映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

家族の絆 〜夫婦(41):プラトン〜

52 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 5 (52 人の評価・計 254 点)
今回から哲学・倫理を解説していく。夫婦の講座で哲学をやることには違和感があると思われるが、今まで学んだことを最後にまとめるという意味合いで解説をしていく。その最初としてプラトン(ソクラテス)を取り上げる。本物であるからこそ現代にまで生き残ってきた思想を紐解くことによって、正しい世界観をもって現代を生きてくことの大切さを理解していく。

家族の絆 〜夫婦(42):人間とは何か〜

52 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 5 (52 人の評価・計 254 点)
前回から引き続き倫理を解説していく。倫理の教科書はそのままではバラバラで何を言っているのかがわからないが、内容を適切な順序で筋道を立てて説明していくことで理解が深まるだろうと思われる。古代から現代に至るまで、思想家や心理学者が主張してきた理論を正しい認識で理解する事で、人間とは何か、正しい価値観とは何かという物事の本質がくっきりと浮かび上がってくる。

家族の絆 〜夫婦(43):中国の思想〜

52 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 5 (52 人の評価・計 254 点)
正しい倫理観がないと幸せに生きられないということを何度も講義で伝えている。グローバリズムに代表されるように、社会の9割は悪なので正しく生きるには倫理観をしっかりと自分のものにしていくことが大事である。その説明の為に、今回は中国の思想家たちの思想を通して勉強していく。歴史に名の残る思想家たちが紀元前から説いてきた事の本質とは一体何であったのか?人間の本性とは何で決まるのか?驚愕の真実を解説していく。

家族の絆 〜夫婦(45):パスカル、キルケゴール〜

52 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 5 (52 人の評価・計 254 点)
これからしばらく、サーンキヤ哲学を基にした意識の展開図を用いて、いろいろな哲学や宗教、価値観を分類し解説していく。今回は潜在意識、無意識レベルのことを説明している哲学者として、パスカルとキルケゴールの思想を紹介する。

家族の絆 〜夫婦(47):カント:コペルニクス的転回〜

52 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 5 (52 人の評価・計 254 点)
今回と次回はカントの理論を見ていく。カントの理論は非常に重要な事を言っているにも関わらず、多くの人たちは正確に理解しているようには思えない。正しく理解した上で、現代の科学者たちがどういう風な事を考えているのかを説明する。

家族の絆 〜夫婦(48):カント:構想力〜

52 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 5 (52 人の評価・計 254 点)
前回は、カントのコペルニクス的転回という認識論について説明をした。今回は教科書のレベルを超えて、もっと深い認識論の重要な部分を解説する。ここを理解していると、あらゆる哲学や量子力学も非常に理解しやすくなる。

家族の絆 〜夫婦(49):量子力学の基本的事項〜

52 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 5 (52 人の評価・計 254 点)
前回は、哲学的な意味が大きく重要なカントの世界観を説明した。今回と次回は量子力学の世界観を見てみる。物理学者ですら多種多様な事を言っている。そういう部分を通して見ると、カントの言っている事の意味がよくわかるようになる。

家族の絆 〜夫婦(50):量子力学の世界観〜

52 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 552 votes, average: 4.88 out of 5 (52 人の評価・計 254 点)
前回は量子力学の基本的な考え方について説明をした。今回は、アインシュタインが不完全な理論だとして非常に批判的であった量子力学者の様々なものの考え方と、その驚くべき東洋的世界観を紹介する。
1 2 3 4