映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

家族の絆 〜夫婦(91):サーカーの思想:健全なビジネス・プラン 〜

64 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 5 (64 人の評価・計 317 点)
協同組合がプラウトの経済システムの中心となります。現代で言えば中小企業が経済の屋台骨を支えているということです。それを協同組合形式にすることが人々の幸福、社会の安定に最も繋がるということを、前回見てきました。今日は協同組合の経営について、成功させるために何が必要なのか、大事なのか、そのことについて見ていきたいと思います。 協同組合を成功させるためのガイドライン(10項目) 1.ニーズを満たす 2,創始者のグループをつくる 3.ビジョンを明らかにする 4.実行可能性について検討を行う 5.明確な目的と目標を設定する (以下略)

家族の絆 〜夫婦(92):世界の半分が飢えるのはなぜ?:モノカルチャー政策〜

64 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 5 (64 人の評価・計 317 点)
「世界の半分が飢えるのはなぜ?」(ジャン・ジグレール著、合同出版)。非常に素晴らしい大人が読んでも為になる本です。一番大切なところをわずかですが、紹介したいと思います。 --- p131-133 セネガルはフランスの植民地だったが、フランス人の支配者たちによって、もっぱらピーナッツばかりを生産させられ、今日にいたるまで「モノカルチャー」の呪縛から解放されていない。 農民たちは膨大な量のピーナッツを生産し、それをセネガル政府が買い上げてヨーロッパに輸出しているが、農民たちは政府の輸出価格からくらべると不当に安い代金しか受け取っていない。政府内部には寄生虫のような役人がぞろぞろいて、買値と売値のあいだの膨大な差額で豪奢な生活をしている。農民の苦労と汗が報われることはめったにない。 --- こういう役人がぞろぞろいるということです。その役人は全員、宗主国の賄賂をもらっていて、いいなりというわけです。絶望的状況です。

家族の絆 〜夫婦(93):世界の半分が飢えるのはなぜ?:トーマス・サンカラ〜

64 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 5 (64 人の評価・計 317 点)
--- 《トーマス・サンカラとの出会い》 アフリカの問題をなんとかしようと思った人物はいなかったの? トーマス・サンカラという男が、まさにその人だと思う。友人たちと力を合わせて不可能なことを可能にしようとした人だ。ブルキナファソという国を知っているかい? 西アフリカにあってサハラ砂漠の南端にあたるところに位置する世界の最貧国のひとつだ。彼はその国の出身者だ。

家族の絆 〜夫婦(94):金で買えるアメリカ民主主義〜

64 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 5 (64 人の評価・計 317 点)
前回、トーマス・サンカラという偉大な大統領の話しをしました。貧しい国にいい指導者が出て来て、立ち直ろうと、経済を復興させようとしても、先進国がそれを許さないのです。サンカラの場合は殺されてしまいました。 他にそういう人物はいないのかと思うのですが、それがベネズエラのチャベスなのです。彼はアメリカCIAの画策で殺されかけたのですが、クーデターを かいくぐって生き伸びたのです。NHKのニュースや、毎日新聞、朝日新聞とかしか見ない人は、チャベスは独裁者でとんでもない人間と思い込まされているのです。けれども現実は違っていて、アメリカに都合が悪いから悪人にされているだけなのです。そこを理解しないといけません。今日はグレッグ・パラストの本から、 チャベス政権のクーデターに関するところを抜粋して紹介したいと思います。

家族の絆 〜夫婦(95):グローバリズム〜

64 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 5 (64 人の評価・計 317 点)
グローバリズムとはどういうものなのか? --- 政府を小さくし、予算を削り、官僚機構やそれがつくり出す規制を徹廃する、あらゆる産業、事業をほぼすべて民営化する、通貨市場、資本市場を自由化する、銀行が自由に為替投資を行う、国境を越えて資本を動かせるようにすることである。外国人による所有を無制限に認める電気から水まであらゆるものの価格決定は市場原理に任せる。年金、福祉、政府補助金は削減する。

家族の絆 〜夫婦(96):IMF暴動〜

64 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 5 (64 人の評価・計 317 点)
今日はIMFと世界銀行が主導してきたグローバリズムで、債務国にどういう事が要求されて、何が起こるのかを見ていきたいと思います。 === IMF暴動 2000年4月、ボリビアで世銀が強要した水道料金値上げをめぐって起きた暴動、家庭用ガス料金値上げをめぐって2001年初めにエクアドルで起きた暴動などだ。

家族の絆 〜夫婦(97):IMF・形を変えた植民地支配〜

64 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 5 (64 人の評価・計 317 点)
「世界を不幸にしたグローバリズムの正体」(スティグリッツ著、徳間書店) 東アジア危機やロシア危機など、IMFが絡んだものがありましたが、スティグリッツ氏はその内部にいて、IMFといっしょに動いていた世界銀行のチーフエコノミストです。救済を求めているそ国の首相や大統領と直接話して実行している当事者です。当事者がある種の内部告発という形で書いている経済書なので、これ以上の本があるはずがないというぐらい内容が濃いのです。

家族の絆 〜夫婦(98):東アジア通貨危機「タイ・バーツ暴落」〜

64 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 5 (64 人の評価・計 317 点)
スティグリッツ氏の本の中の「アジア通貨危機」を紹介したいと思います。まず参考文献を上げておきます。「細野真宏の経済のニュースがよくわかる本(世界経済編)」小学館。数学の講師の人ですが、たぶん世界で一番わかりやすい経済の本です。この本は、東アジアの通貨危機がどういう風にして起こったか、そしてそれがどういう風にロシア危機、南米の危機に繋がっていったかということが、非常に上手く書かれています。基礎の基礎として非常に推薦できます。ただ細野さんの解説は全部金利で説明しようとするのです。これは実を言うと経済が分かっていない人のやり方です。金利が上がったから融資が増えたとか、貿易がうまくいかなくなって投資が逃げるようになった、危機が起こったとか、みんなそういう説明をするのです。経済の本質が分かっている人は本質は別の所にあることが分かっています。

家族の絆 〜夫婦(99):東アジア通貨危機「マレーシアの独自路線」〜

64 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 5 (64 人の評価・計 317 点)
経済は常識があれば分かります。分からないのは“むこう”がウソをついているからです。 「IMFの政策は経済学的に見ても落第点。インドネシア暴動のあと、私(スティグリッツ)はマレーシアのマハティール首相と話しをする機会を得た。首相はよく理解していた。多くの場合、経済下降(景気が悪くなってきた時)に対する最善の処方はスタンダードなケインズ理論、すなわち拡大財政・拡大金融政策である。」これは常識です。

家族の絆 〜夫婦(100):東アジア通貨危機「投機家の懐をうるおすIMF」〜

64 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 564 votes, average: 4.95 out of 5 (64 人の評価・計 317 点)
スティグリッツは陰謀という観点で(経済を)見ていません。しかしこれを学ぶことで今の世界がどうなっているか、ユーロの危機がどういう状態なのかが良く分かるし、結局どうしないといけないかということも良く分かります。ですから経済の全体像を掴むのに大変勉強になります。今日はその最後で、どうやって危機を回避したのか、どうすべきだったのか、そこのところを説明して終わりたいと思います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13