シャンティ・フーラのブログ

アーカイブ: 新作映像

【映像配信】宗教学講座 初級コース 第275回 神智学(秘教真義)

映像配信サイトの新作映像をお知らせいたします♪

(↑クリックで映像配信サイトへ)

試聴映像です

【今回のみどころポイント!】

  • コーリー・グッドの情報は難しく敬遠していた私。今回の解説は、時事ブログ「内部地球の最新情報」をタイムリーに理解する事につながりました。 (ミルキーユ)

  • 「聖白色同胞団(ハイアラーキー)」って何?その疑問を解消するのに今回の講座は必須だと思います。「聖」を自称するこの組織の全体像は、シャンティ・フーラでしか学ぶことは出来ないと思います。地球上の宗教関係者は特に視聴していただきたいです。 (はっち)

  • 一見トンデモ情報に思えることも、それが真実ならば必ずどこかの真実と繋がって、あっと驚く全貌が姿を現すんだなあということを実感。気味が悪いくらいに、今回もピースが嵌りました!そしてピースはどんどん細かくなっていく、、 (はちコ)

【映像の概要】

前回ケルビン・ロウ著『宇宙からの警告』の中で、UFOや宇宙人と聖白色同胞団の関係が出てきた。今回は、M・ドーリル博士の『秘教真義』からポイントになる部分を抜粋し、新旧の情報と重ね合わせて見ていく。そうすると、聖白色同胞団という組織の全容のみならず、様々な団体との繋がりも浮かび上がってくる。

◇ これまで宗教学講座「神智学」シリーズをご覧になった方の声 ◇
(たくさんの皆様からいただいた声より一部を抜粋しております)

  • カバラというのは、どんなものなのかよくわからないのですが、神智学と聞いただけで、ああ、その奥義は触れても触れなくてもどっちでもいいのかな。と思うようになりました。神智学、カバラ、八咫烏はイコールするものだから・・・地球はこの輩たちにいいようにされてきたのかもしれないと・・・。 (めいこちゃん)
  • この度も、実に多岐に渡る内容で、たくさんの驚きと気づきを頂きました。ありがとうございます。宇宙人とかUFOのみならず、ホツマの神々やカバラの秘教についての丁寧なお話が満載で、繰り返し拝聴いたしました。 (ららら)
  • 相対的な光としてブラック・ロッジと戦い、裏のイルミナティを霊導して来たハイアラーキー達の計画が、1958年に書籍の形で現れていたのは驚きです。結局、相対的な光と闇の計画は、どちらも一般人にとっては地獄でしたね。 (coco)
  • 現在に至る歴史を俯瞰するような内容で、これまで学ばせていただいたことのつながりが明確になりました。解脱、涅槃、悟りのご説明が腑に落ちました。大変、心地よく視聴させていただきました(いつもそうなのですが、今回は特に)。 (Haru)
  • 支配による主従関係ではなく、育み慈しむ真の関係性を築いていく。(中略)愛を育たなくさせるハイアラーキーの思想の人類に与えた影響は甚大です。この洗脳を人類が解いていくには、完全な情報開示によって真実を知ることが重要だと、改めて思いました。これからは、言葉を超えた次元での深いつながりを感じる交流が、愛を深めていく柱になると思います。 (CéU)

【映像配信】宗教学講座 初級コース 第274回 神智学(宇宙からの警告2)

映像配信サイトの新作映像をお知らせいたします♪

(↑クリックで映像配信サイトへ)

試聴映像です

【今回のみどころポイント!】

  • 「禁戒勧戒は誰が判断しているのか」は、なるほど!でした。(ううぅんんこで解脱?悲鳴あげそう) (ミルキーユ)

  • 「想念の海」の部分はとても興味深く面白かったです。それに関連する波動の良い土地の見分け方も大変参考になりました。その他にも本書で現在の中東の大混乱やこれから起こるであろう「イベント」について予言しているのが興味深いです。 (はっち)

  • 神智学の哲学的な理解のために、他の宗教の教理を簡潔に(ここがポイント)比較、説明してくれてわかりやすかったです。それとヤマ・ニヤマのお話しの中での最高神についての捉え方、ものすごく腑に落ちました。 (はちコ)

【映像の概要】

前回は、ケルビン・ロウ氏の著作『宇宙からの警告』からエッセンスになる部分を取り出し、神智学とこれまでのUFOの絡み、そして天界の改革も絡め大きな流れを見ていった。今回は、哲学的な部分を様々な切り口で見ていく。

◇ これまで宗教学講座「神智学」シリーズをご覧になった方の声 ◇
(たくさんの皆様からいただいた声より一部を抜粋しております)

  • 支配による主従関係ではなく、育み慈しむ真の関係性を築いていく。(中略)愛を育たなくさせるハイアラーキーの思想の人類に与えた影響は甚大です。この洗脳を人類が解いていくには、完全な情報開示によって真実を知ることが重要だと、改めて思いました。これからは、言葉を超えた次元での深いつながりを感じる交流が、愛を深めていく柱になると思います。 (CéU)
  • 真実こそが人類を自由にしてくれるものだと思える内容でした。真実をありがとうございます。 (麻子)
  • 神様のイラストのところでは消滅した神もいて少し寂しい気持ちで講義を聴きました。ホツマツタヱが一族の名前しか書かれていないことに驚きました。 (眠れる森のはち)
  • 親子関係、夫婦関係を正しく築くことが、人々や、自然、動物達、延いては宇宙との真の関係を築く出発点なんですね。竹下先生がいつも大切だと言われていることを、改めて実感させていただきました。支配するから、“育む、慈しむ、世話をする“へ。そして、位などの秩序はあるけれど、“基本的に皆平等であって、誰もが同じように尊敬されている対等の立場“という社会へは正しい親子関係、夫婦関係の構築によって自然と実現されていく、正のスパイラルを作っていきたいですね。 (coco)
  • 太陽系が闇の勢力にのっとられていたという 1996年~1999年の間、 振り返ると、私の今までの人生の中で もっとも闇に閉ざされていた時期と重なります。 そこから、思えば、光を、神を、真実を求めての右往左往。 やっとみつけた!と思ったものが、 実は闇だったり。。。ということもありました。 やっと本当の意味で、突破口が開いたのが、 2007年、天界の改革が始まった年でした。 今も心が揺れたりすることは、もちろんありますが、 自分が本当に知りたかったこと、真実に出会えたんだという確信は、 私の魂の核の中で、喜びの花を咲かせています。 (ヒカリネコ)

【映像配信】宗教学講座 初級コース 第273回 神智学(宇宙からの警告1)

映像配信サイトの新作映像をお知らせいたします♪

(↑クリックで映像配信サイトへ)

試聴映像です

【今回のみどころポイント!】

  • 神様のイラストが盛りだくさん! 冥王星の淑女木星の淑女、誰もが同じように尊敬されるお話は分かりやすく、とても良かったです。日本の国の船長?う~ん(^_^;)被写体を小さくしました。 (ミルキーユ=映像編集担当)

  • 「宇宙からの警告」を読むだけでは決して見えてこない興味深い独自情報が満載です。得体の知れない神智学に対する理解も深まります。無関心ではいられないようなハイアラーキーの思想や行動計画を理解する必要があると思いました。 (はっち)

  • 以前時事ブログで紹介された、わんちゃん、猫、うさぎが出てくる動画が再度紹介されます。テーマを提示されて見直してみると、深い深い学びがありました。“育む””慈しむ”、美しい言葉です。。 (はちコ)

【映像の概要】

今回は、ハイアラーキー、聖白色同胞団に関わる組織に関する部分の情報をもう一度見直してみる。これまで見てきたコーリー・グッド氏やコブラの情報を知った上で見直すと、UFO情報がどういう位置付けなのか、また、ハイアラーキーやそれ以上の世界との繋がり等も含め、俯瞰した形で全体が見えてくる。

◇ これまで宗教学講座「神智学」シリーズをご覧になった方の声 ◇
(たくさんの皆様からいただいた声より一部を抜粋しております)

  • 太陽系が闇の勢力にのっとられていたという 1996年~1999年の間、 振り返ると、私の今までの人生の中で もっとも闇に閉ざされていた時期と重なります。 そこから、思えば、光を、神を、真実を求めての右往左往。 やっとみつけた!と思ったものが、 実は闇だったり。。。ということもありました。 やっと本当の意味で、突破口が開いたのが、 2007年、天界の改革が始まった年でした。 今も心が揺れたりすることは、もちろんありますが、 自分が本当に知りたかったこと、真実に出会えたんだという確信は、 私の魂の核の中で、喜びの花を咲かせています。 (ヒカリネコ)
  • 洗脳は怖いですね。金融システムだけでなく、 自覚のないところで多くの洗脳が行われていたと思います。 それを一つ一つ解放して、新しい地球になるんですね。 正しい情報に基づく、既存の世界観の崩壊と再構築が、一人一人にこれから起ころうとしている。 (coco)
  • コブラの情報は、業界用語が多い上に、下地がないと読み解けないので、動画配信は理解する上で大変に助かっています。 (Pine)
  • 本当に面白かったです。(中略) 今日はじめて、あれ?自分は霊的にもアルコーンの呪縛から逃れられていないことに、やっと気づいた、というか。 今まで霊的には自由だと思ってたんですよ、どこかで。 肉体が支配されてるのはわかってる、でも霊的には自由だと思っている。 これが洗脳されているということ?(中略) さっぱり上手く言えませんが、落ちついて自分自身を見つめようと思います。(中略) 他にも今回面白かったのが、普通のひとのアストラル体が、自分は凄く立派な霊的存在だと真剣に信じていたりすること、というお話でした。霊界あるある。自分もやってしまっていそうで恐怖! (匿名)
  • 時事ブログで取り上げられた、一人だけ意図的に悪をなしている者が明らかにされています。時事ブログには、大変注意深く精査された情報が掲載されていることがよく分かりました。 (coco)

【映像配信】宗教学講座 初級コース 第272回 神智学(契約制度の終焉)

映像配信サイトの新作映像をお知らせいたします♪

(↑クリックで映像配信サイトへ)

試聴映像です

【今回のみどころポイント!】

  • この世界で私達がやらなければならない事、
    死後の世界のお話は必見です。
    (余談:結構あります。)
    (ミルキーユ)

  • アルコーンの進化段階が普通の人間より遥かに高いため、私たちはあの世でもこの世でも簡単に騙され、地球監獄に閉じ込められてきたのですね〜。洗脳されたものの考え方に1つ1つ気づいていくしかないですね。 (はっち)

  • 内側の身体が肉体の自分とは全く違っていて、何をしているのかわからないことは知っていましたが、まさかそんなレベルまでかけ離れているとは!
    そして自分が平凡であることを、初めて「よかった」と思えました。
    (はちコ)

【映像の概要】

数回にわたり、今の世界が変革していく状態を捉えるためにコブラ情報を紹介し、レジスタンス・ムーブメントの行動や秘密の宇宙プログラムの全体像を見てきた。今回から少しずつ神智学に戻っていく。コブラの記事を手掛かりに、神智学の世界観を明らかにする。さらに人類が強制された契約とは何なのか。支配の全貌を見ていく。

◇ これまで宗教学講座「神智学」シリーズをご覧になった方の声 ◇
(たくさんの皆様からいただいた声より一部を抜粋しております)

  • 時事ブログで取り上げられた、一人だけ意図的に悪をなしている者が明らかにされています。時事ブログには、大変注意深く精査された情報が掲載されていることがよく分かりました。 (coco)
  • 最後がスゴイ!今までよく理解できていなかったイルミナティの話がまとまって聴けたので良かった!(^^)!展開が読めないですね〜。個人的にはヤマ・ニヤマを守る事なのだと思いました(^^♪ (かず)
  • 最後のお話は仰天ものでした。(中略)権力のトップがどう霊導されているのかがわかり安心しました。後は霊導通り、この世の改革が待たれます・・・。 (k)
  • 90年代から2000年代、いろいろあったにしても、のほほんと生きていた裏側でこんな壮絶な出来事があったのですね。まだ胸の高鳴りがやみませんが最後のお話で希望の光が見えてまいりました。ありがとうございました。 (ama)
  • 手に汗握る、超ド級のSFを見ているみたいです。!(◎_◎;)(中略)ドンデン返しだらけです〜。イルミナティに表と裏があるのは時事ブログで知りましたが、あらためて図解入りで説明をして頂くと、いかに太陽系や地球、世界がギリギリのところで救われているのかが見えてきました。 (Pine)

【映像配信】宗教学講座 初級コース 第271回 神智学(抵抗運動)

映像配信サイトの新作映像をお知らせいたします♪

(↑クリックで映像配信サイトへ)

試聴映像です

【今回のみどころポイント!】

  • これまでのイメージがガラリと変わる
    現在のイルミナティと神との関係やいかに…。
    最後の説明が嬉しい♪
    (ミルキーユ)

  • 太陽系全体が、ダーイシュに占領されたシリアのようになり、そこから抵抗運動により闇が掃討されていく過程は、まさにロシアがシリアに介入し、あっとう間にダーイシュを蹴散らしたのにそっくり。これから地上で起こる悪の壮絶な崩壊、楽しみです。 (はっち)

  • 映像配信も回を重ね内容も濃くなり、且つ、情報が超弩級で、1回聞いても私の脳はついていけません(汗)。そんな時いつも思い出す竹下氏の貴重なアドバイス。ノートを取りながらじっくり取り組むと、今回も衝撃と共に真実に辿り着けた充足感でいっぱいです! (はちコ)

【映像の概要】

前回は、コブラ情報を元に秘密宇宙プログラムについて見ていった。今回も引き続きコブラ情報から、光の勢力、闇の勢力の基本的な情報を押さえた上で、秘密の宇宙プログラムがその後どうなったのか見ていく。最後に、コブラのものの見方とは違う高次のレベルから見た一連の流れを解説する。

◇ これまで宗教学講座「神智学」シリーズをご覧になった方の声 ◇
(たくさんの皆様からいただいた声より一部を抜粋しております)

  • 宇宙人は神を知らないとは、驚きました。高度な文明をもつ宇宙人は、次元の高い意識を持ち、進化して成長し発展し神に近いところのにいるのではないかと勝手に思っていました。 (マー姉ちゃん)
  • 地上と地下と宇宙を取り巻いたホップ(第一次大戦)・ステップ(第二次大戦)・ジャンプ(第三次大戦・世界政府)だった訳ですね。敵も味方もグルで、冷戦も茶番。一般の人々は命をかけてこの茶番を演じさせられたいたなんて! (coco)
  • これが本当の現代史なんですね。学生時代に習った内容とスケール違う。よって、我が身に起こっている事も、大きな視点から眺められるようになり、解放されていく過程を踏んでいる気持ちです。 (チワ)
  • 随分昔の事ですが「トータルリコール」という映画を観ました。近未来の火星が植民地になっているSFものです。それがほとんど現在の情報とリンクしているのには驚きです。映画は単なるSFではなく現実にきわめて近い内容だったのですね。 (匿名)
  • NWOが目指す奴隷社会を先駆的に行っていた火星基地や、第266回のサンポ峡谷の闇の地下都市の二極化された住民達の姿。それらを地球規模で実現するために用意されたと理解すべきTPP。 これらが現在、開示されつつあり、全面開示のトップに立っているのがコーリー・グッド氏。 今、すごい時代に立ち会っているんだなと実感しました。 同時に、事実を冷静に受け止め、自らを反省し、許しと寛容さが大変求められる時でもあると思いました。 情報開示後の私達のあり方が、宇宙社会にどれだけ受け入れられるかを決定し、その後の地球における宇宙時代を決める大きな要因になると思います。 (coco)
1 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 70