考になった(4)

    我々一般人は、世界的な宗教はもちろんのこと、有名人や芸能人や社会的成功者までもが、何か立派ですばらしい人間であるかのような幻想を持ってしまいがちなのですが(もちろん立派な人もいると思います)、竹下先生の映像配信を見るようになってからは、それは間違った考えなんだということを強く思うようになりました。そうではなく、人間としての本当の価値というのは、この徳目にあるのだということを悟りました。歴史的権威者や有名人というだけで騙されない、本物の人間としての価値を見る目の大切さを教えてくださった、竹下先生に感謝します!

  8. 参考になった(3)

    竹下先生  ありがとうございました。

    私の現在の状況は、カルマが出ていて精神的に厳しい状況にあるんですが
    (でも、竹下先生、シャンティ・フーラさんを知って、ガヤトリー・マントラの
    お陰で、実際には厳しいんですが、楽しく充実した生活が可能になりました)
    カルマは反面、徳目の修行をする為のようにも感じています。感謝するべきですね。
    でも、行動、口、ではある程度のコントロールは出来ますが
    意となると、相手へのネガティブな思いが勝手に湧いて来ます。
    あっまたこんなことを思ってる、またこんなことを考えてる、いけないな・・とは
    思うんですが。意でこのようなら、潜在意識では何を思っているのやら・・・
    自分にとっての最善策は、常にこの徳目を意識して、(今、気付いたのですが)相手への
    思いをポジティブなものに替えればいいわけですか。
    訓練して、思いを180度ひっくり返す。
    そうでした。このカルマのお陰で、竹下先生のところまで行きついたわけですから
    感謝あるのみですね。言うは易し・行うは難し・・ですが。
    ありがとうございました。

  9. 参考になった(4)

    思いついた時に、自分の徳目をはかって現在修正すべき行動はないかチェックしています。本当は定期的にした方が良いのかなと思いますが、項目が多すぎて‥‥。

    徳目の中で、一番気になるのが「正直」で、ついつい家族や気になる人の正直をはかってしまいます。「やっぱり‥‥」と思う事が多いです(笑)。

    幼い娘の顕在意識や身・口レベルの正直の相が、無意識や意のレベルと比べてかなり低いと、母である私が嘘をつかせてるのではないかと、自分の娘への態度を考えさせられるれます。徳目は他の愛の相や野心、カルマ等と違い、直ぐに行動に繋がるので、重宝してます。潜在意識や無意識、意のレベルも正しく生きて行く事で上がって行くと信じ、徳目が下がってる時は、行動を改めるサインだと思ってます。