映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

家族の絆 〜夫婦(71):エクソシスト(黒魔術)〜

60 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 5 (60 人の評価・計 291 点)
「エクソシストは語る」(ガブリエル・アモース著、エンデルレ書店)。重要な本だろうということで買って読みました。今まで哲学系のことを話していますが、哲学者は霊とか死語の世界ということをほとんど語りません。しかしプラトンは魂とか霊魂、あるいは死語の世界、輪廻転生をちゃんと言っているわけです。ですからプラトンという人は宗教と哲学がほとんどイコールになっているような世界観です。けれどもデカルト以降近代の哲学者は霊的な世界を全く無視してしまっていて、むしろそういう部分を語らない事の方が優れているかのような錯覚をしている気がします。キルケゴールにしても、「神の前にただ一人立つ」ということを言っていますが、哲学の中には霊的なものは一つも入っていないわけです。それは老荘思想にしても儒教にしてもみんな同じで、そういう霊的な部分は一つも入っていないわけです。僕の世界観からすると偏っています。それでバランスを取る必要があるので、今まで語れなかった部分をアモース神父によって語られているので、それで紹介をしようと思いました。 『ガブリエレ・アモス神父は、26年以上にわたり、7万回もの紱魔式を行ってきた※紱魔式(祓魔式:ふつましき):悪魔払いの儀式』 『ベネディクト法皇が悪魔と戦うためのエクソシスト分隊を育成指揮』 このエクソシスト養成の先生がアモース神父です。

家族の絆 〜夫婦(72):エクソシスト(悪魔の習性)〜

60 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 5 (60 人の評価・計 291 点)
「エクソシストは語る」(ガブリエル・アモース著、エンデルレ書店)この本を紹介したいと思います。今日は「悪魔の習性」ということで、悪魔払いをどんな風にしているのか語ってくれていますので、それを見てみたいと思います。 (悪魔憑きは)憑依なので、現代の医学では手に負えないものなのです。実はものすごく悪霊達は臭いんです。ドブのような、便所のような、吐き気を催すぐらい臭いんです。それが取り付いたら耐え難い苦しみを与えるわけです。悪霊本人はといったら臭みが薄れるので楽なんです。だから取り憑く悪霊は自分が楽になるから取り憑いて、人間の体の中に入って合体するんです。一方、神とか天使が合体したらすごいことで、預言者という形になるんです。 ハリー・エドワードという本物の霊的治療家がいます。彼は悪霊を祓うこともできたと思います。彼の背後にキリスト教系の天使たちがついていますので、祓えたと思うのです。

家族の絆 〜夫婦(73):ロック、アダム=スミス、コント〜

60 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 5 (60 人の評価・計 291 点)
今回から、経済という人間にとって非常に大切な分野に入っていく。私たちが直面している経済の問題は、どのようにして解決してゆけばいいのだろうか。実はもう既にそのための思想は用意されている。今回と次回の講座では、その前段階として、世界をめちゃくちゃにしてきた間違った思想について考察する。

家族の絆 〜夫婦(74):マルクス 〜

60 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 5 (60 人の評価・計 291 点)
前回に引き続き、経済の本題に入る前段階の講義であるが、今回は非常に本質を突いているマルクス思想を解説する。世界の仕組み、世界のこれからの動きを理解するのに、マルクスの思想はとても重要である。

家族の絆 〜夫婦(75):サーカーの思想:社会サイクル論 〜

60 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 5 (60 人の評価・計 291 点)
今回から、経済の本題であるサーカーの思想に入ってゆく。竹下氏が「ほとんど完成している経済理論」と評価するサーカーの思想は一体どのようなものなのか。今回はその大まかなアウトラインを解説する。

家族の絆 〜夫婦(76):サーカーの思想:ヴァルナ支配 〜

60 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 5 (60 人の評価・計 291 点)
前回は社会サイクル論の大まかな概観を説明した。今回は、サーカーの言葉を直接引用している所が多く、社会サイクル論に関して非常に多くのページが割かれている「サーカーの思想〈1〉」という本から要点を抜粋し、より深く社会サイクル論を学んでいく。

家族の絆 〜夫婦(77):サーカーの思想:7つの時代 〜

60 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 5 (60 人の評価・計 291 点)
前回、前々回と社会サイクル論の基本概念を説明した。今回は、具体的にラビ・バトラ教授が日本史に適用したものを見ていき、それに反する松尾氏の意見を考察する。そして両者の理解を遥かに超えるサーカーの社会サイクル論を理解するために、大きな宇宙のサイクルを解説し、全体像へと繋げる。

家族の絆 〜夫婦(78):サーカーの思想:3つのサイクル 〜

60 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 5 (60 人の評価・計 291 点)
前回、紀元前10万年から紀元2万年までの12万年間という大きな枠があり、7つの時代に分かれる事を説明し、それを日本史に当てはめたラビ・バトラ教授の説を紹介した。今回はさらに、日本史の年表と大サイクル、中サイクル、小サイクルという3つのサイクルと照らし合わせ、より詳しく見ていく。

家族の絆 〜夫婦(79):サーカーの思想:古代エジプト史 〜

60 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 5 (60 人の評価・計 291 点)
前回まで、サーカーの思想である社会サイクル論の理論的な部分を説明してきた。現在、学者が地球上で一番古い文明と認め、歴史的な文献や遺物が残っているのがエジプトの文明である。今回はその古代エジプト史に、7つの時代の概観を照らし合わせて見ていく。

家族の絆 〜夫婦(80):サーカーの思想:アトランティス文明 〜

60 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 560 votes, average: 4.85 out of 5 (60 人の評価・計 291 点)
サーカーの思想を理解するために、紀元前1万5百年、或はそれ以上遡って古代史を見ていく時、アトランティス文明の存在を避けて通ることはできない。様々な説があり混乱しているが、プラトンの著述や数々の伝承、インターネット上の情報やエドガー・ケイシーがリーディングで見た様子などを取り上げ真実に迫る。