シャンティ・フーラのブログ

アーカイブ: 日誌(パータ)

[スタッフ日誌]第10回「上映会について思うこと4」
岡山上映会〜いましあわせかい

staffdiary-eyecatch-parta

第10回「上映会について思うこと4」
(担当 パータ こと 泰子)

 

 今回は岡山県倉敷市で活動されている、「いましあわせかい」さんをご紹介します。
美観地区  
ブログでの告知がないので、詳しくお伝えしたいと思います。

「いましあわせかい」の主催者といえば、高原さんと岡本さん
 福山の東洋医学セミナーの会場や夫の講演会場でいつもお姿を拝見していました。夫と息子が高原さんに倉敷でお世話になったお話は後半にお伝えします!

 

「いましあわせかい」さんのご紹介の中に、
・活動内容
「個と全体の幸福のために今をどの様に生きればよいのか。」をテーマに、夫婦と親子の絆を中心に学び、真の幸福を目指して活動しています。
・主催者の思いとして
「私が竹下先生と出会えた喜びを、まだ出会っていない人たちにも味わっていただきたい。ただ、そんな気持ちからの主催です。参加者の皆様と共に楽しく学んでいきたいと思っています。」

とあり、とてもありがたいと思うと同時に、そのお気持ちに応えるべく自分自身としても、きちんと生きて参りたいと思っております!

◆まずはもうすぐ間近2月22日(土)の上映会の御紹介!◆

(第18回)いましあわせかい主催の上映会

アイビースクエア

日時/2月22日(土)13:30~17:00(受付13:15より) 
会場/倉敷市玉島市民交流センター 2階 第5会議室
 ☆行き方:JR新倉敷駅から「玉島中央行」バス〜「文化センター」で下車
 ☆住所:岡山県倉敷市玉島阿賀崎1-10-1
 ☆地図はこちら: http://goo.gl/maps/IxHy
 ☆会場のご案内はこちら: http://www.tamashima-cec.jp/access

参加費/500円 (資料とお茶菓子付き)
問い合わせ/髙原[pb-encrypt]086-525-6886[/pb-encrypt] 岡本[pb-encrypt]090-5261-9633[/pb-encrypt]

 

~岡本さんからの情報~

「最寄りの駅は、新幹線 ・在来線ともに、新倉敷駅 です 。
新倉敷駅南口 よりバスで 玉島市民交流センター下車です。
会場の玉島市民交流センターは、出来て間のない新しく明るい建物です。
上映会は、いつも和やかな雰囲気に包まれての開催となっています。」

大原美術館

「玉島は 白桃、葡萄、スイートピー等の産地です。
桜の頃、 玉島の山は桃色に染まります。美しいです。
また、玉島には「良寛さん」の円通寺もあり 「しのうどん」 が有名です。
少し離れますが 倉敷駅の近くには 大原美術館、アイビースクエアに代表される倉敷美観地区 があり、1日散策できます。」

アイビースクエア2

上映内容/
1家族の絆~親子(8):愛情要求―竹下雅敏先生講演録
2家族の絆~親子(9):独立要求   〃

*次回以降は、3月16(日)、4月20日(日)です。
*いましあわせかいは、幸せに生きるための学習会で、どなたでもご自由に参加していただけます。また、どの宗教団体とも関係はありません。

 愛情要求と独立要求を満たすことは、子育ての中心となるとても大切なことで、夫の主張の中で最も中心になるものです。
 大人になってなお、どちらとも満たされていないと、様々な心の弊害となって現れてしまうのだなーと思います。もしこの要求を見逃すことなく子供に対応していくとどうなるか?それはとても心が満たされて、自分自身に不満の無い人間になれるようなのです。大人になった時、過剰に自分を評価してもらう必要がないので、自分が本当に好きなことをすることが出来ます。また心に余裕が出来るので、感受性が拡大し、才能を開く土台も出来てしまうようです。
 そういう子育てには大きなエネルギーの集中を必要とすることですが、その期間は自分や子どものその後の人生の期間に比べればわずかなものです。その努力を払うことで、少しでも人々の幸せが増大したらいいな!と思っています。

» 続きはこちらから

[スタッフ日誌]第8回「上映会について思うこと3」
山口上映会〜ひな豆の会

staffdiary-eyecatch-parta

第8回「上映会について思うこと3」
(担当 パータ こと 泰子)

 

今回は、山口県下関市で活動され ているひな豆の会さんのご紹介です。

ひな豆の会さんは、7名の方々で運営されています。各自に役割を分担され、会場準備、上映会中の気配り等、なかなかのもののようです。

dekiru2_r82_c1  
 また会場の 深坂自然の森 森の家下関の環境が素晴しいようです。
一度は訪れてみたいと感じます。
 ピア・レインボーのエリーさんが、昨年7月に参加された上映会の様子をご報告されており、 その記事でも、環境の美しさがよくわかります。

 

ひな豆の会さんの次回の上映会はもうすぐ!

『第24回 ひな豆の会』
misaka  
日 時 :2014年2月15日(土) 13:10~15:45 (受付 13:00~)
上映内容:
『 家族の絆~親子(19)叱り方褒め方(叱言の技術)』
『 家族の絆~親子(20)叱り方褒め方(体癖別の叱り方)』
場 所 :深坂自然の森 森の家下関2階(研修室2)
住 所 :山口県下関市大字蒲生野字深坂℡083―259―8555
会場へのアクセス : http://goo.gl/maps/ho6u
会場へのご案内 : http://misakanaturalforest.com/dekiru.htm
参 加 費 : 500円(小学生以下無料)
主 催 : ひな豆の会(お問い合わせフォーム: http://p2525.com/47897
※ 深坂の森は自然にあふれた山の中にありますので、どうぞ暖かくしてお越しください
※ 初めての方も大歓迎ですのでお気軽にお越しください  

 

さて、昨年10月14日の上映会には、シャンティ・フーラスタッフ・ミルキーユさんが参加しました。その時のご報告です。

ひな豆の会さんが上映会をされている「深坂自然の森」は、 
とても良い環境の中にあります。

どうしてこんなに素敵な場所が見つかったの~
これは、ひな豆さんスタッフのお人柄かな?

上映会は、ログハウス風の建物で木のぬくもりに包まれながら…
ひな豆さんスタッフの優しい対応で映像を見る事が出来ます。

主催者の方との連絡は殆んどがメールの為、初めてお会いするスタッフの方も
多かったのですが、直接お話しをすることで、お名前とお顔が一致し、
本当に行ってよかったと思いました。
又、お客様ともお話する機会を得る事ができ、ありがとうございます。

imagesCAY5F8TK  

ひな豆さんとお話して、ある共通点
(ここは内緒)
が分かり、親近感を得たのでした。

ミルキーユ

 

» 続きはこちらから

[スタッフ日誌]第7回「上映会について思うこと2」
広島上映会〜ピア・レインボー

staffdiary-eyecatch-parta

第7回「上映会について思うこと2」
(担当 パータ こと 泰子)

 

今回は、広島市での上映会主催者:ピア・レインボーさんのご紹介です。

ピア・レインボーさんの皆様は、夫が十数年続けていた広島「お話し会」という講演会などにいつも参加して下さっていました。
他の上映会の主催者の方々も、東洋医学セミナーの受講者であったりして、私はお顔だけは知っていたという具合だったのですが、今こうして2年にも渡り自主的に上映会を持続させて下さっていること、感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、1月28日は
賢い生き方愚かな生き方(2)の上映会でした。

piarainbow

  

ご案内の文章:「自分は幸せだといえる人って、どんな生き方をしているでしょうか。忙しい日々を送っている皆さまも、ちょっと立ち止まって本当の幸福について考えてみたくなる内容だと思います。」

当日の上映会後の感想:★今をどう生きるか考えさせてもらえるお話で、とてもいい内容だった!聞きにきてよかった。

 ピア・レインボーさんから:
「一般的に多くの人が求めている喜びが実は幸福からかけ離れているなんて!!お金との付き合い方、足らない事の幸福 ちょっと足りない事の幸せなど、無執着や知足の徳目についての説明などとってもわかりやすかったです。」とのことです。

ピア・レインボーさんのブログでのご報告はこちら  
↓  
http://piarainbow.blog.fc2.com/?no=284

2012_11_27-1831-31982

クリックで原画展の報告へ

  さて、ピア・レインボーさんといえば、中西征子さんの原画展(2012年11月)

 

 

130602-151303

クリックで講演会の報告へ

 

夫の講演会(2013年6月)での物品販売等で、シャンティ・フーラのお手伝いをしていただいたことがあります。

 

その手際のよいチームワーク、準備、終了後の打ち合わせ等のご様子は、発足まもない私たちシャンティ・フーラにとって、学ぶべきことが多くありました。 
また、ブログでもたくさんシャンティ・フーラのことを発信してくださり、大変感謝しています。

次回の上映会は2月18日開催の予定です

 テーマ:親子14背く子背かれる親~自発の力~上映時間77分
 日時 :2014年  2月18日(火)
 時間 :13時~(12時45分より受付)
 場所 :西区民文化センター3階 地図はこちら: http://goo.gl/maps/UV6U
 参加費:500円
 主催 :ピア・レインボー

ご興味のある方は、ぜひ参加してみてください。

私たち夫婦が人生で最も力を注いできた子育て!
福岡での夫の最初の講演のテーマが、 「子供たちの心を感じられますか?」で、また今続けている映像配信の最初のテーマも、「家族の絆〜親子〜」でした。

 

0_02_logo

「子供たちの心を感じられますか(1)」 
の無料の音声 (クリックで再生)

他のMP3(無料の音声と電子書籍)は こちら

これらの事が、少しでも皆様のお役に立てるのなら幸いだと思っています。

  検閲マーク-小

パータ こと 泰子

 

[スタッフ日誌]第6回「なぜムーミンタオルだったのか?」

staffdiary-eyecatch-parta

第6回「なぜムーミンタオルだったのか?
(担当 パータ こと 泰子)

皆様、今回のプレゼント企画は、ムーミンがいっぱいとなっております。
なぜムーミンなのか?

それは私のある体験が、かなわなかった思いを果たすべく無意識に取っている行動なのです!

息子が18歳の時、1人旅でイタリアに行きましたが、フィンランド航空での旅で、ヘルシンキ空港で給油したのでした。
給油中、空港には降りることが出来、そこにはムーミンショップがあったそうです!

「たくさんムーミンの商品があったよ~~!」

息子が買って来たのは、自分用の枕カバーだけ!

「なんで~~~? 自分のだけ?」

「だって、荷物が重くなるじゃない」

「まずいな、アホタ。お前とんでもないことをしてしまったぞ…わかるか?」

「そうみたいだね。ぼくの枕カバーをあげるよ」

「むだだ!おかーまたのために、わざわざフィンランドで買ってくることに意味があるのだよ」

「どうしてキーホルダーでも何でも大量に仕入れなかったのよ~~~!」

「実におそろしいことになったな。今夜の食事は覚悟しておいた方がいいぞ」

せっかく、フィンランドという異国の地に足を踏み入れながら、私へのお土産も無く…それ以来、ムーミン関連商品を見ると、手が伸びるのです。
今回もタオルを通販で買ってしまった!!

私達の世代の方はムーミンのテレビ番組を見て育ったはずです。
ねえ、ムーミン~♪、こっち向いて♪」って歌っちゃうかな?

もう1つ印象的な出来事は、中西征子さんが描いたムーミン作家のトーベ・ヤンソンさんの幽体のイラストを見た時!

トーベヤンソン2

「あ~~~!なんと可愛い美しさ!」

お若い時のトーベ・ヤンソンさん→

「似てる~~~!」

ムーミンが愛される理由がわかった
ような気がしました!

トーベヤンソン1

ちなみにシャンティ・フーラのスタッフ、ミルキーユさんは、

ミー

ミーが好き!

検閲マーク-小

パータ こと 泰子

Share.

[スタッフ日誌]第4回「上映会について思うこと」
関西上映会〜ココペリーナの風

staffdiary-eyecatch-parta

第4回「上映会について思うこと」
(担当 パータ こと 泰子)

 

2011年12月から始まった各地の上映会ですが、今3年目を迎えています。

広島市では、きらめきの花さんピア・レインボーさん、岡山県倉敷市では、いましあわせかいさん、山口県下関市では、ひな豆の会さん、関西では、ココペリーナの風さんが、それぞれに1~2ヶ月に1回のペースで、映像配信の内容を上映してくださっています。
皆有志で自主的に開催してくださっていて、私たちシャンティ・フーラのスタッフは皆、大変感謝しています。

これまでは開催の告知が中心でしたが、これからは開催後のご報告もしたいと思っています。

今回は
2014年1月13日に行われた「ココペリーナの風」さんの上映会です。

「ココペリーナの風」さんのご報告はこちらです。
とても詳しく楽しくご報告くださっているので、是非ご覧ください。

http://kokopellina.cocolog-nifty.com/

2dscf5505

当日はシャンティ・フーラのスタッフの白井美由紀も参加したのですが、開催者の山本さんと宮崎さんの丁寧な接客、息の合った動きに感動したそうです。
また、常連の方との信頼関係が感じられた上映会であったようです。

上映された内容は

「賢い生き方、愚かな生き方(1)」講義編 です。
以前より、MP3で音声のみを提供していましたが、皆様の要望により、映像として復刻させたものです。

お客様のご感想は

★十数年前のもので若干状況の変化はありますが、本質的には非常に大切なことが語られており、現在も心しないといけない内容でした。つくづく真理だなと感じます。

★基本的な世界観を明らかにしているので、聞きやすい内容でした。

» 続きはこちらから

1 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55