映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 初級コース 第129回 旧約聖書(モーセ五書)

37 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 5 (37 人の評価・計 181 点)
東洋の宗教哲学に続いて、今回から聖書とその周辺に関わる内容について講義をしていく。この講座は、一切何も知らないことを前提としている。今回も、聖書自体一度も読んだことがない人を対象に講義を進めていく。したがって、最初の数回は聖書に何が書いてあるのかというオーソドックスな見解から入っていく。

日本史講座 第2回(後半)古代イスラエルと日本の伝統文化

37 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 5 (37 人の評価・計 181 点)
前回はユダヤ教との密接な関係を、神社や山伏という日本古来の伝統の形式の中に見てきた。今回は形式だけではなく、精神性についても見ていく。また、秦氏の子孫の人たちの言説から皇室との関係性についても明らかにする。こういった歴史の正しい知識は、後の講義に繋がる重要なものである。

宗教学講座 初級コース 第128回 ギャーナ・ヨーガ(アートマン)

37 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 5 (37 人の評価・計 181 点)
前回はヴィヴェーカーナンダが不二一元論を説いた講話録「ギャーナ・ヨーガ」よりシャンカラの哲学と一致した講話を紹介した。今回は「アートマン」と題された講話を取り上げ、彼の論理破綻・支離滅裂さを十分に見ていただく。そしてヴィヴェーカーナンダの思想も含めたインドの宗教の根幹にある問題点を指摘し、今回をもって東洋の宗教を終える。次回からキリスト教など、向こうの方の宗教に移っていく。

日本史講座 第2回(前半)古代イスラエルと日本の伝統文化

37 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 5 (37 人の評価・計 181 点)
前回、私たちが日本古来の文化、伝統だと思っているものは、ほとんどがユダヤ教に端を発していることがわかった。それはキリスト教に改宗したユダヤ人たちが日本に持ち込み定着したもので、その役割を果たしたのが秦氏であろうと解説した。今回はその続きで、より明確に学者的視点で書かれている文献を基に、更に詳しく掘り下げ精査する。

宗教学講座 初級コース 第127回 ギャーナ・ヨーガ(絶対者と現象)

37 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 5 (37 人の評価・計 181 点)
今回は、スワミ・ヴィヴェーカーナンダが不二一元論を説いた講話録「ギャーナ・ヨーガ」より「絶対者と現象」を取り上げて、シャンカラの一元論の立場から中身を検証していく。この講話録はかなり難解な部類に入るのだが、これまで学んだ基本的な事柄を踏まえれば容易に理解できると思う。(ギャーナ・ヨーガとはジュナーナ・ヨーガ、知恵のヨーガのこと)

家族の絆 〜夫婦(82):サーカーの思想:ドゴン族の神話 〜

37 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 5 (37 人の評価・計 181 点)
前回、ピラミッドの構造はエネルギーの伝導のシステムを表現していて、それを正確に今に伝えているのがドゴン族の神話であるという事をお話しした。今回は、現代科学も及ばない驚異のドゴン族の伝承を詳しく見ていき、霊的な意味についても解説する。

宗教学講座 初級コース 第126回 不二一元論(アシュターヴァクラ・ギーター)

37 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 5 (37 人の評価・計 181 点)
前回までで、シャンカラの不二一元論の哲学的な解説を終えた。今回は不二一元論の最後として、ラマナ・マハリシ(以下マハリシ)も推薦した「アシュターヴァクラ・ギーター 真我の輝き」を取り上げ理解を深めていきたい。これは一元論の立場から悟りの境地を平易な詩で表現したものであり、この中から四つの詩(抜粋)を見ていく。

家族の絆 〜夫婦(81):サーカーの思想:古代エジプトの信仰 〜

37 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 5 (37 人の評価・計 181 点)
前回、アトランティス文明を解説する中で、その伝承を受け継いでいる民族がいくつか存在する事をお話しした。その中で、現代我々が目にすることができる唯一のものがエジプト文明である。今回は、ピラミッドや古代エジプトの宗教について詳しく解説する。

宗教学講座 初級コース 第125回 不二一元論(気づき)

37 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 5 (37 人の評価・計 181 点)
前回と前々回は、宮元啓一著「インドの『一元論哲学』を読む」からシャンカラ「ウパデーシャサーハスリー」散文篇の第一章「弟子を目覚めさせる方法」を見てきた。今回は、少し難しい部分を含む第二章「気づき」から最重要部分を一通り説明して不二一元論の哲学的な解説を終わる。

家族の絆 〜夫婦(80):サーカーの思想:アトランティス文明 〜

37 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 537 votes, average: 4.89 out of 5 (37 人の評価・計 181 点)
サーカーの思想を理解するために、紀元前1万5百年、或はそれ以上遡って古代史を見ていく時、アトランティス文明の存在を避けて通ることはできない。様々な説があり混乱しているが、プラトンの著述や数々の伝承、インターネット上の情報やエドガー・ケイシーがリーディングで見た様子などを取り上げ真実に迫る。
1 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 43