映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 初級コース 第82回 大乗仏教(中論:本体と現象)

21 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 5 (21 人の評価・計 101 点)
前回に続き、ナーガルジュナの基本的な立場を見ていく。今回の講義により、これまでの「永遠の本体(自性・スワバーヴァ)=幽体」とする私(以下、竹下氏を指す)の解釈の正当性と、ナーガルジュナによる自性の定義の誤りを納得していただけると思う。

宗教学講座 初級コース 第81回 大乗仏教(中論:最高の真実)

21 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 5 (21 人の評価・計 101 点)
今回から、この学問分野で最高水準の論文である梶山氏の「中観と空Ⅰ」の本格的な内容に入っていく。非常に難しい内容だが、これまでに十分準備してきたので何とか理解して頂けると思う。今回から三回の講義は、中論のエッセンスや重要ポイントをつかむことができる大事な部分である。

宗教学講座 初級コース 第79回 大乗仏教(中論:区別の哲学)

21 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 5 (21 人の評価・計 101 点)
前回までで中論の基本を一通り押さえたので、漸く梶山氏の名著「中論と空Ⅰ」をテキストとして本格的な内容に入ることができる。ただ今回は、ナーガルジュナの論法を明確に理解するために、彼が批判した説一切有部の主張とその誤りについてもう一度復習しておく。

宗教学講座 初級コース 第76回 大乗仏教(中論:空と縁起)

21 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 5 (21 人の評価・計 101 点)
ナーガルジュナは説一切有部を論破したつもりになっているが、実際には自性の定義を誤っていること、さらに「自性でない」と「自性がない」を混同したため議論が全くかみ合っていないことなどを前回説明した。今回は、この事をもう少し具体的に見ていく。(注:なお、前回に続きホームページ「 空の思想 --- ナーガルジュナの思想 ---」から文章を拾って説明していくので、一読しておくことをお勧めする。)

宗教学講座 初級コース 第75回 大乗仏教(中論:自性)

21 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 5 (21 人の評価・計 101 点)
前回は、中論・ナーガルジュナの導入部「帰敬偈」を解釈した。今回から本格的な内容に入っていく。ナーガルジュナは般若経で示された「空」のイメージを踏まえ、「空」を明確に定義したことで高く評価されている。しかし私(竹下氏)から見て中論には誤りが多く難解であるため、講義はゆっくり丁寧に進めていく。

宗教学講座 初級コース 第74回 大乗仏教(中論:帰敬偈)

21 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 521 votes, average: 4.81 out of 5 (21 人の評価・計 101 点)
前回まで、般若経を取り上げ大乗の基本的な考え方を説明した。今回から、大乗思想の二つの山(中論と唯識論)の一つ、ナーガルジュナの中論に入っていく。今回は最重要部「帰敬偈(ききょうげ:不生・不滅の縁起)」のみを解説する。