家族の絆 〜夫婦(90):サーカーの思想:プラウトの金融システム 〜

試聴映像

映像を観る

時間
92分
価格
文字起こし

内容の一部紹介



「貨幣は、動けば動くほど価値が増大する。なぜなら貨幣がその持ち主を変えれば変えるほど、人々はより多く恩恵を得るからである。」
M×V=P×Y(=名目GDP)
M:通貨の量
V:流通速度
P:物価水準
Y:実質GDP
経済成長のためは、名目GDPが大きくならないといけません。名目GDPの何%という形で国が税をとっています。だから税が増えるためには(税率が同じなら)名目GDPが増えるしかない。そのためには、M(通貨量)を増やすか、V(回転速度)が上がるしかない。実体経済のVはほとんど一定。だから経済成長にはM(通貨量)を増やすしかない。この式だけ見ても、政府のやっている増税がおかしいと分かります。それは…



【目次および内容の一部】

貨幣は、物々交換をスムーズにするために発展させられた。それは、コミュニティの経済活動を促進することを唯一の目的とする社会的なツールである。貨幣は、動けば動くほど価値が増大する。なぜなら貨幣がその持ち主を変えれば変えるほど、人々はより多く恩恵を得るからである。

1.バブル崩壊と日本銀行(0:00)

・竹下氏自身が経済を学んできた経緯。(バブル崩壊への疑問)
・エコノミストが分かっていない、バブル崩壊のしくみ。
・この経済の基礎が分かれば、どうすればいいか分かる。
・日本銀行のおかしいところ(株主について)
・ビル・トッテンさんは素晴らしい方、大推薦。ただし…
・信用創造についての竹下氏の捉え方。


2.プラウトの金融システム(14:00)

・経済の基本式:M×V=P×Y
・減価マネーについて(1) シルビオ・ゲゼル
地域通貨の参考図書)「恐るべき真実」安部芳裕著
・Vを上げるための、地域通貨に加えたある工夫とその劇的な効果。
・地方のことは地方にまかせる。


3.国に寄生して滅ぼす金融資本(42:08)

・銀行は利息をとらなくていい、手数料だけでいい。それは…
・銀行・中央銀行の詐欺行為の数々。寄生虫。
・減価マネーについて(2)成功例があるが…もっとシンプルな考え方がある
・日本国債の破綻の危険性。
・国債による国家破綻。彼らがこれを教えた。
・金(ゴールド)による通貨の裏付けは不便。それに代わるものは。


4.財産に対する合理的な上限(1:07:17)

・経済を活性化する不動産の税制改革。
(ペンシルバニア州、ハリスバーグの試み)
・余談)福富御殿。
・働かないで得た莫大な収入への課税。地価税、資源税。
・ロックフェラー家の驚くべき日収とは。
・チャベスの政策。暗殺とCIA。


【キーワード】
実質GDP、名目GDP、
シルビオ・ゲゼル、地域通貨、
減価マネー、プラウト
この映像には、まだ目次がありません。
Share.

About Author

5件のコメント

  1. 参考になった(1)

    今回もありがとうございました!

    価値がどんどん下がっていくお金~これがいいですぅ
    お金もなまもの、新鮮な活きのいいうちに回していきたいものです。

    千葉のあわマネーとか実際に参加してた方が、でも結局地域通貨ってほとんど知人友人同士でしか使えてないんだよね~と言われていました。ちゃんとみんなで活用される地域通貨実現されたいです。

  2. 参考になった(1)

    昔NHKで小学生が、お金に期限を付けたらみんな使うから経済良くなるのでは?と発言してて、この子は凄い発想をするなぁって感心したのを思い出しました。
    色んな方法をみんなで出し合って良い方向に向かえばいいなと思いました。感謝です。

  3. 参考になった(1)

    プラウト革命

    竹下さんの無料映像は、拝聴しておりましたので
    その素晴らしさ・眼力には感服しています。
    2014年が始まり、いよいよ待ちに待った
    光の時代・麻の時代となります。
    この度、かねてより気になっていたプラウト理論
    を拝聴し、これから起こる
    金融破たん・ハイパーインフレに対処するため、
    この理論を、知り合いの政治家 山本太郎さんに
    お伝えします。
                  天神(向坂より)

  4. 参考になった(1)
    牛サマディー on

    本当に大切なお話がいっぱい詰まった講義でした。
    何が悪いことなのか、正しいことなのかはもう本当にハッキリと解明されていることなんですね。
    毎回、この地球上であまりにも大きな悪が行われてきたことを知り驚きます。
    霊的にも物質的にも悪がどんどん打ち砕かれているようで、とても嬉しく、有難い限りです。
    真実が、一人でも多くの方に伝わりますように。
    本当に、まともなことがまかり通る世の中を望みます。

  5. 参考になった(1)

    「アメリカを好きなんでしょうね」で今回の講義は終わりましたが、まさに、私の回りはその通りです。私も以前はそうだった。よって、今私は回りからは、チョット変な人です。気になるのは不労所得の件です。戦後、山に税金がかけられたので、山を持っている人は大変だったと、子供の頃授業で教えてもらいました。今はどうなっているのか?知り合いに面白い話を聞きまして、要らない山だから50万で売ってくれた。と、耳にした時は、そんなに安いものなの?と、これまたショックでした。
    どこかの講義で「ニューヨークが東京で、アフリカが北海道で、」と、世界地図の見方を教えてもらいました。アメリカって、日本のどのあたりか?など、いろんな見方ができて、楽しいです。しかも、この講義は素晴らしい手本も教えてもらえるのです。もう得々な時間でした。