映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

家族の絆 〜夫婦(114):現在価値〜

18 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 5 (18 人の評価・計 85 点)
今日は通貨発行益3回シリーズの2回目の講義。今回は、経済学の概念のひとつ「現在価値」について詳しく見る。これが分かると、高橋洋一氏の「通貨発行益」に関してのある文章を理解することができる。

家族の絆 〜夫婦(112):銀行券の債務性・資本性〜

18 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 5 (18 人の評価・計 85 点)
銀行はバブル崩壊で大量の不良債権を抱えたことが経済停滞の要因となったのだが、その解決方法の説明については以前からの宿題としていた。今日の説明で中央銀行が発行する銀行券が何なのかが分かるとそれが説明できる。不良債権処理やユーロの経済危機の解決も、驚くほど容易であることが分かる。

家族の絆 〜夫婦(111):GDP・自生的有効需要支出〜

18 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 5 (18 人の評価・計 85 点)
前回、GDPの三面等価の原則について話したが、今回はまず話し残していた「固定資本減耗(減価償却費)」の考え方について話す。次にGDPと関連が深い「自生的有効需要支出」について、そしてデフレを解消するための財政政策とその財源として政府通貨と国債の日銀引き受けの有効性について説明する。国の主権である通貨発行による造幣益を民間銀行に奪われていることが問題の根幹であることを明らかにする。

家族の絆 〜夫婦(110):GDP三面等価の原則〜

18 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 5 (18 人の評価・計 85 点)
前回まで信用創造の話しをしてきた。今回は経済の基本的な知識としてGDP(国内総生産)を少し詳しく説明をする。GDPの基本的な知識を持っているほうが経済について理解しやすく、現在のデフレ状況の日本では、なぜ消費税を増税するとよくないのかも分かる。

家族の絆 〜夫婦(109):信用創造・窓口指導〜

18 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 5 (18 人の評価・計 85 点)
今回は信用創造の復習。信用創造は経済の根幹になる部分であり、銀行が本当にどんなことをしているかを再度説明する。今のデフレの中、消費税率が引き上げられ大変なことになっていきそうである。経済の根本を理解することで、正しい対処が出来る。

家族の絆 〜夫婦(106):信用創造・預金通貨〜

18 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 518 votes, average: 4.72 out of 5 (18 人の評価・計 85 点)
銀行による通貨の創造の仕組みを、エコノミストも当の銀行員も正しく理解していない。リチャード・ヴェルナー氏は、銀行が行う信用創造によって市中に供給される「通貨」について、見事に説明している。今回の講義では、銀行が無からお金を作り出す仕組みを詳細に解説する。