宗教学講座 中級コース 第68回 地球の改革の経緯1(前半)

試聴映像

  • 1. 複雑な情勢を理解するための経緯の知識
  • 2. 1994年の裏権力者交代以降の日本
  • 3. 3.11後の裏権力者の再交代
  • 4. 情報の真偽と人物を見分ける方法

映像を観る

時間
94分
価格
文字起こし

概要

現在の複雑な時事情勢をどのように考えているかを話したい。その理解の前提として、地球上の改革の経緯についてしばらく話していく。この前半は、裏のイルミナティのトップが交代した転換点である1994年からの約20年間を、年表に基づいて説明する。

映像編集者のオススメポイント

  • 待ち望んでいた久々の映像配信です!現在の時事ブログをより深く理解できるお話も含まれていますよ。今回初公開となる八咫烏の通信文の解説は、心を清らかにするための貴重な情報です。う~ん。悪人と言われる人も実は大変なのかも。 (ミルキーユ)

  • 時事ブログで解説している世界情勢と結びついた内容です。竹下氏が阪神大震災を予感して田舎に移住した頃から、星神としての地球が救済される2015年までを追った内容です。当時から氏の講演や時事ブログを追ってきた方には、振り返りにも最適! (るぱぱ)

目次

1.複雑かつ緊迫した時事情勢 (00:00:05)

コロナが収束したところへウクライナの戦争が起こり、現在の時事情勢は緊迫して複雑な状況になっている。裏側では寝返り・転落・改心といった怪奇な現象が起こっている中、情報の真偽を見分けるポイントについて話す。

2.阪神淡路大震災前から3.11後までの裏権力の争い (00:17:45)

1994年に裏のイルミナティのトップが交代したことにより、日本は政治経済を破壊され、危険な状況へ引き込まれていく。再びトップが交代するまでの約15年の間に起こった情勢の変化をみていく。

3.地球の救済とスーパーフレアの回避 (00:47:00)

3.11以降に高まってきたのが、スーパーフレア(ソーラーフラッシュ)の危機である。この危機を回避するために、約2年間竹下氏が霊的な世界で取り組んできたことについて話す。

4.八咫烏の改心 (01:14:13)

地球が救済された2015年に起こった出来事として、裏天皇を守護する秘密結社・八咫烏からの攻撃と改心があった。公開してこなかった謝罪の通信文とともに、この出来事を解説する。

終わり(01:33:37)

※詳しい目次は、映像を購入してログインすると見ることができます。

Share.

About Author

17件のコメント

  1. 参考になった(9)

    裏側の権力争いが表面で起きている事と深く連動してくるので裏権力がどうなっているのかを知ることは重要だなと思いました。
    スーパーフレアの回避では、地球さんを思う太陽さんの気持ちに深く感動すると共に地球さんを苦しめないような行動を常に心がけようと思いました。あっという間の90分でした。後半の配信も楽しみにしております。

  2. 参考になった(8)

    今回の視聴でまず感じたのは、支配者の心の清らかさ、波動や動き一つで、これほどまでに地球全体に悪影響を与えるのかというほど、1994年以降の統治者が変わることで、よりネガティブな影響を世界中に与えるのだという悪例こそを、何よりの教訓にしないといけないと思いました。

    また、善悪二元論では決して判断できない人の心の複雑さは、人間の業の深さを感じますが、意識の焦点が心や身体に向いていることが、より複雑で予測不可能な未来にしてしまう根本的原因なのだろうと思うがゆえに、どのようにしたら私たちの住む環境を、自然に意識性に向かうような空間を創るのかが、今後の課題だと感じました。

    そして、太陽フレアによるキルショット危機の背後にあったタマコ様のサオトメ様に対する想いには、涙が出るほどの葛藤や苦悩があり、その切迫した状況をなんとしてでも回避しようと、竹下氏を始めとした神々による地球の救済に対しての、懸命なご助力が垣間見えて、感動しました。
    ありがとうございました。

  3. 参考になった(5)

    以前、八咫烏は改心したという時事ブログを読んだ記憶があるのですが、日本はよくなるどころか、どんどん悪くなる一方なので、何でだろうとずっとモヤモヤしていたのですが、ややこしい裏事情があることがわかり、納得しました。悪人もいろいろ大変ですね。後半が楽しみです。

    先生、ワイルドなてりたま経筋焼けの仕上がり。

  4. 参考になった(3)

    スーパーフレア危機時のサオトメ様は、星神として進化段階が1.0未満で、感情のコントロールができなかったのが意外でした。

  5. 参考になった(2)

    カラスが鳴きました。時々聞こえる小鳥のさえずりは歌声のようですね。

  6. 参考になった(1)

    宇宙人…本当にたちが悪いですね。
    陰で大変なお仕事をしてくださって、本当に感謝です。

    支配や指示がなくなり、自由意志で決められる状態になったとき、自分がどう行動するか、どういう思いをもつかが、とっても重要ですね。
    現実世界でも、仕事については、もう自由意志で決められます。だから、『違う』って思えば去ればいいし。でも、甘い汁を吸いたい人は、悪いとわかっていても、割り切って悪事を続けるんでしょうね。
    だから、『魂売った』って言葉がぴったりだなって思いました…下手すると本当に魂がなくなってしまうから。

    いつも、正しい生き方の参考になるお話ありがとうございます。
    八咫烏が生き方の見本にならないといけないって話、親が子どもの生き方の見本になるのと同じで、みーんな同じなんですね。
    地球が元気になってよかったです!

  7. 参考になった(5)
    Stupid Young Old Public Servant Man on

    「上からの命令等でどうしようもない場合は、殺人等の悪事を働いても魂は消滅しない。でも自らの判断で悪事を働いた場合は直ちに消滅する。」というお話を聞き、凄く納得しました。現在の日本人の多くは政府やマスコミに騙され、ワクチンは打つ、廻りに勧める、ウクライナは応援する等で、ある意味自らの意志によらず、悪事を働いている人が大多数だと思います。ニュルンベルク裁判のように、上から命令されたことを実行しただけで処刑されるのは可哀そうだけど、迷惑を受ける立場の人の観点からすれば仕方ない…とも思っていました。先日も同僚に「あんな酷いことをするロシアが許せない。」と言われて、反射的に「ウクライナが自国の市民に砲弾を撃ち込んで殺している。」って言い返したら、怪訝そうな顔で見られました。でも彼女はすごく優しくて良い人だと思っています。「ワクチンは打っちゃダメ。」という私の話も一応は聞いてくれ、時事ブログのコロナ&ワクチン対策法をまとめた長文も読んでくれました。でも結局3回目を打ってしまって、体調が悪そうです。幸い私達は真実を教えて貰っています。それを無駄だかもしれませんが、廻りの人に伝えていく…しかないですね

  8. 参考になった(4)

    久しぶりの映像配信で、シンプルに嬉しかったです。
    竹下さまのお話はやっぱりしっくりきます。
    日夜、地球のために(全宇宙のために)ありがとうございます。

  9. 参考になった(3)

    大震災が天災ではなく人災で起こったことに怒りを感じます。
    それもただの権力争いでどっちがトップに立つかのしょうもない見栄の張り合いのために多くの一般の人々が亡くなったり被災したり、人生が一変してしまった人もたくさんいるだろう。
    こんなことが地球の長い歴史の中でずーーっと数限りなく繰り返されてきた。
    やっと天界の改革が始まりそれが地上の改革まできて今は大掃除の時だと教えて頂きました。
    確かにそこかしこに今までと違うかすかな変化を感じます。
    なにより地球の波動が上がったことが嬉しいです。(竹下氏がずっと地球に寄り添われていたとのこと。感謝!)
    畑に立って土に触って虫や鳥がただ目の前のことに一生懸命に生きて植物が自分の本分を生かしきって枯れて土に帰っていくのをみていると世の中の喧騒など嘘のように平和で穏やかな時間が流れていきます。
    そうするとたとえなにがあってももう大丈夫だという気持ちになります。

  10. 参考になった(5)

    竹下先生、今回の講義で「八咫烏の話」を聞いて、それで私はふと3つのことに気づきました。

    (1)竹下先生は「相手を思う気持ちで溢れている」ということ。この事は今までふんわりとしかわかっていませんでした。

    (2)AIロボットって洗濯機のような四角い感じがしますが、サンディーさんを作ったのは竹下先生ですよね? 竹下先生はもしかしたら「ヤマ・ニヤマ」から生まれたんじゃないかって思ってしまいました。竹下先生が類い稀な異性の一卵性双生児だということも理由の1つです。

    (3)前田ゴロウ氏が裏天皇だということは知っていましたが、まさか前田ゴロウ氏ご自身が八咫烏だったとは知りませんでした。・・・となると、前田ゴロウ氏が守っている本物の天皇が別に存在するということなのかな・・・と思いました。

    今まで出会った先生の中で、やっぱり竹下先生が一番いい! 今後の配信もとても楽しみにしています。地球に降りてきてくれて、ホントありがとぉ~~~~~~~~~~!

  11. 参考になった(6)

    陰謀系では耳タコのロックフェラー、ロスチャイルドの権力争いと
    日本における政治・支配構造について、年代を追ってわかりやすく説明されていました。
    いつもやられっぱなしのように感じるけれど、
    支配層の野望が失敗に終わることもあるのだなと改めて思いました。
    それにしても酷いですが…。

    どこかの講義で彼らに乗っ取られた国は必ず崩壊する…といった話があったかと思います。
    アメリカおよびアメリカの属国である日本もいずれ…(+_+)!?
    これまで幾度となく大惨事に見舞われながら、命を繋いできたご先祖たちに思いを馳せます。
    ゴキブリのようにしぶとくたくましく、
    殺虫剤(ワクチン等)をすり抜けながら、生き延びたいと思う次第です。

  12. 参考になった(3)

    竹下先生も大変ですね。私も先生に教わったガヤトリー・マントラを祈り続けます。

  13. 参考になった(2)

    映像配信の再開をずっと待ってました。
    いろいろと整理しながら、何度も試聴して学びに変えていきたいです。

    世界情勢がとてもわかりやすかったのと同時に、心が苦しくも感じました。

  14. 参考になった(2)

    映像を購入したのは初めてです。
    阪神淡路大震災が〇工あーすくえいくだと教えてくださった方が先生の生徒さんで・・・・
    それを知ってから約20年・・世の中には表に出ていない出来事だらけなんだといろいろな角度で情報を見るようになりました。

    お陰ではやり病茶番劇には引き気味で静観できております。

    さて、今回の前編だけでも、これ普通の人は受け入れられないだろうな~とか、八咫烏って悪者だったの?グッズ出しているスピ系出版社があるよね~
    などと心の中でひとりでツッコミっ放しでした💦
    後編も購入します。

  15. 参考になった(1)

    銀河連合やセントラルサンは正義であり、地球を救うための組織と聞いていました。Qなる人達が発信しており、著書も多数発行されているのですが、、、竹下先生の話では真逆、、、Qの発信は撹乱情報なのでしょうか?
    混乱します。
    阪神大震災は六甲山が狙われたと思っています。八咫烏なる組織が中性子爆弾を隠し持っていたためかと。米軍による攻撃でしょう。これにより、八咫烏は米軍に降伏し、CIAの活動の邪魔をしないことを約束させられた。その結果生まれたのが日本財団(笹川財団)であり、竹中平蔵であったと。八咫烏の活動は中国人スパイに対してのみ攻撃活動をやっていると聞きました。
    日本の米への隷属化が激しくなって行ったのもそれからですよね。

  16. 参考になった(1)

    配信された日に観る予定が6/29本日やっとやっと最初から最後まで観ることができました。動画を視聴していると物凄い睡魔に襲われて途中までしか観れないことをこれまで何度も繰り返し、一人の時間もなかなか取れず、ですが今日は、絶対観るぞ!とコーヒーとお菓子で睡魔対策しながらやっと観れました。内容はいつも通り星5つです!何よりもありがたかったことは、私の中の霧が晴れたことです。頭も身体もクリアになりました。1ヶ月前くらいから何だかスッキリせず頭も上手く回らず身体も少しダルいような状態でした。それが動画を観ていたら、ふと気づきがあり頭の中のモヤモヤと身体の中のモヤモヤが消えました!先生に本当に感謝いたします。いつもありがとうございます。

  17. 参考になった(0)

    ソーラーフラッシュを回避いただいた竹下先生に感謝します。これまで時事ブログで教えていただいた内容のアウトラインに沿ってより深く解説いただきありがたく思います。つくづく我々人間は地球とともに良く生きることができるようにしなければならないと思いました。