宗教学講座 初級コース 第127回 ギャーナ・ヨーガ(絶対者と現象)

【映像時間】

74分[500円+税]

【内容の一部紹介】

「ギャーナ・ヨーガ」(スワミ・ヴィヴェーカーナンダ著、日本ヴェーダーンタ協会)。ギャーナ・ヨーガとはジュナーナ・ヨーガ、智慧のヨーガのことです。講話としては相当レベルの高い内容です。いくつかあるのですが、その中で「絶対者と現象」という講話をとってこようと思います。不二一元論の観点から説かれているもので、検証をしてみたいと思います。インドの精神世界、宗教の中で、かなり難しい方に入るだろうと思います。ちゃんと分かっている人は少ないと思います。
今日、講義を聴いていただくと、実は非常に簡単なことが書いてあって、今までの知識をちゃんと理解していると、もっともなことが書いてあるというのが分かると思います。
これまでお話ししているように、シャンカラの一元論はものすごく単純で分かりやすいものなのです。「私」を「自己」という意味でとらえていて、それ以外には使っていないと理解していると、非常に簡単に分かるものなのです。ただ、多くの方は「私」と言ったときに「身体」とか「心」のこととしますので、そいういう理解をしているうちは、シャンカラの理論はひとつも分からない。だからヴィヴェーカーナンダも分からない。簡単に言うとそれだけのことなのです。
シャンカラの一元論では、宇宙と自己(絶対者)は無関係なのです。自己が自性(プラクリティ)を経由して宇宙になるとは、一元論では考えないのです。前回、宮元啓一さんが言っているように、昔のヴェーダは流出論で、ブラフマンから宇宙が流出したと考えていたのです。それを否定しているのが一元論なのです。

(講演内容を元に編集:文責シャンティ・フーラ)

Share.

About Author

2件のコメント

  1. 参考になった(0)

    全知は全能の一要素と考えられます。全能であるものは、どう考えても存在し得ないと思います。全知であるものは、少なくとも論理の世界の内側には存在し得ません。もし存在するなら、論理の世界の外側に存在することになると思います。

  2. 参考になった(2)
    めいこちゃん on

    竹下先生の講義は具体的で理解しやすく頭がクリアーになります。ありがとうございます。(正座)
    言葉のちゃんとした明確な理解は本当に大切なのだと思い知らされました。

    わたしは神である。
    高位の神々に祈る。などなど、、、

    という関係性がよくわからなかったのですが、それは、ジュナーナとバクティの神に対する意味の違いだったのですね。
    自己、観照者、真の自己、、、在るとしての三位一体の表現に感動してしまいました。