映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

家族の絆 〜夫婦(81):サーカーの思想:古代エジプトの信仰 〜

50 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 5 (50 人の評価・計 242 点)
前回、アトランティス文明を解説する中で、その伝承を受け継いでいる民族がいくつか存在する事をお話しした。その中で、現代我々が目にすることができる唯一のものがエジプト文明である。今回は、ピラミッドや古代エジプトの宗教について詳しく解説する。

家族の絆 〜夫婦(82):サーカーの思想:ドゴン族の神話 〜

50 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 5 (50 人の評価・計 242 点)
前回、ピラミッドの構造はエネルギーの伝導のシステムを表現していて、それを正確に今に伝えているのがドゴン族の神話であるという事をお話しした。今回は、現代科学も及ばない驚異のドゴン族の伝承を詳しく見ていき、霊的な意味についても解説する。

家族の絆 〜夫婦(83):サーカーの思想:シリウス星系の星々 〜

50 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 5 (50 人の評価・計 242 点)
ピラミッドには科学的知識のみならず、霊的な知識も封印されている。ドゴン族の神話からも、シリウス星系が非常に重要な意味を持っていることが前回明らかになった。今回はその核心の部分を書いている「青い狐」という文献から、その部分に関する伝承を取り上げ検証し、最後にシリウス星系の霊的統治の大まかな仕組みを提示する。

家族の絆 〜夫婦(84):サーカーの思想:シリウスシステムの星々 〜

50 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 5 (50 人の評価・計 242 点)
前回はドゴン族の神話に基づいて、シリウス第1、第2レベルの霊的エネルギーの伝導システムの話をした。今回はその部分をより詳しく解説し、天津神(ホツマの神)、国津神(ハイアラーキーの神霊)による霊的統治の全体像を説明する。

家族の絆 〜夫婦(85):サーカーの思想:プラウトの哲学 〜

50 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 5 (50 人の評価・計 242 点)
これまでサーカーの社会サイクル論を詳しく説明し、ある意味寄り道してきたが、今回から本来のサーカーの思想を「資本主義を超えて」より要点を抜粋し解説を加える形で説明していく。サーカーは霊的な秩序を経済レベルまで引き降ろし、ある意味完成させた唯一の霊的指導者と思われ、世界を破壊している現代経済システムを再構築する上で極めて重要な思想をもたらした。

家族の絆 〜夫婦(86):サーカーの思想:経済的効率と公正さ 〜

50 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 5 (50 人の評価・計 242 点)
前回に続き「資本主義を超えて」をテキストとしてサーカーの思想を紹介していく。今回は「経済的効率と公正さ」をテーマとし、皆さんがプラウトの原理に同意すれば、戦争のない豊かな世界を簡単に実現できることを伝えたい。

家族の絆 〜夫婦(87):サーカーの思想:経済民主主義 〜

50 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 5 (50 人の評価・計 242 点)
今後しばらくは「資本主義を超えて」をテキストとし、現代資本主義とは対極にある、正しい経済のあり方について説明していく。先に「正しさ」を知ることで経済における現状の問題点が容易にわかり、どう改めれば良いかも明らかになる。今回はサーカーの思想の基本概念である「経済民主主義」を見ていきながら日本の現状の問題点などを解説していく。

家族の絆 〜夫婦(88):サーカーの思想:プラウトの三層構造 〜

50 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 5 (50 人の評価・計 242 点)
前回はサーカーの経済民主主義という考え方を紹介した。それは、活性化した各地方が緩やかに連合して国となり、自立した国々が緩やかに連合し全体としてまとまるという世界観だった。これに続き今回は経済民主主義の三層構造(小規模の個人経営・協同組合・大規模な基幹産業)について説明するが、経済民主主義の実現において重要な役割を担う銀行業務の話題にも十分な時間を割く。

家族の絆 〜夫婦(89):サーカーの思想:労働の搾取 〜

50 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 5 (50 人の評価・計 242 点)
サーカーのプラウトという思想を紹介してきているが、今回は、資本主義経済・自由貿易における搾取の問題を主要テーマとし、プラウトでは搾取のない健全な経済が実現可能であることを見ていく。余談として、世界金融・経済崩壊のシナリオ、日本の経済が破綻した経緯など、ここでまとめて話しておく。

家族の絆 〜夫婦(90):サーカーの思想:プラウトの金融システム 〜

50 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 550 votes, average: 4.84 out of 5 (50 人の評価・計 242 点)
「資本主義を超えて」をテキストとしサーカーのプラウト思想を紹介してきているが、今回は一番大事な所、経済を語る上での根幹部であるプラウトの金融システムについて、簡単なさわりの部分を取り上げ、通貨・税制改革により劇的に豊かになった地域社会の実例を紹介する。そして、みんなが豊かになることを阻もうとする勢力の話題も盛り込む。