映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 初級コース 第227回 秘密伝承(アーサー王伝説:伝説の創造)

21 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 5 (21 人の評価・計 104 点)
前回の講義ではアーサー王伝説の全体像を説明した。今回は、アンヌ・ベルトゥロの著作である「アーサー王伝説」という本から要点の部分を取り出し、アーサー王伝説の本質に関して説明をする。

宗教学講座 初級コース 第226回 秘密伝承(アーサー王伝説:概要)

21 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 5 (21 人の評価・計 104 点)
前回、聖杯の秘密とその在処について言及した事で、一連の聖杯に関する解説は一応決着を見た。今回から、聖杯伝説の大本であるアーサー王伝説と聖杯伝説の元の部分を手繰り、なぜ物語が作られたのか、予備知識が全く無くてもわかるように説明していく。

宗教学講座 初級コース 第225回 秘密伝承(テンプル騎士団とアメリカ大陸)

21 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 5 (21 人の評価・計 104 点)
テンプル騎士団には一般的に認識されていない側面がある。それはアメリカ大陸の発見や世界一周といった活動である。最終的にはアメリカの建国に繋がっていく背後に、彼らが明らかに存在した事実を検証し、色々な組織や霊的世界を含めた思惑や陰謀の絡繰りを紐解く。

宗教学講座 初級コース 第224回 秘密伝承(レンヌ・ル・シャトーⅡ)

21 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 5 (21 人の評価・計 104 点)
前回はレンヌ・ル・シャトーに関係する聖杯の在処について説明した。今回は、前回の講義後新たにわかった事実を再度照らし合わせ再検証し、復習も兼ね丁寧に説明をする。そして最後に、多くの人が魅せられているレオナルド・ダ・ヴィンチの絵に隠されたミステリーの真相を看破する。

宗教学講座 初級コース 第223回 秘密伝承(レンヌ・ル・シャトー)

21 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 5 (21 人の評価・計 104 点)
前回は、聖杯伝説が持つ血筋という部分に焦点を当て解説をした。今回はその血脈や系図の部分で説明不足であった点や話し足りなかった所を復習を兼ねてもう一度簡単に解説した上で、聖杯伝説の結論へと入っていく。

宗教学講座 初級コース 第222回 秘密伝承(聖杯と血脈)

21 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 5 (21 人の評価・計 104 点)
前回はサングリアル文書と呼ばれるテンプル騎士団が掘り出したと考えられている秘密文書について説明をした。今回もダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」から取り出してテキストとし、サングリアル(聖杯)という言葉が持つ王家の血という意味から、血筋に焦点を当て見ていく。

宗教学講座 初級コース 第221回 秘密伝承(テンプル騎士団と秘密文書)

21 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 5 (21 人の評価・計 104 点)
今回は、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」の中から部分的にテキストとして取り出し、テンプル騎士団と秘密文書について見ていく。加えて、「封印のイエス」から重要な部分を取り出し、フリーメーソンとの関係や秘密文書の影響力、また秘密伝承の中の偽装やハイアラーキーたちの壮大な隠蔽工作の一端に触れる。

宗教学講座 初級コース 第220回 秘密伝承(テンプル騎士団と聖杯物語)

21 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 5 (21 人の評価・計 104 点)
前回から「マグダラとヨハネのミステリー」という本に沿ってテンプル騎士団について解説をしている。今回はテンプル騎士団が手にしていた秘密、そして彼らが何を伝えようとしたのかという全体像を見ていく。本質的な部分に関しては次回からの講義で、詳細に追求して行く。

宗教学講座 初級コース 第219回 秘密伝承(テンプル騎士団の創設)

21 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 5 (21 人の評価・計 104 点)
テンプル騎士団の創設に関与した者たちは、なぜ北の方の地域に集中していたのか。表の歴史だけでは解明出来ない謎や隠された真実を、歴史的遺物や伝承を総合的に検証して明らかにしていく。

宗教学講座 初級コース 第218回 秘密伝承(カタリ派の思想)

21 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 521 votes, average: 4.95 out of 5 (21 人の評価・計 104 点)
前回はカタリ派の概要とアルビジョア十字軍による弾圧ついて説明をした。今回はカタリ派の思想がどのようなものであったかを解説する。カタリ派の思想は、グノーシスの思想がそのまま宗教となったものである。グノーシスはこれまで詳しく解説してきたので今回の内容は理解しやすいと思われる。
1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 35