賢い生き方、愚かな生き方(1)質疑

試聴映像

映像を観る

時間
55分
価格
文字起こし

概要

「賢い生き方、愚かな生き方(1)」の講義に対する質疑と応答。

目次

1.質疑① 国産品と海外のもの (00:00:00)

今、日本では生活物資がとても安くなっているが、それは中国などからの輸入によって初めて成立している生活品の安さだと思う。私達がそういう物を利用して安く生活をするということが、地球全体からするとプラスにはならないと私(質問者)は考えており、出来るだけ国産品で生活しようと思う。しかし、そうすると日本製品は高く、生活費がかかってしまい、かなり生活は厳しくなっていくのではないかという気がする。それについてどのように考えるか?

2.質疑② 林業の問題 (00:15:13)

山は、放っておいても日本の場合は木がある程度生えてくる。だから、林業を保護しなくても綺麗な水が流れてくるのではないか。しかし、山を守ることで水が綺麗になるという発想で、林業と水問題を絡めて運動が行われている。植林や間伐など、山を守る為に手を入れることが本当に必要なのか?また、植林する木の種類について、今から自然な山に戻すということは、照葉樹やケヤキ、紅葉といったものを植えていくことが自然にかえすことで、杉やヒノキを植えていくことは、やはり永遠に弊害を残していくことになるのか?

3.質疑③ パート労働の足かせ (00:43:50)

時給が650円ぐらいで働いていることに対して、それに甘んじていることはおかしいと言うが、パートは年収が130万円を超えると課税されるので、それが一つの足かせになっている。夫の扶養に入っている方が楽だし、保険料を枠を超えて払うには20~30万円稼がないと割に合わない。だから、このままでいいんだという意見が大半である。

終わり(00:55:24)

※詳しい目次は、映像を購入してログインすると見ることができます。

100年もつ家、2~3割増し、30年、6万円、お百度参り、がめつい、ぶどう園、りんご園、イギリス人、イノシシ、クレオソート、コンクリート、サイクル、シックハウス、シャガール、スーパー、ゼネコン、チベット、テレビ、ニンジン、バブル、パイプ、パート、ピーマン、ベートーベンの生家、マイホーム政策、モンゴル、ログハウス、ワークシェアリング、中国、中央集権国家、伐採、伝統、住宅政策、保護、個人契約、借金、公共事業、共存、共産党、冷蔵庫、化学肥料、医療団体、単作、原生林、国会議員、国内産、国家公務員、国産、土地のバランス、土地成金、土建会社、地位の向上、地方分権、地水対策、外国産、大工、大根、大豆、宅配、官僚、家づくり、専業主婦、小沢一郎、小豆、少数政党、山の復興、布基礎、年収130万円、年金、建築基準法、建築業界、役人、御影石、性能、愛着、扶養、投資、支援、改築、政府、政権、政治、政治献金、政界、日本人、日本製、昔の民家、時代の流れ、月10万円、有機農業、木造建築、林業、柱のサイズ、植林、業者任せ、欲しい物、気候変動、法律、洗濯機、洗脳、流通システム、消費者、混植、減反政策、減税、湿気、無力感、無所属、無農薬、熊、特注、独立基礎、環境問題、甘い汁、生活必需品、産業の空洞化、病害虫、白川郷の合掌造り、白神山地、目線をそらせる、社民党、福富、福富ダム、福富御殿、税制優遇、税金、種、第三次産業(サービス業)、策略、米、経営効率、経済活性化、経済的自立、経済破綻、給料、罠、腐る、自動車業界、自民党、自然災害、自然農法、自由党、複雑なシステム、西岡常一(にしおか つねかず)、規制緩和、規格品、誇り、課税、豊か、豪邸、財源、財産分与、賃金、賄賂、農協、農家、農業、農業政策、農薬、道路族、遺伝子組換え、野菜、金丸信の申し子、鋤(す)き込む、間伐、関心、阪神・淡路大震災、陳情、雇用、雇用対策、食料、食料危機、鹿
Share.

About Author

2件のコメント

  1. 参考になった(3)

    パートを減らして、家でグータラゴロゴロする毎日のお蔭か、娘と一緒に、ストレスも無く、主人にかける言葉が
    「すごい、パパ!ありがとう、パパ、❤」
    の連続になりました。主人もまんざらでもなさそうです。子育て中、これがわかっていれば、
    「130万超えると、、、それから、」
    と、イライラする事無く、罠に嵌る事もなく、
    「ゆったりと子育て出来たかも?」
    と、あとの祭りですが、、、女性の働きって、言葉一つにあると、今更のように感じてます。
    「何にも、欲しいものない!」
    って、一度でいいから、言ってみたいもんです。

  2. 参考になった(2)

    不要なことに多額の予算を配分するのに、誠実に生きている人には援助しない。政府だけでなく、ほとんどの組織でそうだと思います。野心がなく人を見る目がある者が配分を決定すべきであり、野心家や利権がらみの者は配分に関わってはいけません。