映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

家族の絆 〜夫婦(33):天界(ギタンジャリ)〜

77 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 5 (77 人の評価・計 384 点)
今回、ラビンドラナート・タゴールの『ギタンジャリ』という詩集の中の一つの詩を取り上げる。この詩の意味を解説することが、私(竹下氏)がずっと説明しようとしていることの理解に繋がってくるのではないかと思う。前回から、私が”ガールフレンド”と言っている女性達のことについて少し話をしているが、ある方から”ガールフレンド”という言葉について、英語が母国語の人達にとっては性的なイメージが付きまとう言語なので避けるべきである、というアドバイスを頂いた。しかし、私の中で”ガールフレンド”という言葉以上に今の日本語の中ではいい言葉が見つからない。そういう感覚が私とタゴールは非常に似ていて、微妙な部分を分かって頂くために詩は非常にいいものである。

家族の絆 〜夫婦(32):天界(タイム・トゥ・セイ・グッバイ)〜

77 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 5 (77 人の評価・計 384 点)
前回、キャサリン・ジェンキンスのアルバムを紹介して、 大切な友人達が霊導して作った曲の紹介をした。今回は、大正真真神が霊導して作った曲から垣間見える男女の特徴を理解する。さらに、妻とガールフレンドへの接し方の違いの理由、また、地球上の夫婦とは全く違った竹下氏夫婦の在り方とその世界観を知る。

家族の絆 〜夫婦(31):天界(リジョイス)〜

77 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 5 (77 人の評価・計 384 点)
一般的に使われるガールフレンド、恋人という言葉の意味と、竹下氏が使う際のニュアンスの差は、今回の話(前回、前々回と続き信じられない話である)を聴くことによって理解されるだろうと考える。また、今回取り上げたアルバムの中の曲がどういう経緯で作られ誰が作った歌であるかの解説とその流れから、男女関係で傷ついた際の心の癒し方、その叡智を身につける重要性が語られている。

家族の絆 〜夫婦(30):天界(大正真真神)〜

77 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 5 (77 人の評価・計 384 点)
前回、前々回と、私(竹下氏)の天界の学校や天界に妻を残して私が地上に転生に入っていること、私との別れを惜しんだ妻のヒカリハナツミの作った曲が有名な“タイム・トゥ・セイ・グッバイ”だったことなど、信じられないような話をした。今回は『衝撃的真実!!』と題して、妻のヒカリハナツミと泰子との夫婦関係のこと、私自身のことについて、更に信じられない話をし、最後に驚くべき秘密を公開する。

家族の絆 〜夫婦(29):天界(天界の妻たち2)〜

77 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 5 (77 人の評価・計 384 点)
前回は非常に信じがたいような話をしたが、私(竹下氏)自身は全く嘘偽りはなく、知っていること、理解していることをそのまま話している。今回も、天界の25柱の妻との結婚について話の続きをする。このような話をするのは、本当に幸せになるために、まずやらないといけないこと、本当に大切なことを伝えたいからである。

家族の絆 〜夫婦(28):天界(天界の妻たち1)〜

77 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 5 (77 人の評価・計 384 点)
一夫一婦制や一夫多妻制についての議論は抽象的になってしまう。そこで、実際に私(以下竹下氏を指す)が天界で25柱の妻を娶った経緯とその意味についてお話をする。天界では一夫多妻制が一般的であり、天界に2人の妻を残して転生に入った私の経験についても触れる。

家族の絆 〜夫婦(27):一夫多妻制(2)〜

77 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 5 (77 人の評価・計 384 点)
少子化の影響もあり、一夫多妻の議論が一般的にも現れ始め、時代は一夫多妻制が可能な社会へと移行しつつある。完全に男女平等な社会であれば、事実上多夫多妻ということになる。ここで決まって起こる議論には、どういった心理が潜んでいるのか。一夫多妻における本質的な部分について言及する。

家族の絆 〜夫婦(26):一夫多妻制(1)〜

77 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 5 (77 人の評価・計 384 点)
前回は、現代の社会は忙しいので、家族の形態が急速に変化しているという話をしてきた。今回、その総括として、本の著者斎藤学氏が辿り着いた結論を取り上げる。そして人々の意識に先んじて進んでいく法制度によって、今後、婚姻、夫婦関係にどのような変化が起こりうるかを考えていく。

家族の絆 〜夫婦(25):社会の変遷と夫婦関係〜

77 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 577 votes, average: 4.99 out of 5 (77 人の評価・計 384 点)
前回より斎藤学さんの『「夫婦」という幻想』という本から引用し説明をしている。現在、”家族”の関係が急激に変化、崩壊している。霊的次元の世界観を含め、家族・夫婦のあり方について考える。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13