宗教学講座 初級コース 第250回 秘密伝承(チベット死者の書2)

【試聴映像の内容】
  • 1.チベット密教の死後の世界:シパ・バルドゥ
  • 2.界層表で辿る死後の世界
  • 3.ヤマ王の裁き〜"ヤマ王の現出"との違い〜
  • 4.チベット密教の囚われ

【本編の映像時間】

107分[500円+税]

【概要&目次】
前回は、死後の世界の前半の二段階、チカエ・バルドゥとチョエニ・バルドゥを説明した。今回は三段階目の再生の中有、シパ・バルドゥを解説しチベット死者の書の全体像を掴む。果たしてチベット死者の書は、実際に死後の世界のガイドとなり得ているのか。チベット高僧の転生を例に霊的科学の視点から考察する。
1.第三段階 シパ・バルドゥ〜再生へ向かう迷いの中有 (00:00:00)
  • 第一段階チカエ・バルドゥ、第二段階チョエニ・バルドゥを経た後、第三段階のシパ・バルドゥで他化自在天から瞻部州に下りるまでを説明する。ここでも幻影を体験するが、それは別の段階の体験と重複している。それはなぜか。
2.霊的科学の視点で読み解くチベット死者の書の理論 (00:14:00)
  • 界層や次元の概念で、各バルドゥの体験やそのプロセスを見ていく。また、3次元の私たち人間の身体の構成や転生の特徴についても詳解する。この視点からチベット死者の書を見ると、非常に明確に、論理的に作られているものであることがわかる。
3.第三段階 シパ・バルドゥ〜再生のプロセス(1)物質界へ入る (00:29:53)
  • ここから物質世界へ入って行き、生まれ変わるということになる。チベット密教では肉体としての再誕生を避けた方が良いと言う。それはどんな考え方によるのか。厳密に存在する天界の秩序から見た仏教の思想とは。余談として、宗教がいかにこの世界を混乱に陥れていったかについて触れる。
4.第三段階:シパ・バルドゥ〜再生のバルドゥ(2)再生への入胎を避ける方法と胎の選択 (01:02:44)
  • 実際に生まれ変わらないための方法とはどういうものか。胎に入らなければならない場合には、どうやって良い胎を選ぶのか。最後にまとめとして、チベット死者の書の全体像を復習する。
5.チベット密教の導師カル・リンポチェの辿った転生の過程 (01:16:51)
  • これまで説明してきた転生の理論は、ほとんどの地球人には当てはまらないレベルのものである。高僧カル・リンポチェが死後どうなったのか、どんな転生の過程を辿ったかを調べると、説かれているルートを全く辿っていないことがわかった。実際に詳細に見ていく。
6.自分(竹下氏)の本来の進化段階から見えた地球の宗教のレベルとこの世界の現状 (01:39:38)
  • 地球上の宗教のレベルはあまりに低く、宗教で理論付けが可能なレベルではないため、その理解は非常に困難だった。自分(竹下氏)が本来の進化段階を取り戻した後わかったのは、霧と闇に覆われ何もわからなくされてしまっているこの世界の驚くべき現状だった。正しいことをお伝えするためのこれからの講座の流れをお話しする。
終わり(01:47:17)

【参考文献】
  • 「チベットの死者の書」川崎信定翻訳、筑摩書房
【キーワード】
731部隊、A級戦犯、K、「シークレット・ドクトリン」、「マイトレーヤの使命」、あべぴょん、アストラル体、アッラー、アフリカの神、イスラエル、エジプトの神、エーテルダブル、オウム真理教、オニャンコポン様、カーギュ派、ギリシャの神、コーザル体、サナット・クマーラ、サーンキヤ哲学、シャンバラ、シリウスシステム第5レベル、シリウスシステム第3レベル、シリウス第1レベル、ジェイコブ・ロスチャイルド、スウェーデン・ボルグ、チョエニ・オェセル、ツェリンマ、ニャニャニャンコポン、ヌード写真、ハイアラーキー、ハルマゲドン、バクティ、パーソナリティ、ビキニの水着、フリーメーソン、ブラフマー天、プラーナ、ベンジャミン・クレーム、ホワイトドラゴン、ポタラ宮、マイトレーヤ、マヤ・ヴィルーパ、ミラレパの十万歌、メンタイル体、ヤマ王、ユダヤ人、レプティリアン、ロックフェラー、三禅天、世界三大宗教、中丸薫、五摂家、人、仙界、児玉、児玉誉士夫、兜率天、八咫烏、出雲宮司家、前田五郎、十二縁起、双子の魂、吉備太秦、吉備真備、四天王天、四禅天、国津神、土星、地、地底人、地獄、堀川辰吉郎、夜摩天、大室寅之祐、大梵天、天、天照大神、寂静尊、岸信介、平成天皇陛下、幽体、彦火火出見尊、微細体、忍穂耳尊、忿怒尊、愛の創造神の第5レベル、憲兵、戦争責任、昭和天皇、気、水、波動、渚武鵜葺草葺不合命、満州国、潜在意識の波動、火、火星、無間地獄、物質次元、特高警察、瓊々杵尊、畜生、白日昇天、白龍会、皇太子殿下、瞑想体験、瞻部州、神智学、神武天皇、神霊、禅定、秦ファミリー、空、第三次大戦、笹川良一、聖徳太子、聖武天皇、色上姫浅子、薩摩ワンワールド、藤原家、裏天皇、裏神道、観自在菩薩、金星、銀河連邦、阿修羅、霊的次元、顕在意識、餓鬼、魂、魔世界、4億5千万年前

Share.

About Author

18件のコメント

  1. 参考になった(11)
    ブルースター on

    竹下先生、誰からも教えて貰えないであろうお話を知ることができ本当にありがとうございました。このことを知ってこの世を生きる、今どうすればよいか本当に分かったような気がします。また以前に質問の回答として「私は幸福になるための方法を教えており、それは心の浄化以外にありえないと常に言っています。ただ、浄化の先に何があるのかという意味で、私の知っていることをできるだけ正確にお伝えしようと思っているだけなのです。」という言葉がありました。みえない世界はもとより竹下先生が転生された状況も今までと違った感覚で深く知ることができました。

  2. 参考になった(5)

    次元としてみると3.0次元の地球は地獄界の一歩手前で、かなりしんどい世界なのだなぁとふと思いました。
    弱肉強食原理のこの世界の波動がより良くなっていくことを願うばかりです。

    死後の世界で人は実際のところどのような過程をたどるのかをに解説してくださったので、大変興味深く動画を拝見できました。

  3. 参考になった(6)
    ぴょんぴょん on

    スッゴいお話しでした。
    絶対によそでは聞けない内容です。
    死後の現象について、科学的な説明を聞いたのは初めてです。
    ホラーでもファンタジーでもなく、実利的にどういうことが起こるのか。
    そうだよなあ~ごもっとも、という印象でした。

  4. 参考になった(8)

    死んだ後の意識の行方が朧げに理解出来ました。物質世界も突き詰めると複雑ですが意識の世界も複雑なルールのようなものがあるように感じました。四十九日の意味が分かりました。
    中級以降は更に高度な理解力が必要な予感がします。かく言う私は、ガヤトリーマントラと除霊と浄化の祈りで、その唱える最中に身体の深い所に作用しているような気のせい程度の微妙な反応を感じる程度で、あとはほぼ興味本位で初級を虫食い的に視聴しているだけなので、ついていけないかも知れません。がしかし、たぶん虫食い的に視聴すると思います。つくづく自分は一般人で、ようやく下の階層から浮かぶが如くやってきたように思わされました。やっと人間になって知力が上がり、周りの世界を学ぶ時が来たのかも知れません。ちょっと次元が低すぎるかも知れませんが、よろしくお願いします。

  5. 参考になった(7)

    何の縁あってここまで来たものかと思うのです。ガヤトリーマントラを唱えれば
    「波動が上がるってこういう事♡」
    と、ペンを走らせた文字まで違っていて、また最近やっと始めた鼻の洗浄では、いくど溺れたか!(大袈裟)で、くたびれて、夕食時にいつになく優しさを発揮した夫の一言に惚れ直し、なんとかっこいい事言ってくれるの♡、きっと言った本人がもっといい気持ちになってる!。
    一つ霊的進化を上げただけで、悟りを開いたと大袈裟な本がたくさん出ていると、お聞きしてましたが、自身におきた体験では長いトンネルの先の光というだけで、未だトンネルである事には変わりなかったのだと、遅まきながら、おかげで気が着いたのです。だから
    「こんな段階に入れるなんて、無理です。」
    って、自分に言われたみたいでした。が、学んだ以上は少しでも身につけるる努力を進めようと思いました。
    審判は終わってるみたいだから、何しても一緒かと思ったりもしますが、一つ実践する毎に、カーテンが開かれた様な体験は忘れられません。鼻の洗浄はツライの一言ですが、全部で2リットル(絶句)、頑張ります、

  6. 参考になった(5)

    地球は非常に低く波動も悪いので、なるべく生まれ変わらない方がいいとのこと。堕落する人が極めて多いハイリスクな世界だが、正しく生きれば急速に成長できるハイリターンな世界でもあります。

  7. 参考になった(2)

    いろんなコメントがあったのでつい見てしまいました、前のを見ていないのに。チベット仏教を簡単に分かりやすく、ほかでは聞けないすばらしい講義でした。できるだけ中級についていけるよう日々学びに励んでいます。

  8. 参考になった(3)

    死後の世界が克明に明かされている。これはスゴイ講座だと思った。前のを見ていないが、充分に理解できた。

    死後3日間だけは埋葬(火葬)をせずにそのままにしておきなさいと、世界三大霊訓のシルバーバーチが言っていたが、その意味がようやくこの講座で分かった。

    死後49日で、自分の魂の波動に合った階層(次元)に生まれ変わった時、階層ごとに太陽系の惑星もそれぞれに存在しているのでしょうか? 

  9. 参考になった(1)

    エドガー・ケイシーさんは、人は死ぬと次の地球への転生に入るまでの間で、(太陽系の)どこかの惑星で滞在すると、そう言っていた。肉体の死後、自分の魂の波動に合った霊の世界に「身体」を持って入っていくのか、或は、「幽体」で入っていくのかのどちらかで、見える世界が違うという事なんだろう・・・と、この講義でそう解釈したが、そうなると惑星間滞在はどうなるんだろう・・・と思ってしまった。とても興味深い講義だった。今後の配信もとても楽しみにしている。

  10. 参考になった(1)

    1点質問があります。よろしくお願い致します。
    カル・リンポチェの転生の過程について説明されている中で、サーンキヤ哲学の拡大した展開図を用いながら、「死ぬと、いったん五大(エーテルダブル・マヤヴィルーパ・肉体)、十根・五唯が消える。起き上がってきた(目覚めた?)ときに、肉体以外もう一度新たにできる。微細体と原因体は残る」(1:33:20辺り)という箇所があります。
    これは「身体の分解」のことをいっているのでしょうか?
    カル・リンポチェの進化段階が2.35ということは、分解される身体は「粗大体」と「幽体」の2つだと思います。(第9回 5つの鞘と3身体)また、太陽系第3レベルの住人の「粗大体」は贍部洲に、「幽体」は瞻部洲の裏側にあるということでした。(第10 回 総括)
    いったん消えるとされる「五大、十根・五唯」を粗大体のことだと考えると、「微細体」が残るというのが理解できません。なぜなら「幽体」も分解されるはずだからです。
    それとも「身体の分解」は、その進化段階に到達する度に起こっていて、「死ぬといったん消え、もう一度新たにつくられる」というのは別の現象のことをいっているのでしょうか?

  11. 参考になった(2)

    Tomonori 様

    竹下氏からの回答です。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    幽体がエーテル体と微細体に分解され、エーテル体は新たに作りなおされますが、微細体は残ります。

    (竹下雅敏)

  12. 参考になった(0)

    早速ご回答いただきありがとうございました。
    微細体の分解や原因体の分解についても、気になるところですが、身体についてはいつか丁寧に説明をするともりだとおっしゃっていたので、期待して待っています。
    字数制限の関係で質問から先にさせていただきましたが、講義は、密度の濃い、とてもすばらしい内容でした。「スウェデンボルグの霊界1・2」もすばらしかったですが、『チベット死者の書』の理論もわかると、死後の世界についての理解も深まりました。しっかりと時間をかけて準備をしてくださっていること、とても熱心に説明してくださっていることに、改めて感謝いたします。ありがとうございます。
    また、同じように時間をかけて映像配信の準備をしてくださっているスタッフの皆さん、ありがとうございます。とくに【概要&目次】のおかげで、聞き逃すことなく、とまではいきませんが、とても注意深く視聴することができています。m(_ _)m

  13. 参考になった(2)

    はじめてコメントいたします。

    地球は、霧がかかったような状態で真実が覆い隠されているかのようであるという、竹下先生のお話に、全くそうであると私も感じました。

    竹下先生のお話は、腑に落ち、納得のいく内容ばかりで、シンプルです。
    「ああ、本当にそうだな」と、暗中模索し、霧の中に居る私でも、真実の光が見えて、霧の中から出て来ることが出来る。
    「ああ、スッキリした」と、(*^_^*)思えます。

    『チベット死者の書』の動画は、何度か見ていますが、私が今死んだとしても、あの状態を思い出すことは難しいと思います。腑に落ちていないので、忘れますから。

    竹下先生のご説明ですと、自身の進化段階に合ったとおりに、圧縮されています。だから、『チベット死者の書』の説明もあながち間違ってはいない。何故、いったん上に上がって下に下がるのかも、顕在意識のご説明で、納得しました。「ア・ハ」体験をしました。
    レベルが低すぎて、理解できないというのが、面白かったです。

    いつも、竹下先生が迷蒙をバッサバッサと切り倒して整理されていく姿に、拍手を送っています。そして、大変なご努力に感謝しております。

  14. 参考になった(1)

    竹下先生 ありがとうございました。

    最初に謝っちゃいます、誠に申し訳ありませんでした!
    つまらないことにひっかかり、はたして竹下先生は本当に神様が転生した方なんだろうか?
    と、いう思いが頭の中をよぎることが今までありました。
    竹下先生は本物だ!とい思いの中で、ちらほらですが・・・すみません・・・
    地球と人類のために、転生して導いて下さっているのに。私が死ぬまで地球に留まっていてくれますように・・・
    こういうのを、身勝手な貪欲というのでしょうか??
    この回の講義は、繰り返し視聴します。とても勉強になり、私にとって大事な講義の内容でした。
    ありがとうございました!

  15. 参考になった(5)

    山本邦子 様

    竹下氏からの回答です。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
     私の言っていることを信じるか否か、あるいは私を信じるか否かは何の関係もありませんのでご心配なく。簡単に言うと、“神によって義とされるのは、ただ信仰によってのみである” と信じて誰を敬おうが、ヤマ・ニヤマを守らない者はすべて裁かれます。信仰は何の関係もありません。
     私が神が転生したものの一人であるか否かはどうでもよい事ですが、世の中には少なからず神が人間として転生に入っています。例えば習近平、李克強はホツマの神です。まったく無名で、本人も自分が神々の1人であることをまったく自覚していない人たちもいます。ただし、神々の転生は割合としては、きわめて少ないのも事実です。私はたまたま事実を知っているにすぎません。

    (竹下雅敏)

  16. 参考になった(0)

    竹下先生 こんばんは。

    解答をありがとうございました! とても嬉しかったです。
    ヤマ・ニヤマを意識して、過ごすようにもっと、気を付けます。
    やっぱり、意識していると、あっこれを言ったら「嘘」になる・・とか気が付くように
    なります。でも、時々忘れますが。
    習近平さんと季克強さんはホツマの神様なんですか。
    私は1年半前には、習近平さんをずいぶん誤解していました。
    真実を知ることは、本当に大事ですね?(笑)

  17. 参考になった(0)

    竹下先生 ありがとうございました。

    ホツマの神々様がこんなに危機的な状況に陥っていたとは驚きました。
    ホツマの神様は日本の神様で、日本人がちゃんと信仰して、お祀りしていかないと
    こういうことになってしまうんですね。
    今日本が危機的状況に陥っているのは、ホツマの神々様と共に日本人が
    居なかったからだと思いました。
    とても大事なことを教えて下さり、ありがとうございました。
    ( ^^) _旦~~

  18. 参考になった(0)

    スエーデンボルグの霊界の2つの講演を視聴させていただいた後にこちらを視聴いたしました。
    生命の生まれ変わりについてはなぜか興味があり「チベットの死者の書」は読んではいませんでいたが(前半の視聴もできてはいませんが・・)おぼろげながら多少理解することが出来たように思います。
    人は死後その人のもっとも波動のあった世界にとどまる、でも一番高い状態の世界へ生まれ変わる、というお話を聞き少しでも波動を上げねば・・と思いました。ありがとうございました。